close

Enter

Log in using OpenID

「医薬部外品開発を通じての日仏の挑戦」 -化粧品研究は面白い!

embedDownload
50
th
Anniversary
第8回青山学院大学理工学部50周年記念講演会
「医薬部外品開発を通じての日仏の挑戦」
-化粧品研究は面白い!-
講師:安藤 信裕
氏
(シャネル化粧品技術開発研究所
所長)
~講演概要~
日本は歴史的にいち早く美白市場を形成し、特にアジアを中心
にその美白化粧文化を拡大させてきたが、その美白市場の活性
化に日本の医薬部外品制度が果たした役割は大きい。しかしな
がら、外資系企業にとって本薬事法は容易に越えられない大き
な壁である。シャネルは外資系企業として初めて医薬部外品成
分を開発し、美白製品を日本から世界に発信した。本講演では
過酷な医薬部外品申請を如何にして乗り越えたか、更には日本
独特の新規美白剤開発を通して、日仏文化の違いについても論
じてみたい。
~講師ご紹介~
横浜市立大学理学部生物学科を卒業後、大手国産化粧品会社にて
約22年間にわたり化粧品皮膚科学および化粧品開発に従事。
1991年より約2年間、英国・ウェールズ大学皮膚科にて角質層研究に
携わる。
2002年2月にシャネルに入社、現在に至るまで、皮膚科学をもとに化粧
品開発に注力している。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
183 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content