close

Enter

Log in using OpenID

横浜市学校事務研究大会 「荊棘(いばら)の道も一歩から」 横浜市公立

embedDownload
横浜市学校事務研究大会
「荊棘(いばら)の道も一歩から」
横浜市公立学校事務職員研究協議会
学校事務研究委員会
神 奈 川 県 学 校 事 務 研 究 大 会 に 続 い て 、同 会 場 で 横 浜 市 公 立 学 校 事 務 職 員 研 究 大
会 が 開 催 さ れ ま し た 。は じ め に 、学 校 事 務 研 究 委 員 会 の 研 究 活 動 に つ い て お 話 が
あ り ま し た 。「 学 校 事 務 職 員 の 将 来 像 」 と い う 、 漠 然 と し た イ メ ー ジ を 持 ち 研 究
が ス タ ー ト し 、研 究 を 進 め る う え で 、な る べ く 客 観 的 に 学 校 事 務 職 員 の 仕 事 が ど
のように見られどのように評価されているのか、常に
そんな視点をもって考えていくことにしたそうです。
<第1節 学校事務の現状把握>
学校事務が横浜市ではどのような状況にあるのか、
その視点を大まかに分類すると、
① 条 例・法 規 上 の 位 置 づ け( 国 段 階 → 市 段 階 )を 分 析
② 実際に各学校で受け持っている業務をリストアップし、そこからの現状分析
と い う 二 つ の 視 点 に な る そ う で す 。こ の 二 つ の 視 点 か ら 様 々 な 業 務 に つ い て 整 理
し た と こ ろ 、 学 校 事 務 職 員 が 「 *事 実 上 の 裁 量 権 を 持 つ の は 稀 で あ る 」 と い う こ
と が 見 え て き た と の こ と で し た 。横 浜 市 で は 、財 務 取 扱 要 綱 に「 学 校 事 務 職 員 は 、
校 長 の 監 督 の 下 に 、学 校 に お け る 財 務 事 務 を つ か さ ど る 」と 明 記 さ れ て お り 、こ
の「 裁 量 業 務 」に は 適 正・効 果 が 求 め ら れ 学 校 事 務 職 員 の 職 と し て の 評 価・責 任
が高まるヒントが隠されていると考えたそうです。
-------------------------------------------------------------------------------------------- --------*こ こ で い う 「 事 実 上 の 裁 量 権 」 と は 、 最 終 決 定 者 は 校 長 で あ っ て も 、 そ れ ら の 裁 量 が あ
る程度学校事務職員に任されているもののこと
<第2節 学校事務職員の存在意義>
そ も そ も 、学 校 事 務 職 員 が 学 校 現 場 に 配 置 さ れ な け れ ば な ら な い 理 由 と は 何 か 、
・日々変化する教育活動のニーズに素早い判断をもって対応する
・行政と学校現場双方の視点から調整を行うこと
な ど が 求 め ら れ て い る と 考 え た そ う で す 。ま た 、一 般 行 政 の 事 務 職 員 と は 異 な る
資質とは何かを考えると、
・取り扱う業務の分野が非常に広くて多い(校内の総務的な業務全般を担う)
・判 断 決 定 が 家 族 的 に 個 々 の 感 覚 で な さ れ る た め 、行 政 的 な 手 続 き・管 理 が 敬 遠
される環境下でも適切な判断をする場面が少なからずある
と な り 、学 校 事 務 職 員 の 仕 事 の あ り 方 は 特 殊 に な ら ざ る を 得 な い と の こ と で し た 。
二 つ の 観 点 か ら 見 え て く る 学 校 事 務 職 員 の 存 在 意 義 と は 、現 場 に い る か ら こ そ で
き る 素 早 く 的 確 な 判 断 で あ り 、予 算 運 営 を は じ め と す る 校 内 の 総 務 全 般 の 中 心 を
担 う な ど 、や り 方 次 第 で よ り 適 切・適 正 な 学 校 経 営 が 可 能 で あ り 、そ し て 教 員 の
さ ら な る 負 担 軽 減 に も 繋 が る の で は な い か と 述 べ ら れ ま し た 。加 え て 、仕 事 を「 処
理 」す る 立 場 か ら「 判 断 」す る 立 場 に な っ て い く こ と が 重 要 で あ る と の こ と で す 。
<第3節 一歩踏み出すための具体的事例>
第 1・2 節 の「 学 校 事 務 職 員 の 現 状 と 存 在 意 義 」を ふ ま え 、よ り 仕 事 の 質 を 高
め て い く た め に は 、実 際 に ど の よ う な こ と を し て い け ば 良 い の か 事 例 を 挙 げ て 説
明されました。
① 具 体 的 な 行 動 「 *基 幹 会 議 へ の 参 加 」
学 校 に お け る 諸 活 動・事 業 等 を 計 画 す る う え で 、学 校 予 算 や 物 品・施 設 等 の 情
報 、職 員 の 服 務 等 に 関 す る 知 識 を 知 る 学 校 事 務 職 員 が 基 幹 会 議 に 参 加 す る こ と で 、
学 校 が よ り 適 正 な 事 務 処 理・学 校 経 営 を 行 え る で あ ろ う と 考 え た そ う で す 。ま た 、
参 加 す る 意 義 と し て 、教 育 活 動 を 抑 え 込 む と い う こ と で は な く 、そ れ ま で で き な
いと思われていたことを教育委員会等と調整し公費化するなどして新たな展開
を可能とすることもできるはずとのことでした。
② 具体的な行動「準公金への関わり」
準 公 金 に 誰 も が 直 接 的 に 関 わ る の は 難 し い か も し れ な い と い う こ と か ら 、研 究
の中で話し合われた「準公金実態への見える化」について紹介 がありました。
・公費・私費負担区分表の自校版をつくろう!
・学年費、教材費などの会計報告書をもとに1枚の会計報告書をつくろう!
・修学旅行等の引率行事会計報告書をもとに経費の一覧表をつくろう!
こ の 三 つ の 準 公 金 へ の 関 わ り は 、取 り 組 み や す い 内 容 で あ る と 思 う と の こ と で す 。
----------------------------------------------------------------------------------------------------*こ こ で い う 「 基 幹 会 議 」 と は 、 学 校 運 営 上 の 重 要 事 項 を 検 討 す る 会 議 ( 各 学 校 に お け る
学校運営会議、企画会議等の総称)
最 後 に 、「 そ も そ も “ 学 校 事 務 職 員 ” と い う 呼 び 名 が 良 く な い の か も し れ ま せ
ん 。辞 書 で【 事 務 】を 調 べ る と“ 書 類・帳 簿 の 作 成 な ど 、主 と し て 机 の 上 で す る
仕 事 ” と 載 っ て い ま す が 、『 処 理 か ら 判 断 へ 』 と い う 役 割 の 転 換 、 意 識 の 変 革 が
必 要 に な っ て き て い る と 思 う か ら で す 。た だ 、こ の『 処 理 か ら 判 断 へ 』と い う 選
択 は 同 時 に 、ひ と り そ の 進 路 に『 荊 棘( い ば ら )の 道 』を 選 ぶ と い う こ と で も あ
り ま す 。し か し 、こ の 道 を 学 校 事 務 職 員 み な 力 を 合 わ せ て 進 む こ と に よ り 、荊 棘
の 道 も き っ と や り が い と 充 実 感 の あ る 道 に な る は ず で す 」と お わ り の 言 葉 を 述 べ
られました。
学 校 事 務 職 員 を 客 観 的 に 分 析 し た 発 表 を 聞 い て 、改 め て 私 た ち が ど の よ う な 立
場 に い て ど の よ う な こ と が 求 め ら れ て い る の か 考 え さ せ ら れ ま し た 。今 後 、こ の
発表内容を振り返りながら仕事をしていこう、という気持ちになりました。
( 担 当: 相 羽 )
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
40
File Size
190 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content