close

Enter

Log in using OpenID

(平成20年7月15日国土交通省告示第882号)(PDF:534KB)

embedDownload
独 立行政 法人 日立f 「
Dl島
編 集
印 Bl
.
.
刑翌 世韓 埼 佐尤 ” 日刊 令 欧機 関 の休 日体 J
︲︱
︱ ︱
︲︱
︲ ︱
︲︱
︲︱
︲
︱
︲
︲
︱
︱ 目︲
︱ 次︱
︱
︱︱
︱
︱
︱
︱
︹
省 ︿こ
O本庁監 理金融商品取引業者 写を指定
す る作 の 一部を改 正す る作
︿
金融片 四八︶
O保険業法第 二百九条第 二号 の規定 に
よる届出 に関す る件 ︿
同 四九 五〇︶
0除籍 の 一部 が減失し た件
︵
法務 三三 一︶
O除籍 の 一部及び原 戸籍 の 一部が滅央
した件 ︿
同三三 二︶
O原戸繕 の 一部 が減失し た作
向 三二三︶
︵
O除籍 が減失 した件 ︵
同三二四︶
O円借款 の供与に関す る取極 の修 正に
関す る日本国政府 と アルメ ニア共和
国政府と の間 の書筒 の交換 に関す る
件 ︵
外務 四〇八︶
O第 四世代 の原 子カ システムの研究 及
び 開発 に関す る国際協力 のため の枠
組協定 への大韓 民国等 の加 入及び 同
協定 の附属書 の改 正に関す る件
同 四〇九︺
︵
︹
生口 一
不︺
O海 上衝突 予防法施行規則 の 一部 を改
正す る省令 ︿
国と交 通六 二︶
第 4871号
報
官
火 曜日
フ 月 15日
平成 2 0 年
,
ヽ
0 パナ マ国 営 ラジ オ テ レピ 放 送 局番
組 ソ フト整 備 計 画 のため の簿 与 に関
す る 日本 国政 府 と パ ナ マ共和 国 政府
と の間 の書 前 の交 換 に関す る件
同 四 一〇︶
︵
O 円借 款 の快与 に関す る 日本 国政府 と
モ ンゴ ル国政 府 と の間 の交 換 公文 の
同 四 一一︶
効 力 発 生 に関す る件 ︿
の こ の規定 に基づ き厚 生 労働 大 臣 が
O 国 民健康 保険 法施 行 規 則第 二十 四条
定 め る収 入 の額 の算 定 方法 の 一部 を
改 正す る作 ︵
厚生労 働 三八 五︶
O健 康 保 険法 施 行規 則 第 二十 五姿 及び
第 九 十 一姿 の規定 に基づ き厚 生 労働
大 臣 が定 め る収 入 の額 の算 定 方法 の
一部 を改 正す る件 ︵
同 三 八六︶
O船 員 保 険 法施 行 規 則第 二十 二条 及び
第 四十 五条 ノ ニの規 定 に基 づ き 厚生
労働 大 臣 が定 め る収 入 の額 の算定 方
同 三 八七︶
法 の 一部 を改 正す る作 ︿
O 保安 林 の指 定 をす る件
︵
農 林 水崖 一 一〇九 ∼ 一 一 一六︶
O保 安 林 の指 定 を解 除 す る件
︵
同 一 二 七∼ 一 一二 一じ
O保 安 林 の指 定 施業 要作 を変 更す る件
︵
同 一 一二三 ∼ 一 一二七︶
O中 小企業 信 用保険 法 第 二条 第 四項第
一号 の事 業 者 を指 定す る件
︵
経 済産 業 一五 八 一五九 ︶
O計 重 法 第十 六条第 一項 第 二号 口の指
︵
同 一六 〇︶
定 をし た外 国製造 事 業者 の件
0船 舶職 員 及び 小型 船抽 操 縦者 法 施 行
規 則 第 二条 第 二項 第 二号 の水 域 を指
日 土交 通 八七九 ︶
定 す る件 ︵
に供す る作 ︵
同 八 八〇﹀
Oi 地 区画整 理事 業 の関係 図書 を縦覧
一
ジ
民営化委員会事務 局 内閣府 財務省
内閣 行政改革推進本部事務月 郵政
︹
人事 異動 ︺
国会 事 項︺
︹
︵
東京都 公安委 二四七︶
案力田を指定す る件
に関す る法律第 二条 の規定 に基づき
O暴力団員によ る不当な行為 の防止等
四国地方整備 局七 一
︿
七 二︶
O道路 に関す る件
︿
防衛 一五四 一五五︶
O海上における射暮訓焼 を実施す る件
︿
海上保安庁 二〇 一︶
O水路測曇 の実施 に関す る件
同八八三︶
︿
議義内容及び 講義時間を定め る件
規定 に基づき国主交通大臣が定め る
年に関す る省令第 四十 二条第 二号 の
O建築士法 に基づ く中央指定登録機関
︿
同八八 二︶
譲義内容 及び註義時間を定め る件
規定 に基づき国主交通大巨が定 める
等に関す る省令第 二十九条第 二号 の
O建築士法に基づ く中央指定登録機関
︵
同八八 一︶
静義内容 及び静義時 間を定める件
規定 に基づき国と交通大Eが定 める
等に関す る省令第 二十 八条第 二号 の
O建築士法 に基づく中央指定 登録機関
>
皇 豊事 項︺
︹
︹
宮 庁 報 告︺
官庁事項
土地家 屋調査士 民間紛争解決手続代理
能力 認定 の実施 に関す る公告 ︵
法務省︶
文部科学省防災業務計 画 の修 正要旨 の
公表 に ついて ︵
文部科学省︾
一般船舶保障契約証明書 の無効 に つい
て ︵
関東運輸局 神戸運輸監 理部︶
︹
資 料︺
閣議決定等事 項
︹
公 とこ
議 事 項
、
押収物還付 財 団関係
宮庁
裁判所
、
、
、
相続 公示催告 失踪 除権決定
、
疲産 角責 特別精算 再生関係
特殊法人等
会計検査院 国二交通省共済組合定
款 の 一部変更関係
会社 そ の他
設備 設 計 一鞍
建 築 士確 習
習
≡級建築士定
期陣習
縦
二 その他建築物の構造に関し必要
な事項
そ
莉郵
い
位ゲ機
期映髄
疑
伸じ
彫抑
、
一級建築士 の役割 議
イ
務臨睦醍齢
口
酪 極坊 勅納 耐黎 慾 評
に関す る総臨
ハ 木造 鉄筋 ヨンクリート遺 儀
D
、
法適合性 の強泌に関す る事項
イ 縦備 敗= 一級 峰 無士 の役割
務 及び ■ に
口准 投
酸敵珊
ば鶴等鉢
崎従鞭
臨輌舟
義
、規
鉢悔
ゴ郵
擁証抑札
卿
輌懐鯨榔
イ
ロ
一
一
建築物 の構造 に関す
る科日
一
縦特関係規定 に関す
る科 目
目
二 4第捜備 に関す る科
日
一一
設計及び 工事監理に
関す る科目
一
建築物 の建築に関す
るとやに関す る科目
科
イ 最新 の建築技術
口 設計及び 工事監 理の実務 の動向
ハ確曝勤弾粒靭
部拠紛
任勁
立 紗 摩な
翌揮雛 ・
肇 義 統鯉
容
係法令 の最近 の改 正内容等
内
八時 間 以上
六時 間 以上
十 二晴 問 以上
間
一時間三十分
二時 間 三十 分
時
二敵建 築士 定
期 静習
木遣 建築 士定
期除習
一
その他設計及び 工事監 理に関し
必要な事項
三時 m
イ 建 纂喜準法 建築士法そのは関
係法合 の最近の改正内容等
≡
建算物 の建築 に関す
る法0に関する科目
ハ 曝
寿数揮靭粧
確勤初
薄拠勤鱒期
並
一
一
その他設計及び 工事盤程に関し
必要な事項
イ 建築喜中法 建築士法 その他園
係法令 の最近 の改正内容等
三時 間
一時 間
一
木造 の建築 物 の建 築
に関す る法合 に関す る
科目
二 途纂物 ︿
建築士法第 イ 最新 の建察技術
二条 に。
規定す る建築物 口 設計及び 工 監理 の実務 の動向
軍
を除 く ︶の設計及び エ
事監 理に関す る科 目
♪
二 木造 の建築物 ︿
建築 イ 最新 の建築技術
一時 間
士法第 二条及び第 二茶 口 設計及び 工事監理 の実務 の動向
の二に規
。定す る建築物
築駿特 の計 画に関す る事項
を除く ︶の設計及び エ ハ 建築物 の事故事例及び処分事 例
事監理に関す る科目
並び にこれらを踏まえた職葉台 理
ハ 容量計算 及び負荷計算 に関す る
事項
!
一
その他設計及び 工事監 理に関し
必要な事項
↓
一
縦備機器 の種類 に関す る事 項
ホ その他建築設備 に関し必要な事
踊 則
、
項
この告示は 建築士法等の 一部を改 正す る法律 ︿
平成 二
平成十 八年法律第 百十 四号︶ の施行 の日 ︵
。
十年十 一月 二十 八日︶ から施行す る
附 則
平成 二 0国主交通省告示第八百八十 三号
この告 示は 建築士送等 の 一部 を改正す る法籍 ︵
平成十 八年法律第百十 四号︾ の抵行 の日 ︵
建築士法 に基づく中央指定登録機関等 に関す る省令 ︵
平成 二十年同土交通省令第 二十七号︶第 四十
。
。
十年十 一月 二十 八日﹀かう施行す る
二条第 二号 の規定 に基づき 国上交通大Eが定め る諾義内容及び講義時間 を次 のように定める
O国主交通省告 示第 八百八十 二号
平
成 二十年七月十 五日 国二交通大臣 冬柴 銭 三
平成 二十年 国上交通省令第 二十 七号︶第 二十
建築士法 に基づく中央指定登録機関年に関す る省令 ︵
建築士法に基づ く中央指定登録機関等に関する省令第 四十 二条第 二号 の規定に基づき国土交 通
。
九粂第 二号 の規定 に基づ き 国土交通大臣が定める裕義内容及び藤義時間を人 のように定 める
大臣が定める静義内容 及び縛義時間を定め る件
以下 ﹁
科目﹂と
平成 二十年 七月十 五, 国主交 通大臣 冬柴 館三
盗集士法に基づ く中央指定 登録機関年に関す る省令第 四十 二条第 二号 の韓習科 目 ︿
、
。ごと
の韓携内容 は 次 の表 の上欄に掲げ る科目ごとに同去 の中相に掲げ る内容 とし 同号 のい
4無士と に基づく中央指定 登録機 関年 に関す る省令第 二十九条第 二号 の規定に基づき国土交通 いう ︶
。
強時間は 同表 の上相に担げ る科目ご とにおおむね同ま の下相 に担げ る時間とす る
大臣が定 める碑義内容及び確残時間を定め る件
以下 ﹁
科目﹂と
時 間
建築 士法 に基づ く中央指定登録機関年 に関す る省令第二十九茶第 二号 の持習科目 ︿
。
いう ︶ごと の韓義内容は 次 の表 の第 一相に掲げ る時習 の区分に応じ それてれ同表 の第 二相に掲げ
昭和 二十五年法律第 二百 二号︶ その 一時間二十 分
イ 建築士法 ︵
る科日ごと に同表 の第 二相 に掲げ る内容とし 同号 の講義時間は 同表 の第 一相 におげ る韓習 の区分
他関係法令 のうち磐築士事務所 に関す る事 項
。
に応じ それぞ れ同衰 の第 二櫛 に掲げ る科目ご とにおおむね同表 の第 四相 に掲げ る時間とす る
三時 間 二十 分
第 4871号
科
目
内
容
附 則
この告 示は 建築士法等 の 一部を改 正す る法律 ︵
平成 二
平成十 八年法律第百十 四号︶ の施行 の日 ︵
。
十年十 一月二十八日︶ かう滝行す る
建築物 の品質確保 に イ 建築士事務所 におけ る業務 の進め方 に関す る事
関す る科目
項
口 建築士事務所 の経営督理に関す る事 項
ハ 技術者 の管 理に関す る事項
!
一
契約 の瀬緒 及び履行 に関す る事項
ホ 紛争 の防上 に関す る事項
へ そ の他建築物 の品質猛保に関し必要な事項
法
令建
に集
関士
す法
るそ
科の
目他
関
係
報
官
火 曜日
15日
7月
平成 2 0 年
7
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
535 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content