close

Enter

Log in using OpenID

カナダ トレント大学での経験 - 農学部 大学院生物資源環境科学府

embedDownload
九州大学大学院農学研究院
JSPS 組織的な若手研究者等海外派遣ブログラム
News Letter
カナダ
v o l .5 9 2013.0 1.09
Writer: 太田徹志
環境農学部門
森林計画学講座
学術研究員
トレント大学での経験
派遣期間: 2012.10.06~2012.12.08
派遣国名:カナダ 受入機関:トレント大学
2012 年 10 月からの 2 ヶ月間,カナダのトレント大学に
滞在しました。トロント大学とよく勘違いされますが,別
の大学です。トレント大学は,トロントの程近く,ピータ
ーボロー市に本拠地を置く公立大学です。学生数や学部数
といった観点からは,カナダの中でも規模の小さい大学に
位置づけられるそうです。しかしながら,広大な土地を有
し,学内には大きな川が流れ,最新の運動施設も完備され
ているなど,非常に恵まれた環境の大学という印象を受け
ました。
滞在期間中,最も興味深かったのは,卒・修論の進捗状
況に関する研究室ミーティングです。年度初回の研究室ミーティングでは,卒・修論を通して習得を期
待する知識や概念について研究室の先生から説明があります。私の受入研究者だった先生の場合,卒・
修論は以下の 3 つの目的のために行うとしていました。
1.
2.
3.
問題解決のための仮説設定をできる。
仮説を証明するための方法を論理的に構築できる(ロジカル・シンキング)
研究中に発生する予期しない問題を柔軟な発想で解決できる(ラテラル・シンキング)
以降のミーティングでは,研究室に所属する学生の方々が,3 つある目的のいずれか 1 つだけに注目
して進捗状況を報告します。例えば,2 回目のミーティングでは,学生の方が,問題の提起から仮説の
設定までの話に重点を置いて研究報告を行なっていました。帰国したため,見学できませんでしたが,
以降のゼミでは,目的 2 に対応した,方法論についての発表を行なうそうです。こうすることで,卒・
修論の目的や論点が明確になり,卒・修論に取り組みやすくなると感じました。
また,研究室ミーティングに限らず,公の会議や発表会の雰囲気がとてもアットホームな事も印象的
でした。研究室ミーティングは,皆でピザやマフィンを食べ
ながら話し合います。また,別の会議や打ち合わせ,シンポ
ジウムの際にも,ケーキとコーヒーなどが出てきました。お
やつを食べながら,色々な立場の人が,別け隔てなく意見の
交換を行うことで,より闊達な意見交換ができるのだと思い
ました
今回,日本を離れ,異なる環境に身をおくことで,研究だ
けでなく,多くのことを学ぶことが出来ました。学んだこと,
経験したことを活かせるよう,努力したいと思います。最後
になりましたが,貴重な機会を与えて下さった,本派遣プロ
グラム,および関係者のみなさまに心より御礼申し上げます。
連絡先 九州大学農学部戦略企画係 Tel.092-642-7459, Fax.092-642-2804 [email protected]
本プログラムホームページ http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/overseas/index.html
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
525 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content