close

Enter

Log in using OpenID

学校において予防すべき感染症一覧

embedDownload
●第1種感染症
第1種感染症・・・治癒するまで出席停止
第1種感染症
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、
ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、鳥インフルエンザ(H5N1・H7N9)
、
重症急性呼吸器症候群、中東呼吸器症候群
●第2種感染症
第2種感染症
病
名
インフルエンザ
(H5N1・H7N9 を除く)
百日咳 ※
主な症状
突然の高熱(38℃以上)、
発熱した後5日を経過し、かつ解熱
寒気、関節や筋肉の痛み
した後2日を経過するまで
コンコンという短く激しい
特有の咳がなくなるまで、または、
咳が続く
5日間の適正な治療が終了するまで
麻しん ※
発熱(38℃前後)
、せき、
(はしか)
目やに、発しん
流行性耳下腺炎 ※
発熱、耳の前下部の腫れと
(おたふくかぜ)
痛み
風しん ※
(三日ばしか)
水痘 ※
出席停止期間(目安)
発熱(38℃前後)
、目やに、
リンパ節の腫れ
解熱した後3日を経過するまで
耳下腺・顎下腺・舌下腺の腫脹が
発現した後5日を経過し、かつ全身
状態が良好になるまで
発しんが消えるまで
発しん→水疱→かさぶた→
すべての発しんが かさぶたになる
(水ぼうそう)
軽い発熱
まで
咽頭結膜熱 ※
38~40℃の発熱、のどの 主な症状がなくなった後2日を経過
(プール熱)
痛み、目やに、結膜の充血
するまで
発熱、せき、痰、疲れ
病状により、感染のおそれがないと
やすい、食欲低下
認められるまで
発熱、頭痛、意識障害、
病状により、感染のおそれがないと
けいれん
認められるまで
結核 ※
髄膜炎菌性髄膜炎 ※
●第3種感染症・・・症状により、医師が判断する(感染のおそれがないと認められるまで)
。
●第3種感染症
コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎 ※、
急性出血性結膜炎 ※、
その他の感染症(感染性胃腸炎、マイコプラズマ肺炎、溶連菌感染症 ※ 等)
※印 のついている感染症は、町田市指定の「登校許可書」の提出が必要です。用紙は保健室にあります。
インフルエンザ、感染性胃腸炎、マイコプラズマ肺炎は、木曽中指定の「登校許可確認書」の提出が必要
です。木曽中学校ホームページ・保健室より印刷してお使いください。
出席停止期間については、医師の判断に従ってください。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
238 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content