close

Enter

Log in using OpenID

感染症について

embedDownload
感染症について
学校保健安全法施行規則(昭和 33 年 6 月 13 日文部省令第 18 号)第 18 条における感染症の種類より
(最終改正:平成 24 年 4 月 1 日文部科学省令第 10 号)
・エボラ出血熱 ・クリミアコンゴ出血熱 ・痘そう(天然痘) ・南米出血熱 ・ペスト
第 ・マールブルグ病 ・ラッサ熱 ・急性灰白髄炎(ポリオ) ・ジフテリア
一 ・重症急性呼吸器症候群(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る)
類 ・鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザBウイルスであって、その血
清亜型がH5N1 であるものに限る) ・新型インフルエンザ等感染症 ・指定感染症 ・新感染症
分
類
疾患名
主 な 症 状
高熱、関節や筋肉の痛
インフルエンザ
み、
全身倦怠感、咽頭痛
百
日
咳
麻疹(はしか)
第
二
類
流行性耳下腺炎
気道
高熱、発疹、口内に白い
飛沫
斑点(コプリック斑)
接触
耳下腺の腫れ、頭痛、微
発疹、リンパ節の腫れ
咽頭結膜熱
発疹(水を含む) *発疹
の内容物が直接つくと
感染する
(プール熱)
喉の痛み、結膜炎、発熱
結
微熱、続く咳
核
髄膜炎菌性髄膜炎
接触
熱
風疹(三日ばしか)
(みずぼうそう)
飛沫
飛沫
熱
痘
経路
独特な咳、くしゃみ、微
(おたふくかぜ)
水
感染
発熱、頭痛、首の硬直、
痙攣、
潜伏期
発症した後 5 日を経過し、かつ解
1~2 日
7~14 日
10~20 日
14~24 日
飛沫
14~21 日
接触
飛沫
接触
気道
飛沫
特有な咳が消失するまで
解熱後3日を経過するまで
耳下腺腫脹が消失し、かつ全身状
態が良好になるまで
紅斑性の発疹が消失するまで
すべての発疹が痂皮化(かさぶた)
14~21 日
5~6 日
するまで
主要症状が消失後2日を経過す
るまで
発病時期は
医師が感染の恐れはないと認め
さまざま
るまで
2~4 日
腸管出血性大腸菌
感染症
熱後 3 日を経過するまで
※幼児の場合
飛沫
飛沫
出席停止期間
医師が感染の恐れはないと認め
るまで
症状は改善し、医師により伝染の
下痢、腹痛、血便
経口
高熱、のどの痛み
飛沫
イチゴ舌、かゆい発疹
経口
4~8 日
おそれがないと認められるまで
(O-157など)
第
三
類
溶蓮菌感染症
流行性角結膜炎
(はやり目)
急性出血性結膜炎
(アポロ病)
2~5 日
目の充血、目やに、まぶ
たのはれ、耳前リンパ節
抗菌薬内服後 1~2 日経過してか
らで、治療の継続が必要
結膜炎の症状が消失後、医師が周
接触
1~7 日
囲への感染がなくなったと判断
のはれ
するまで
発熱、突然の目の痛み、
医師が周囲への感染がなくなっ
異物感、目やに、羞明(ま
ぶしい)、結膜下出血
接触
1~2 日
たと判断するまで
分
疾患名
類
主 な 症 状
高熱(38~39℃)
ヘルパンギーナ
咽頭発赤・のどの奥に白い
小さな水疱疹
発熱、鼻水、咳(喘鳴の症状
RSウイルス感染症
になると重症で呼吸困難
になる)
流行性嘔吐下痢症
(ウイルス性胃腸炎の場合)
経路
飛沫
接触
飛沫
接触
突然の嘔吐・下痢、発熱、
接触
腹痛
糞口
→ロタウイルス、ノロウイルス、アデノウ
飛沫
イルス
経口
発熱・乾性の激しい咳が続
マイコプラズマ肺炎
く(夜間の咳)、たん、咽頭
第
炎、胸部レントゲン陰影
三
発熱、口の中・手足・体に
類
感染
手足口病
痛みを伴う水泡や赤みを
持ったブツブツ(丘しん)
伝染性膿痂疹
(とびひ)
て膿がでる。かゆみ
(りんご病)
んごのように赤くなる
アタマジラミ
肺炎球菌感染症
飛沫
糞口
2~4 日
るまで(解熱後 1 日以上経過)
2~8 日
重篤な呼吸器症状が消え、全
身状態がよくなるまで
嘔吐や下痢の症状が治まり、
1~3 日
普通に食事ができるまで
発熱や激しい咳が治まって
2~3 週
いること
熱がなく、普通に食事ができ
3~6 日
るまで(解熱後 1 日以上経過)
皮膚が乾燥しているか、汁が
接触
2~10 日 出ている部分をガーゼなど
で覆うことができる程度
顔、手足に紅斑、両頬がり
(水いぼ)
接触
出席停止期間
熱がなく普通に食事ができ
体に水疱ができる→破れ
伝染性紅班
伝染性軟属腫
飛沫
潜伏期
飛沫
7~14 日
体幹四肢(脇の下・胸部・腕
の内側・またの付け根)を中
突然の発熱、悪寒、たんを
伴う咳、息切れ、胸痛
がなくなっている
かき壊し傷から滲出液が出
接触
2~14 日 ているときは、ガーゼなどを
心にいぼができる
頭のかゆみ
発疹がでるころには、感染力
当てること
接触
10~14 日
飛沫
1~3 日
駆除を開始していること
発熱、咳などの症状がなく、
全身状態がよくなるまで
■感染経路……感染は、細菌やウイルスが体内に侵入し、増殖して発病します。
侵入しやすい場所は、鼻・のど・腸や胃などの粘膜です。感染の仕方はいろいろあります。
【飛沫感染】 感染している人が咳やくしゃみをしたとき、口から飛ぶ小さな水滴(飛沫)を吸い込むことで感染
します。飛沫が飛び散る範囲は1~2mです。
【空気感染】 感染している人が咳やくしゃみをしたとき、口から飛び出た飛沫が乾燥し、病原体が感染性を保
ったまま空気の流れによって、漂いながら広がり感染します。
【接触感染】 感染している人に触れたことで起こる、直接接触感染(握手・だっこなど)と、汚染された物を介
して起こる間接接触感染(ドアノブ・手すり・遊具など)があります。
【経口感染】 食べた物や口に入った物で感染する。
【糞口感染】 感染している子どもの排泄物が教師の手についたままだと、健康な子どもに感染するおそれがあ
る。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
264 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content