close

Enter

Log in using OpenID

ロシア 紀行(第 3 回)

embedDownload
❇ ロシア
紀行(第 3 回)
ルク港は、貨物船から降ろされたコンテナ
や荷物は、鉄道及びトラックでロシア国内
へ輸送されています。
ロシアの港、空港事情
ちなみに極東にはナホトカ港とウラジオ
ストック港の中間点にヴオストーチヌィ港
一般社団法人日本・ロシア連邦チュヴァ
シ共和国友好協会の田村文彦です。
ロシアは確かに広すぎる国土を持ってい
ます。西はフィンランド国境から東はカム
が完成して極東の代表的な港として運営さ
れ、極東、シベリア全域に陸路中心で輸送
されています。
黒海沿岸にもノヴオロシースク港があり、
チャッカまでありますが、全人口は 1 億 4
ロシア三大港として知られています。春、
千万人しかいません。そこで今回は貿易に
夏、秋の季節に限られており、黒海のノヴ
欠かせない港、空港事情についてご説明し
オロシースク港から人口湖や、いくつかの
ます。
運河を経由しカスピ海の北端まで移動し、
ボルガ河の上流を目指すこともできますが、
最大の港はサンクトペテルブルグ港
冬場の季節は大河そのものが凍りついてい
私は、フィンランド国境そばのサンクト
るので、どうしてもサンクトペテルブルグ
ペテルブルグ港からからウラジオストック
港やフィンランドの港に輸入品が集結して
港まで現地のありのままの姿を、この目で
しまうのです。
確認して来ました。サンクトペテルブルグ
港に立って、港や沖合を見ると数えきれな
いほどの貨物船が目の中に飛び込んで来ま
す。
この港は全ロシアが輸入する貨物の 40%
を取り扱っています。このおびただしい船
が停泊している光景は日常茶飯事です。
5 キロメートル先の対岸まで凍りついたボ
ルガ河
余談ですが、カスピ海に行き、海水浴を
しました。カスピ海は、外海の海より水面
極東の玄関であるウラジオストック港
が低く、海抜マイナス約 27 メートルで、流
れ出る川がありません。流入する川でカス
ロシアと国境を接するフィンランドの港
は、世界からロシアへ輸入される貨物基地
と化していて、コトカ港、ハミナ港、トゥ
ピ海の水面維持を特に保っているのが、ボ
ルガ河です。ロシアで 5 番目に長い代表的
な河ですが、実は源流がモスクワ郊外から
始まるのです。全長は 3,690 キロメートル
ブルグや、各地方都市及び観光地に足を入
で、最終地点がカスピ海なのです。
れる事をお勧めします。ビジネスにしても
カスピ海の貯水量は、琵琶湖の 2,792 倍
観光にしても同じです。
あるそうです。日本全域の面積と思っても
らえばわかりやすいかもしれません。中心
部で泳いで見ると塩分は少なめでしたが、
南部では塩分が濃くなります。
入国時より出国時に注意
モスクワには、シェレメチェボ国際空港、
ドモジェドボ国際空港、ヴヌコヴァ国際空
港があり、シェレメチェボとドモジェドボ
には空港ターミナルまで鉄道が入り込んで
いますので、できれば鉄道を利用し、市内
中心部まで移動されるよう私は勧めていま
す。日本航空の場合は、成田空港から新潟
~ハバロフスクの上空を通過して、モスク
ワ・ドモジェドボ国際空港までのフライト
です。この空港が一番利用しやすい空港で
す。大韓航空の場合は、インチョン空港か
流れ出る川がないカスピ海
ら中国のゴビ砂漠の上空を経由してモスク
ワ・シェレメチェボ国際空港となります。
格段に少ない日本人
ロシアへの入国はさほど問題はありませ
モスクワには日本人が 1,500 人前後しか
んが、ロシアから出国の際、私は良く呼び
滞在していません。今後、増えることにな
止められました。現金の場合は持ち込み上
るのでしょうが、なぜこんなに少ないのか
限が 1 万ドルで、出国時には 3 千ドルです。
寂しい気持ちにもなります。逆に日本から
もちろん申告すれば別です。
見た場合、何でもできるチャンスと取って
頂いた方が良いかと思います。
私は心臓のカテーテル手術を行った 1 週
間後にモスクワへ旅立ったことがありまし
ロシアを訪れる外国人で一番多いのがト
た。入国は問題なかったので安心していま
ルコ人(100 万人以上)です。二番目が中
したが、出国時に大きな警告のベルが鳴り
国人(70~80 万人)
、三番目がポーランド
ました。メンバーの誰かが金属をバッグに
人(45 万人前後)
、四番目がフィンランド
入れているのだろうと注意をしました。み
人(40 万人前後)です。日本からは約 5 万
んなはその位置から離れました。しかし、
人ですので、格段の差です。ロシア人が日
警告音が鳴り続け、結局私だとわかりまし
本へ入国するのが、2 万人弱ですので、人
た。心臓部に入れたコイルだったのです。
的な交流もこれからというところでしょう。 証明書もなく慌てた事を思い出します。
ロシアを知るためには、まずモスクワを訪
*11 月第一週は、ロシアから重鎮達 21 名
問するべきでしょう。ロシアは日本以上に
が来福し、経済交流を行うようにしていま
中央政権であり、全ての動きはモスクワか
す。
ら始まります。その上で、サンクトペテル
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
224 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content