close

Enter

Log in using OpenID

E0ドリルツール別の手

embedDownload
奈良工業高等専門学校研究紀要第35号(1999)
5
Web検索語による意識推定の試み
(検索語解析ツールの構築と評価)
平俊男、武藤武士
Apreliminaryinferenceofintentionsonthewebwithsearchedwords
-CasestudiesbyananalyzerfOrweb-seaにhedwordsToshioHIRAandTakeshiMUTOH
WWWによる情報発信へのフィードバックとしてアンケート等が考えられるが,その回答は設問の枠を超え
にくく,発信者にとって必ずしも有効な情報とは限らない.本報では,web検索に用いられる検索語に注目す
ることで,WWW利用者の意識を推定する手法を提案し,検索語解析ツールの構築を行った.また,ケースス
タディにより本校機械工学科webページへのアクセスにみられる検索語を示し,ツールの有効性の評価を行い,
さらにツールの応用可能性について議論を行った.
1.はじめに
情報の分類やリンクの名称付けの成否がアクセスを誘導
するための重要な因子となる.また,他のwebページか
World-Wide-Web(WWW)に限らず,情報の発信にあ
らのリンクの存在が,アクセス数を左右することになる.
たっては何が要求されているかを把握することが必要不
たとえば典型的な学校紹介のwebページでは学科構成,
可欠である.一般にwwwにおいては,アクセスカウンタ
スタッフ紹介等,階層的にカテゴリ化された情報が掲載
による閲覧件数の集計や,アンケートによるフィードバ
されている.www利用者は,学校一覧が掲載されたweb
ックなどが行われているが,ニーズの十分な把握は行え
ページなどからリンクをたどってその学校のwebページ
ていないのが現状である.これに対して著者らは,www
にアクセスすることになる.
の利用形態が,当初のリンク主体のネットサーフィンか
一方,goo(httpWwww・goo・nejp)等の全文検索型サー
らサーチ主体の情報検索へと変貌しつつあることに注目
チエンジンでは,webページに含まれている情報は単語
し,サーチエンジンの利用における検索語(以下,web
等をキーに再組織化されており,階層的なカテゴリに意
検索語)を把握することで,アンケートのような設問の
味は存在しない.このような状況においては,webペー
枠内に限られがちな回答だけでなく,www利用者の実際
ジ作成者の意図とは無関係に,検索時に定められる評価
的な関心を探る可能性を示した】).
値によってページの価値が定められることになる.
本報では,web検索語の解析によるwww利用者の意識
機械工学科で公開しているwebページに対するアクセ
推定と解析ツールの構築について考察を行い,ケースス
ス(99年1月18日~9月2日の227日間)のうちHTMLで
タディによって解析ツールの評価を試みる.また,機械
記述された文字`情報のみについて見ると,総アクセス約
工学科設置のwwwサーバ上に構築したツールによる集
50300件のうち,本校他学科のwebページの学科紹介リン
計・推定結果からツールの他の応用可能性について議論
クを経由したものが約700件,本校トップページのリン
クを経由したものが約1800件であるのに対して,サーチ
する.
エンジンによる検索結果をもとにした外部からのアクセ
2.Web検索にもとづくアクセス
スは約25400件であった.なお機械工学科webページ内
のリンクを参照するアクセスは約20500件である.すな
Webページに含まれる情報へのアクセスには,ブラウ
わち,ほぼ半数のアクセスが情報検索型のwww利用に基
ザ上に表示されているwebページ上のリンクをたどって
づくものであり,これらのアクセスを無視できない状況
いく場合と,探したい情報を記述する検索語をサーチエ
であることがわかる1.
ンジンに入力し提示されたリンクをたどる場合とに大別
】ここではアクセスの件数のみを比較しているが,もちろん性質の
され,ここではそれぞれ誘導型,検索型と名付ける.一
把握が必要である.一般に誘導型では当該webページから関連する
他のwebページへとアクセスが広がることが多いのに対して,検索
型では当該webページのみが読まれる傾向が強い.
般にwebページの多くは前者を想定しており,この場合,
奈良工業高等専門学校研究紀要第35号(1999)
6
3.Web検索語解析ツール
質上用意されているwebページに含まれていないキーワ
ードは拾い得ないので,不特定多数のwww利用者総体の
3.1Web検索語http(HyperTextTransferProtocol)
検索傾向を知ることはできない.ここに示す手法による
を処理するwwwサーバは,一般に自サイトで保持する
解析結果には,ページ作成者の意識とページ検索者の意
webページへのアクセスについて参照元リンクを記録す
識との積集合が現われることになる2.
る.たとえば,NCSAHTTPdNCSA/1.5.1の場合では,
a)頻度情報記録されている検索語の頻度は,その検
refereLlogと名付けられたファイルに,ローカルページ
、へのアクセスがページ加、内のリンクをたどることに
索語が示す概念へのwww利用者の関心の強さを指す直接
より行われたことを/hoPPz->toの形式で記録する(図1).
索文字列から,まず,空白文字(‘,),記号(`&,,‘+,)
図1(a)の例では,“/memo/obhtml,,へのアクセスが,
等をキーに文字列を分解し,それぞれを検索単語と呼び,
"http:"www・mechnara-k・acjp/,,で表わされるページ中の
これらの頻度を数える.
の指標となる.本ツールでは,web利用者が指定した検
リンクを参照して行われたことを示している.多くのサ
たとえば,「燃費」,「燃費車」,「車&低燃費」,「燃費
ーチエンジンでは,参照元リンクか。、のURL(UnifOrm
のよい車」の検索文字列があった場合には,「燃費」×2,
ResourceLocator)に検索語を含めるので,www利用者
「車」×2,「低燃費」×1,「燃費のよい車」×1が検索単語
がサーチエンジンを経た場合には,図l(b)に)に示す形
および頻度となる.
式となる.ここに示したサーチエンジンの場合,文字列
b)文脈情報単語単位で頻度を数える場合,様々な文
“MT=',と“&,,との間にみられる“Nara+National
脈で使われうる一般的な単語(前項の場合「車」)が多く
+College+of+Technology+Mechanical+Engineering,,が検
なるなど,本来の検索意図が不明瞭となる.また,一般
索文字列を表し,“->,,以降の“/,'がアクセスされたペ
に日本語の文章は欧米語とは異なり,単語単位への分解
ージを表している.
は意味解析なしでは困難となる.ここでは,前項で抽出
検索が漢字等の2バイト文字を含む検索語によって行
した単語をキーに文字列を照合し,その単語が含まれて
われた場合,ノラmlzはRFCl7382〕で規定されたエンコーデ
いる検索文字列を全てとりあげ検索文脈と呼ぶ.この時,
ィングに則り記述される.たとえば“奈”はEUCの文字
文字列中の単語位置も考慮し,単語が文字列中の先頭に
コードセットでEOC6hと表現されるが,URL中では
位置する頻度も数えることで,意図推定の補助とする.
,`%C6%EO',と記述されることになる.したがって図l(c)
前項の例では,検索単語「燃費」に注目した場合には,
に含まれる文字列“先C6%E0%CE%C9,,をデコードする
「燃費」,「燃費車」,「車&低燃費」,「燃費のよい車」の
と,検索語は“奈良,'であったことが分かる.
4つの検索文字列全てが「燃費」に関連する文脈であるの
3.2Web検索語解析ツール記録されている参照元リ
に対して,「車」に関連する文脈は3つである.さらに,
ンクのURLに含まれている様々な検索語に対して,ここ
位置情報を考慮した場合には,「燃費」が先頭に位置して
では,a)頻度,b)文脈,c)アクセスページについて注目
いる文字列が3つなのに対して,「車」が先頭にあるのは1
し,解析ツールの仕様を検討する.もちろん,検索の性
つのみである.したがって,これらの検索文字列からは,
www利用者の関心度が「燃費」〉「車」であり,検索時には
hヒヒp:ノノwww・mech・nara-k・ac、ゴpノー>/mech/ob.h上ml
(a)通常のリンク参照の例
hヒヒp:〃www・goo.、e、jp/defaul上.asp?DTT=Nara+Na上io
na1+College+of+Technology+Mechanical+Engineeri
ng&SM=MC&WTS=ntt6bDE=2&DC=10&v=2&acC.search.×=
41&ac上.search.y=9->/
(b)サーチエンジン経由(1バイト文字による検索語)
hヒヒp:ノノwww、9...,e、jp/deEault.asp?DTT=$C68EOBCE8
C98B98E28CO8EC+sB58AユBB38A3&SM=NC&WTS=nヒヒ&DE=2
&DC=10&-V=2&act-search.x=26&act・search.y=8->
/mechノob・html
に)サーチエンジン経由(2バイト文字による検索語)
図1記録される参照元リンク
「燃費」に重きをおいていたことが推定できる.
もちろん,自然言語処理の観点からいえば,本来「燃費
のよい」と「低燃費」は同じ意味を指さねばならない.しか
しながら,ここでは意味解析を全く行わず簡便に意識推
定を行うための一つの近似として,文字列のマッチング
のみに基づく文脈情報を用いるものとする.
c)アクセスページ検索型のアクセスでは,www利用
者とページ作成者の意図に相違が生じることがある.し
たがって,検索時に用いられた検索語をページ毎に把握
2あるサイトで公開されている愉報が,あらゆる分野を一様に網羅
している場合,web検索語の解析によりwww利用者総体の意識が,
www利用者による検索語があらゆる分野に閲して一様に分布して
いる場合,そのサイトで公開されている情報の傾向が分かることに
なる.しかしながら,このような状況は現実的ではなく,積集合と
しての傾向のみをここでは取扱う.
Web検索語による意識推定の試み
することは作成者にとって重要なものとなる.ここでは
7
を用意している.これらのフロントエンドページから発
指定したwebページに対して用いられた検索語,指定し
行されるcgiリクエストには,cgiホストが応答する.
た検索語をもとにアクセスされたwebページを表示する
4.2公開されているwebページの概要機械工学科
機能を解析ツールに持たせることとする.
wwwホスト(http://www、mechnara-k・acjp/)が保持して
3.3解析ツールの実装あるホストに対するwebアク
いるページは,学科概要,関連行事等の新着情報,教育
セスに関する参照元リンクの記録(referer-log)を対象
に,前節に述べた検索語解析機能は,文字列処理との親
課程(シラバス),スタッフ紹介(教官・技官・研究室),
他学科等へのリンク,アンケート,専攻科概要等からな
和性のよいPerlにより記述したスクリプトにより実現す
る.さらに,授業の課題として学生が作成した一般的話
る.ただし,単語情報,文脈情報についてはデータベー
題を含むページを準備している.これらの総ページ数は
ス化を行い,定期的にrefereLlogを参照し自動的に更新
260であり,そのうち,学生が作成したものが約130,教
しておくことで処理の高速化を図る.また,これらの情
育課程関係が約30,研究室紹介のページは12である.
報を人間可読形式としたHTMLファイルを同じホストに
4.3ケーススタディ構築した解析ツールによるケー
生成することとする.特定のwebページ,検索語につい
ススタディの期間は,1999年1月18日から8月18日まで
ての対話的なrefeにLlogの解析はcgi(CommonGateway
の7ヶ月間である.この間にみられた検索文字列は23520
lnterface)により実現し,web閲覧とのシームレス化を図
件であり,平均110件/日の検索型アクセスがあったこと
るが,wwwサーバとなるホストの負荷を軽減するために
処理を分散化し,cgi処理専用のホストを用意する.この
がわかる3.検索文字列を単語単位に分解した場合,
31145の検索単語が見られ,ひとつの文字列には平均1.3
ホストへは,更新されたreferer-Iogおよびデータベース
単語が含まれている.
が定期的に転送される.
a)検索語頻度による解析表1に単語単位の累積頻度
が上位10位までの検索単語および頻度を示す.頻度には
4.機械エ学科設置の解析ツールによるケーススタディ
累積値,1日間の頻度,2週間おきの順位変動を含んで
いる.なお,ここではHTMLファイルを示さないが,以
4.1樹築したweb検索語解析ツールの概要ここで
は,機械工学科(http:"wwwmechnara-k、acjp/)以下で公
降に示す結果は,全て8月18日に生成された
http:"wwwmechnam-k・acjpノーhira/Search、html
開されているwebページへのアクセスを対象とする.
および派生するページ上で閲覧可能なもののみによって
wwwサーバとするホストはSunMicroSPARCⅡ(SunOS
おり,2次的加工は行っていない.ただし,本報では企
4.1.4-JL)であり,httpdにはApache-1.2.6を用いている.
業等の営利団体名および商品名,タレント等の個人名は
参照元リンクは,refereLlog-moduleを用い,NCSA互換
省略し,記号く>で囲み記している.
形式でrefercr-logファイルに記録している.検索語解析
ツールはPerl(5.003)スクリプトにより記述した.また,
cgi処理を行うホストはDellDimensionXPS(Linux2、0.36)
であり,cgiはPerl<5.004-04)スクリプトにより記述して
いる.検索語は一日に一度データベース化され,wwwホ
ストからcgiホストへ転送される.
検索単語および文脈の頻度は,検索語のデータベース化
と同時に更新される
http:"www・mech・nara-k・ac.』pノーhim/sea1℃hhtmI
によりwww上で確認できるようにしている.このページ
には,新出検索文字列および累積検索単語の頻度ランキ
ング,検索単語毎の文脈情報等が示される.また,ペー
ジ毎に検索語を確認するためのフロントエンドページと
表l検索単語および頻度(99年8月18日)
検索単語
1<自動車商品名>
2心理テスト
3ロボット
4くタレント個人名〉
5<工作機械企業名〉
6新幹線
7バイク
陵I同ロ
8鉄道総合研究所
,<自動車企業名〉
10<自動車企業名〉
頻度
(1日間ノ順位増減)
1038(+2ノー)
782(+10ノー)
653(+1ノー)
645(+4ノ+1)
639(+3ノー1)
603(+1ノ→
570(+3ノゴ
558(+3ノー)
535(+1ノー)
493(+Oノー)
L
して
http:"wwwmech・nara-k,acjpノーhira/keycheck・html
を,検索単語毎に文脈およびアクセスされたページを確
認するためのフロントエンドページとして
http:"www・mechnara-k・acjp/~him/keywold・html
3実際のアクセスには,検索文字列が不明なものや,キャッシュに
よる6の等が含まれるため,ここで述べる件数は正確ではない.本報
では相対頻度のみが重要となるので,これらの不確定要素については
考慰しない.
奈良工業高等専門学校研究紀要第35号(1999)
8
単語頻度だけではなく,単語が文字列に含まれる文脈を
考慮した場合には,〈自動車商品名〉:1062,心理テスト:
表3特定の単語を含む検索文字列
852,ロボット:1085,〈タレント個人名〉:646となる.検
索文字列に含まれる頻度の最も高かった「ロボット」に注
目した場合,表2(上位10のみを示す)に示す文脈が得
「奈良高専」を含む検索文字列検索型アクセス数:83
られた.表中,見出し語と一致する部分は記号一で略記
している.これによればwww利用者の関心は,「ロボッ
ト」そのものにあるのではなく,「人間型」,「サッカー」,
「歩行」などと関連付けられた「ロボット」にあったことが
推定できる.
-:64.-専攻科:3,-専攻科:3.一化学:2
-同窓会:2,-機械:2
-専攻科十編入十進学する:2
-+工学科+学科+機械工,一機械工学,
研究紀要+-,-専攻科+進学する
先頭に含まれる文字列:82
「機械工学」を含む検索文字列29
-+趣気自動車:5.-会:3,-+教育+中学:2
地球環境+-:2,-科:2.-リサイクル:2
-実験:2.-+自動車+電気自動車:2,-+ドリル,
-+研究とは,-+バイク
0-,
一エンジン,
-と自動車,奈良高専+-,福井大学十テスト+-.
舞鶴高専+_科
先頭に含まれる文字列:24
表2文脈に注目した頻度
「ロボット」を含む検索文字列
1-
頻度
128
2人間型一
83
3<企業名カタカナ>十一
51
4-サッカー
40
5く企業名漢字>十一
6-+歩行
38
フサツカーー
29
8-+サッカー
28
,二足歩行一
10歩行一
以下255種の検索文字列
31
26
24
表4特定のページに対する検索文字列
機械工学科(/index・html)検索型アクセス数:30
奈良高専:8,高専:2.奈良高専機械:2
nara-k:2.ice、:2,技官+求人,<技官名(姓)>,
機械工学科,ice、+Cf。,機械工学,機械技術者,
ロポットエ学+専門学校
先頭または単独で「ロボット」が含まれる:444語
専攻科(ノーac-wada/index・html)33
「ロボット」を含む文字列:1085
高専:6,学位授与機構:3・奈良高専専攻科:3
奈良高専:2,機械工学+教育十中学:2
奈良高専+化学:2
資格救急救命士養成学校+養成する+本校。
高専+専攻科+教育課程,
化学技術者,高専+専攻科,
b)対話的解析前項では,本サイトで公開されている
情報全てに関する検索語をもとに解析を行った.さらに
本ツールでは,特定の検索語,ページについて対話的に
(高専+or+高等専門学校)+and+専攻科十and+学位授与
板橋高等職業技術専門学校,高専教育+あり方,
高専十専攻科,工学技術者倫理批評,新居浜高専,
専攻科,高専専攻科,
高専
新居浜高専十専攻科,
、9
0,
技術
解析を行うことが可能であり,検索語については,
httpWwww・mech・nam-k・acjpノーhira/keywordhtml
およびページについては
http://www・mcch・nara-k・acjpノーhira/keycheck・html
c)機械工学関連分野への関心機械工学科webページ
では,教育課程に関する情報としてシラバス3),研究テ
が準備されている.表3は「奈良高専」および「機械工学」
ーマに関する情報として研究室紹介4)を掲載している.教
を検索文脈に含んでいた文字列を示す.この結果からは,
育・研究の場としての学校学科の情報公開の手段として
「奈良高専」と専攻科を関連付けた検索(約1割)や,「機
wwwを位置付けるにあたっては,これらのページへの関
械工学」に対しては「電気自動車」や「地球環境」,「リサイ
心および検索時にどのように見えているのか,等の把握
クル」などの環境問題を関連付けている検索が多くみら
が重要である.ここでは,ページ毎の検索語を示すこと
れ,www利用者の意図が推定可能であると考えられる.
で,学科目,研究テーマ等機械工学関連分野への関心を
誘導型のwebアクセスにおいて要となる機械工学科トッ
調べる.表5,6はシラバスを記載したページへの検索語,
プページおよび専攻科トップページについての検索語を
表7は研究室紹介のページへの検索語である.ただし表7
表4に示す.これらのページに対する検索型のアクセス
の対象としたページは,1999年4月初旬に作成したもの
数は少ないものの,www利用者の,「機械工学科」,「専
であり,累積アクセス数は,表5,6のシラバスと単純に
攻科」に限らないwww情報への様々な関心がうかがえる.
は比較できない.
Web検索語による意識推定の試み
表5シラバスwebページへの検索型アクセス(1)
表6シラバスwebページへの検索型アクセス(2)
機械8H醤 ・製図(/svllabus/1220.html)頻度:150
機械股計:53,機械製図:42,製図:8,製図+召答万:5
流体エ学(/svllabus/1209.html)16
股計製図:3,設齢+製図:3,機械要素:3.機械十股叶:2
-:2.段計谷の書き方:2.製図の基礎:2,製図轡き方.
機械設備+製図+設計+技術者,大阪製図,製図+機械十轡き方.
歯車減速機十図,機械+設計+図面,歯車技術計算,股針替.
機械要素十歯車.機械要素股叶,、I単構造十設計,<教官氏名>、
設計書+書き方,機械製図基礎,製図+基本.機械基礎構造.
トレース+図面+製図+Ca。+trace+図十部品+股叶+習得する,
空間浬織能力,機械設計製図+試験.機械股3f+北海道,
-:8.流体:6.<教官氏名>・(流体)
股計製作(/svllabus/1231.btpI)15
??股叶:3,段計資料.工作実習+図面,機械設計.創造設猷,
機械股計十製作.股叶+製作,設計方針とは,??設計,機械製
図.機械設計+製図。設計能力,iso事例集+設計+製図+図面
材料力学特譲(/syllabus/1252.html)14
ひずみエネルギー:3.-:2,座屈.材料力学.
材料力学+エネルギー法,材料力学十公式,公式+材料力学,
股Hf公式.エネルギー法.-1,弾性ひずみ
股叶&図形+製図+機械十部品+図面+図,機械製図十轡き方.
設計製図+機械十フリーソフト,機械設計計算+ベルト長ざ.
新素材鴎(/svllabus/1204.html)14
新素材:8.新素材について:3.動向:2.非鉄金属材料
配管フロー図の徳き方+設計十製図
振動解析(/svllabus/1213.html)70
-:62.振動+解析:2,振動:2,造船機械振動,<教官氏名>,
解析手法.振動・解析
材料力学(/sylIabus/1207.html)57
-:26.断面二次モーメント10.曲げ応力:3,
不静定問題:2.断面2次モーメント,(-).-+and+機械.
モーメントの8f算,モーメント8十鉢.-+解析,8f算方法,
モーメント信+解析法+公式十金属十応力+耐久+疲労+強度+荷重
+破壊+変形+弾性.一計算方法,モーメント計算.基礎一.
モール円+解説,一たわみ,断面二次.
ボルト+曲げ強度+応力.断面2次モーメント+意味
エ業外国語(/syllabus/1216.html)
9
46
工業英検:26,工業英語:17,工業英語+,工業英検2級,
英語+技術者にとって
樫鐘工作法(/syllabus/1205.html)40
-:15,工作機械:5.プレス加工:4,研削理騰:2
鍛造+プレス:2.工作:2,-+切削,工作法,板金+加工条件.
(機械加工十or+かしめ+or+ハイスピン)+no上+(検索結果
+or+ISi)+not+(ゴルフ+or+電子),鍛造法,板金+理騰,
板金imr:機械掘削.機械加工+ブローチ,機械工
機械設計法(/syllabus/1217.html)20
-:8,機構学:4,機械設勵:3,<教官氏名>,
機構学について,動的問題,機械+and+股計,機械設計の基礎
計測エ学(/sylIabus/1212.html)20
-:13.<教官氏名(非常勤)>:4.く教官氏名(非常勤)>,
<教官名(姓,非常勤)>,状態量
応用設計製図(/syllabus/l22Lhtml)19
機械股計:3.<教官氏名(非常勤)>:3.段計管理:2
<教官氏名>:2,機械部品+製図,製図の基礎知鍵,
股111+製図,機械製図,トレリスペランダ股胱+商品値段表,
jis機械製図+面の指示記号,Ca。+製図+Cam,応用股叶.
機械エ作実習(/syllabus/1230.html)13
-:3,工作機械:2.機械工作:2,工作:2.工作実習,
機械加工+機械工作.<教官氏名>,工作機械+タップ
電子エ学(/syIlabus/l21Lhtml)10
-:3,動物と機械:2,く教官氏名(非常勤)>,感覚器官,
電子回路十十実例.人間工学,アナログ+ディジタル+優位性
情報処理(/syllabus/1201.html)8
<教官氏名>:3.c言語処理プログラミング,<教官氏名>、
-階微分方程式+数値十解法,c言語+文法+プログラミング,
c言語十習得+プログラミング+習得する.
塑桙工学(/syllabus/1253.html)8
-:6.塑性.-+力学
機械基礎力学(/syllabus/1206.html)7
基礎力学:4.機械基礎:2,機械力学つりあい
材料強度学(/syllabus/1203.html)7
材料強度:3.-:3,材料強度+
機械エ学実験(/syllabus/1232.html)6
-:2Ⅲ実験.く技官名(姓)>,<教官氏名>,
工学関係のレポート
エネルギー変換エ学(/sylIabus/1256.html)6
-:2.化石燃料+エネルギー変換,エネルギー供給,
エネルギー変換.エネルギー
熱移動鏡(/syllabus/1255.htpl)6
熱物質移動鯰:3,熱移動:2,熱・物質移動論
制御エ学(/syIlabus/1215.html)2
-:2
電気エ学(/syllabus/1210.html)2
 ̄●
冠気の基礎
基礎材料学(/syllabus/1202.html)1
コスト意戯十設計,機械股叶+製図
熱工学(/syllabus/1208.html)19
-:8,理飴熱効率:2.<教官氏名>・熱の性質.熱機関工学.
<教官名(姓)>,熱機関,基礎.蒸気性質.蒸気の性質,
<教官氏名>
生産システムエ学(/syllabus/1214.html)17
-:3.生産管理について:3.<教官氏名(非常勤)>:2
生産計画十段叶十策定する,経営工学・製造工程管理技法.
生産管理+基礎知戯.生産管理手法.システム工学.
生産システム+レイアウト股針,生産管理+管理手法.
牛彦管理システム+製造,く教官氏名(非常勤)>+助教授
が高い傾向は既報')と同様である.振動解析,工業英語
については高学年配当科目ではあるが,内容的には設
計・製造における機械技術の基礎的分野を占めるもので
ある.また,用いられている検索語についても基礎的事
柄が多く,www利用者の関心は,基礎的分野に重きをお
いていると推定される.
表7にみられた頻出検索語「トライポロジー」は,本科
開講科目ではとりあげられていないために,シラバスヘ
のアクセス(表5,6)では現われていない.しかしなが
機械工学科開講科目に対しては,設計・製図,振動解
ら,トライポロジーで取扱う潤滑問題は,機械設計分野
析,材料力学,工業英語,加工に関する情報が多く検索
において最も重要な問題のひとつであり,実際,web検
されている.振動解析および工業英語をのぞけば低学年
索においても関心が持たれているテーマであることがわ
配当の基礎的科目であり,これらに関する情報への関心
かる.また,他の検索語からも,材料力学,加工等につ
奈良工業高等専門学校研究紀要第35号(1999)
10
意図を超える語蕊が得られている.たとえば「ロボット」
表7研究室紹介webページへの検索型アクセス
検索文字列:頻度
トライポロジー:13,流体潤滑:8,混合潤滑:4
滑り軸受:3,流体潤滑+トライポロジー:2
トライボロジー+流体潤滑,焼付き,摩耗十なじみ.
<教官名(姓)>、潤滑+焼付き,潤滑,接触理論,
機械の寿命
遅れ破壊:7,アクリル板+強度:6,アクリル+強度:3
に関する文字列には,「非ノイマン型コンピューターロボ
ット」,「天然ロボット」などが見られたが,現段階では著
者にとって想像のつかない概念である.このような意外
性を持つ語彙の提示が可能な本ツールは,不確かなもの
も含む多様な情報提示による創造支援ツール句としての
利用可能性を示していると考えられる.
遅れ破壊試験,アモルファス金属
研削加工:2,鋳鉄切削,切削加工,工具+摩耗,
研削+黒鉛.球状黒鉛鋳鉄,切削加工+研究,
6.おわりに
クリープ+フィード+研削
冷間鍛造+管,曲げ加工機,微細穴,鍛造+工法,
ビーデイング+ビード加工,ビード加工,<教官氏名>,
介護用ロボット
粗さの影響.微細穴,高温割れ,く教官氏名〉
伸長粘度:2,伸長
制御工学+動特性,ヘッドスライダ
概念設計+支援。概念設計
本報では,web検索語に注目した解析ツールを構築し,
WWW利用者の意識推定をケーススタディにより試みた.
なお,ここに示したツールは,
http:"www・mechmara-k・acjpノーhiIna/sCarch-tool/
において公開している
参考文献
いて,シラバスに対するweb検索と同傾向の関心が現わ
れていると考えられる.ここで示したweb検索語の解析
1)平俊男,武藤武士,Webアクセスに見る奈良高専像
による機械工学分野の教育・研究内容への関心の傾向は,
一機械工学科・情報工学科の場合-,高専情報処理教育
企業へのアンケート結果から,設計においてよく使われ
る材料力学系の項目に対する要望が強いとの分析5)と対応
研究発表会予稿集,(l998Lppl44-147.
2)Bemers-Lee,T、,Masinter,L、,andMcCahil1,M.,”U)1`/bm
するものであり,本手法による意識推定の妥当性を示し
R“0,℃Bしcq1o応,'1sec、2.2,
ていると考えられる.
ftp:"dsjntemic・net/rfC/rfC1738,txt,(1994).
3)奈良高専,平成8年度シラパス(機械工学科),(l996L
5.構築したツールの応用可能性
4)日本機械学会関西支部,Mechavocationl999,(1999).
5)奈良高専,多面的評価を取り入れた教育内容・方法の
5.1概念形成ある概念とそれに関する語葉からなる体
系をオントロジーと呼び,構造化された知識ベース構築
改善(国専協教育方法改善共同プロジェクト)最終報
告書,(1998),p、123.
の観点から盛んに研究されている.たとえば,表2に示
6)Chalmbalti,A、andTmomas,RB.,mAnAppmachOoFUnctiona]
したような「ロボット」に関する検索文字列および頻度情
SynthesisofMechanicalDesignConcepts:T11eoly,Applications,
報をもとに意味処理を含む適切な言語処理を行うことで,
and日nergjngResealchlssulEs,WEDAMVoL1qNO4,(1996),
「ロボットとは」といった概念の自動形成が可能となると
pp313-331.
考えられる.
5.2予断を与えないアンケート一般にアンケートによ
るニーズの把握には,設問者の盗意性の問題が生じる.
これに対して本ツールによる意識推定は,被験者に予断
を与えることなく得られたものであり,その結果には設
問者の意図が入り込む余地がなく,予断を与えないアン
ケート手法としての利用が可能であると考えられる.
5.3アイデアプロセッサ本報では,検索語のうち主
に多数を占めたものを対象として議論を進めてきた.少
数の検索語については,一般に組合せて用いられない単
語等が見られる.また,サーチエンジンの特性に依存す
るが,ページの内容と完全には一致しない検索語を使っ
た場合にもアクセスが可能なことから,ページ作成者の
ご■・〉.$・‐}桐.’七門。‐...。‐‐】.
いい》ふれ『.。。”J》』..,ザ」‐一趾鯏一J.,柿・‐〆勃…ず.‐・〆,4十.
‐》.’」
.‐J・・‐・‐叩・』拝|午・可。(PUl・・『四四『□坪.,|・・・・:・
1つ藪校P・lT■■(LP一ヘョ
ロ鉾一鑿、日了駈ゴ
ペ四一閥~T「蕾LJ(》
nm。。■需灯一・つⅡ■日■。
、郎高■細いが。
、ロ・ロ・・
H1!
h「
』J
βr・・・
】】〈』.j
・・1。ⅡⅡ‐
fh‐・眼.
1『‐I
0Ju・・0J‐Ⅲ』
■弓ロ凸■
FrI。01。
旱・・評Jハー・げぃ.・叩い,
rPI四・卜。
』
‐■■十へ
?。■
』-▲]‐Md・
Pt勺・
・出F■
T琴・
胡・・-・・r,』
$卍伊し‐ず銀f・
.■‐・・I研
。Ⅲ■■
い〃。
.』1
ずI。.
八戸.rf皿に兜・韻」
.‐凸互.上・山・中
銀ⅢP
口I鯉・■
;?-JIIP・
‐し。.
Ⅲと咄廿・j少・‐■ヨ
・-1J。
.Ⅲf・
も1こ
ずず山.L,‐。
ルュ|‐▽.。.
』.品}
■
.J,猴叩’d・卍・・・叩‐$
日■、己。■・
,ロニノ。1...句
・・⑬..l鍜卦吋洗・・か。
〆》・‐孤拙・派・ず.・グーサド‐。.j・‐
。‐・#Ⅱ,J卜.N㎡●r銀・
。ⅢⅡ-.。▲.。
1J・已乢・・
企0毛Ⅱ」・・S
手..いい
ⅡF
ョ卜■叶ロョノロP」□
.》‐‐,イ
..‐耳.】】P
■よりゴヮ
戸.r』.〃,r・・‐.
11毎
『・山
J‐・‐‐J小,rβL副
・・刈扣肺‐』狂川I・僻.明。.ⅧPぃrJⅢ・生。。.
い■■
。』r
‐rl‐銀’
く干鐘『V蝉〃■』
)櫛■蕊(■〉汎い、が
ヨヨLP
・アハ1J~
L‐
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
910 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content