close

Enter

Log in using OpenID

PTA会報128号を発行しました。(PDF形式)

embedDownload
第128号
報
会
岡
緑
(1) 平成27年2月27日
発 行 所
茨城県水戸市笠原町1284
茨城県立緑岡高等学校
P T A
発 行 者
小 圷 真 司
ホームページアドレス
http://www.midorioka-h.ed.jp/
社会への
旅立ちを迎えて
PTA会長
小圷 真司
の 一 員 で あ る こ と を 自 覚 し、
自分の言動に責任と矜持を保
ち、 希 望 と 勇 気 を 胸 に 新 た な
生 活 環 境 に 挑 ん で く だ さ い。
皆さんが成人を迎えるまであ
と 僅 か 二 年。 親 で あ る 私 た ち
がわが子のためにできること
は、 も う 多 く は な い で し ょ う。
違 い あ り ま せ ん。 世 界 の 喜 劇
王 と し て 活 躍 し、 二 十 世 紀 を
代表する映画人であるチャー
ご卒業おめでとうございま
す。 ま た、 卒 業 生 の 保 護 者 の
餞 の 言 葉
ル ズ ・ チ ャ ッ プ リ ン は、 あ る
新 聞 記 者 か ら 「あ な た の 最 高
傑 作 の 作 品 は 何 か ?」 と 質 問
さ れ 、「 N E X T O N E 」
つ ま り 「次 の 作 品」 と 答 え た
皆 様 に は、 こ れ ま で の3 年 間、 目 標 を 持 っ て 生 き よ う と す る
そ う で す。 映 画 界 の 頂 点 ま で
支 援 は で き て も、 君 た ち の 人
姿 勢 に 周 囲 は 驚 い た そ う で す。
学費や生活費など金銭面での
生すべてを保護してはやれな
本校の教育方針・学校運営に
も の で す。 混 迷 の 時 代 に あ っ
( 1) 推 薦 ・ A O 入 試 等
月
日 ま で)
国公立大学公募推薦
・公募推薦 (
群馬大学
1名
1名
1名
1名
センター利用推薦
横浜市立大学
愛知県立大学
指定校推薦
1名
1名
申 し 上 げ ま す。
私立大学公募推薦
明治学院大学
茨城キリスト教大學
よ う、 思 慮 深 い 言 動 と、 潔 い
き方をして欲しいと強く期待
多 く の 知 識 を 身 に 着 け、 心 體
誠 に 頼 も し く、 う れ し く 思 う
を逞しく鍛えられたことと思
い ま す。 そ れ ら 本 校 で 培 っ て
き た こ と の 全 て が、 こ れ か ら
飛 び 立 つ 社 会 の 中 で、 生 き て
いくための基礎になり力とな
り ま す。
大学進学や就職とそれぞれ
の 進 路 は 異 な り ま す が、 親 元
り長く生きてきた経験からの
し て い ま す。
大 学 生 で あ っ て も、 今 日 か ら
アドバイスが役に立つかもし
限 り で あ り ま す。
皆さんは責任ある社会人のひ
れ ま せ ん。
を離れて新たな環境での生活
とりとして生きていくという
を 始 め る 人 も 多 い と 思 い ま す。 相 談 し て く だ さ い。 君 た ち よ
覚 悟 を 持 っ て く だ さ い。 親 の
親 の 手 元 を 離 れ、 独 り 社 会
に出てゆく君たちに祝福と
最 後 に、 卒 業 生 の 皆 さ ん
が、 緑 高 生 で あ っ た こ と を 誇
庇 護 の も と、 社 会 の 厳 し さ か
ダーとなっていく皆さんへの
エ ー ル を 贈 り ま す。
も と い う 認 識 は、 高 校 卒 業 と
期待は高まってくることは間
ら守られ育てられてきた子ど
同 時 に 捨 て、 こ れ か ら は 社 会
ス ピ ー ド で 変 化 を し て い ま す。 り と し て、 そ れ ぞ れ の 目 標 に
中央大学
2名
向 か っ て 邁 進 し、 や が て 花 を
こ の よ う な 時 代 こ そ、 現 状 を
明治薬科大学
1名
咲 か せ、 実 を 結 ぶ こ と 祈 念 し、
打ち破る新しい叡智と若いエ
北里大学
2名
ネ ル ギ ー が 必 要 と さ れ ま す。 餞 の 言 葉 と し ま す。
杏林大学
1名
そ れ だ け に、 次 代 を 担 う リ ー
東京農業大学
1名
国際医療福祉大学 1名
さ て、 こ れ か ら 皆 さ ん を 待
ち 受 け る 社 会 は、 か つ て な い
そして迷ったときには私た
ち親やお世話になった恩師に
決 断 を 自 ら の 責 任 で 判 断 し、 振 り 返 っ て み れ ば、 3 年 前、 て は、 現 状 に 甘 ん じ ず、 挑 戦
学習院大学
1名
これからの日々を大切に生き
す る こ と が 不 可 欠 と な り ま す。
慶応義塾大学
1名
真新しい制服に包まれ入学し
て く だ さ い。 社 会 の 一 員 と し
卒 業 生 の 皆 さ ん に は 、こ の「 N
中央大学
1名
た 生 徒 の 皆 さ ん は、 着 実 に 勉
て 認 め ら れ る と い う こ と は、 強 を 重 ね、 部 活 動 に 励 み な が
E X T ON E」 の 言 葉 通 り、
東京理科大学
2名
君たちが独りの人間として社
まだまだこれからだという気
法政大学
1名
ら 立 派 に 成 長 し、 今、 次 の ス
会から評価されるということ
概、 そ し て 常 に 前 を 向 き、 絶
明治大学
1名
テージへ飛び立とうとしてい
早稲田大学
1名
埼玉大学
筑波大学
7名
茨城大学
5名
茨城県立医療大
7名
10
ま す。 そ の 雄 姿 を 目 に し て、 対 に あ き ら め な い 粘 り 強 い 生
上 り 詰 め た 彼 が、 さ ら に 次 の
い の で す。
ここまでやったらもう満足だ
12
な の で す か ら。
生 の 皆 さ ん、 お め で と う ご ざ
い ま す。
ご 理 解 を い た だ き、 ご 協 力 ・
と思えば人間の成長は止まる
学校長
高瀬 宏樹
ご支援を賜りまして厚くお礼
44
かけがえのない君たち一人
皆 さ ん は 本 校 で の 三 年 間 で、
様 々 な 科 目 の 単 位 を 取 得 し、 ひ と り の 人 生 に 悔 い を 残 さ ぬ
茨城県立緑岡高等学校普通
科 第 回、 理 数 科 第 回 卒 業
51
に 感 謝 し て お り ま す。
ま す。 心 よ り 皆 様 の 御 協 力
た。 何 よ り こ の こ と に 感 謝
とを学ばせていただきまし
さ せ て い た だ き、 多 く の こ
生徒の皆さんと生活を共に
つ け、 た く ま し く 生 き て 欲
手先でない真の教養を身に
そ こ に あ る と 思 い ま す。 小
別活動を行うことの意義も
で と う ご ざ い ま す。 3 年 間、 う か。 高 等 学 校 で 学 習 や 特
卒 業 生 の 皆 さ ん、 そ し て
保 護 者 の 皆 様、 ご 卒 業 お め
し い と 思 い ま す。 本 校 の 卒
つながるのではないでしょ
よりよい仕事をすることに
な が り、 よ り 豊 か な 人 生 や
か む こ と が、 洞 察 力 に も つ
し い の で す。 そ の 本 質 を つ
てもよい)を大切にして欲
質( = 基 礎 基 本 と 言 い 換 え
い物事の中に隠れている本
そしてどんな失敗をしても
業 生 が 全 人 的 に 益 々 成 長 し、 て 進 ん で ほ し い と 思 い ま す。
命さだけは忘れずがんばっ
れでも自分を信じて一生懸
い こ と も あ る で し ょ う。 そ
んあるでしょうがその分悪
し ょ う。 い い こ と も た く さ
そうでなかった人もいるで
りうまくいった人もいれば
これからみなさんは新し
い 道 を 歩 み 始 め ま す 。希 望 通
ては 青 天の霹 靂でした。
思 っ て 生 き て き た 自 分 に とっ
「しあわせ」 とは何か違うと
れしいことや楽しいこと=
じ る こ と も で き ま し た。 う
た。 そ れ は こ こ 緑 岡 高 校 へ
私 自 身 も 2 年 前、 大 き な
曲がり角にさしかかりまし
い い こ と 」が 待 っ て い る は ず 。
り 角 」 の 向 こ う に は「 一 番
か ら 、 き っ と 大 丈 夫 。「 曲 が
る こ と の で き る み ん な。 だ
も 前 向 き で、 周 り を 思 い や
て く だ さ い。 ど ん な と き に
う 日 を 信 じ 、前 に 進 ん で 行 っ
れ ま せ ん。 で も、 明 日 と い
み 」 と い う よ り「 不 安 」 を
待 っ て い る で し ょ う 。「 楽 し
た み ん な。 そ の 先 に は 何 が
に「曲 が り 角」に さ し か か っ
に し た 台 詞 で す。 今、 ま さ
の考え方や人としての生き
卒業していく生徒の皆さ
ん に、 一 首 送 り た い と 思 い
し た い と 思 い ま す 。「 教 師 は
社会に出て大いに活躍する
の 赴 任。 不 安 も あ り ま し た
す。
い か も し れ ま せ ん。 そ の と
が、 辛 く 苦 し い 時 の 方 が 多
い ま す。 ま た、 服
「 装 や 髪 型 憂きことの
なほこの上に積もれかし
は、 本 人 の 意 志 に 関 係 な く、
限りある身の
それに見合った結果を連れ
力ためさん
て く る 。 」と い う 主 人 公 の こ
こ れ か ら の 人 生、 も ち ろ
と ば を 引 用 し、 生 徒 達 に 身
ん楽しい時もあるでしょう
晴 れ の 門 出 に あ た り、 私 な
たくさんの財産を与えてく
り ま し た。 本 校 の 生 徒 達 も、
とを財産にしつつ歩んで参
で 、「 生 徒 に 教 え ら れ た 」 こ
思 い 起 こ せ ば 三 年 前、 皆
様の前での最初のことばは
ま い ま し た ね 。 」だ っ た と 思
きに思い出してくれれば幸
りにはなむけの言葉を贈り
「
第 三 学 年 の 保 護 者 の 皆 様、 保 護 者 の 皆 様 の 大 変 な 御 苦
労があったかと推察いたし
御卒業おめでとうございま
い ま す。 こ の 成 長 の 影 に は、 贈 る 言 葉
長 を、 連 れ て き た と 思 っ て
果としてお子様の大きな成
間 生 活 す る こ と が、 そ の 結
方 を 学 び、 し っ か り と 三 年
ま す。 生 徒 の 皆 さ ん は、 ま
生 徒 に 鍛 え ら れ る 」「 教 師 は
そ れ を 支 え て く れ る「 友 だ
が、 角 を 曲 が っ た そ の 先 に
と を、 保 護 者 の 皆 様 に も 協
そ の 辛 く 苦 し い 事 に、 ど こ
た い と 思 い ま す。
だ し な み を き ち ん と し、 き
ちんとした生活をさせるこ
し て お り ま す。
い で す。 辛 く 苦 し い 時 こ そ、 れ た よ う に 感 じ ま す。 さ て、 「 四 十 に し て 惑 わ ず 」 孔
子 の 言 葉 で す。 こ の 学 年 を
担 当 し て 四 十 を 迎 え、 い よ
いよ不惑の年齢になりまし
するまで粘り強くがんばっ
「 親 」 の 存 在 を 忘 れ ず、 成 功
だけで幸せを感じてくれる
ワーに時折圧倒されること
な 笑 顔 で し た。 あ ふ れ る パ
あ っ た の は、 み ん な の 素 敵
そして自分も負けずにがん
た。 緑 岡 で の 最 初 の 生 徒 が
に何度も何度も救われまし
て 下 さ い。 応 援 し て い ま す。 も あ り ま し た が、 そ の 笑 顔
ば り ま す。
様 化 し て い ま す。 新 し い も
に 考 え 生 き て み て く だ さ い。
昨今の社会情勢の変化は
きっと 快 方 に 向 か う は ず で す。 め ま ぐ る し く、 価 値 観 も 多
もちろん失敗や反省も多い
と 思 っ て 胸 に 刻 ん で い ま す。
とを迷わず一生懸命やろう」
「自分自身が感じて信じたこ
H K 水 戸 放 送 局 が 取 材 し、
」等 で 放
身 が 生 ま れ て か ら は じ め て、
の成長とも重なって自分自
あ り が と う。 そ し て 卒 業
お め で と う。
い ま す。
卒 業 お め で と う ご ざ い ま す。 み ん な で よ か っ た と 思 っ て
のがどんどんと取り入れら
れ よ う と し、 グ ロ ー バ ル 化
曲がり角の向こうには
本 質 を 見 失 い が ち で す 。一 見
感じている人もいるかもし
朝 の 連 続 テ レ ビ ド ラ マ『 カ ー
生徒から学び取ることがで
ちや仲間」の大切さやみん
卒業に向けて
ネーション』が終わってし
たかと思うでしょうが・・・
き る 」 当 に こ れ に 尽 き ま す。 こ と を 願 っ て や み ま せ ん。
なが努力する姿を見ている
力をお願いしたことを記憶
までがんばれるかチャレン
校 で あ り、 そ れ ぞ れ の 学 校
一 年 後 ( 二 年 生 の 時 )、 東
北 震 災 学 習 ( 普 通 科 )・ 海
最 後 に、 生 徒 の 皆 さ ん に
ひ と
お 願 い が あ り ま す。 他 人 の
ですが信じて行動している
た。 自 分 な り に こ の 言 葉 を
た め に、 汗 と 涙 を 流 せ る 人
も 確 実 に 進 ん で い ま す。 そ
施 し ま し た。 そ の 様 子 を N
送 さ れ ま し た。 少 し ず つ で
ニュースワイド茨城
に な っ て く だ さ い。 皆 さ ん
分、 後 悔 は し な く な り ま し
1年生に向けて報告会を実
す が、 し か し 確 実 に 成 長 し
の 中 で、 と も す る と 我 々 は
つ ま ら な い こ と の 中 に、 あ
四 十 に し て「し あ わ せ」と 感
目 先 の 魅 力 で 物 事 を 判 断 し、 た。 そ し て 娘 が 生 ま れ、 そ
の 活 躍 を 期 待 し て い ま す。
いただいた方もいたかと思
い ま す。
るいは地味な物事や煩わし
公の
て い る 生 徒 達 の 姿 を、 ご 覧
「
外 研 修 ( 理 数 科 ) を 実 施 し、 ジ し て や ろ う ! と、 前 向 き
3年1組担任
鈴木 英明
現 在、 入 学 し た 当 時 と 比
べ ま す と、 緑 岡 高 校 で 物 事
第 二 の 母 校 だ と 思 っ て い る。
私は緑岡高校の卒業生で
は な い 。 し か し 、緑 岡 高 校 は
O B( ? )と し て 後 輩 達 へ
3年4組担任
柴原 俊男
3年2組担任
大竹 秀明
第3学年主任
柏村 巌
I don’t know what lies
around the bend, but I’ m going
to believe that the best does.
で主人
‘Anne of Green Gables’
が困難な状況で口
Anne
3年3組担任
斧田 並枝
がんばれ!
私 も、 本 校 が 5 校 目 の 勤 務
平成27年2月27日 (2)
報
会
岡
緑
第128号
し て 皆 の 前 で、 十 八 歳 の 頃
月 日 が 流 れ て、 教 師 と し
い る か ら で は な い。 十 八 歳
の 時 、本 当 に そ う 思 っ た の だ 。 て 緑 岡 高 校 に 赴 任 し た 。 そ
現在緑岡高校の教員をして
の自分の考えを話すことが
に厳しい決断を迫られるこ
観 が 存 在 す る 社 会 で は、 時
る し く 変 化 し、 多 様 な 価 値
新しい世界へと巣立ってい
や は り 緑 岡 高 校 の 生 徒 は 、あ
は い な い の で す。 思 い 描 い
の は、 他 な ら ぬ 自 分 以 外 に
い て く れ る 皆 の 姿 を 見 る と、 自 分 自 身 の 人 生 を 切 り 拓 く
は い か が で し た か。 新 し い
この学校で過ごした三年間
泣 き そ う に な る の も、
胸 に 秘 め て 入 学 し た 皆 さ ん、 つ ら い の も、 嬉 し い の も
三年前新しい制服に身を
つ つ み、 期 待 と 不 安 を 一 杯
笑顔一杯になるのも
これから
し て い た が、 高 校 時 代 の 担
た 人 生 を 送 る た め に は、 夢
校時代の担任や同級生達か
き る こ と は 全 て や っ た。 高
日 毎 日、 そ の 日 の う ち に で
突然勉強する意欲が湧い
て 受 験 勉 強 を 再 開 し た。 毎
だ っ た の だ。
達 を 褒 め て い た。 そ れ を 聞
を 否 定 し、 緑 岡 高 校 の 生 徒
生徒達の受験に対する姿勢
き、 そ の 先 生 は 私 の 母 校 の
校の先生の講演を聴いたと
た。 し か し、 あ る 有 名 予 備
う駄目だ」と思い始めてい
あ っ た。 そ し て 「 今 年 は も
を止めてしまった時期が
ち が 無 く な っ て、 受 験 勉 強
次第に受験勉強をする気持
人として成長する上での糧
く 嬉 し い 経 験 も 苦 い 経 験 も、 ま す。
た り、 笑 っ た り ・ ・ ・ 楽 し
か ? 時 に は 悩 み 迷 い、 泣 い
こ の 3 年 間 は、 皆 さ ん に
とって充実した毎日でした
贈る言葉
最 後 に、 卒 業 お め で と う。
拓 い て い く、 と い う こ と だ。
と を 尽 く す、 そ れ が 未 来 を
し、 自 分 が で き る 最 善 の こ
は 曲 げ ず、 そ の 状 況 に 適 応
に 置 か れ て も、 自 分 の 信 念
あ る。 そ れ は、 ど ん な 状 況
一年間の苦しかった浪人
生活を通して学んだことが
か っ た だ ろ う と 思 え る の だ。
らなかったら今の自分は無
受けた言葉を皆さんに贈り
ま す。 最 後 に、 私 が 感 銘 を
築いていってほしいと思い
神 を 忘 れ ず、 豊 か な 人 生 を
敗 を 恐 れ ず、 チ ャ レ ン ジ 精
な い 可 能 性 が あ り ま す。 失
す。 若 い 皆 さ ん に は、 限 り
悔することはないと思いま
に 諦 め て し ま う 事 ほ ど、 後
け を 並 べ た て、 挑 戦 す る 前
挑 戦 し て 下 さ い。 言 い 訳 だ
するために1歩踏み出して
恐 れ が あ り ま す。 夢 を 実 現
が本当に求める道を見失う
を 求 め よ う と す る と、 自 分
安易に無難な楽なものだけ
のように過ごしたかによっ
こ と で す。 私 は、 今 日 を ど
思 考 で、 今 を 大 切 に 生 き る
いろいろな事を教えられま
お 手 伝 い を さ せ て い た だ き、
今年は夢をかなえるための
と い う 間 に 過 ぎ て き ま し た。
れ た り し な が ら 、三 年 は あ っ
個性豊かで元気な皆さん
に、 圧 倒 さ れ た り、 助 け ら
く だ さ い。
友人達と一緒に大切にして
ぶ し い 時 間 で す。 出 会 っ た
い 出、 君 た ち が 過 ご し た ま
で し ょ う。 全 部 が 青 春 の 想
いろいろな経験をしたこと
思 い 通 り に な ら な か っ た り、
間 を 過 ご し た 人 も い れ ば、
け て き た こ と。 充 実 し た 時
と が 可 能 に な る と 思 い ま す。 や 生 徒 会 活 動 を 努 力 し て 続
て 、は じ め て 明 日 を 変 え る こ
し た。
く さ ん 作 っ た こ と、 部 活 動
行事で心に残る思い出をた
い 時 に 支 え て も ら い、 学 校
友 人 が で き、 辛 い 時 や 悲 し
こ れ か ら で す、 こ れ か ら
ぜーんぶ自分次第
苦 し い の も、 楽 し い の も
こ れ か ら で す、 こ れ か ら
任 や 同 級 生 達 か ら、 C 大 学
の頃の私の考えや行動を分
や 目 標 に 向 か っ て、 プ ラ ス
く 皆 さ ん に と っ て、 目 ま ぐ
高 校 卒 業 後、 一 浪 し て 水
戸の予備校に通いながらC
あ る。 そ ん な 話 を 真 剣 に 聞
と も あ る で し ょ う。 し か し、 卒 業 お め で と う
と が で き た。
大学を目指して受験勉強を
を受験することを含めて私
し、 あ の 頃 に 緑 岡 高 校 を 知
の 考 え や 行 動 を 全 否 定 さ れ、 か っ て く れ る の だ と 感 じ る
ら は 否 定 さ れ 続 け た が、 も
と な り、 何 事 に も 代 え 難 い
い て、 緑 岡 高 校 な ら ば 自 分
もたくさんたくさん夢を持
ち、 ど う か 元 気 で 人 生 を 歩
ん で い っ て く だ さ い。
目的 心身の健全な発達や健康の保持増進などについての理解を深める。
責任感や連帯感を深め
安全な行動や規律ある集団行動を通じて、
る。
体力の向上を目指す。
日程 平成26年10月17日
(金)
行程 団体歩行
(21.8㎞)
3年生からクラスごと出発
那珂市静峰ふるさと公園
(8:45分スタート)
→那珂川堤防
那珂市総合運動公園
(昼食)
→那珂市役所前→笠松運動公園
自由歩行
(男子5.1㎞ 女子2.7㎞)
の笠松運動公園周回コース
第 52 回 緑歩会
を分かってくれるかもしれ
な い と 思 っ た。 自 分 を 肯 定
し て、 背 中 を 押 し て く れ る
何かを待っていた私にとっ
て、 そ の 何 か が 「 緑 岡 高 校 」
う彼らの言葉は耳には入ら
青春の1ページであったこ
卒 業 お め で と う。 こ れ か ら
な か っ た。 と こ と ん ま で 自
卒 業 お め で と う ご ざ い ま す。
" ...the most important thing
you can do is believe in your
ability to become who you want
( Dr. Kelly McGonigal )
to be."
以上の結果が出ました。
上履きが抜けて転びそうになったことがある。など危険なことが多いよう
です。
アンケート結果を元に、学校へ改善等の提案をしたいと思います。
3年7組担任
渡邊 哲郎
と で し ょ う。
3年5組担任
辻田 千里
様 々 な 思 い 出 を 胸 に 抱 き、
215人
73人
2人
80人
19人
40人
調査人数
サンダル型上履きに満足
3年間で買い替えた
上履きが抜けて転びそうになったことがある
つま先にカバーがないことで危険なことがあった
サンダルは衛生的と思う
3年6組担任
横須賀美希子
分 を 追 い 込 ん だ。 そ し て 三
月にはC大学に合格するこ
新しい上履きになって3年目・生徒に感想を聞いてみました。
第128号
報
会
岡
緑
(3) 平成27年2月27日
講演会
月 日、 教 育 講 演 会 「心
の講演会~絆の大切さ い
の ち はひ とつにつな がってい
★ 体と心のストレッチ ★
①フェンシング部
表彰式(平成 年 月 日)
さ せ て し ま っ た。 自 分 に 厳 し
最 後 は、 先 生 が 歌 う 童 謡 に 合
山田森太郎 全国高校総体
エペ個 人 第5 位
1年広報委員 武井 みちよ
す ぎ る と、 人 に も 厳 し く な っ
護 者 ・ 生 徒 ・ 先 生 方 も、 全 員
で、 恥 ず か し さ を か な ぐ り 捨
わ せ、 手 遊 び を し ま し た。 保
て 笑 顔 で 踊 り ま し た。 童 心 に
全 国 高 校 総 体エペ個 人 第5
位 女子団体
平 成 年茨城県新人大会
第1 位 藻 垣 真 音
★ 音 楽で心のストレッチ ★
22
て し ま う 。」 と 話 さ れ ま し た 。
生 が、 大 人 向 け に ゆ った り と
ア ン パ ン マ ン の 主 題 歌 を、 先
・
迎 え して 行 わ れ ま し た。
翻訳家の佐久間レイ先生をお
いう心のストレッチにも感じ
る 」 と 題 し て、 声 優、 歌 手
26
そ う だ! 嬉 し い ん だ 生 き
る喜び
演 後 は 温 泉 に入った 後のよ う
優 しい 歌 声 と 音 楽 に 浸 り、 講
ま し た。
茨 城 県 高 等 学 校ソフトテニ
ス新人大会兼インドア大会
②ソフトテニス部
平 成 年茨城県新人大会
個 人 第1 位
30 14
育 て 体 験、 歌、 一人 語 り、 手
遊び等盛り沢山の心も体も温
たとえ胸の傷が痛んでも
な 温 かい 気 分 に な り ま し た。
ま る 講 演 で し た。
14
続 け た 深 く 熱 い 歌 詞 に、 涙 が
講師の青柳先生の説明を熱心
茨 城 県 高 等 学 校 放 送コンテ
スト新人大会兼全国総文祭
「 頑 張 っ て 生 き よ う、 強 く な
放 送 部 門 茨 城 県 予 選 第1 位
子 柴田健太郎
科学の甲子園茨城県大会
選考委員特別賞緑岡高校B
チーム
協会第5回いっしょに読
川崎恵梨子 久保田悠介
小峰航 助川翔 立枝千依
松尾拓己
⑧新 聞 コ ン ク ー ル 日 本 新 聞
もう!
読書感想文
佐 藤 脩 新 聞コンク ール 奨
励賞
⑨読 書 感 想 文 第 回 青 少 年
関 千 穂 全 国コンク ール 茨
城県予選優良賞
⑩ 標 語﹁ い ば ら き 教 育 の 日 ﹂
藤沼隆斗
優秀賞
推進協議会主催標語募集
集 後 記
編
気 が つ け ば、 子 供 と 共 に3
年 間 広 報 委 員 と し て、 紙 面
づくりを担当させて頂きまし
に 聞 き、 役 員 さ ん 同 士 協 力 し
た。 緑 高 祭 の 準 備 や 緑 歩 会 の
頬 をつ た わって き ま し た。
⑤メディア文芸部
ろ う と 思 っ た。 も っ と 辛 い 事
ながら1 枚ずつそばを作りま
し た。
取 材 な ど、 学 校 行 事 に も 参 加
印南 萌々花 (山梨で行わ
れる関東展に出品 )
⑦ SSH関係
茨城県児童生徒科学研究作
品展茨城県高等学校教育研
究会長賞
「抗菌効果を探る」 丸野健
太 立原千聖
植田理紗
者 の 皆 さ ま、 先 生 方、 広 報 委
1年間ご協力頂きました保護
げ ま す。
紺野優子
員の方々に心より感謝申し上
広報委員会委員長
体力つくり優秀賞とは
生徒の体力つくりに積極
的 に 取 り 組 み、 体 力 ・ 運 動
能 力 調 査 結 果 に お い て、 優
れた成果を上げた学校に対
校中4校受賞緑岡高
し て 与 え る。 高 等 学 校 の 部
では
校は上位4校の中で1位の
6)
成 果 で の 表 彰 を う け ま し た。
広報担当
6)
3)
7)
武 井 み ち よ (1 1 )
平成 年度 広報委員会
し遂げる姿に成長を感じまし
委 員 長 紺 野 優 子(3
た。 少 し で も そ の 感 動 を お 伝
え 出 来 て い ま し た ら 幸 い で す 。 副 委 員 長 鴻 田 良 枝(3
新 井 雅 子(2
一毛 由 起 子 (2
し、 活 動 の 中 で 子 供 達 が 互 い
片野真琴 茨城県芸術祭短
歌大会佳作
に 協 力 し 合 い 、 一つ の 事 を 成
先 生は 「大 人 が不 幸と思い
生 き て い る と、 子 供 も 不 幸 と
キ ッ と 折 れ、 相 手 に も 怪 我 を
持って 生 き 生 き と 生 きて
⑥写 真 部
平成 年度美術
展覧会写真展優秀賞
が お き て、 強 く な っ た 心 は ポ
勝
④映画研究部
今野遼平 茨城県高等学
校秋季囲碁大会男子個人優
茨城県高等学校秋季囲碁大
会男子団体準優勝
③棋道部
予 選 会 男 子 団 体 第2 位
何の為に生まれて何をして
生きるのか
30 27
役員研修会を実施
10
し く 年 齢 不 詳 の 美 魔 女 ぶ り。
「アンパンマンのバタコさん
17
の 声 を し て、 年。 歳 の 娘
今を生きる事で熱いこころ
日 時 平 成 年2 月 日( 土)
が い ま す 。」 と 話 し 、 会 場 は
燃える
: ~ :
「エ ー 」 と ど よ め き ま し た 。
だから君は行くんだ
内容 水府そばつくりと役員
★ 心のストレッチ ★
微笑んで〜
交流会
テ ー マ は「 心 の ス ト レ ッ チ 」 幼 児 向 け の 歌 で は あ り な が ら、
名 の 役 員 さ ん が 参 加 で、
し な や か な 心 は 折 れ ま せ ん。 東 日 本 大 震 災 で 人 々 を 応 援 し
そ ば つ く り を 研 修 し ま し た。
答えられないなんてそんな
のは嫌だ
ノースリーブのワンピース
姿 で 登 壇 さ れ た 先 生 は、 若 々
帰り明るく素直な心に戻ると
数 々 の 声 優 の 経 歴 を 紹 介、 バラ ー ド 調 で 歌 い あ げ て 下 さ
い ま し た。
自 己 紹 介、 一人 親 と し て の 子
26
26
15
P
T
A
11
12
26
思 い 生 き る。 大 人 が 夢 を
い な か っ た ら、 子 供 は そ
夢を持ちましょうと言う
う 生 き ら れ な い。 子 供 に
前 に、 ま ず 大 人 が 夢 を 持
ち ま し ょ う。 大 人 の 世 界
は 楽 し い よ。 頑 張 っ て 生
き て お い で。 と 子 供 に 語
り ま し ょ う 。」 と 話 さ れ
ま し た。
-
-
-
-
大月
文子
伊 藤 真 由 美(1 1 )
-
-
23
94
26
27
60
平成27年2月27日 (4)
報
会
岡
緑
第128号
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
45
File Size
1 436 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content