close

Enter

Log in using OpenID

NST通信平成26年1号(平成26年4月発行)

embedDownload
 1号
平成26年4月
2月27日28日横浜で第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会があり、リンクナースの横山さん、
薬剤師の矢澤さん、佐藤さん、管理栄養士の村山さんが参加しました。
研修会報告(リンクナース横山さん)
・ 脳卒中発症後、4日以内に栄養90%以上を経腸から摂取できると、予後が良い方向へと動くが、
発症して1週間後の低栄養状態は予後丌良となるケースが多い。
・ 栄養剤が半固形で投不された場合、90%以上の確率で逆流がおこらないため、嘔吐なく経過で
きる。
⇒ 当院でも採用されている、イージーゲルやREF-P1(レフピーワン)も、栄養剤を半固形状態に
調整できるので、有効活用しましょう。
お願い(>人<)
電子カルテに移行してから、NSTの入力方法も変更となっています。
まだ入力したことのない方は、NSTリンクナースにお尋ね下さい。
これから、新人さんも配属になるので、早めに入力方法を覚え、指導のほどよろしくお願いします。
★☆注目☆★
NSTの介入件数が前年度154件から今年度238件へ増加しています。
今後も、患者様の栄養状態に関心を持ち、NST介入をご検討下さい。
NST委員長である鈴木一也先生も、心よりお待ちしております。
担当:リンクナース 今福 茉夕子・藤田 智理
栄養科
から
「アルジネード」が、
新商品「アルギーナ」に変わりました。
成分の詳細は「栄養管理マニュアル」の「食品の経腸栄養剤」に記載して
いますので、そちらをご覧ください。
●
平成25年の介入数・評価数
病 棟
1A
評
価 1
強 制 評 価 3
介
●
入
3
強 制 介 入
4
合 計
11
3A
3B
2F
2
1
1
1
7
5A
5B
2
1
14
2
49
9
1
13
3F
3
8
10
10
17
3
4A
4B
6A
6B
7A
1
2
7B
8B ICU
合計
1
25
2
15
1
5
89
3
59
4
2
7
8
2
1
2
3
1
3
2
34
1
2
2
1
1
7
7
4
91
32
5
4
7
19
9
65
9
238
平成24年度との比較
病 棟
1A 3A 3B 2F
3F 4A 4B 5A 5B 6A 6B 7A 7B 8B ICU
合計
24年度
7
3
15
26
1
0
0
24
27
2
2
18
13
14
2
154
25年度
11
10
10
17
3
7
4
91
32
5
4
7
19
9
9
238
栄養管理に係ることは、是非NSTをご活用下さい。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
22
File Size
148 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content