close

Enter

Log in using OpenID

「苦難と教育―神、人間そして自然 の関係」 一 はじめに ヨブ記の学びは

embedDownload
旧約聖書 ヨブ記5:1-27
「苦難と教育―神、人間そして自然
の関係」
一
はじめに
ヨブ記の学びは、「苦しみ」という切
り口から、神の恵みを教えてくれる。
イザヤ 53:3
「悲しみの人で病を知
ヘブル 4:15
「私たちの大祭司は、
っていた。」
私たちの弱さに同情できない方ではあり
ません。」
この二つの聖句にあるように、神様は
私たちの「悲しみの同伴者」であり、私
たちの生きる目標は、「御子の形に似せ
られていくこと」である。
では、「悲しみの人」「病を知る人に
なる」とは、どういうことなのか?まさ
に、このヨブ記は、私たちの成⾧のため
の書、苦しみをどう受け止めたら良いの
か?を教えてくれる。
先週の箇所で、エリファズは、神の人
間に対する取り扱いに不満を持つもの
は、不信仰であり愚かであると言った。
そして、そういう者が結果として、災い
を受けるのだとも言った。しかし、当然
とも取れるこの言葉の中に盲点がある。
二
呼ぶヨブ、答える神―法廷的意味
5:1
「さあ、呼んでみよ。だれかあ
なたに答える者があるか。」この「呼
ぶ」(カーラー)「答える」(アーナー)
は、法廷で使われる用語である。ヨブが
ただ嘆くだけではなく、神の法廷に訴え
出ることを暗示している。
5:2-7
ここからエリファズは、教訓
的な事を述べ始める。ヨブが怒りを爆発
させているが、それは愚か者のすること
であると言う。
愚か者であっても、一時的にはこの
世で栄えることがある。しかし、愚か者
の繁栄は永遠のものではない。
「門で押しつぶされる」とは、以前に
も言ったとおり、「門」とは裁判を行う
ところであり、愚か者は裁判で敗れ、悪
人の不幸は子孫にまで及ぶのだとエリフ
ァズは言う。
三
真に聖書の御言葉を読み解くとは
旧約聖書の前半では、イスラエルは賞
罰においては「ひとつの運命共同体」で
あった。しかし、旧約聖書の後半の預言
書群、特にエゼキエル書では、「個人の
責任」を説いている。その意味でも、賞
罰の理解にも「啓示の漸進性・発展性」
が見られることを押さえておかなければ
ならない。
聖書の言葉を「その言葉通り」に受
け取ることは大切だが、「極端に言葉通
り」に受け取ると、聖書全体から「語ら
れているメッセージ」を聞き間違うこと
になる。時代性・目的性、また「漸進
性・発展性」を念頭に、語られている言
葉を理解し、御霊の照明によって、本質
的・普遍的メッセージを抽出することが
求められる。
5:7
「人は生まれると苦しみに会
う。火花が上に飛ぶように。」これを原
文通りに訳せば「そは人は悩みの中で生
まれ、また火の粉は上に飛ぶが故なり」
となり、これを仏教用語で言えば、「そ
れはこの世界は火宅」となる。つまり、
「人々が、実際はこの世が苦しみの世界
であるのに、それを悟らないで享楽にふ
けっていることを、焼けつつある家屋
(火宅)の中で、子供が喜び戯れている」
のに例えた言葉である。
ヨブは、3 章において自己の苦しみ悩
みを「訴え」、生の「無意味」を叫んで
いるが、そのようなことを、いかに訴え
叫んでみても誰も聞いてくれない。人間
の「怒り」や「ねたみ」はかえってその
人を子孫をも不幸にする。
なぜなら、「人生そのもの」が「苦
悩」に満ちているからである。ヨブ 1
人が苦しんでいるのではないとエリファ
ズは説教する。
四
全知・全能の神―歴史・自然、そし
て人間社会への働きかけ
5:8
ここからは、エリファズが、わ
たしならこうするという事を述べてい
る。この「わたしなら、神に尋ね、私の
ことを神に訴えよう。」という「私であ
るならば」は原文ではただ一語「我」
(アニー)に強調が置かれ、「わたしな
ら、お前と違う」という傲慢な態度であ
る。
ヨブの苦しみを理解せず、ヨブを批
判する。自分なら神に求める、神は全知
全能であるから。
5:9,10 「神は大いなることをなす
者にして計り難し。不思議なる事、数え
がたきまでに」神の大いにして、不思議
なわざに対する「賛美」の形式をもって
語っている。
5:11
神の働きは、歴史や自然のみ
ならず、「人間の社会」にも行われる。
5:12,13
悪賢い者は、賢さによって
潰される。まことの知恵は「神を畏れ
る」ところから生まれる。悪人は自ら穴
を掘り、その穴に落ちる。
5:16
「こうして寄るべのない者は
望みを持ち、不正はその口をつぐむ。」
以上のようなことであるから、貧しい者
も絶望するにはあたらない。神が正義と
憐れみをもってこの世界を統治される限
り、弱き者、虐げられる者も、その希望
を失うべきではない。
五
苦難と教育―神、人間、自然の関係
5:17-21
は「知恵の歌」の形式をと
り、それは「ひとつの教訓詩」を示し、
それに従う者に対する「幸福」が約束さ
れている。その多くは、詩篇等の中に数
多く出てくる。
「神は苦難をもって人間を教育する」
ということであり、父の教育的愛を示
し、「神学的根底」になっているものは
「賞罰の信仰」である。
5:18 「神は傷つけるが、それを包
み、打ち砕くが、その手でいやしてくだ
さるからだ。」
5:23 「野の石とあなたは契りを結
び、野の獣はあなたと和らぐからだ。」
ヨブ記の舞台であるウズは、中東南方
の荒野地帯であり、肥沃なカナンとは違
う。ヨブ記の自然は「調和的な自然」で
はなく、「対立的な自然」である。そん
な地域の自然は人間にとって苛酷な物で
あり、ヨブの財産や子供たちすべてを奪
った「火」「大風」であった。
そのような所にあるものは「砂漠的文
化」である。そんな苛酷な自然の中で生
きるために、創造者の顧みと守りなくし
ては、生物も人間も「1 日たりとも生存
を続けていく」ことは出来ない世界なの
である。
六
結語
エリファズの言うことは、「真理」
であり「聖書的」である。そして、ヨブ
に同情は寄せているが、ヨブの深い苦し
みは理解できていない。
それにひきかえ、「主は悲しみの人で
あり、病を知っていた。」
それは、「また、群衆を見て、羊飼い
のない羊のように弱り果てて倒れている
彼らをかわいそうに思われた。」マタイ
9:36、「父よ。彼らをお赦しください。
彼らは、何をしているのか自分でわから
ないのです。」ルカ 23:34 からもよく分
る。
また、内住の御霊の助けにより、「御
子の似姿に変えられていく」という私た
ちの生涯、生きる意味、また目的の一つ
は「隣人の悲しみ、苦しみの理解者、同
伴者」として成⾧していくということも
含まれている。
ヨブを見舞いに来た 3 人の友人を
「反面教師」として、これからも学んで
いただきたい。
以 上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
246 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content