close

Enter

Log in using OpenID

平成27年 労働者死傷病報告受理件数表

embedDownload
平成27年 労働者死傷病報告受理件数表
平成27年10月末現在
群 馬 労 働 局
署別
業種別
製造業
食料品製造業
高崎 前橋 桐生 太田 沼田 藤岡 中之条 群馬局計 前年同期
106
193
40
1
153
1
12
25
9
2
538
26
77
5
30
2
4
3
147
1
40
2
52
7
43
11
12
3
174
5
589
1
167
-3
-51
-1
-20
1
12
235
2
43
3
258
3
219
-1
-9
-61
-2
-2
-3
-24
-3
-23
12
19
1
6
1
2
41
52
97
12
57
7
6
3
234
45
82
11
47
4
4
3
196
6
1
158
2
7
4
7
252
31
112
3
1
42
27
1
1
27
30
3
649
194
18
7
705
3
212
12
-4
-56
-3
-18
46
74
7
35
14
14
4
9
14
4
3
2
1
3
36
61
-25
22
49
5
24
5
5
2
112
10
1
52
2
48
-1
4
23
8
1,625
27
1,806
-19
-181
98
2
29
27
1,806
14
-2
-6
-19
-181
2
2
362
6
388
-4
-26
6
2
596
6
677
-4
-81
97
1
124
-1
-27
1
1
369
10
402
-9
-33
4
2
73
2
91
鉱 業
建設業
木造家屋等建築工事
交通運輸・貨物取扱業
道路貨物運送業
林 業
上記以外の事業
卸売業・小売業
通
信
業
医療保健業・
社会福祉施設
旅館・ホテル業
計
前年同期
増 減
9
76
76
-18
増減
災害の種類別
災害の種類別・署別 高崎
転倒災害
食料品加工用機械災害
建設機械災害
クレーン・玉掛災害
外国人の災害
公共工事の災害
交通労働災害
荷主先災害
70
前橋 桐生 太田 沼田 藤岡 中之条 群馬局計 前年同期
1
139
17
79
15
17
15
352
522
2
16
5
1
2
5
6
3
8
16
2
10
1
1
3
1
6
25
2
29
26
39
24
48
1
1
1
4
25
1
21
1
28
2
23
1
38
1
2
2
3
38
1
61
1
21
8
9
3
7
1
93
79
3
33
4
98
7
15
2
3
99
120
7
2
注1 この表は、死亡及び休業4日以上の労働者死傷病報告を集計しています。
2 各項目の下欄は死傷者数合計、上欄は死亡者数で下欄の数の内数です。
3 下の表は災害の種類別で、特に項目を設定して集計しています。
増減
-1
-170
-3
-1
-2
-1
1
-18
-2
-12
-4
-5
-21
平成27年 死亡災害発生状況
平成27年10月末現在
群 馬 労 働 局
年
25年
26年
27年
7
5
2
対25年比 対26年比
業種
製造業
-5
-3
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
鉱業
建設業
4
12
(
)
交通運輸業
3
(
)
-1
(
)
-9
(
)
3
-3
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
貨物取扱業
林業
その他
3
7
(
計
)
14
3
(
)
27
(
)
-4
(
)
8
(
)
(
)
-6
(
)
※( )の件数は、脳・心臓疾患,精神障害を内数で表す。
-19
(
)
平成27年死亡災害事例(建設業以外)
平成27年月10月末現在
(脳・心臓疾患、精神障害を除く)
番
号
発生月
発生時間帯
労 働 者 数
4月
1
年 齢
性 別
職 種
55歳
働
種 事故の型別 起因物別
局
署
別
事業場周辺の崖付近で除草作業を行っていた
ところ、崖から河川に墜落した。災害発生当日 産業廃
から行方不明となっていたが、約1ヶ月後、事 棄物処 墜落・転落 分類不能
不明
男
業場から約3Km下流の河川内で遺体となって発 理業
37人 作業員 見された。
沼
田
69歳
5月
3
労
中
之
条
男
30人 作業者
2
業
馬
ゴルフ場コース内で立木の枝打ち作業中、何
らかの原因で墜落し、2日後に搬送先の病院で ゴルフ
建設機械
墜落・転落
死亡した。なお、枝打ち作業中の目撃者はいな
場
等
かった。
8時頃
5月
災 害 の あ ら ま し
群
58歳
事業場で実施していた健康診断受診中に、検 木材・
はさまれ、
診車内で、検査用ベッドと検診車の壁面に頭部 木製品
分類不能
巻き込まれ
を挟まれ死亡した。
製造業
沼
田
関越自動車道において、工事規制帯内で橋台の
はさま
その他
測定中、新潟側からバック走行してきた工事車
れ、巻き
の事業
両に轢かれた。
込まれ
トラック
高
崎
産業用機械に使用するオイルフィルターのタ
ンクの製造において、エアーによるタンクの機
一般機
密試験実施中、タンクのノズルに差し込んだエ
飛来・落
械器具
11時頃
男
アーホースが固定不十分となり外れ、ホース先
下
製造業
端のカプラー(金属部)が下腹部に刺さり死亡
38人 作業者 した。
その他の
装置、設
備
太
田
11時頃
女
作業員
6月
4
59歳
10時頃
男
3人 技術者
10月
5
67歳
平成27年死亡災害事例(建設業)
平成27年月10月末現在
(脳・心臓疾患、精神障害を除く)
番
号
発生月
発生時間帯
年 齢
性 別
店社人数・現場人数
職 種
1月
1
11時頃
2人
10月
2
12時頃
8人・4人
9月
3
11時頃
2人・1人
群
馬
労
働
局
発
注
者
事故の
型 別
59歳 牛舎の屋根上で、波板スレート屋根撤去作業
中、スレート屋根を踏み抜き約3.7m下のコ
男
ンクリート床に墜落し、脳挫傷により医療機関
にて加療していたが、4月に死亡した。
作業員
民
間
墜落・転
落
屋根
前
橋
跨道橋橋台の基礎工事現場で、クレーン機能付
64歳 きドラグ・ショベルを用いて、現場内に敷設さ
れていた仮設の鉄板を大型ダンプトラックに積
込み作業中、停車していた同トラックが突然逸
男
走し始めたため、同トラックの左後方で待機し
ていた被災者が咄嗟に止めようとして、同ト
土工 ラックの前方に回り込んだ所、轢かれ死亡し
た。
県
はまれ、
巻き込ま
れ
トラック
高
崎
64歳 高さ約1.5mの脚立に乗りカーポートの屋根
取り付け作業中、脚立からコンクリート床面に
男
墜落し、頭部を負傷し入院加療していたが20
日後に死亡した。
作業員
民
間
墜落・転
落
脚立
前
橋
災 害 の あ ら ま し
起因物別
署
別
平成27年 重大災害事例
平成27年10月末現在
群馬労働局
番
号
発生月
発生時間帯
被災人数
事業場数・(現場人数)
9時
4人
3人
クローラ(アーム)式高所作業車を使用した屋根
敷設作業において、休憩のため地上に降りようと
2名で高所作業車のバケットに乗って下降してい
3人以
たところ、高所作業車がおじぎをするように傾い
上の災
て転倒し、バケットから地面に激突した。その
害
際、バケット内の2名が負傷し、地上で作業中の
1名が倒れてきた高所作業車に押し倒され、負傷
した。
1・12人
6月
2
11時
1・3人
災害の
事故の型
種類
金属加工販売店の責任者から「会社内で強い薬
品の様な臭いがした。気分が悪くなっている人が
複数いる。」との通報が警察署にあり関係者が駆
け付けたところ事務所等にいた複数の社員が目ま
いや吐き気を訴えた。その内4人が病院に搬送さ
れたが、軽症であった。
4月
1
災害のあらまし
起因物
3人以
有害物等
上の災
有害物
との接触
害
転倒
高所作
業車
署
別
高
崎
中
之
条
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
149 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content