close

Enter

Log in using OpenID

自動車ディーラー ワランティ監査 - 株式会社日本能率協会コンサルティング

embedDownload
業界 >> 自動車
Industry
ID1-02
自動車ディーラー ワランティ監査
Background
国内乗用車市場の拡大が期待できない中、国産高級乗用車の顧客囲い込みが加速してきました。5年も
しくは10万kmの新車保証、3年間の定期点検メンテナンス料無料。また、大衆車でも保証延長やサービ
スパック、プラスαのるメーカーの車両保険は当たり前になりました。輸入車も、9年までの有料新車
ワランティ延長プログラムを用意している所もあり、顧客管理の「仕組み」と「人的アプローチ」の融
合が重要になってきました。そして、メーカーにおいては、品質保証や独自保険をどう戦略的活用が出
来るかが、顧客囲い込みの鍵となりました。
しかし、ディーラーサイドでは、お客様のCS向上を理由に、過剰な保証(ワランティ)請求も多く、
メーカーの経営を圧迫する場合も少なくない現状にあります。また、保険会社に委託した場合も、適正
な管理を怠れば料率が上ってしまい、競合との競争力を弱める結果となります。そこで第三者機関にワ
ランティ監査を委託し、ディーラーとメーカーとの良好な関係を壊さず、対等にワランティやサービス
パック等の適正な請求を監査する重要性が増しています。
JMACは、自動車メーカーや自動車部品メーカー、自動車ディーラーのコンサルティングに長年関わっ
ており、各社の事情を熟知した上で、ルールに則った中立の立場で適正なワランティ監査を実施し、
メーカーの論理を押し付けるのではなく、ディーラーに適切な教育をした上で、メカニック教育も兼ね
たワランティ監査で好評を得ています。
Viewpoint
JMACの自動車ディーラー ワランティ監査の特徴
◆ 「オーダーメイド」 な監査
パイロット店での実施を通じ、販売会社特性を考慮したオーダーメイドな監査を行います。
◆
不適切な処理を「見つける」から、「起こさせない」管理システム強化
販売店の実態を解明し、同時にディーラーマネジメント・担当から喜ばれる管理システムに
留意、問題指摘 から、実施フォローの可能な改善指摘を心掛けます。
◆
DS、CS 視点から「ワランティ境界条件の明確化」により相互理解度向上
ワランティはDS、CSを目指しているために、監査のプロセスも、相互理解度向上を充分考慮
致します。監査における改善と同時に、販社にもメリットの出る作業改善で現場にも喜ばれる
指導を心掛けます。
Service Menu
JMACの基本パターンは、下記の3つがセットになっておりますが、貴社事情により変更可能です。
◆ 販社経営者セミナー
・ ワランティ監査の必要性
◆ 販社ワランティ責任者研修
・ メカニック・フロント指導研修 <1回/年>
◆ ワランティ監査
・ 店舗監査、返金額検討
C
2013
業界 >> 自動車
Industry
ID1-02
自動車ディーラー ワランティ監査
Our Practice
◆ 外国自動車メーカー
◆ 輸入車インポーター
Consulting Step
JMACのワランティ監査は、「不適正請求の返金」ありきではなく、販社経営者、ワランティ責任者と
充分なコミットメントをとった後に、指導教育監査期間1年を経て、2年目から本格監査に入ります。
従って、
販社経営者セミナー ⇒ 販社ワランティ責任者研修 ⇒ ワランティ監査指導教育期間 ⇒ 本格監査実施
の手順での推進を基本パターンにしております。
◆ワランティ監査と研修内容の確認
・ 監査項目の詳細確認と、メーカーとのすり合わせ
・ 研修内容の確認
・ 報告書作成内容と改善指導イメージの確認
◆店舗ワランティ監査
・
・
・
・
監査スケジュールの作成
監査・インタビュー
調査分析
ディーラー向け監査内容の報告
◆ワランティ監査報告書作成と返金額検討会議
・ ワランティ監査報告書作成
・ 返金額試算提示
・ 最返金額の決定
株式会社日本能率協会コンサルティング TEL.03-3434-0982 http://www.jmac.co.jp mail :[email protected]
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
194 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content