close

Enter

Log in using OpenID

グループ3「モロッコの言語」

embedDownload
モロッコの言語
三班
モロッコ人はみんなマルチリンガル!?
●モロッコ
アフリカの北西端にある国。イスラム教国。面積
44.7万㎢、人口3392万人(2015年)
☆モロッコ人は多くの人が、3ヶ国語、4ヶ国語を
話すことができる
疑問1なぜこんなに多くの言語
を話すことができるのか?
モロッコの多数言語使用の状況
公用語・・・ アラビア語・ベルベル語(1980年ごろから学校で指導)
正式アラビア語(フスハー)、アラビア語モロッコ方言
(ダリジャ)に分かれる
フスハー:書き言葉・公文書・商品・案内表記・新聞
ダリジャ:話し言葉で文字がない。日常生活で主に使用
第二言語・・・フランス語(1980年ごろより前はフランス語で教育)
→政府・メディア・教育・ビジネス・公文書・商品・案内表記・新聞
全世代に通用する
~フランス語教育~
大学以上の高等教育はフランス語→進学したい場合はフラ語が必
須!
→みんなフラ語を学習する
公立
小3~ 語学教育としてフランス語
+語学学校、塾、家庭教師
私立
幼稚園からする場合も!
小1~ フランス語
大人になるころにはほぼ母語なみに身につく
☆教育システムはすべてフランス式
その他の言語:北部モロッコ→スペイン語
山岳地帯→ベルベル語
英語も学習(公立 中1~、私立 小3~)
結論 公用語として教育されているアラビア語、
ベルベル語に加えてフランス語の教育もなされ
ていて、さらに英語教育にも力をいれている。
→3,4ヶ国語を使用できるようになった
疑問2 なぜフランス語とスペイン語が使用され
ているのか?
モロッコの歴史が深く関係している!
668年
アラブ人によるモロッコ征服→イスラム教伝来
740年
モロッコ人がイスラム教に改宗しはじめる
19c末~20c初 アフリカ分割でモロッコもヨーロッパの標的になる
1904年
英仏協商でモロッコを狙っていた英仏の妥協
→フランスがモロッコにおける優越権獲得
1909年
北部リーフ地方でベルベル人vsスペイン人→第二次リーフ戦争
1912年
フェス条約:国土の大部分がフランスの保護国領のフランス領モロッコ
仏西条約:北部リーフ地方はスペイン領モロッコ
結論 フランスの保護国領かつスペインの委任統治
下という歴史的背景が影響している!
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
211 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content