close

Enter

Log in using OpenID

ここをクリックしてpdf.ファイルで読む(印刷する)ことができます。

embedDownload
 教皇フランシスコの「お告げの祈り」でのことば 2016.3.6.
3 月 6 日、教皇フランシスコはサンピエトロ広場に集まった大勢の信者とともに、
教皇公邸書斎の窓から「お告げの祈り」をささげました。以下は祈りの前に教皇が
述べたことばの全訳です。
――
親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。
ルカによる福音書 15 章には、いつくしみに関する三つのたとえ話があります。
「見失った羊」(4 − 7 節)、「無くした銀貨」(8 − 10 節)、そしてとても大切な
「放蕩息子」(11 −32節)のたとえ話です。今日、わたしたち一人ひとりがルカ
による福音書 15 章を開いて、これらの三つのたとえ話を読めたらよいと思います。
四旬節の歩みの中で、福音は、このいつくしみ深い御父のたとえ話を示していま
す。その主役は二人の息子を抱えた父親です。この話は、父親のいくつかの特徴を
浮き彫りにしています。この父親はつねにゆるし、どんなときも希望をもち続けま
す。特に感動的なのは、家を出るという下の息子の決断を父親が受け入れたことで
す。父親は、息子がまだ若く未熟なのを知って、その申し出を断ることもできたで
しょう。また、父親が存命中には財産を譲らないと主張し、弁護士を探すこともで
きたでしょう。しかし、父親は起こりうる危険を見通しながらも、息子を出発させ
ます。神はこのようにわたしたちに働きかけておられます。神は、わたしたちがた
とえ過ちを犯そうとも、自由にさせてくださいます。なぜなら、神はわたしたちを
お造りになった時に、自由という偉大なたまものを与えてくださったからです。そ
れを良い形で用いるかどうかは、わたしたちに託されています。この自由という神
のたまものは、いつもわたしの心を動かします。
しかし、この父親と息子の別離は、物理的なものにすぎません。父親はいつも心
の中に息子を抱きつつ、信頼しながら息子の帰還を待っています。父親は息子を見
つけられるのではないかと期待し、道を見つめます。そしてある日、遠く離れたと
ころに息子がいるのを見つけます(20 節参照)。つまり、この父親は息子が帰って
来るかどうか見極めるために、毎日、テラスに出ていたのです。そして、父親は息
子を見つけてあわれに思い、走り寄って首を抱き、接吻します。なんという優しさ
でしょう。この息子は問題を起こしましたが、それでも父親はこのように息子を受
け入れるのです。
父親は、いつも家にいた兄にも同様に接しました。しかし、兄はこの時、過ちを
犯した弟に対する優しさを理解することも、分かち合うこともできずに、怒って不
平を言います。父親は兄にも会いに行き、「わたしたちはいつも一緒にいて、あら
ゆるものを分かち合っている(31 節参照)。やっと帰ってきた弟を喜んで迎えるの
1
は当たり前ではないか」と言います。この箇所について、わたしは次のように考え
ます。自分が罪人で価値のないものと感じるなら、またわたしに語りかけた大勢の
人々のように、「神父様、わたしは取るに足らない者です」と思うのなら、それは
御父に向かう時です。それとは逆に、自分が正しいと感じ、「わたしはいつも正し
いことをしてきた」と思うなら、御父は同じようにわたしたちを探しに来てくださ
います。なぜなら、自分が正しいと感じるこの姿勢は誤 った態度だからです。そ
れは思い上がりであり、悪魔からもたらされたものです。御父は自分が罪人だと認
める人を待ち望み、自分が「正しい」と思っている人を探しに来てくださいます。
それがわたしたちの御父なのです。
このたとえ話には三番目の息子も垣間見ることができます。三番目の息子はどこ
にいるのでしょうか。彼は隠されています。それは、「神の身分でありながら、神
と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、しもべ
の身分になる」(フィリピ 2・6 − 7)かたです。しもべであるこの息子こそ、イエ
スです。イエスは、御父の広げられた両腕と心です。イエスは放蕩息子を迎え入
れ、その汚れた足を洗い、ゆるしの祝宴を準備しました。そして、「御父のように
いつくしみ深くなること」をわたしたちに教えてくださいます。
このたとえ話における父親の姿は神のみ心を表わしています。この父親はいつく
しみ深い父親であり、イエスのうちに、わたしたちを計り知れなく愛し、過ちを犯
すたびにわたしたちが回心するのを待ってくださいます。そしてわたしたちが、自
分は神がいなくても大丈夫だと考え、神から離れてしまった時には、わたしたちが
戻るのを待っていてくださいます。何が起ころうとも、いつも両腕を開いて受け入
れてくださるのです。この福音書に描かれた父親のように、神はまた、わたしたち
がたとえ道を見失っても、わたしたちがご自分の子どもだと考え続けてくださいま
す。そして、わたしたちが神に立ち帰るときには、優しく迎えてくださいます。誤
りを犯しても、たとえそれが悪いものであっても、神の愛の忠実さが弱まることは
ありません。ゆるしの秘跡によって、わたしたちはいつも新たに始めることができ
ます。神はわたしたちを迎え入れ、ご自分の子どもとしての尊厳を与えてください
ます。そして「行きなさい。平和のうちに。起き上がって、前に進みなさい」と声
をかけてくださるのです。
復活祭を先に控えた四旬節にあたり、わたしたちは回心に向けた心の歩みを確か
なものとするよう招かれています。愛に満ちた御父のまなざしが、わたしたちに注
がれますように。罪と妥協する行いをすべて拒否して、わたしたちの心のすべてを
神に向けることができますように。新しいいのちを与える抱擁に至るわたしたちの
歩みに、おとめマリアが神のいつくしみをもって寄り添ってくださいますように。
(2016.4.15) [カトリック中 央 協 議 会訳]
2
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
141 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content