close

Enter

Log in using OpenID

学校開放デーの日、私は「楽しいスコーン 作り」の講座でした。そして、3

embedDownload
学校開放デーの日、私は「楽しいスコーン
作り」の講座でした。そして、3つのグルー
プに分かれてスコーンを作りました。最後、
作ったスコーンを分けるとき、下級生の子が
言ってくれました。
「六年生、今年で開放デー
最後でしょ?だから最後の1個あげる。
」
「私、
おねえちゃんのグループでよかった。」
那加第二小 佐藤 マユミさん
毎日、見守り隊の人が、温かいあいさつを
してくれます。そんな人の中でも、私は特に、
毎朝通学路までついてきてくださり、色々な
話をきかせてくださる一人の見守り隊の人に
感謝しています。相手の人に「おはよう。」と
声をかけられ、私も返すと、朝から心がポカ
ポカになるし、話をするのもとても楽しいで
す。私も人の心をポカポカにできるあいさつ
をがんばりたいです。
伊自良南小 横山 叶さん
不安なことがあるといつも元気づけてくれ
るお母さん。「心配しすぎ、大丈夫。」単純な
言葉だけど、この言葉に何度助けられたか。
お母さんの言葉は私を安心させ、うれしくさ
せます。心を温かくしてくれるお母さんに感
謝しています。
北方中 和田 ひまわりさん
私が学校から帰ると毎日のように母は「今
日、学校どうだった?」と聞く。私も決まっ
ていつも「べつに」とか「普通だった」と答
えると「普通なら良かった!」と母もいつも
の様に言う。毎日、何事もなく普通に過ごせ
ることの大切さを母は教えてくれているのだ
と思う。
境川中 松尾 涼那さん
帰り道で、おぱあちゃんが道の真ん中で買
ったものを落としてしまった。大変そうだっ
たので、一緒に拾ってあげたとき、周りの視
線が集まって恥ずかしかった。けど、おばあ
ちゃんの「ごめんね。ありがとう。
」の言葉で、
恥ずかしさなんてとんでった。
岐南中 長谷川美紀さん
家族が笑顔でいつも言ってくれる「いって
らっしゃい」
「おかえり」という言葉。友達が
最高の笑顔で言ってくれる「おはよう」
「さよ
うなら」という言葉。こんな短くてあたり前
で、たくさん使う言葉だけど、
「私には、いっ
ぱい友達がいる」
「私のことを気にしてくれて
いる」と伝わってきます。これらの言葉は、
私の宝物です。
牛牧小 石部 佑夏さん
わたしには、お母さんと二人きりですごす
特べつな時間があります。学校、友達のこと、
こまったことがあればゆっくり話ができる時
間です 。「さ ん ぽに行く けど いっしょ に行
く?」わたしは、夕方のこの時間がとても大
好きです。
一色小 松枝 ゆいさん
先日、学校で「命の大切さを学ぶ教室」と
いう講演会がありました。実際に交通事故で
愛する娘を亡くされた方の話を聞きました。
その話の中で、どうしてもっと「ありがとう」
という言葉をかけておかなかったのだろうと
おっしゃっていました。だから私はその日か
ら、
「ありがとう」を大切にしようと友達と約
束し、毎日ささいなことでも感謝の言葉をか
け合っています。改めて心が温かくなる良い
言葉だなあと思っています。
竹鼻中 雪井 莉子さん
出張で朝早く家を出たお父さん。私は寝て
いた。だけど、遠くのほうで、
「テストがんば
れよ。」というお父さんの声が聞こえた。夢だ
と思っていたけれど、お母さんにきいてみた
ら本当に言っていたそうだ。これを聞いて、
「応援してくれているんだ。頑張ろう。」とあ
らためて思えた。いつもは言えないけれど、
「ありがとう」
笠松中 藤澤 未有さん
高校から下宿生活を始めて気づいたことが
あります。それは、家族のありがたさです。
今まで 15 年間は家に帰れば必ず家族がいま
した。洗濯をしてくれたり、ごはんをつくっ
てくれたりしました。そして帰れば「おかえ
り」、寝る前は「おやすみ」。でも今はいませ
ん。いつも心配してくれてありがとうと伝え
たいです。
市岐阜商高 小瀬 颯さん
お父さんと会話するなんて滅多にない。で
も、塾への送り迎えはなぜかいつもお父さん。
車を降りる時は、
「いってらっしゃい。がんば
って。」車に乗る時は、「おつかれ。お帰り。
」
いつも同じ言葉だけど、お父さんの優しさを
感じます。
岐阜北高 匿名希望
幼いころの手術の跡が長い一本線となって
胸に残っている私。思春期を迎えた。その傷
跡が悲しくて辛くてたまらないものだった。
苦しんでいた私に、父親はこう言った。
「人間
は完璧じゃないほうがいい。そのほうがいろ
いろな人の苦しみが分かる。」自分の運命を受
け入れ、前向きに生きていこうと思わせてく
れた言葉だった。
席田小PTA 佐藤 愛子さん
母親として毎日こなしている家事。疲れた
なあ、面倒だなあと思うこともよくあるので
すが、子供達は「いつもありがとうね。
」と私
に言ってくれます。それは私が家事をしてい
る時だけでなく、何でもない時でも、あいさ
つのように言ってくれます。この「ありがと
うね。」という言葉を聞くと、あたたかい気持
ちになり、がんばろうと元気がわいてきます。
だから私も子供達に「こちらこそありがとう
ね。
」と言います。
笠松中PTA 渡部 琴巳さん
私の体調が悪く、少し横になっているから
と娘2人に伝えて1~2時間ほど休みまし
た。起きてみると手紙が置いてありました。
「おさらはわたしたちがあらうからゆっくり
してね。」「ままへ、ちょうしはどうですか。
はやくなおしてくださいね。」と書いてありま
した。娘が2人の成長を感じる事ができたの
と、いつもついついおこってしまう自分自身
を反省しました。この手紙を読んだ時、涙が
とまらなくなりました。ちらしの裏に書いて
ある手紙ですが、私の大切な宝物です。
北方西小PTA 玉木 ゆみ子さん
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
13
File Size
333 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content