close

Enter

Log in using OpenID

レポートを書くときに注意する事 レポートについて レポートの流れ レポート

embedDownload
自然科学総合実験(化学分野)
レポートについて
レポートを作成,提出して実験が完了したといえる。
自分が読むためのものではなく,自分の行った実験の結果・成果を正確に伝えるために,他人に読んでもらうもの。
レポートを書くときに注意する事
読み手の立場になって書く。
読み手がレポートを読んだときに,実験を再現できなかったり,結果・考察を読んで理解できなかった場合は書き手の
記述・説明が不十分であると考えられる。
「自分と同年代の理系学生に読んでもらったときに,実験の内容・結果がちゃんと伝わるか ?」を考えてみる。
レポートの流れ
起承転結をしっかりと意識し,1 つのストーリーをつくる。
タイトル:実験の目的と内容を端的に表現
① 序論:実験の目的やその目的を達成するため
の原理 ( 理論的背景 )
② 操作:用いた試薬や器具,行った操作
②-1. 実験試薬,実験器具
④ 考察:結果に対し,化学的根拠に基づき議論
④-1. 化学的根拠に基づき,結果を説明・議論する
レポートを読む人に操作,実験結果の意味を納得させる
化学物質の化学式 ( または構造式 ) を必ず明記する
実験 -9(第 3 回)の例
実験操作:沈殿に NaOH(4 mol dm-3) を 7 滴加え,12 分間加熱した。
考察:Fe(OH)3 と Al(OH)3 の混合物に NaOH を過剰に加えると,Al(OH)3
実験に使用した試薬,器具を記述する
のみ錯イオン [Al(OH)4]- になり溶ける。このことを用いて Fe3+ と
Al3+ を分離している。
②-2. 実験操作
自分が実際に行った操作を記述する ( テキストに書かれている
操作とは必ずしも一致しない )
実験 -10(第 3 回)の例
実験操作:NH4SCN 溶液 (0.1 mol dm-3) を 3 滴加えた。
必ず「過去形 ( ∼した。)」で記述する
試薬の濃度や使用した量,加熱時間などを正確に記述する
③ 結果:実験操作によって得られた実験事実
結果:血赤色溶液になった。
考察:この血赤色溶液への色の変化は,錯イオン [Fe(SCN)n](3-n) の生成に
起因する。これは Fe3+ イオンに特有の反応であるため,溶液中に
Fe3+ イオンが存在していたことがわかる。
③-1. 第 1 回の結果
色や,数値を表にまとめるとわかりやすい
④-2. 反応原理との一致・不一致を説明・議論する
データの有効数字を考慮すること !
実験がすべてうまくいった場合は,省略してよい
③-2. 第 2 ∼ 4 回の結果
テキストの反応原理とは異なる結果が得られた場合,その原因を
溶液なのか沈殿なのかを区別する
明らかにしなければならない
溶液の色の変化
実験 X で生じるはずの沈殿 A が生じなかった場合 ...
沈殿の有無
→この操作,前の操作を誤っていないか ?
沈殿の様子 ( 粒子 ? ゲル ?)
→気づいた点はなかったか ?(溶液の色,pH,加熱時間,etc.)
[ 実験ノートの作成 ]
レポートを書くためには,実験ノートが重要になってくる。そのため、実験中は以下の項目を意識する。
★ 実験中 , 予習の操作と違うことを行った場合には,その箇所を横線で消し , 書き直す
( 加熱時間,加えた試薬の量,etc.)
⑤ 結論:実験の成果を簡潔にまとめる
⑥ 参考文献:( もしあれば ) 参考にした文献を書く
★ 操作ごとに結果を詳細に記録し,変化がなかった場合も「変化なし」と記述する
レポートの再提出とレポートに関する質問
レポートチェック表
⮬↛⛉Ꮫ⥲ྜᐇ㦂䠄໬Ꮫ䠅䝺䝫䞊䝖㻌 䝏䜵䝑䜽⾲
෌ᥦฟ
x ⅖ⰍࡣఱⰍࡔࡗࡓ࠿㸽
x ほ ࡉࢀࡓἼ㛗ࡣఱ nm ࡔࡗࡓ࠿㸽
x ⁐ᾮࡢኚ໬ࡣ࡝࠺ࡔࡗࡓࡢ࠿㸽㸦ỿẊࡀ⏕ᡂࡋ
ࡓࡢ࠿㸽⁐ᾮࡢⰍࡀኚ໬ࡋࡓࡢ࠿㸽㸧
† ᭷ຠᩘᏐࡀ⪃៖ࡉࢀ࡚࠸ࡲࡏࢇࠋ
† ཯ᛂᘧࡀグ㏙ࡉࢀ࡚࠸ࡲࡏࢇࠋ
㻌
†
†
†
†
㻌
㡯┠㸦⪃ᐹ࡞࡝㸧ࡀᢤࡅ࡚࠸ࡲࡍࠋ
୍㒊ࡢ㡯┠ࡀᮍ᏶ᡂ࡛ࡍࠋ
ᣦᐃࡋࡓᙧᘧ࡜␗࡞ࡗ࡚࠸ࡲࡍࠋ
ᩥ❶ࡀ㐣ཤᙧ࡟࡞ࡗ࡚࠸ࡲࡏࢇࠋ
㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 䈜㻌 㻌 ಟṇ䛧䛶䠈ḟᅇ䛾ᐇ㦂㛤ጞ䜎䛷䛻䝺䝫䞊䝖㻌 㻌
㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻮㻻㼄 䛻ᥦฟ䛧䛶ୗ䛥䛔㻌 㻌
㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 䈜㻌 㻌 ゞṇ⟠ᡤ䛿ᮒグ䛾䛣䛸㻌 㻌
㻌
ᗎㄽ㻌
†
†
┠ⓗࡀグ㏙ࡉࢀ࡚࠸ࡲࡏࢇࠋ
ᐇ㦂ࡢ⌮ㄽⓗ⫼ᬒࡀグ㏙ࡉࢀ࡚࠸ࡲࡏࢇࠋ
᧯స㻌
†
†
ヨ⸆࣭ᐇ㦂ჾලࡀグ㏙ࡉࢀ࡚࠸ࡲࡏࢇࠋ
᧯సࡀ෌⌧࡛ࡁࡿࡼ࠺࡟グ㏙ࡉࢀ࡚࠸ࡲࡏࢇࠋ
㸦ຍ⇕᫬㛫ࠊ⁐ᾮࡢ⁲ୗ㔞ࠊ࡞࡝㸧
†
ほᐹ⤖ᯝࡀグ㏙ࡀ୙༑ศ࡛ࡍࠋ
☆ 実験 ( 試薬,器具,操作 ) と結果等の記述形式については,各回ごとに指定されているので,
レポート作成前に必ずテキストを読み確認しておく。
㻌
⪃ᐹ㻌
†
཯ᛂ≀࠾ࡼࡧ⏕ᡂ≀ࡢ໬ྜ≀ྡ࣭໬Ꮫᘧࡀグ㏙
ࡉࢀ࡚࠸ࡲࡏࢇࠋ㸦໬Ꮫᘧࡀ」㞧࡞ࡶࡢࡣᵓ㐀ᘧ
࡛♧ࡍ㸧
† ᚓࡽࢀࡓ⤖ᯝࡸయ㦂ࡋࡓ⌧㇟ࡀ໬Ꮫⓗ᰿ᣐ࡟ᇶ
࡙ࡁㄝ᫂ࡉࢀ࡚࠸ࡲࡏࢇࠋ
x ⁐ᾮࡢⰍࡢኚ໬ࡢཎᅉࡣఱ࠿㸽
x ỿẊ≀ࡢṇయࡣఱ࠿㸽
x 㔠ᒓ࢖࢜ࣥࢆ࡝࠺ࡸࡗ࡚ศ㞳᳨࣭ฟࡋࡓࡢ࠿㸽
† ཯ᛂཎ⌮࡜⤖ᯝࡢ୙୍⮴ࡢཎᅉࡀ⪃ᐹࡉࢀ࡚࠸
ࡲࡏࢇࠋ
⤖ㄽ㻌
⤖ᯝ㻌
☆ チェック表太枠内の項目に該当する場合は,返却するので,朱書きで訂正し再提出する。
†
†
グ㏙ࡉࢀ࡚࠸ࡿෆᐜࡀ㐺ษ࡛ࡣ࠶ࡾࡲࡏࢇࠋ
⡆₩࡟ࡲ࡜ࡲࡗ࡚࠸ࡲࡏࢇࠋ
化学実験や化学実験レポートに関する質問,相談は実験時間に随時受け付けています。
実験時間外は,センター 1 号館 6 階 1609(山田),1610(大橋,藤野)で対応します。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
403 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content