close

Enter

Log in using OpenID

[ここをクリック] - Cabinet Beau de Loménie

embedDownload
資料室 > 手続きインフォメーション
共同体商標出願と登録
印刷
権利の及ぶ地理的範囲
共同体商標は登録されれば、欧州連合(EU)加盟国27カ国:ドイツ、オーストリア、ベルギー、キプロス、デンマーク、
スペイン、エストニア、フィンランド、フランス、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、リトアニア、ルク
センブルグ、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、チョコ、英国、スロバキア、スロベニア、スエーデン、ブル
ガリア、ルーマニア、ラトビアにおいて等しく有効である。
フランスに関してはフランス本土の他に海外県(マルチニーク、グアダループ、ギアナ、レウニオン)及び海外領土(フラ
ンスポリネシア、ニューカレドニアなど)及びマイヨット。
審査
共同体商標出願後OHIM(欧州連合域内市場調和庁=欧州共同体商標意匠庁)は絶対拒絶理由(識別性の欠如、混同を生じ
る標章、ありふれた標章、商品の普通名称、公序良俗に反するものなど)に基づいた審査を行う。先行権に関する審査は
ない。
先行商標調査
OHIMは出願共同体商標及び登録共同体商標に関する調査を行う。また共同体商標出願人は、所定の料金を払うことに
よって、欧州連合加盟国のうち自国に出願・登録されている商標についての調査書をOHIMに通達することを決めた国
(その取り決めを拒否したドイツ、フランス、イタリア、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、スロベニア、ラトビ
ア、キプロスを除くEU加盟国のうち、現在のところチェコ、デンマーク、ギリシャ、スペイン、リトアニア、ハンガ
リー、オーストリア、ポーランド、ルーマニア、スロバキア、フィンランド、の11カ国が調査に同意している)がその国
に関する先行商標調査を行いその結果をOHIMに通達することを希望できる。これら調査書は出願者または代理人に送付
される。出願人には、出願公開に先立つ1ヶ月間調査結果に応じて出願を取り下げたり変更する猶予が与えられる。
公開
出願商標は欧州連合の全公用語にて公開される。
OHIMはOHIM調査報告に記載の共同体商標所有者に公開の事実を連絡する。公開の日が異議申し立て期間(3ヶ月)の起点
となる。
異議申し立て
以下の先行権者に異議申し立ての権利がある:
-共同体商標、EU各国国別商標、国際商標(EU加盟国のうち1国または共同体において効力のあるもの)出願中のものを含
む、の所有者
-EU加盟国の少なくとも1カ国で非登録著名商標とされているもの、の所有者
-商標以外の識別標識で登録はされていないがビジネス慣行上その標識が第三者対抗の効力を持つとみなされる標識の所
有者(会社名、営業名、意匠、著作権者、など)
また登録商標でかつEU加盟国のうち少なくとも1カ国でよく知られている商標の所有権者は、出願共同体商標の商品/役
務分類が異なっていても、出願商標が商標の著名性をいたずらに利用する意図が明らかだと主張できる場合は異議申し立
てが可能である。
共同体商標出願の国内出願への変更
共同体出願登録に障害があることが判明した場合には、同出願を国内出願または国際出願に変更できる。出願人は共同体
商標出願日を変更出願の出願日として確保できる。
存続期間
登録商標の存続期間は出願日より10年で、10年ごとに更新が可能。
登録商標の使用
正当な理由なく5年間使用されなかった共同体商標に対しては商標の取り消しを請求できる。EU加盟国のいずれか1国で
使用していればその共同体商標は取り消し申請の対象にはならない。
権利の譲渡、ライセンス、所有権者名変更、所有権者住所変更
共同体商標は欧州連合加盟国において等しく有効な権利であるので加盟国の一部を対象に譲渡は行えない。ライセンス契
約はこの限りではない。商標所有権の変更が第三者に対抗できるためには共同体商標登記簿への記載手続きがなされなけ
ればならない。所有権者名や住所の単なる変更は登記を義務付けられない。
商標権の喪失
非更新 :更新手続きは存続期限満了前6ヶ月の間に行わなければならない。
不使用:正当な理由なく連続して5年間使用されなかった共同体商標は利害関係を持つ第三者がOHIMに申し立てること
により取り消される可能性がある。
商標が識別性を失う:商標がその所有者の行為または所有者の怠慢により
- その商標が該当商標の分類商品またはサービスの一般名称になったとき、
- 商品またはサービスの性質、品質または出所を(消費者に)誤って認識させるような性格をその商標が帯びたとき、
は識別性を失ったとして商標権を喪失する可能性がある。
使用黙認
共同体商標の所有者が後発登録商標の使用を5年間黙認した場合には、後発商標の無効提訴や使用禁止提訴をすることが
できなくなる。
言語
共同体商標の出願は欧州連合27カ国の公用語のうちいずれかで行うことができる。ただし異議手続き、無効及び取り消し
請求手続きがあった場合に使用される言語としてOHIMの公用語5カ国(英・独・西・仏・伊)のうち1つを出願時に選択
する。
代理人
欧州連合非居住者は出願以外の手続きについては代理人を任命しなければならない。
優先権
パリ条約加盟国あるいはWTO(世界貿易機構)加盟国において最初になされた商標登録出願日から6ヶ月の優先期間が認め
られている。
**
弊事務所HP、レポート/研究、“共同体商標”の記事も参照
©Cabinet Beau de Loménie/1996, 2003, 2004,2007, 2008.
Siège : 158, rue de l'Université - F 75340 Paris Cédex 07
Tél : +33 (0) 1 44 18 89 00 - Fax : +33 (0) 1 44 18 04 23
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
133 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content