close

Enter

Log in using OpenID

中央大学 - 会計人コース

embedDownload
冨塚嘉一(とみづか よしかず)
中央大学大学院国際会計研究科教授
[略 歴]
昭和27年生まれ。昭和56年慶應義塾大学大学
院商学研究科(経営学会計学専攻)博士課程
単位取得。平成14年4月より現職。同年7月
より同大学院研究科長。平成9年博士(会計
学)
(中央大学)学位取得。平成14年1月よ
り税理士試験委員。
[主要著書]
『会計が変わる―企業経営のグローバル革
命』
[講談社現代新書],平成14年,
『会計認
識論』
(中央経済社,平成9年)など。
CGSA(中央大学アカウンティングスクール)
は,日本初の会計専門大学院として2002年4月に
(19%)
,IT・通 信・ソ フ ト(12%)
,サ ー ビ ス
市ヶ谷(新宿)で開 しました(学
(11%)
,監 査 法 人・会 計(9 %)
教育法の一
めており,所属する業種では,金融(21%)製造
部改正にともない2003年4月から専門職大学院に
%)等となっています。(平
移行)
。
女性の割合は20%弱。
)
☆6つの提案
☆カリキュラムの特徴
⑴
⑵
⑶
新たな会計機能への対応
ファイナンスやマ
CFOを育成するMBAプログラムを提供します。
新しいビジネスチャンスを拓く
国 際 会 計・
① 導入科目群は,今後勉強して行くにあたって
まだ不足している基礎知識(会計,法律,統計
税務,環境会計, 会計,コンサルティングな
知識など)を補うための科目です。また,ディ
どに精通した人材を育成します。
スカッションやプレゼンテーションを重視する
ビジネスの現場で活躍する教授陣
研究者教
ケーススタディ科目も設置されています。
員とともに,実務経験豊富な特任教授,客員教
② 基礎科目群は,国際会計あるいはファイナン
授,ゲストスピーカーを招 聘 し,理論と実務
スの学位をめざす場合でも,ともに必須の科目
の融合を図っています。また,企業・監査法人
として位置づけられており,まさに会計とファ
から派遣された講師による寄付講座も複数開設
イナンスの融合が期待されています。
③ 発展科目群は,実践的な専門知識をさらに深
企業再生,M&Aな
めるために設置されており,将来のキャリアと
どにおいて会計と法律の知識の融合がますます
の関連性を強く意識して展開されています。も
重要となっています。ついては,同じキャンパ
ちろん,いろいろなグループから履修すること
ロースクールとの連携
在学中に12単位まで履修可能としております。
⑹
導入科目群,基礎科目群,
発展科目群の3つの段階に かれています。
スで開 したロースクールの設置科目につき,
⑸
3つの科目群
ネジメントと会計との融合を図り,
会計専門職や
しています。
⑷
⑴
共 部 門(6
年齢,30代前半。
新たなニーズに対応する
も可能です。
⑵
演習・リサーチペーパー(必修)
指導教授
のもとで特定のテーマについてさらに深く勉強
認会計士の育成
平成18年度からの新試験を視野に入れつつ,
し,論文としてまとめるプロセスは個々の科目
認会計士として活躍する人材を育成します。
の履修では得られない貴重な経験です。研究テ
社会人が学びやすい環境
平日の夜と週末の
通学でも修了できるカリキュラムを組んでいま
す。その他,授業のビデオ録画,夏季・冬季の
ーマは幅広く設定できます。
⑶
学
位
履修した科目の内容及び単位数
集中授業もあります。入学は4月入学及び9月
に よ り,国 際 会 計 修 士(専 門 職)
[MBA in
international Accounting]又はファイナンス
入学があり,
それぞれ2年間で修了となります。
修士(専門職)[MBA in Finance]が授与され
なお,現在の在籍生は,社会人が95%以上を占
ます。
2004.12
7
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
25
File Size
1 503 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content