close

Enter

Log in using OpenID

eビジネスを独創的なシステムでサポートする

embedDownload
e ビジネスを独創的なシステムでサポートする
未来は、インターネットにあり。
いま、E コマース市場は急速に拡大 。成長している企業が提供する購買チャネルは
インターネットで完結する割合が年々増えており、これからのビジネスの未来は、
どこまで eビジネスに注力できるかにかかっていると言っても過言ではありません。
成功の秘訣は、いかに Web マーケティングシステムを整備するか。とくに、システム
を単独で考えるのではなく、ビジネス戦 略の 一環として捉え、トータルな視点から
独自のシステムを構築していくことが重要となります。
EC 市場は約1.8 倍、EC 化率 は約 2 倍に急成長。
※
■日本のBtoC-EC市場規模の推移
(兆円)
12
1.8 倍
8
4
6.1
兆円
6.7
兆円
7.8
兆円
8.5
9.5
11.2
兆円
兆円
3.5%
3.0%
2.5%
兆円
2.0%
1.79%
「いかにネットのメリットを生かせるか」は、
確かな成功を得るうえで大きな課題となります。
ポイントは、
「経営戦略に則した独自のマーケティングシステムの構築」
。
「CAMINO(カミノ)」は、スピーディーで柔軟なシステム構築により、
eビジネス展開を成功へと導くエンタープライズ・ソリューションです。
2.83%
2.46%
約
1.0%
3.11%
2倍
0.5%
2008 年
2009 年
2010 年
2011 年
2012 年
2013 年
0.0%
2008 年
※ 全ての商取引におけるECによる取引の割合。BtoC-ECにおけるEC化率は小売業・サービス業における値を指す。
いま、ビジネスの未来はインターネットにあり、
2.08%
1.5%
2
0
3.67%
4.0%
約
10
6
■日本のBtoC市場のEC化率の推移
出典:「平成25年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」 経済産業省
2009 年
2010 年
2011 年
2012 年
2013 年
インターネットの世界は日々進化。利用形態もマル
モジュール
チデバイス化がドラスティックに進展している現在、
EC
CMS
SNS
CRM
メンバー・グループ管理
あらゆるデバイスに対応したインターネットの活用
認証・権限管理
こそが、企業の競争力の源泉になっています。 「CAMINO」は企業が Web マーケティングを統合的に
推進するためのソリューション。EC、
CRM、
CMS といっ
ファイル管理
EC
たインターネット上でのビジネスに必要な機能を有
するシステムなどをモジュールとして豊富に用意。
CMS
目的や戦略に合わせて最適なものをピックアップし
ファイル暗号化・復号化
SNS
顧客管理 / 仕入れ先管理
問い合せ管理
組み合せることで、
固有の業務案件に柔軟に応える
「独
CRM
自のマーケティングシステム」を、迅速かつローコ
ストで実現します。また、エンタープライズシステム
商品管理・価格管理
受注管理・入金管理
では欠かせない、システム間連携にも優位性を持ち、
配送管理 / 配送業者管理
既存システムを十分に活用することが可能です。
支払状況管理
コミュニティ管理
フォーラム管理 / 違反投稿監視
テンプレート管理 / テンプレートレンダリング
マーケティングシステム構築の理想はすべてをゼロ
から開発することですが、さまざまな要因を考慮す
るとなかなか実現できません。一方パッケージでは
ビジネス戦略にマッチしたシステム構築が困難にな
module
ります。
「CAMINO」の特長は、それらの長所を活か
モジュール型で組み合せ可能
し短所を補うシステムづくりが可能な点。規模や業
種を問わず、戦略に合ったシステムをローコスト・
オーダーメイドに比べ、
短工期で構築できます。
&コンサルティングでは、Web マーケティングのプロフェッショナルとして、コンサルティングサービスを通し、
「独自システム」を
提案します。
品質・コスト・納期に優れています。
customize
カスタマイズに強い
大
カスタマイズの必要性
「CAMINO」は幅広い業種に対応できます
パッケージ
システムの規模
【 システム導入の流れ 】 ご相談
ビジネス
検討
パッケージに比べカスタマイズ性に優れ、
物販に限らない様々な業種・業務に適合できます。
オーダーメード
小
e ビジネスの成功には、単にシステムを作るだけでなく、
「どんなシステムを、どう作るか」が重要となります。ビッグツリーテクノロジー
大
対応業種例 ・BtoC商取引
・不動産情報
・人材サービス
・BtoB商取引
・モール/ネットスーパー
・予約サービス(旅行・飲食・美容等)
・SNS 他
要件定義
構築
導入定着
改善対応
【 コンサルティングサービス 】 ソリューション提案
業務改善企画立案
新規業務導入支援
社内調整サポート
経営報告サポート
導入定着計画
トレーニング
改善(PDCA)提案 ビッグツリーテクノロジー&コン
業務変更にともなう社内調整や、
システムを構築すれば終了ではな
が多数在籍。概要が明確化されて
の作成など、システムの運用にと
サイクルを繰り返す運用・エンハン
応します。
を実現します。
サルティングにはコンサルタント
いない段階でのご相談から具体的
なご相談まで、幅広くサポートし
ます。
役員に提出する定期的なレポート
もなう煩雑な業務にも、柔軟に対
く、さらなる改善のために、PDCA
ス対応を実施。成長するシステム
case study
ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングが手がけた
プロジェクトの一部をご紹介します。
ネットスーパー
BtoB 商取引サイト
商業モール公式サイト
構築例
構築例
構築例
店舗で注文を受け各店舗からお客様
膨大な紙のカタログを電子化、
「優れ
全国に 14 店舗ある商業施設の店舗公
に届ける、大手流通会社のインター
たユーザビリティ」
、
「個に迫ったマー
式サイトを構築。モール内各テナン
ネットショッピングサイトを構築。店
ケティングによる顧客満足の追求」
ト及びショッピングモール責任者そ
舗ごとに異なる売価・在庫や大量の注
を突き詰めたサイト構築を実施。大
れぞれが、個別にコンテンツを更新
文情報を Oracle社のソリューションを
規模システムをクラウド(AWS)上
できるように、CMS を導入。各テナ
活用して管理、大量アクセスにも耐え
に構築、さまざまなオープンソース
ントが競って更新し、コンテンツ更
得る高性能な Web システムを実現し
を使用し、9 言語 11 拠点にてグロー
新が活発でアクティブなサイトへと
ています。
バルに運用中。
成長しました。
構築ポイント
構築ポイント
・マルチデバイス対応
・他システム連携
・Oracle RAC
・AWS 活用
・他システム連携
・多言語
・Oracle Times Ten
構築ポイント
・CMS 機能
・AWS 活用
・短期間リリース
構築期間・コスト
構築期間・コスト
構築期間・コスト
要件定義:2 ヶ月
要件定義:2 ヶ月
要件定義:1 ヶ月
初期構築費用:1 億 4,000 万円程度
初期構築費用:8000 万円程度
初期構築費用:4000 万円程度
設計・開発・テスト:7 ヶ月
設計・開発・テスト:4 ヶ月
設計・開発・テスト:4 ヶ月
security
ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングのセキュリティ管理体制
情報資産に関わる全ての関係者を対象に、セキュリティ確保に努めています。
ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングでは、
「I T を利用し、文化を創造しつづける」というフィロソフィーに基づき、お客様のビジネス
に貢献しつづけることを経営理念としており、この理念を達成するために、強固な情報セキュリティーポリシーを策定。情報資産に関わる全ての
関係者を対象としてセキュリティに関する基本方針を示し、情報セキュリティの確保に努めています。
■ 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を取得。
社員が順守すべき「情報セキュリティ管理規定」を制定するとともに、
「情報セキュ
リティ運営委員会」を組織。また、
役員・社員への定期的な教育、
啓発活動などを行い、
知識及びモラルの向上に継続的に取り組んでいます。そのセキュリティマネジメン
IS 505446 / ISO 27001
トは ISMS の国際規格
「 ISO 27001」
及び国内規格
「JIS Q 27001」
の認証を取得
(認証番号:
IS 505446)
、高いレベルで運用されていることが、客観的に証明されています。
ポリシー
■ 徹底したセキュリティ対策で、信頼にお応えします。
基本規定
監視カメラ完備のセキュアルームを設置。さらに、お客様の個人情報へアクセスす
るパソコンについては使用するネットワークを分離・独立させ、制御・管理するこ
個別規定・基準
とにより、セキュリティの強化を実現しています。
業務マニュアル
technology
× consulting
お問い合わせは
経営的視点に立ったコンサルティングと先進的なテクノロジーで、
お客様のビジネスをサポートします。
CAMINO本部 TEL:03 - 5114 - 6171 E-mail:[email protected]
www.bigtreetc.com
東京オフィス : 〒106-0041 東京都港区麻布台 2-3-5 ノアビル 3F
札幌オフィス : 〒060-0001 北海道札幌市中央区北一条西 3-3 札幌プラザビル 4F
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
913 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content