close

Enter

Log in using OpenID

2014-03PTAアンケート結果

embedDownload
2014年度 PTAアンケート結果報告
お弁当販売について
➀ 有効回答数386
A.概ね、良い。
86%
B.大きく改善が必要。
6%
C.お弁当販売は必要ない。
0%
D.お弁当を購入したことがない、または編入したばかりで分からない。
8%
ご意見
・価格が高い。
(5名)
・少量サイズの弁当も販売してほしい。
(3名)
・メニューを改善してほしい。野菜や魚中心のヘルシーメニューがほしい。など(4名)
・各自の教室で受け取れるようにしてほしい。
(1名)
・給食の導入を検討してほしい。日系の大手業者に栄養士の考えた給食を配達してもらったらよい。など(2名)
・パンの自動販売機も設置してほしい。
(1名)
写真撮影販売について
➁ 有効回答数385
A.概ね、良い。
71%
B.大きく改善が必要。
17%
C.写真撮影販売は必要ない。
0%
D.写真を購入したことがない、または、編入したばかりで分からない。
12%
ご意見
・価格が高い。
(18名)
・自分の子供があまり写っていなかった。
(10名)
・希望していたような写真、ほしくなるような写真があまりなかった。など(17名)
・サイトの説明がわかりづらく、注文方法や支払いが複雑。大量の写真の中から選ぶのが困難。
(11名)
・注文期間を長くしてほしい(1名)
・映像や写真のデータがほしい。
(6名)
・クラス写真、保護者が参加しない行事の写真、学校での日常の写真、クレッ子コンサート二日目の写真、担任撮影の写
真がほしい。など(10名)
・クレジット決済になってよかった。
(2名)
・クレジット決済ではなく、現金払いにしてほしい。
(1名)
・個人写真よりも、友達と一緒の楽しげな記念写真がたくさんほしい。
(3名)
・レター配付だけでなく、メールなどでも販売の案内をしてほしい。
(1名)
児童・教員への記念品配付
➂児童や教員への記念品配付について 有効回答数387
A.よい。
87%
B.記念品配付より、学校への寄贈品がよい。
2%
C.記念品を配付しないで、PTA会費を値下げしたほうがよい。
6%
D.その他。
5%
ご意見
・PTA役員・委員の負担を減らすために記念品配付をやめた方がいい。
(1名)
・余った予算を使うために配付するなら、やめたほうがいい。
(1名)
・記念品よりも学校への寄贈品のほうが平等だと思う。一輪車や体育館の扇風機など。
(1名)
④上の➂でAと答えた方への質問。2015 年度の記念品について。 有効回答数326のうち次年度在籍予定290
A.クレメンティ校オリジナルデザイングッズを企画・配付してほしい。
49%
B.市販品だけでよい。
6%
C.オリジナルグッズでも市販品でもどちらでもよい。
45%
ご意見
・運動会のタオルがとても素敵だった。気に入って使っている。子どもが喜んでいた。等(8名)
・オリジナルグッズは記念になるので良い。バンダナ(お弁当包み)などのオリジナルデザインがほしい。オリジナルグ
ッズはお揃いなので、みんなの団結が強くなりそう。など(4名)
・運動会の記念品のタオルは不要。
(1名)
・ノートはいらない。
(2名)
・品質の悪い記念品はすぐに使えなくなってしまうから良くない。
(1名)
・新入生・卒業生・転出児童対象の記念品だけで十分。
(4名)
・錫製品は置き場所に困るので、いらない。記念品は消耗品がよい。など(3名)
・記念品よりも、年一回のお楽しみランチまたはデザートを提供してほしい。
(1名)
児童向けイベント
⑤有効回答数371
A.良い。
80%
B.改善が必要。
1%
C.PTA企画の児童向けイベントは必要ない。
19%
ご意見
・家族で参加できるイベントがあればよい。
(1名)
・PTA役員の負担になるのであれば、開催しなくてもいい。毎年しなくてもよい。など(3名)
・餅つき大会など、日本の文化に親しめるものがいい。
(1名)
教養文化(保護者向け)イベント
➅2015 年度の教養文化イベントについて 有効回答数370のうち次年度在籍予定333
A.イベント開催に賛成。
72%
B.イベントは必要ない。
27%
ご意見
・イベントがあればうれしいが、PTAの負担にならないようにしてほしい。
(2名)
・毎学期、開催してほしい。
(1名)
・子どもたちが授業の一環として受けている講演等を保護者も出席させてもらえるようにしてほしい。
(1名)
➆上の➅でAと答えた方への質問。どのようなイベントがいいか。複数回答可、有効回答数419
A.一日体験講座。
188人
B.一日ガイドツアー。
122人
C.育児・教育の講演会。
102人
D.その他。
7人
ご意見
・中医学(漢方)
・シンガポールの歴史・日本の伝統芸の講演会、語学教室、他校の校長先生の話等を希望。
(5名)
。
・フリーマーケットやバザーを開催してほしい。
(1名)
・未就園児連れでの参加も可能にしてほしい。
(2名)
学校HPのPTAコーナー
➇PTA情報のHP掲載 有効回答数358
A.概ね、良い。
B.大きく改善が必要。
ご意見
・アクセスを会員のみにしたほうがいいのではないか?(1名)
・HPのPTAコーナーを見たことがない、見ようとも思わない。
(3名)
99%
1%
➈PTA資料のペーパーレス化について 有効回答数365のうち次年度在籍予定316
A.一部の資料は印刷配付をなくし、ホームページ掲載のみでよい。
91%
B.資料はすべて印刷配付するべき。
9%
ご意見
・HPの内容更新をSMS等で周知してくれると親切だと思う。
(3名)
・紙代が無駄だから、すべての資料を web 掲載にしてペーパーレス化するべき。パスワードを入力して各自で閲覧すれば
よい。いまだに印刷物を配付しているのは時代遅れだ。
(1名)
・組織なら規約こそ形式上は印刷配付が必要。
(1名)
PTA会費
➉有効回答数371
A.年間 25 ドル程度なら問題ない。
95%
B.PTA予算を見直し、会費をさらに値下げするべき。
5%
ご意見
・編入や転出などに対応して、一か月単位で割引や返金があったほうがいい。
(1名)
選挙管理委員会へのご意見
【一部のご意見に対して選挙管理委員会より回答があります。そのほかは検討課題として次年度へ引き継ぎます。
】
・ディペンデントパスの正社員(フルタイマー)も役員選出の対象外にしてほしい。
(1名)
→今年度、細則を改定しフルタイムでお仕事をされている方は証明書類を提出いただいたら免除となるようにしました。
・次点者が次年度のバス委員に立候補できないのはおかしい。毎年、立候補してもじゃんけんに勝てない人もいる。せめ
て選挙名簿に立候補している旨を記載してほしい。
(1名)
→次点上位者が、辞退不可となるバス委員や婦人部に流れてしまうと、選挙で次点者を決める意味がなくなります。なぜ PTA 委員のみ立候
補できるのかというと、欠員が出た際に委員を辞退して四役に就いてもらうことができるからです。候補者名簿に立候補した旨を記載す
るかどうかは、意見として次年度に引き継ぎます。
・四役・委員長への立候補者が複数の場合はじゃんけんで選出されているが、選挙で次点者を選ぶより、立候補で落選し
た人の中から次点者もその場で決めてしまうべきだ。等(2名)
→今年度検討しましたが、全ての役職にある程度の立候補次点者が集まることが前提となります。一つでも立候補次点者が出ない場合、どち
らにしても選挙になります。転出入の数が多いので、次点者を確実に確保することができなくなる可能性も出てきます。
・一子につき一役にするべき。ただし、四役だけは子どもの数に関わらず永久免除。
(1名)
・今年度ではなく数年前だが、医療診断書を提出したとき、なぜかPTA役員・委員ではない人に知られていた。選挙に
関するプライベートな情報が四役や選挙管理委員会以外に漏れないように注意してほしい。
(1名)
→プライベート情報に対しては、細心の注意を払うように引き継ぎたいと思います。
・病気、妊娠による免除の診断書を提出するスケジュールがタイトすぎる。診断用紙配付から提出までの期間を長くする
べきだ。
(1名)
→来年度よりもう少し余裕のあるスケジュールが組めるように検討し引き継ぎします。
・小学校の選挙候補者名簿も該当者のデータが並ぶものが配付されるが、個人データゆえ捨てるときに困る。責任をもっ
て回収処分をしてほしい。
(1名)
・再来星者がいきなり合算の在籍年数で選挙候補人名簿にのるのは不公平だと実感している。再来一年後に合算するのは
どうか?その一年の間にボランティアをするチャンスがほしい。
(1名)
・四役や委員選出の際、活動紹介だけでなく、活動日数や時間数を記載してほしい。
(1名)
→参考までに2014年度の選挙管理委員会の活動回数をお知らせします。
1学期:8回
2学期:14回
3学期:6回
・立候補者から委員・役員を選出するとき、じゃんけんではなく、くじで決めてはどうか?くじを引く順番は在籍年数の
長い人から順にすればよい。
(1名)
・人には向き不向きがあるのに、このような選挙のやり方にはびっくりした。
(1名)
・現在の選挙のやり方を問題視する方も多いようだが、公平でよく考えられたシステムだと思う。
(1名)
・様々な声を取り入れるのは無理だし、全員が平等と思える選出方法は難しい。会員数が増えると選出に手間と時間がか
かるのが課題だが、選出方法を変更するのも大変だと思う。
(1名)
庶務委員会へのご意見
・PTAだよりはとても丁寧に書かれている。シンプルで分かりやすく書かれている。学校の様子がよくわかり、ありが
たい。今年のPTAだよりはレイアウトがかわいく、読みやすく、テーマもよく考えられていてよかった。等(5名)
・PTAだよりや四役の補助的なお仕事、お疲れ様でした。
(1 名)
アルバム委員会へのご意見
・素人である保護者が作成するには負担が重すぎて、ボランティアの域を超えている。業者に任せるべき(2名)
・作業が大変な割に委員数が少なすぎる。委員はまとめ役となって、クラスの保護者をもっと巻き込んだ形にしてはどう
か?(1名)
・なぜクレ校では保護者が卒業アルバムを作らなければならないのか?委員の精神的負担が多すぎる。担任のほうが様々
な機会でいい写真が撮れるのではないか。
(1名)
・費用が日本やほかの国の日本人学校よりも高いので、もっと簡単な物にして価格を下げたらどうか?(1名)
・アルバム代金は現金ではなくチェックで回収して業者に渡すようにしてほしい。
(1名)
・デジタル化して、声や音楽も入れてDVDにしたらどうか?その方が、保管の場所もとらないし、軽いし、クオリティ
が高いし、永く保存できる。
・小学校生活最後の運動会に我が子の姿がゆっくり見られない委員はかわいそうだ。
業者カメラマンの人数を増やすべき。
・転出入の多い学校での活動は大変なご苦労があったと思います。お疲れ様です。アルバムを見るのがとても楽しみです。
ありがとうございました。など(3名)
四役へのご意見
・四役を選出する時期になると、父兄が戦々恐々としている。四役の仕事をできるだけ減らして負担を軽減するべきだと
思う。一年を前半と後半に分けるか、委員の数を増やすか…。四役の負担を減らすような委員会があってもいいのでは
ないか。
(1名)
・PTA活動の意義は大きいと評価できるが、役員・委員の負担を考えると活動を最小限に絞るのもやむをえないと思う。
委員さんたちにご負担がかかり過ぎないように、やりやすいようになさってください。など(4名)
・一部の人だけ負担が増えることなく、全員で参加していけるような活動にしていってください。
(1名)
・すべての方に良いと思われる活動は難しいので、割り切ることも必要。四役の方の負担が軽くなるような引き継ぎがな
されればいいと思う。
(1名)
・数年前に予算を削るためだけに「学級委員」が廃止されたが、転入生の多いこの学校では転入生の保護者へのフォロー
をする立場の方がいないのはどうかと思う。現在はクラスによって偏りがあり、保護者の顔が全く見えないクラスもあ
る。各クラスのランチ会や教養文化イベントなどを担当するために学級委員がいてもいいのではないか。など(2名)
・これだけ毎年、学年Tシャツを作っているのだから、PTA活動に入れるべき。免除年数を一年にするとか、再検討が
必要。など(2名)
・学Tは強制ではないといいつつも購入しないといけない雰囲気だ。PTAが活動を支援するにしても、学Tボランティ
アの負担を減らすべき。毎年デザインを変えるのではなく、同じデザインで作り続けるなどすればいい。
(1名)
・体操着があるから、学Tは必要ないと思う。
(1名)
・校内に購買を設置して学習ノート等を販売してほしい。
(2名)
四役・委員への感謝やねぎらいの言葉
・皆様、一年間お疲れ様でした。お陰様で、不安なく通わせることができました。ありがとうございました。
・たくさんの活動を円滑に進めていただき、誠に感謝いたします。本当にお疲れ様でした。
・限られた人数の中で、教養文化イベントの復活、オリジナルグッズの企画、様々な改善など温かみのある活動を実行し
ていただき心より感謝申し上げます。
・一年間、多岐にわたる活動を本当にありがとうございました。表に出ない様々なご苦労があったと思います。
・
「縁の下の力持ち」として最後までよろしくお願いします。
・新しいことに積極的に取り組まれている様子に好感が持てました。
今後も自発的に参加される方が続くことを祈ります。
・お忙しい中、子どもたちのために貴重なお時間を割いての活動をありがとうございます。一つ一つの行事や取り組みの
ために会議や打ち合わせを重ねて、形にしてくださったことだと思います。一年間お世話になりました。
など(37名)
PTA四役より
アンケートにご協力くださりありがとうございました。貴重なご意見をPTA活動の参考資料として次年度へ引き継い
でまいりたいと思います。
以前からご意見をいただいていた写真撮影販売の改善、学校購買部の設置、選挙方法の見直しなど様々な課題について
議論・検討を重ねてまいりました。PTA役員委員・学校教務・学校事務局の折り合いがつかず、今年度中に実現できな
かった事柄も多くありました。要望の多い購買部設置や給食導入など、現在の小規模PTAで取り組むには負担の重い課
題もあります。改善要望等のある方自ら、PTA四役立候補やボランティア団体立ち上げを行ってチャレンジしてくださ
ればと願っております。また、学年Tシャツに関しては、学校教務側が「反対はしないが奨励もしない」との考えを示し
ているため、現段階ではPTA活動の一部とすることはできません。学T作りやクラスランチ会などは、有志ボランティ
アの自発的な働きかけがあったときにのみ行われれば十分ではないでしょうか?
PTA保護者会員の皆様や先生方より、感謝の言葉、ねぎらいの言葉をたくさんいただきました。
一年間本当にありがとうございました。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
305 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content