close

Enter

Log in using OpenID

薬局だより No. 73 号

embedDownload
薬局だより
No.
73 号
H27 年
5 月
話題の新薬 グラナテック点眼液
逆流性食道炎について No5-2
緑内障・高眼圧症治療
逆流性食道炎の薬物療法(前号より続き)
よく使われるのは、胃酸の分泌を抑える薬です。胃酸 興和創薬は、Rho キナーゼ阻害剤と呼ばれる、緑内障・
を中和する薬、粘膜を保護する薬、胃の運動を活発に 高眼圧症治療「グラナテック点眼液0.4%」を新発売し
する薬を一緒に飲むこともあります。
た。本剤は、Rho キナーゼを選択的に阻害し、線維柱帯
細胞、細胞外マトリクスやシュレム管内皮細胞に作用す
ることにより、線維柱帯- シュレム管を介する房水主流
③ 粘膜保護薬
食道の粘膜をおおって、逆流してきた胃液から食道 出路の流出抵抗を減少させる。これにより、房水流出量
を増加させ、眼圧下降作用を示す。1 回1 滴、1 日2 回
を守り、炎症の改善をたすける働きがあります
点眼する。
●粘膜抵抗強化薬
プロマック(ポラプレジング)D 錠 75
アルサルミン(スクラルファート)90%細粒
アルロイド G(サンメール)内用液
マーズレン S(グロリアミン)配合顆粒
● 粘膜産生・分泌促進薬
セルベックス(テプレノン)カプセル 50mg
ムコスタ(レバミピド)錠 100mg
● 胃粘膜微小循環改善薬
アプレース(トロキシピド)錠 100mg
ウルグートカプセル 200mg
ドグマチール(スルピリド)錠 50mg
ソロン(トファルコン)錠 50mg
ガスロン N・OD 錠 2mg
副作用情報 デベルザ錠 20mg
興和創薬から販売されている糖尿病治療薬「デベルザ錠
20mg」は、販売開始から直近5ヶ月の間に同剤投与と因
果関係が否定できない副作用として、「腎盂腎炎」が認
められた症例2例(うち死亡0例)が報告された。そのた
め、
「重大な副作用」の項に「腎盂腎炎」が追記された。
④ 制酸薬
糖類はスプーン 6 杯まで
胃で分泌された胃酸や、食道に逆流してきた胃酸を 世界保健機関(WHO)は、肥満や虫歯防止のため、砂
中和して、食道粘膜が障害される程度を軽くした 糖などの糖類の1日当たり摂取量を総エネルギー摂取
り、症状を速やかに和らげる働きがあります
量の5%未満に抑えるのが望ましいとの新たな指針を
コランチル配合顆粒
正式に発表した。平均的な大人の場合、「5%」は砂糖
マーロックス懸濁用配合顆粒
約25グラム、ティースプーンでおよそ6杯分に相当す
るという。指針は、10%未満に抑えることを「強く勧
⑤ 消化管運動機能改善薬
食道の運動機能を改善し、胃酸の逆流を生じにく 告する」とした上で、さらに可能であれば5%未満に抑
くしたり、消化管の運動を活発にして、食物が胃 えることで「より健康に良い効果が得られる」とした。
糖類は砂糖やシロップなどに含まれているほか、ケチャ
に長時間留まらないようにします
ップのような意外なものにもたくさん「隠れている」と
ガスモチン(モサプリドクエン酸塩)錠 5mg
して、WHOは注意するよう促している。日本など各国
ガナトン(イトプリド塩酸塩)錠 50mg
セレキノン(トリメブチンマレイン酸塩)錠 100mg の具体的な平均摂取量は不明だが、5%の基準は多くの
先進国の摂取量を下回るとみられる。
ふれあい東戸塚ホスピタル
薬剤部
DI室
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
13
File Size
179 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content