close

Enter

Log in using OpenID

米国生まれの最新治療法を導入 足壊死による切断を

embedDownload
5 庄内余目病院 創傷ケアセンター
米国生まれの最新治療法を導入
足壊死による切断を大幅に減らす
アカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画『おくりびと』のロケ地で、
白鳥の飛来地としても知られる庄内平野は、周囲を山と海に囲まれた陸の孤島だ。
その地域の医療を支える庄内余目病院(山形県)には、特別な治療を行うセンターがある。
褥瘡の手術。骨まで削る大がかりなもの
足切断から患者を救いたい
1 通の DM が開設のきっかけ
足の創傷治療の専門外来である
創傷ケアセンターが、庄内余目病院
に開 設されたのは 2006 年 10 月。国
内 13 番目、東 北 地 方では初めての
設置だった。現在、創傷ケアセンター
と呼ばれる施 設は全 国に計 20カ所
あるが、その中でトップの実 績を誇
る。評判をインターネットや口コミで知
り、新潟や秋田など県外から来る患
者さんもいる。
創傷とはいわゆる「傷」のことで、
その中で、数週間以上たっても治ら
ている方もたくさんいます。それでい
国内の医療関係者に向けて発送し
ないものが「 慢 性 創 傷 」である。糖
ながら、慢性創傷の治療が十分には
たものだった。
尿病性潰瘍や壊 疽 、閉塞性動脈硬
できていませんでした。
米国には「足病外科専門医」とい
化症や静脈疾患に伴う潰瘍、慢性の
創傷治療の先進国である米国の
う足のスペシャリストがいる。ミレニア
褥瘡などが主な原因だが、国内の治
ミレニア・ウンド・マネジメント社(以
社の共同経 営 者・李 家中豪 医 師も
療結果は芳しくなかった。治療方針
下ミレニア社、本社ロサンゼルス)か
そうで、日本に創 傷 治 療を広めるた
も一定ではなく、技術、知識ともに乏
らの DM(ダイレクトメール)が届いた
め尽力している。同院はミレニア社を
しかったと考えられる。
のは、まさにそんなときのこと。慢性創
パートナーに、創傷ケアセンターを開
え
そ
糖尿病に関しては、内科的治療が
傷、糖尿病、閉塞性動脈硬化症、透
設する準備を始めた。期間は約 4カ
まず優先される。そのため外科に患
析、足切断回避、足病外科……。文
月。その間、院 内の体 制を整えるほ
者さんが来た時点では、切断しか選
面に並んだキーワードを見て、思わず
か、野末院長とセンターに配属される
択肢がなくなっているケースも多い。
万歳したものです」(野末院長)
看護師 2 人、事務職員 1 人が、ロサ
センターに課せられている
2 つの重要なミッション
ンゼルスの足 病 外 科や大 分 県の創
そうした状況を、外科医である同院
の野末睦院長は気にしていた。
「以前から、当院は循環器治療に力
44
りのいえ
傷ケアセンターを実際に見学した。
足 病 変の最 悪の結 果は切 断だ
を入れていました。160 人 以 上の透
この DM は、医療コンサルティング
が、野末院長は、同院には他の病院
析患者さんを抱え、慢性創傷で困っ
会社であるミレニア社の日本法人が
で足の切断を言い渡された人の40%
DOCTOR’S NETWORK
を切断から救うこと、他の病院で 3カ
月治らなかった慢 性 創 傷を3カ月以
内に 80%治すこと、この 2 つのミッショ
ンが課せられると言う。
かかと
ここでいう「救う」とは、「 踵を残
す」という意味である。足指を切断し
ても、踵が残っていれば、靴を履くこ
とができる。踵がないと義足になって
テレホンカンファレンスでは、患部の写真を見ながらロサ
ンゼルスの李家医師と治療法を相談
前列右から時計回りに、富樫弘美看護主任、佐藤順子
看護師、前田育重クラーク、高橋和恵看護師
な差が出てくるのだ。
「医師の中にも糖尿病を血糖値だけ
同 院のあるスタッフは、「 野 末 院
創 傷ケアは、さまざまな分 野の専
で管理しようとする人がいますが、わ
長はこのとき40 代半ば。
“病院を変
しまうので、QOL(生活の質)に大き
門 家を必 要とするチーム医 療であ
れわれは必ず足を診るようにします。
えていく”という強い意志が私たちに
る。外科・整形外科・心臓血管外科・
糖尿病の人は、動脈の中膜が石灰
も伝わってきました。大 学に長くいら
循環器内科・形成外科・皮膚科の
化するので、循環障害による虚血が
して、初めのうちはとにかく
“すごい
医師と看護師、検査や高気圧酸素
起きる。血流が悪いときに指だけ切っ
先生”と、一歩距離を置いて見てい
治療に当たる放射線技師・臨床工
ても傷は治りません。今まで 4 年間の
たんです。でも実際に一緒に仕事を
学技士・臨床検査技師、そこに薬剤
実績で、ミッションの前者は 60%と目
してみると、スタッフにこまめに声をか
師、義肢装具士、栄養士、事務職員
標を大幅にクリア。後者も78%とほぼ
けてくれ、働く仲間として話もよく聞い
も加わる。
達成しています。3カ月はオーバーし
てくれました。病院がどんどん変わり、
特に看護師の役割は重要で、ケー
たものの治ったケースを含めれば、
働きやすくなっていくようでした」と当
スマネジャーとしての役割も担い、ロ
90%になります」(野末院長)
時を振り返る。
4 人 1 組のローテーションで
医師不足を補う仕組みづくり
院内で発生する問題の多くは、医
サンゼルスで研修を受けた者もいる。
ケアの中心となるアセスメントには、ミ
レニア社作成のアセスメントシートが
師不足に起因していた。そこで新し
しょうへい
いルートで非常勤医師を招 聘。4 人
用いられる。傷の一つひとつを写 真
日本有数の米どころで広大な平野
1 組でローテーションを組み、毎週誰
に撮り、傷のサイズを測って状 態を
が広がる庄内地方は、酒田市、鶴岡
か 1 人を派遣してもらうことで、常に
データベースに保存する。
市、庄内町、三川町、遊佐町の 2 市
一 定 数の医 師を確 保 するなどの方
作成データをもとにミレニア社から
3 町に合わせて約 30 万 9500 人が暮
法で充 足させていった。さらに、開
アドバイスを受ける。月1 回、ロサンゼ
らす。自然豊かな土地だが、都市部
院 15 周年のタイミングに合わせ、病
ルスの李家医師とテレホンカンファレ
から遠く離れているため、庄 内 余目
院運営に関して 2 つのコンセプトを設
ンス(電話会議)を行うほか、年に数
病 院にとって医 師の確 保は開 院 以
定。「 地 域の高 齢 者 への包 括 的な
回ミレニア社の日本法人から専任の
来の課題だ。野末院長が赴任したの
医療・福祉の提供」と「専門店機能
看護師が回診に訪れる。
は、02 年 4 月のこと。
を備えたコンビニ」である。
2
5
褥瘡に対する手術療法
VY 皮 弁と動 脈 温 存 回 転 皮 弁の同
時施行
緊急第 ~ 趾切断による救肢
糖尿病性足病変
DOCTOR’S NETWORK
45
米国生まれの最新治療法を導入 足壊死による切断を大幅に減らす
す。身につけた知 識をケアに生かし
たいと思っています」
診療報酬改定で導入された
山形県初の局所陰圧閉鎖療法
10 年 4 月の診 療 報 酬 改 定は、創
傷ケアセンターにとって追い風となっ
た。局 所 陰 圧 閉 鎖 療 法が新たに保
険 適 用とされたのである。創 部( 傷
左上/吸引用チューブで内部の圧力を下げて治癒を促
す局所陰圧閉鎖療法 左下/足の切断面を注意深く
洗浄。術後のケアが治り具合を左右する 右/糖尿病
性の足病変で他の病院から紹介されてきた急患を診療
口)の陰圧状態を保持し、浸出液の
排出を促進して感染性物質を除去。
傷を治す新 生 組 織である肉芽の形
成を促す治療法だ。
庄内余目病院を中心に 4 老健、グ
る。看 護 師でケースマネジャーの富
傷の周囲の血流が増加し、血行が
ループホーム、訪 問 看 護ステーショ
樫弘美主任は、皮膚・排泄ケア認定
よくなることで治りが早くなる。米国で
ン、通所介護事業所などをつくり、包
看護師資格を取得した。
は以前から、褥瘡や治りにくい傷を治
括的な医療・福祉が提供できるハー
「認定看護師資格を取得する希望
療する方 法として取り入れられてい
ド面を整 備。健 診センターの拡 充や
はありましたが、憧れのようなもので
た。保険適用となったことで、同院で
透析とリハビリセンターの増築、回復
した。それが 創 傷ケアセンターで仕
は局所陰圧閉鎖療法の機器を12 台
期リハ病棟の開設も実現させた。一
事をするうちに、もっと勉強して専門
導入。国内の導入例は少なく、山形
方、ソフト面では、数多くの疾病を併
知識を身につけたいという切実な願
県では初である。
せ持つ高齢者を、包括的に診療する
いに変わったのです。地元には教育
「最近では、創傷ケアやほかのいく
総合診療科を新設。そして創傷ケア
機関がなかったので、新潟の大学に
つかの分野でも、近隣のより規模の大
センターの発足である。
通うため、期間中アパートを借りて生
きい病院から紹介を受けることが増
モチベーションも向上させる
チーム医療の果たす役割
活しました。子育て中で苦労しました
えてきました。期待に応えられるよう、
が、どうにか取得できました。傷の治
より満足度の高い診療を目指します」
り具合は、毎日のケア一つで変わりま
と野末院長は今後の抱負を語る。
創 傷ケアセンターの 外 来 診 療日
は、毎週水・木曜日の午前中
(完全予
約制)。
まず 看 護 師 が 患 者さんの傷と全
身状態をアセスメント。その結果を判
定 後、医 師 が 治 療を行う。その後、
再び看護師が注意事項など生活指
導を含むフォローをする。ケースマネ
ジャーとケアナースがペアになって、3
つの診察ブースがフル回転する。
創傷ケアセンターではスタッフ一人
ひとりの果たす役割が大きく、そのこ
とがモチベーションの向上にもつなが
46
DOCTOR’S NETWORK
患者数、総収入ともに、毎月高い水準を維持
広い視野で医療を考えることが必要
目指すは庄内一、
山形一、
東北一
創傷ケアセンターを立ち上げた庄内余目病院の野末睦院長は、その独創的なアイデアと実行力で、
同院を牽引し続けている。今後の展望と、研修医への期待を語ってもらった。
――消化器外科に進んだのはどん
策の担当者と会い、その日のうちに
ことが大事です。
な理由からですか?
理事長にも会いました。2 月11日に 1
誤解を恐れずに言えば、大学の医
がんを治す仕事をしたいということ
〜 2 時間下見をしただけで、4 月1日
局は大学のことだけ、県立病院は県
が、まずありました。現在のがん治療
には赴任していました。
のことさえやっておけば、とりあえず
は、抗がん剤や放射線などを含め、
「副院長から始めて」と思っていた
問題ないという雰囲気もあります。
さまざまな分野からアプローチがなさ
のが、いきなり病院長と知ったときは
一方、徳洲会はブルガリアに病院
れています。しかし、当時は基 本 的
驚きましたが。そんな急な赴任から9
を開設したり、アフリカに人工透析セ
に外科が受け持つ領域だったので、
年がたちました。
ンターをつくったりするような活動もし
外科を専攻分野とすることに迷いは
外科部長として勤務した病院も当
ています。潜在意識のレベルで、広
なかったですね。郷里(長野県)の
院(324 床 )と同じくらいの規 模で、
い視野をもって医療を考える習慣が
先輩たちの誘いもあって、外科の中
医師は 60 人くらいいました。ところが
身につくのではないかと思いますね。
でも消化器外科を選びました。
当院に赴 任してみると、常 勤で働く
当院の場合、庄内地方という閉ざ
いきなり庄
――大学病院に長くいて、
医師は自分も入れて 3 人。
された地 域での研 修になりますが、
内余目病院の院長に就任されます。
今ではずいぶん改善され、常勤の
常に広い世界に目を向けてほしいと
大 学に残って教 授を目指 す 道 以
医師は 11 人くらいですが、非常勤の
願っています。ハワイ大学医学部の
外を考えたとき、病院長という選択肢
医師が大勢います。4 人 1 組でチー
医学教育部教育提携病院の認定を
がありました。大学教授も病院長も、
ムをつくり、毎週誰か 1 人を派遣して
取得したほか、東北ブロックの「研修
リーダーシップを発揮できる点で共通
もらうような方法で、医師の人数を確
医の集い」を2カ月ごとに開催するな
しています。
保しています。
ど、研修医が自己イメージを高いとこ
大 学に長くいましたが、その間に
――最後に研修医へのメッセージ
ろに置けるように努めています。
民間病院で外科部長を務めた経験
をお願いします。
もあり、民間病院のことをまったく知ら
現 在、初 期 研 修 医 が 1 人います
ないわけでもない。そんな折、徳洲会
が、希望すれば後期研修医でも、当
を紹介されました。
院に来ることができます。体制の充実
徳洲会についてはあまり予備知識
に努めてきた結果、おかげさまでマッ
もなかったのですが、従来の医学会
チングをする際の第一希望に当院を
のしきたりにこだわらず、新しい取り
あげる医学生も出てきました。
組みをしていること、徳田虎雄理事
有名な研修病院で手厚い指導を
長が非常にスケールの大きな人物で
受けるのも、一つの選 択だと思いま
あるというイメージはありました。
すが、
それだけでは世界が狭くなって
――それまで縁のなかった山形県の
しまう。最低 2 つの病院は経験してほ
病院ですが、決断は早かったとか。
しいです。それも他 人に何でも教え
02 年 1 月29日、徳 洲 会の医 師 対
てもらうのでなく、自分で調べたりする
(のずえ・むつみ)
1982 年筑波大学医学専門学群卒業。88 年同大学大
学院博士課程医学研究科生理系卒業、筑波大学臨床
医学系講師。93 年 5月~ 95 年 5月ハーバード大学マ
サチューセッツ総合病院研究員。筑波記念病院外科部
長などを経て、02 年 4月から庄内余目病院院長。専門は
消化器外科。
DOCTOR’S NETWORK
47
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
868 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content