close

Enter

Log in using OpenID

シャトー デュ オーマレ

embedDownload
ボ
ル
ド
ー
・
グ
ラ
ー
ヴ
シ
ャ
ト
ー
2
0
1
6
現
地
視
察
情
報
デ
ュ
オ
ー
マ
レ
シャトー パヴィの現役エノロゴ、“ルーカス ジュリアン”が手掛ける
マイクロ シャトー
生産量は僅か 10,000 本ほど
シャトー パヴィよりも興味深い
兄弟二人で、畑からグラスに注がれるまで
シャトー
デュ オー
マレは 1996 年より若いルーカス兄弟により運営されており、畑はボルドー南部のガロンヌ河左岸に位置
するマゼール村にあります。初めてこの土地を見た時石灰岩土壌であり斜面であるということに惹かれ、この地でワイン造りをす
ることを決意しました。INAO の土壌調査で、サン
テミリオンやフロンサックのような土壌であることが分かり、闘志に火が付
きました。非常に質の高いワインが生まれる可能性を持った畑だということが分かったからです。寡黙で職人タイプの弟ジュリア
ン(写真右)は、エノローグを目指し、ボルドー大学へ通っていました。1999 年から大きなワイナリーで働き、2005 年からはシャ
トー
パヴィで働いています。所有するのはわずか 3ha の畑ですが、ワイン造りはグラン
ヴァン並。畑の手入れも整然と行き届
いています。3ha 畑の内、2ha が砂利質(Gravel)の水はけのよい斜面にあります。残り 1ha が石灰岩質土壌です。地中には大き
な石があり、水はけが良く、また、砂石が熱を保ち夜に放出するため、葡萄が良く熟します。グラーヴの典型的な砂利質ではなく、
石灰岩土壌の畑から生み出されるワインのポテンシャルには期待が出来ます。造るのは赤、白 1 種類ずつ。収穫量は 35hl/ha で
す。赤はグラン
クリュ
クラッセのようなワインを目指しています。シャトー
パヴィのエノロゴを務めるジュリアンは、パヴィ
で働くよりもオーマレの方が魅力的だと話してくれました。
<グリーンハーベストの効果>
畑全体の品質を均一に高いレベルに保つために行っています。雨が降ると、斜面の下の部分は水分量が多くなる(上部からの水が
下部に流れる)ため、収量を減らす(グリーンハーベスト)を行います。そうすることで全ての収穫物のバランスを取ることが出
来きます。力強いだけでなく、フィネスのあるワインを造りたいと思っています。
<醸造について>
・酵母…ヴィンテージによって、選別酵母と天
然酵母 を使い分けています。
・清澄…赤はノンコラージュ。ボトリング時
フィルターは極めて軽く行うのみです。
・熟成…樽の質はワインの品質に影響するとい
う考えのもと毎年 30~40%新樽を購
入します。
畑からは牡蠣や貝の化石が
いくつも見つかっている。
行手
き入
届れ
いの
た
畑
<ヴィンテージ情報>
2015 年…偉大な年。エクセレント。とても暑く(夏場 40℃に達した日も)5~11 月まで全く雨が降らなかったため、非常に乾燥
した。しかし、葡萄が気温に対応することが出来
たため、BIG ヴィンテージとなった。
2014 年…収穫時期の天候が良く、熟度も素晴らしい。力強さあり、フィネスもある。クラシックなスタイル。2013 年…春の霜が
影響し、生産量 50%減。通常 10,000 本→5,000 本。雨も多く、難しい年だった。
2012 年…天候も良く、暑かった。葡萄はとても良く熟し、力強さとフィネスを兼ね備えた。収穫期の乾燥が良い影響となった。
このエリアの特徴をよりよく表現できたヴィンテージ。
2011 年…収穫前は暑く、湿度も高かった。
2010 年…素晴らしい年。2015 年同様の品質だ。
2009 年…偉大な年。天候など全ての条件が揃っていた。
2008 年…春先に霜が降り 20%減。6 月にも病害が出たが、そこから回復することができたので、良い収穫物を得た。
2007 年…春は寒く雨も多かった。収穫時には乾燥した時期が続き、完熟するまで待った。収穫は 10 月初旬。
2010 年から造る生産量が少ない“希少な白”が限定入荷
生産のほとんどが、現地のレストラン向けのため入手困難の白
2015
シャトー
デュ
オー
マレ
ブラン
【限定 400 本】
Château du Haut-Maray Blanc
品番:FC-016/JAN:4935919310161/容量:750ml
¥3,456(本体価格¥3,200)
白・辛口
国/地域等:フランス/ボルドー A.O.C.グラーヴ
葡萄品種:ソーヴィニヨン ブラン 70%、ソーヴィニヨン グリ 30%
白ワイン用の畑はわずかに 1 ヘクタール。収量は低く 35hl/ha。このキュヴェは 2010 年から造っ
ている生産量のとても少ない貴重なワインです。生産量はわずかに 2,500 本、その大部分はフラ
ンス現地のレストラン顧客向けに販売されてしまいます。葡萄の収穫は手摘みで行います。葡萄
NEW
は 100%除梗し、やわらかくプレスした後、アルコール発酵前に低温でスキンコンタクトを行い
ます。アルコール発酵、熟成ともに 225L のバリックで行います。発酵は 15 度にコントロールし
ながら約 1 ヶ月、樽で行います。発酵後 8 ヶ月樽で熟成させています。新樽比率は 15-20%です。
4つのヴィンテージを一挙にご紹介
飲み頃をむかえた 2007 年、2008 年 & グレートヴィンテージの 2009 年&2010 年
シャトー
デュ オー
マレ
ルージュ
Château du Haut-Maray Rouge
【2007 年ヴィンテージ】品番:FB-412/JAN:4935919214124/容量:750ml
【2008 年ヴィンテージ】品番:FB-469/JAN:4935919214698/容量:750ml
【2009 年ヴィンテージ】品番:FB-470/JAN:4935919214704/容量:750ml
【限定 200 本】
【2010 年ヴィンテージ】品番:FB-666/JAN:4935919216661/容量:750ml
【限定 500 本】
赤・フルボディ
国/地域等:フランス/ボルドー A.O.C.グラーヴ
葡萄品種:メルロ 60%、カベルネ
ソーヴィニヨン 40%
熟成:80%樽(新樽と 1 年樽各 50%)20%タンク、22 ヶ月
樹齢は 7~20 年で、収穫量は 35hl/hl です。収穫は手摘みでおこない、厳しく選別し
ます。除梗して、品種ごとに、低めの 23 度に温度管理の下、ステンレスタンクとセメ
ントタンクで発酵します。ポンピング
オーバーしながら、ゆっくりと行います。マロ
ラクティック発酵は、26 度に維持し、100%樽で行ないます。80%をオーク樽(新樽
と 1 年樽が半々)で約 20 ヶ月間熟成します。樽はジュリアンの関係で入手したシャトー
パヴィ
モデルやアリエ産の樽を使用しています。しっかりとした骨格があり、10 年
以上の熟成の可能性を持っています。
¥3,456(本体価格¥3,200)
¥3,240(本体価格¥3,000)
¥3,456(本体価格¥3,200)
¥3,672(本体価格¥3,400)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
895 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content