close

Enter

Log in using OpenID

UCN-100T7

embedDownload
精密補正軸継手−テーパクランプタイプ
UCN-T7
RoHS
指令
適合品
サーボ
モータ
パルス
モータ
各種
モータ
テーパクランプ仕様により
小さな締め付けトルクで軸締結が可能です。
■ご注文方法(例)
UCN-100T7-30×35
オプション
●簡易防錆(ドライルーブコーティング)対応
※詳細はお問い合わせください。
軸穴径
30×35mm
締結方法
テーパクランプ方式
ハブ外径
100mm
●標準軸穴径以外の穴径に対応できる場合もあります。
お問い合わせください。
●軸締結方式を片側だけボルトクランプタイプにすることもできます。
(11ページ参照)
■材質
部品名
2
■性能・寸法
型番
(寸法単位:mm)
許容トルク 最大トルク 許容スラスト荷重 許容偏心 許容偏角 最高回転数 ねじり剛性 慣性モーメント 質量
N・m
N・m
N
mm
° r/min N・m/rad kg・m2
kg
UCN-65T7
UCN-80T7
UCN-100T7
UCN-125T7
UCN-155T7
d
A
E
P
L
LL
S
T
J
G
UCN-65T7
UCN-80T7
UCN-100T7
UCN-125T7
UCN-155T7
5
4
3
7
6
8
1
ハブ
S45C
2
加圧キャップ
SCM435
3
クロスピン
SCM420
4
メタル
ポリイミド樹脂
5
アーム
A2017
6
アーム締付ボルト
SCM435
7
スプリングワッシャ
SWRH
8
締結ボルト
SCM435
※M4サイズの締結ボルトはSUSXM7となります。
※UCN-125T7・155T7のメタルは、
ふっそ樹脂(裏金SPCE)
となります。
■締結部伝達能力
M
型番
軸穴径
mm
伝達能力
N・m
型番
軸穴径
mm
伝達能力
N・m
型番
軸穴径
mm
伝達能力
N・m
型番
軸穴径
mm
伝達能力
N・m
UCN-65T7
UCN-80T7
UCN-100T7
UCN-125T7
40
80
1450
0.2
1
6000 1.08×105 3.15×10-4 0.76 14∼20
65
47
30
75
81
37.5
33
28
19
M4
14
56
19
151
24
287
38
606
80
160
2350
0.2
1
6000 2.37×105 8.20×10-4 1.16 16∼35
80
60
39
88
95
44
36
33
22
M4/M5
15
60
20
159
25
299
40
637
160
320
3750
0.2
1
6000 4.66×105 2.52×10-3 2.32 22∼40 100
74
45
102 109
51
48
37
28
M5
16
64
22
175
28
335
42
669
320
640
6000
0.2
1
6000 8.80×105 7.09×10-3 4.38 32∼42 125
86
61
122 129
61
61
43.5
35
M5
17
68
24
191
30
359
45
1010
640
1280
9750
0.2
1
6000 1.66×106 1.93×10-2 7.51 45∼60 155 108
76
143 151 71.5
71
51
41
M6
18
72
25
199
32
382
48
1077
19
76
28
150
35
418
50
1122
20
80
30
160
38
303
55
1234
16
128
32
171
40
319
60
1346
17
135
35
140
32
510
18
143
22
263
35
558
■標準軸穴径:d
型番
1
材質
(単位:mm)
UCN-80T7
d
14
15
16
17
18
19
20
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
22
24
25
28
30
32
35
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
□UCN-125T7およびUCN-155T7は準標準品(納期確認品)
です。
□許容トルクは回転数が1500r/minの場合を表します。
□最大トルクは起動時およびブレーキ時に瞬間的に伝達できるトルクです。
□許容スラスト荷重は負荷トルクをゼロとした場合の静的許容荷重を表します。
□ねじり剛性はメタル部のみの値です。
□慣性モーメント、質量は軸穴径が最大の場合を表します。
□取付軸はJ寸法まで確実に挿入してください。
□推奨軸公差はh6です。
(軸径35mmの場合は公差 +0.010
にも対応できます。)
0
□使用条件によっては許容以上の偏心・偏角で使用が可能です。
お問い合わせください。
38
40
●
●
●
●
●
●
42
45
48
50
55
60
UCN-100T7
■軸締結部の構造
●
テーパスリーブ
●
●
●
●
●
UCN-125T7
■軸取付け
□締付けボルトで加圧キャップ
を締め込むことにより、テー
パ面にくさび作用が働き、軸
およびハブ内面に面圧が発生
します。この面圧による摩擦
力が軸とハブを完全に締結し
ます。
型番
UCN-65T7
UCN-80T7
サイズ
本数
締付けトルク
N・m
14∼20
M4
3
2.1
16∼25
M5
2
8.3
35
22∼35
38∼40
締付けボルト
UCN-125T7
UCN-155T7
締付けボルト
軸穴径
mm
28∼32
UCN-100T7
加圧キャップ
UCN-155T7
M4
M5
4
3
3
2
2.1
8.3
32∼42
M5
4
8.3
45∼60
M6
4
13.7
①軸継手を軸の所定位置まで手で押し込めます。
②対向する締付けボルトを均等に増締めしたあと、
トルクレンチを使用してボルトを規定
の締付けトルクで締め付けます。
■軸取外し
①加圧キャップの締付けボルトを1本づつ徐々にゆるめ、加圧キャップを外します。
②上の作業で外せないときは、ハブフランジと加圧キャップの間にマイナスドライバー
等を差し込んでこじれば、簡単に外せます。
(加圧キャップ端面にある2ヶ所の抜きタップに、外した締付けボルトをねじ込んでも
加圧キャップは外せます。)
13
14
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
170 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content