close

Enter

Log in using OpenID

記事はこちらをお読みください。 - グローバルウォータージャパン

embedDownload
国際標準 化 への取 り組 み
グ 田︱バ ルウ ォータ 。ジ ャパ ン代表
麻布大学客 員教授 /国連 環境技術顧間
縄 鶴 畿 ポ 鶴 態 轟 鶴 鶴籠 畿 鞠 欝 麟
︱ じ 畿 鶴醒畿
⋮
よ し む ら かず な り
苦村 和 就
ランス系水 メジ ャーを引き連 れ行動 し て い
。
第 四回世界水 フオーラム﹂
る 〇六年 三月 ﹁
メキシ コ︶でも最大規模 の代表間を派遣し
︵
。
第
六 田世 界 水 フ オ ー ラ
て いる 一二年 ﹁
。
ム﹂ の開催地は フランスが勝ち取 った
。
ZR日何ドしを基につくられている さらに
同際規格を つくるときに大きな影響力を持
ツ 規 格 ︵D I N ¨∪ ①島 ∽命ゴ秘 H羽 津 島 摯 ︻
懇 越 ジ 鶴 換 縄ラ 鶴 題 プ 簿 汐 品
歴史 のあるヤード ・ポ ンド系単位 に反対
、
、
し
た フランスは 一七九五年 メート ル単位
水ビジネ スに関し て最も熱心な回は ご
、
、
。
を
法
提唱し 世界各国を粘り強く説得 し
存 じ のよう に フランスである 二〇〇〇年
。
一人七五年 メート ル条約成立を勝ち取 った
の国連 ミレ エアム ・サ ミ ットにてシラク大
。
、
、
このメート ル条約 がISOの起源 である
世界 の水 問題 の解決 に フラ ンス
統領 は ﹁
、
、
。
IEC︶
万円規格統
国
会議 ︵
準
際
電
気
標
は積極的 に貢献す る﹂と宣言した さら に
、
一協会を経 て 一九 四七年ジ ュネ ーブにI
第 三回世界水
〇三年 に日本 で開催 された ﹁
された。それ
S
立
O
が
設
国
機
化
︶
際
準
構
標
︵
シ ラク大統領 はイ ラク開戦
フオー ラム﹂ ︵
、
、
、
、
以来 ISOは 端的 に いうと 欧州製品
で来 ら れな か ったがビ デオ で挨拶︶ そ の
、
し
し
と
り
て
能
機
の
む
器
に
大
武
を
最
込
売
界
世
後 の エビ アン ・サ ミ ット等 大統領自ら フ
、
。
てきた 特 に ハード面 の多く の規格 では
、
BS ¨wヽ
一
浄 探選 律報矛︶ ドイ
一
市
英田規格 ︵
セプトは上下水道 サービ スの向 上を目指し
。
、
た 国際的な考え方 の統 一であ った
ふ二ず ヲツカムベ総ラフス劃えかは
ポエ誇緞
畿 欝 泰 ぴ ジ 捧 品 鶴饉 ノ 撫
韻 麟 賤 懇 鋒 態 静 鶴轟 醒 畿
、
日本 にお いて上下水道事業 は 官 による
。
直営と いう経営形態 で行 われて いる この
、
一方 先進国 や途 上国 では民営化を主体 に
、
図参照︺ が進 展 し
ビ ジネ ス ︹
し
た
界
水
世
、
二〇〇〇年当時は 水 メジ ャーと呼 ばれる
、
、
フランス系 のヴ ェオリ ア ス エズ社 英国
のテムズ 。ウォーターなどがそ の市場 の八
。
割近くを寡占 した しかしながらそ の過程
、
にお いて 各 国 の国内法 や慣習 ・文化 の違
、
いにより多く の摩擦を引き起 こしたため
紛争解決 の手段として求 められた のがグ ロ
、 まり
ー
タ ン ード
水道 サー
下
ダ
止
つ
ル
ス
バ
。
ビ スの回際規格 の制定 であ った ビジネ ス
、
がグ ローバ ル化す ると 国際的な取り決め
、
が必要となる のは当然 の動き で そ のコン
26
川 経済徹℃nd
抑抑・
増集 国際標準化戦略を考 える
I E C の実 態 で
り 、 I S O I E C の原 案 は 欧 州 米 準 が 技
、
議
つのが そ のT C ︵
技 術 委 娘 公 ︶の除 い 同 ︵
、
こ れ も 多 く は 欧 州 各 円 で占
長 であ る
が
︶
、
。
めら れ て いる 加 え て 不 公 平 な 取 り 決 め
⋮
ーし て いる 。 そ れ は I S 0 l E C の
も存 イ
大 の武 器 で あ る
水 ビジネスの市場規模 は
80兆 ∼ 120兆 円 (2025年)
その85%は 民営化 された上下水道事業
残 りの15%は 海水淡水化 、再生水事業
縄 戦響 芳 腎 播 鞭 戦 鶴 縄 鑑 戦 響 ゾ 鞭
る のがH本 の姿 であ ると いえ よう
Oは欧州 の利益を歳人 にす るグ ローバルな
、 ︱
、
⋮
l
i
市場開拓 のツールで 一方 WTOは 米l
、
の利益を最大 にす る市場開拓 のツールで
、
そ の両方 の投網 の中 で 必死 でもが いて い
。
ISOは モノとサービ ス ヘのお墨付き で
、
あるが WTOは問家間 で強制力を持 つ貿
。
易 の取り決 めであ る そ の原点 はGATT
、
であり 世界白由貿易協定を円指して米田
。
が日を挙げ て仕組 んだ協定 である 一九九
、
五年 GATTは WTOと名前を変えたが
、
本文 の条項 はそ のまま であり 貿易 の排除
。
である TBT協定 はさら に強化された
、
これま で述 べた ことを極論す ると IS
。
。
初 か ら セ ット さ れ て いる の であ る H 本 や
、
アジ アは カ ヤ の外 であ り こ れ が I S 0
、
欧 州 前 田 の世 界 戦 略 の最
原案 に欧 州 米 準 を 採 用 でき る と いう 勝 手 な
水 に関 す るあ らゆ
るサ ー ビス ( 分析 、
維持管理)
診断 、
水 に関する
エンジニアリング
プラント建設
工 場用水
排水処理
再利用水
空調用水
農業用水
雨水回収
飲料水販売
・ミネラル ウォー ター
・
浄水器 ビジネ ス
上下水道事業
・
民営化
・
直営
海水淡水化事業
玲Iユ!
辞 │
車1 ■
、
田際規格化 は本来 回を挙げ て田益確保
、
のために取り組む べきも のであるが H本
政 府 は ﹁モ S O は 民 間 の規 格 化 作 米 ﹂ と し
、
、
財政援 助 外 交努
て 横 肛 的 な支援 体 制 ︵
、
。
力 ︶を と って いな い そ の結 果
技術的 に
、
高 品位
携帯 電話
優 れ て いる H 本 の提 案 ︵
テ レビ な ど ︶が 同 際 規 格 を 取 れ ず 敗 退 し て
。
いる
。
逆 に欧 州 では
日本 の損 失 は数 千 億 円 と も いわ
、
同 際 規 格化 を勝
例 え ば 携 帯 電 話 の方 式 が欧 州 方 式 にな っ
、
たために
れ て いる
ち 取 った た め に 一〇万 人 の一
展用 創 出 と 一兆
。
円 以 上 の経 済 的 利 益 を 手 受 し て いる 田 際
、
規 格 を 取 れ な か った 日本 は 多 く の旋 業 分
。
野 で部 品 供 給 に甘 ん じ て いる ケ ー スが多 い
、
し か し 欧 米 勢 が定 め た I S Oを 最 も 守 っ
、I S 2 7 0 0 1
0
て いる のが 日本 であ り
︵
情 報 セ キ ュリ テ ィ ー マネ ジ メ ント の I S
O 規 格 ︶の 認 証 数 は H 本 が 世 界 一位 で あ
。
Z
O
、
政府 の新成長戦略 には 田際標準化 への
、
日際
取り組 み強化 が挙 げられ て いるが ﹁
、
標準 は 最大 の回益﹂ であることを認識し
。
て田は取り純む べき であ ろう
H には、
埋 に限らず世界的 にも優
水
本
処
。
れた技術 が数多くある 田および民間 の各
、
業界が 一丸 とな って取り組まなければ H
。
本 の未来 はな いだろう
経済Trend抑 附.出
2ア
、
ィ ー ン脇
取 り 決 め であ り I S O で は ﹁ウ
、
ド レ ス デ ン協 定 ﹂ で あ
定 ﹂ l EC で は ﹁
図 世界水 ビジネスとは ?
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
329 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content