close

Enter

Log in using OpenID

多文化 被害者サービス プログラム

embedDownload
本プログラムへの紹介は、下記
の人・機関が行うことができます。
MOSAIC ファミリー
1720 Grant St
プログラム
Vancouver, BC
• 本人
MOSAIC  ファミリープログラムは移住者や難民
Canada V5L 2Y7
• 親類、ホストペアレント、
または友人
の家族がカナダに定住し、カナダ社会に融合して
Phone: 604 254 9626
• コミュニティにある公的機関または学校
いく過程で、健全な人間関係や強力な支援体制を
• 警察
• ソーシャルワーカー
• ヘルスケア専門家
• 被害者サービスプログラム
MOSAIC とは?
築くのに役立つサービスを実施しています。
お問い合わせは下記へ
Multicultural Victim Services Program
604 254 9626
月曜日~金曜日
9 a.m. ~ 5 p.m.
MOSAIC(モゼーク)は移住者、難民の方々の定住
多文化
被害者サービス
プログラム
や融合の支援を専門とする多言語対応の非営利機
関です。MOSAIC は各種プログラムとサービスを
通じて、移住者や難民の方々がカナダ人社会へ完
全に参加するための支援を行っています。
発足以来
35年以上、MOSAIC はローワーメインランドで移
住者のために活動する一大組織に発展しました。
EMPLOYMENT PROGRAMS (就職プログラム)
604 254 0244
[email protected]
ENGLISH LANGUAGE CENTRES (英語セン
ター)
604 684 8825
[email protected]
FAMILY PROGRAMS (ファミリープログラム)
604 254 9626
[email protected]
INTERPRETATION SERVICES (通訳サービス)
604 254 8022
[email protected]
SETTLEMENT SERVICES (定住サービス)
604 254 9626
[email protected]
TRANSLATION SERVICES (翻訳サービス)
604 254 0469
[email protected]
法務省から助成を受けています
他のリソース
VictimLink 1 800 563 0808
お問い合わせは下記へ
WWW.MOSAICBC.COM
表紙挿絵
シーラ・ノーゲイト
作家の許可を得て掲載
Family Programs MVSP [Japanese]
© MOSAIC April 2014
Printed: 05/14
35年以上に亘り移住者や難民の地域
社会への溶け込みを支援し、よりよ
いコミュニティ作りに寄与しています
本プログラムは、犯罪の被害者になった
親密な人間関係における虐待も犯罪で
実務的援助
場合、生活のあらゆる面(身体、情緒、精
す。次の出来事を経験した場合、被害者と
必要な用紙や申請書の記入や、書簡等の作成の援
神、経済)に衝撃がもたらされることを認
いえます。
助をいたします。
これには被害者衝撃陳述(Victim
識し、
それに対処するための専門的なコミ
• 配偶者、ボーイフレンド、恋人などの不機嫌、怒
ュニティサービスプログラムです。暴力は
被害者本人に苦痛を与えるだけでなく、
コ
ミュニティの一員である私たちすべてを傷
つけます。
犯罪の被害者とは?
多文化被害者サービスプログラム(Multicultural
Victim Services Program)は、男女の別、出身地
を問わず移住者、難民、新来者の方たちを対象と
した秘密厳守の無料サービスです。次の出来事を
経験した場合、被害者といえます。
りにより怖い思いをしている
• お金の使い方、就職先など常に束縛されている
• 自分の家族、
友人、
相談できそうな人などに会う
ことを禁止されている
• 子供を取り上げる、
または子供を出身国へ送り
返すと脅迫されている
• 本国へ送還する、
またはスポンサーシップを取
り消すと脅迫されている
多文化被害者サービスの内容
Impact Statement)や犯罪被害者支援プログラム 
(Crime Victim Assistance Program)が必要とす
る書類も含まれます。
司法関連
犯罪被害を届け出た場合、警察や検察、裁判官の
活動や手続きの流れについて説明します。
また警
察での事情聴取や公判状況に関して支援を行うと
共に、公判で証人として証言する必要があるかど
うかもお知らせします。被害者の権利についても
説明します。
同行
裁判所、警察署、法律扶助事務所、
ファミリー・ジャ
本プログラムでは犯罪の被害者に対し、警察もし
スティス・センター、法律相談のアポイントメントな
くは法制度が関与するしないにかかわらず、文化
どに同行します。裁判所内における支援には、証人
次の出来事を経験した場合、被害者とい
的に敏感なサポートを多くの言語で行っていま
に関するオリエンテーション、
裁判所でのマナー、
手
えます。
す。犯罪の種類に関係なく、被害者やトラウマ(心
続きがあります。
• お金または所持品を盗まれた
• 物または凶器により傷を受けた
• 不適切で、
かつ望まない性的態度で身体に触れ
られた
• 見知らぬ人、
または知っている人から嫌がらせ
を受けた、もしくは跡をつけられた、
しつこく付
きまとわれた
• 警察に通報したとしても信用してくれないし、何
もしてくれないと言われた
• 見知らぬ人、
または知っている人(配偶者、ボー
的外傷)への対処を支援するために次のサービス
を提供しています。
精神面のサポート
権利擁護
コミュニティにある組織団体から必要なサービス
が受けられるように、被害者本人に代わって権利を
本人の訴えに耳を傾け、精神的苦痛やトラウマに
養護いたします。必要な情報の入手から、雇用者や
対処するための相談に応じます。
警察、
弁護士、
検事、
法律扶助、
生活保護事務所など
総合的な案内
との話合いまで、すべてにわたり支援を行います。
次に取る手続きを始め健康、安全、法的扶助、生活
紹介
保護、緊急時住居、児童保育などコミュニティにあ
被害者本人の状況を査定し、必要に応じて他のコ
る関連組織や団体についての情報にアクセスする
ミュニティサービスへ紹介します。
手助けをいたします。
イフレンド、ルームメイト、友人、教師など)から
安全計画の作成の援助、また希望があれば、警察
暴行を受けた、
もしくはぶたれた、殴られた
へ通報する手助けもいたします。
アウトリーチ
個人やコミュニティグループを対象に、安全性評価
や計画を含む、女性に対する暴力などの教育・研修
会を開催します。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
322 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content