close

Enter

Log in using OpenID

文字禍

embedDownload
文 字 禍
れい
やみ
文字の霊などというものが︑一体︑あるものか︑どう
か︒
めす
えき び ょ う
ま
アッシリヤ人は無数の精霊を知っている︒夜︑闇の中
ちょう りょう
など
を 跳 梁 するリル︑その雌のリリツ︑疫 病 をふり撒く
ゆう かいしゃ
み
ナムタル︑死者の霊エティンム︑誘拐者ラバス等︑数知
あく り ょ う
だれ
れぬ悪 霊 共がアッシリヤの空に充ち満ちている︒しか
︱
ころ
その頃
というのは︑アシュル・バニ・アパル大王
し︑文字の精霊については︑まだ誰も聞いたことがない︒
5
︱
きゅう てい
みょう
あや
ニネヴェの 宮 廷に 妙 な
いんぼう
しず
しょけい
るバビロンの俘囚はことごとく舌を抜いて殺され︑その
ぬ
あ っ た が ︑ そ れ が本 当 で な い こ と は 誰 に も 判 る ︒ 千 に 余
わか
たバビロンからの俘 囚 共の死霊の声だろうという者も
ふ しゅう
精 霊 ど も の 話 し 声 に 違 い な い ︒ 最 近 に 王 の 前 で 処 刑 され
ちが
ってみたが︑それらしい様子もない︒どうしても何かの
のこととて︑何かまた︑不逞の徒の陰謀ではないかと探
ふ てい
キンの謀叛がバビロンの落城でようやく鎮まったばかり
む ほん
しい話し声がするという︒王兄シャマシュ・シュム・ウ
噂 があった︒毎夜︑図書館の闇の中で︑ひそひそと怪
うわ さ
の治世第二十年目の頃だが
6
つきやま
舌を集めたところ︑小さな築山 が出来たのは︑誰知らぬ
よう かん ぼく
むな
たんさく
者のない事実である︒舌の無い死霊に︑しゃべれる訳が
ほし う ら な い
な い ︒ 星 占 や 羊 肝 卜 で 空 し く 探 索 し た 後︑ こ れ は ど う
しても書物共あるいは文字共の話し声と考えるより外は
なくなった︒ただ︑文字の霊︵というものが在るとして︶
かいもく
とはいかなる性質をもつものか︑それが皆目判らない︒
きょ がん しゅく はつ
アシュル・バニ・アパル大王は巨眼 縮 髪の老博士ナ
め
ブ・アヘ・エリバを召して︑この未知の精霊についての
そ の 日 以 来 ︑ ナ ブ ・ ア ヘ・ エ リ バ 博 士 は ︑ 日 ご と問 題
研究を命じたもうた︒
7
エジプト
パピル ス
く さ び がた
あし
ふ ごう
せ
ほ
と もの や
し
まいぼつ
し
ふけ
み いだ
さら
ねん ど
る いる い
識の中から︑彼は︑文字の霊についての説を見出そうと
かれ
たる瓦の山がうずたかく積まれた︒それら重量ある古知
爪さえそのままに使われている︶の上には︑毎日︑累々
つめ
ていた︒老博士の卓子︵その脚には︑本物の獅子の足が︑
テーブル
った︒書物は 瓦 であり︑図書館は瀬戸物屋の倉庫に似
かわ ら
の板に硬筆をもって複雑な 楔 形の符号を彫りつけてお
こう ひつ
両河地方では埃及と違って紙草を産しない︒人々は︑粘土
メソポタミヤ
るが︶に通って万巻の書に目をさらしつつ研鑽に耽った︒
けんさん
に 二 千 三 百 年 に し て 偶 然 発 掘 さ れ る運 命 を も つ も の で あ
ぐう ぜん は っ く つ
の図書館︵それは︑その後二百年にして地下に埋没し︑更
8
む
だ
ほか
したが︑無駄であった︒文字はボルシッパなるナブウの
つかさど
神の 司 りたもう所とより外には何事も記されていない
のである︒文字に霊ありや無しやを︑彼は自力で解決せ
はな
ぼく しゃ
かん ぞう
ねばならぬ︒博士は書物を離れ︑ただ一つの文字を前に︑
にら
終日それと睨めっこをして過した︒卜者は羊の肝臓を
ぎょう し
凝 視することによってすべての事象を直観する︒彼も
なら
うち
これに倣って凝視と静観とによって真実を見出そうとし
つ
たのである︒その中に︑おかしな事が起った︒一つの文
み
字を長く見詰めている中に︑いつしかその文字が解体し
こうさく
て︑意味の無い一つ一つの線の交錯としか見えなくなっ
9
わか
て来 る︒単な る線の集りが︑なぜ︑そういう音とそうい
も
こけ ら
いた
ちゅうちょ
ここまで思い到った時︑老博士は 躊 躇
たましい
ない手・脚・頭・爪・腹等が︑人間ではないように︑一
なく︑文字の霊の存在を認めた︒ 魂 によって統べられ
ものは︑何か?
るバラバラの線に︑一定の音と一定の意味とを有たせる
必然でもない︒彼は眼から 鱗 の落ちた思がした︒単な
め
の間当然と思って看過していたことが︑決して当然でも
この不思議な事実を発見して︑ 驚 いた︒今まで七十年
おどろ
な っ て 来 る ︒ 老 儒 ナ ブ ・ ア ヘ ・ エ リバ は ︑ 生 れ て 初め て
ろう じゅ
う意味とを有つことが出来るのか︑どうしても解らなく
10
つの霊がこれを統べるのでなくて︑どうして単なる線の
集 合が ︑ 音 と意 味 とを 有 つ こ とが 出来 よう か ︒
この発見を手始めに︑今まで知られなかった文字の霊
こ
の性質が次第に少しずつ判って来た︒文字の精霊の数は︑
の ねず み
地上の事物の数ほど多い︑文字の精は野 鼠 のように仔
ふ
を産んで殖える︒
まわ
ナブ・アヘ・エリバはニネヴェの街中を歩き廻って︑
最近に文字を覚えた人々をつかまえては︑根気よく一々
たず
尋ねた︒文字を知る以前に比べて︑何か変ったようなと
ころはないかと︒これによって文字の霊の人間に対する
11
はたらき
と
なお
へ
た
うじむし
ごと
くるみ
から
ほこり
うが
、し
、ゃ
、み
、が出るようになっ
来︑咳が出始めたという者︑く
せき
リバは︑新しい粘土の備忘録に誌した︒文字を覚えて以
しる
中ノ実ヲ 巧 ニ喰イツクスガ如シ﹂と︑ナブ・アヘ・エ
たくみ
ヲ喰イアラスコト︑猶︑蛆虫ガ胡桃ノ固キ殻ヲ穿チテ︑
く
と い う 者 な ど が ︑ 圧 倒 的 に 多 い ︒﹁ 文 字 ノ 精 ガ 人 間 ノ 眼
あっ とう てき
が見えなくなった者︑空の色が以前ほど碧くなくなった
あお
計 は い る よ う に な っ た 者 ︑ 今 ま で 良 く 見 え た空 の 鷲 の 姿
わし
てから急に 蝨 を捕るのが下手になった者︑眼に 埃 が余
しらみ
おかしな統計が出来上った︒それによれば︑文字を覚え
作用を明らかにしようというのである︒さて︑こうして︑
12
り
、ゃ
、っ
、く
、り
、が度々出るようになった者︑
て困るという者︑し
げ
ど
下痢するようになった者なども︑かなりの数に上る︒
﹁文
の
字ノ精ハ人間ノ鼻・咽喉・腹等ヲモ犯スモノノ如シ﹂と︑
ふる
老博士はまた誌した︒文字を覚えてから︑にわかに頭髪
うす
やす
の薄くなった者もいる︒脚の弱くなった者︑手足の顫え
あご
るようになった者︑顎がはずれ易くなった者もいる︒し
ひ
か し ︑ ナ ブ ・ ア ヘ ・ エ リ バ は 最 後に こ う 書 か ね ば な ら な
ま
かった︒
﹁文字ノ害タル︑人間ノ頭脳ヲ犯シ︑精神ヲ痲痺
にぶ
おくびょう
りょう し
セ シ ム ル ニ 至 ッ テ ︑ ス ナ ワ チ 極 マ ル ︒﹂ 文 字 を 覚 え る 以
うで
前に比べて︑職人は腕が鈍り︑戦士は臆 病 になり︑猟 師
13
だ
は獅子を射損うことが多くなった︒これは統計の明らか
な
こ
で︑獅子という字を覚えた猟師は︑本物の獅子の代りに
獅 子 と い う 字 は ︑ 本 物 の 獅 子 の 影 で はな い の か ︒ そ れ
の影のようなものではないのか︒
その物の魂の一部と見做しているようだが︑文字は︑そ
み
アヘ・エリバはこう考えた︒埃及人は︑ある物の影を︑
かげ
るから︑これは文字のせいではないかも知れぬ︒ナブ・
もっとも︑こう言出したのは︑七十歳を越した老人であ
さい
いても一向楽しゅうなくなったという 訴 えもあった︒
うった
に示す所である︒文字に親しむようになってから︑女を抱
14
ねら
獅子の影を狙い︑女という字を覚えた男は︑本物の女の
むかし
こう ずい
よろこ
代りに女の影を抱くようになるのではないか︒文字の無
え
かった 昔 ︑ピル・ナピシュチムの洪水以前には︑ 歓 び
ち
も 智 慧 も み ん な 直 接 に 人 間 の 中 に は い っ て来 た ︒ 今 は ︑
ヴ ェイ ル
文字の薄被をかぶった歓びの影と智慧の影としか︑我々
も のお ぼ
は知らない︒近頃人々は物憶えが悪くなった︒これも文
いたずら
字の精の悪戯である︒人々は︑もはや︑書きとめておか
ふ
みにく
なければ︑何一つ憶えることが出来ない︒着物を着るよ
ひ
うになって︑人間の皮膚が弱く 醜 くなった︒乗物が発
ふ きゅう
明されて︑人間の脚が弱く醜くなった︒文字が普 及 し
15
て︑人々の頭は︑もはや︑働かなくなったのである︒
きょ う
ナブ・アヘ・エリバは︑ある書物 狂 の老人を知って
そら
むす こ
メシュを 慰 めた言葉をも諳んじている︒しかし︑息子
なぐさ
は晴か 曇 か気が付かない︒彼は︑少女サビツがギルガ
くもり
の何月何日の天候まで知っている︒しかし︑今日の天気
きょう
とはない︒彼はツクルチ・ニニブ一世王の治世第何年目
読む︒およそ文字になった古代のことで︑彼の知らぬこ
なく︑紙草や羊皮紙に誌された埃及文字まですらすらと
パピルス
に博学である︒彼は︑スメリヤ語やアラメヤ語ばかりで
い る ︒ そ の 老 人 は ︑ 博 学 な ナ ブ・ ア ヘ ・ エ リ バ よ り も 更
16
りん じん
をなくした隣人を何と言って慰めてよいか︑知らない︒
きさ き
彼は︑アダッド・ニラリ王の 后 ︑サンムラマットがど
い しょう
んな衣 装 を好んだかも知っている︒しかし︑彼自身が
読み︑諳ん
今どんな衣服を着ているか︑まるで気が付いていない︒
何と彼は文字と書物とを愛したであろう!
あい ぶ
じ︑愛撫するだけではあきたらず︑それを愛するの余り
かみくだ
に︑彼は︑ギルガメシュ伝説の最古版の粘土板を噛砕き︑
と
あら
水に溶かして飲んでしまったことがある︒文字の精は彼
よう しゃ
の眼を容赦なく喰い荒し︑彼は︑ひどい近眼である︒余
り眼を近づけて書物ばかり読んでいるので︑ 彼の鷲形の
17
ぎ せい しゃ
す
た
むしば
さにもかかわらず︑この老人は︑実に
こ
へそ
おそ
う らや
みじ
全く 羨 まし
ふ しん
い つ も 幸 福 そ う に 見 え る ︒ こ れ が 不審 とい え
ば ︑ 不 審 だ っ た が ︑ ナ ブ ・ ア ヘ・ エ リ バ は ︑ そ れ も 文 字
いほど
︱
霊の犠牲者の第一に数えた︒ただ︑こうした外観の惨め
︱
だが︒ナブ・アヘ・エリバ博士は︑この男を︑文字の精
なら︑彼は︑五つの異った国の字で書くことが出来るの
分 が 傴 僂 で あ る こ と を 知 らな い で あ ろ う ︒ 傴 僂 とい う 字
のくっつきそうな傴僂である︒しかし︑彼は︑恐らく自
せむし
文字の精は︑また︑彼の脊骨をも 蝕 み︑彼は︑臍に顎
せ ぼね
鼻 の 先 は ︑ 粘 土 板 と擦 れ 合っ て 固 い 胼 胝 が 出来 てい る︒
18
び やく
かん かつ
ま りょく
かか
の霊の媚薬のごとき奸猾な魔 力 のせいと見做した︒
い
たまたまアシュル・バニ・アパル大王が病に罹られ
じ
た︒侍医のアラッド・ナナは︑この病軽からずと見て︑
大王のご衣裳を借り︑自らこれをまとうて︑アッシリヤ
ふん
お のれ
王に扮した︒これによって︑死神エレシュキガルの眼を
あざむ
欺 き︑病を大王から 己 の身に転じようというのである︒
こ の 古 来 の 医 家 の 常 法 に 対 し て ︑ 青 年 の 一 部 に は ︑ 不信
の眼を向ける者がある︒これは明らかに不合理だ︑エレ
だま
せきがく
シュキガル神ともあろうものが︑あんな子供瞞しの計に
ら
欺 か れ る は ず が あ る か ︑ と︑ 彼等 は 言 う ︒ 碩 学ナ ブ ・ ア
19
いや
デイ・ナブが訪ねて来て老博士に言った︒歴史とは何ぞ
ある日若い歴史家︵あるいは宮廷の記録係︶のイシュ
のは︑疑もなく︑文字の精霊である︒
義を一種の病と考えた︒そして︑その病をはやらせたも
人間の地位をわきまえぬのじゃ︒老博士は浅薄な合理主
せん ぱく
そういうおかしな所が︒彼等は︑神秘の雲の中における
例えば足の爪先だけ︑無闇に美しく飾っているような︑
かざ
おかしな所がある︒全身垢まみれの男が︑一ヶ所だけ︑
あか
く︑何事にも辻褄を合せたがることの中には︑何かしら
つじ つま
ヘ ・ エ リ バ は こ れ を 聞 い て厭 な 顔 を し た ︒ 青 年 等 の ご と
20
や?
あき
と︒老博士が呆れた顔をしているのを見て︑若い
歴史家は説明を加えた︒先頃のバビロン王シャマシュ・
さい ご
シュム・ウキンの最期について色々な説がある︒自ら火
ひとつき
に投じたことだけは確かだが︑最後の一月ほどの間︑絶
いんとう
いの
望の余り︑言語に絶した淫蕩の生活を送ったというもの
けっさい
もあれば︑毎日ひたすら潔斎してシャマシュ神に祈り続
ひ
まき
けたというものもある︒第一の妃ただ一人と共に火に入
ひ しょう
ったという説もあれば︑数百の婢 妾 を薪の火に投じて
から自分も火に入ったという説もある︒何しろ文字通り
けむり
煙 になったこととて︑どれが正しいのか一向見当がつ
21
かない︒近々︑大王はそれらの中の一つを選んで︑自分
こと がら
ちんもく
在った事柄をいうのであろうか?
うき ぼ り
文字をいうのであろうか?
がり
で 言 え な い の で ︑ 次 の よ う に 答 え た ︒ 歴 史 と は ︑ 昔 在っ
この問の中にある︒博士はそれを感じたが︑はっきり口
獅子狩と︑獅子狩の浮彫とを混同しているような所が
それとも︑粘土板の
い歴史家は︑次のような形に問を変えた︒歴史とは︑昔︑
賢明な老博士が賢明な沈黙を守っているのを見て︑若
けんめい
、ん
、
にそれを記録するよう命じたもうであろう︒これはほ
、一例だが︑歴史とはこれでいいのであろうか︒
の
22
しる
た事柄で︑かつ粘土板に誌されたものである︒この二つ
ね
冗 談ではない︑書かれなかった事は︑
じょう だん
と歴史家が聞く︒
は同じことではないか︒
かき も
書洩らしは?
書洩らし?
た
無かった事じゃ︒芽の出ぬ種子は︑結局初めから無かっ
たのじゃわい︒歴史とはな︑この粘土板のことじゃ︒
若 い 歴 史 家 は 情 な さ そ う な 顔 を し て ︑ 指 し 示 さ れ た瓦
せい とう こう
を見た︒それはこの国最大の歴史家ナブ・シャリム・シ
す
ざくろ
ュヌ誌す所のサルゴン王ハルディア征討行の一枚であ
は
る︒話しながら博士の吐き棄てた柘榴の種子がその表面
23
き たな
めしつか
それは︑
彼等がアヌ・エンリルの書に文字として載せられなかっ
の
ら れ て い な い 星 は ︑ な に ゆ え に 存 在せ ぬ か ?
わねばならぬ︒太古以来のアヌ・エンリルの書に書上げ
に触れなかったものは︑いかなるものも︑その存在を失
ふ
不滅の生命を得るのじゃ︒反対に︑文字の精の力ある手
ふ めつ
て︑これを己の姿で現すとなると︑その事柄はもはや︑
知らぬとみえるな︒文字の精共が︑一度ある事柄を捉え
とら
精霊共の 恐 しい力を︑イシュディ・ナブよ︑君はまだ
お そろ
ボ ル シ ッ パ な る 明 智 の 神 ナ ブ ウ の 召 使い た も う 文 字 の
に 汚 らしくくっついている︒
24
くだ
、界
、の
、牧
、羊
、者
、︵オ
たからじゃ︒大マルズック星︵木星︶が天
いかり
こうむ
みな
リオン︶の境を犯せば神々の 怒 が降るのも︑月輪の上
しょく
部に 蝕 が現れればフモオル人が禍を 蒙 るのも︑皆︑古
書に文字として誌されてあればこそじゃ︒古代スメリヤ
けも の
人が馬という 獣 を知らなんだのも︑彼等の間に馬とい
う字が無かったからじゃ︒この文字の精霊の力ほど恐ろ
、し
、ら
、が︑文字を使って書きもの
しいものは無い︒君やわ
しも べ
、し
、ら
、こそ彼等文字
をしとるなどと思ったら大間違い︒わ
ずい ぶん
の精霊にこき使われる下僕じゃ︒しかし︑また︑ 彼等精
もたら
、し
、は 今 そ れ に つ い て 研 究
霊の 齎 す害も随分ひどい︒わ
25
中だが︑君が今︑歴史を誌した文字に疑を感じるように
あた
も厭になったこ とがある︒
あ ぶ り にく
そこな
頭分も平らげたが︑その後当分︑生きた羊の顔を見るの
先日博士は生来の健啖に任せて羊の 炙 肉をほとんど一
けん たん
えって文字に疑を抱くことは︑決して矛 盾 ではない︒
む じゅん
おうとしていることを悲しんだ︒文字に親しみ過ぎてか
おしばらく︑文字の霊の害毒があの有為な青年をも 害
ゆう い
若い歴史家は妙な顔をして帰って行った︒老博士はな
霊の毒気に中ったためであろう︒
どっ き
なったのも︑つまりは︑君が文字に親しみ過ぎて︑その
26
おさ
青年歴史家が帰ってからしばらくして︑ふと︑ナブ・
ちぢ
アヘ・エリバは︑薄くなった縮れっ毛の頭を抑えて考え
こ
さん び
いまいまし
込んだ︒今日は︑どうやら︑わしは︑あの青年に向って︑
い りょく
文字の霊の威 力 を讃美しはせなんだか?
いことだ︑と彼は舌打をした︒わしまでが文字の霊にた
ぶらかされておるわ︒
実際︑もう大分前から︑文字の霊がある恐しい病を老
博士の上に齎していたのである︒それは彼が文字の霊の
くら
、っ
、と
、睨み暮
存 在 を 確 か め る ため に ︑ 一 つ の 字 を 幾 日 も じ
し た 時 以 来 の こ と で あ る ︒ そ の 時︑ 今 ま で 一 定 の 意 味 と
27
も
しっ くい
こつぜん
ぶん せき
う︒どうして︑こんな恰好をしたものが︑人間として通
かっ こ う
意味の無い奇怪な形をした部分部分に分析されてしま
き かい
判 ら な く な る ︒ 人 間 の 身 体 を 見 て も ︑ そ の 通 り ︒ み んな
からだ
う︒これがどうして人間の住む所でなければならぬか︑
木材と石と煉瓦と漆喰との意味もない集合に化けてしま
れん が
、っ
、と
、見ている中に︑その家は︑彼の眼と頭の中で︑
家をじ
あらゆるものについても起るようになった︒彼が一軒の
けん
だが︑それ以来︑それと同じような現象が︑文字以外の
直 線 ど も の 集 り に な っ て し ま っ たこ と は 前 に 言 っ た 通 り
音とを有っていたはずの字が︑忽然と分解して︑単なる
28
っているのか︑まるで理解できなくなる︒眼に見えるも
のばかりではない︒人間の日常の営み︑すべての習慣が︑
同じ奇体な分析病のために︑全然今までの意味を失って
こん てい
しまった︒もはや︑人間生活のすべての根柢が疑わしい
ものに見える︒ナブ・アヘ・エリバ博士は気が違いそう
になって来た︒文字の霊の研究をこれ以上続けては︑し
まと
まいにその霊のために生命をとられてしまうぞと思っ
こわ
ただ
た ︒ 彼 は 怖 く な っ て ︑ 早 々 に 研 究 報 告 を 纏 め 上 げ︑ こ れ
けん
をアシュル・バニ・アパル大王に献じた︒但し︑中に︑
若 干 の 政治 的 意 見 を 加 え たこ と は も ち ろ ん で あ る ︒ 武 の
29
国アッシリヤは︑今や︑見えざる文字の精霊のために︑
か
およ
さん ぎょう しゃ
うん ぬん
し
ふ
ブ・アヘ・エリバでなかったら︑恐らく︑生きながらの
は即日謹慎を命ぜられた︒大王の幼時からの師傅たるナ
そく じつ きん しん
る大王にしてみれば︑これは当 然のことである︒老博士
た︒ナブウ神の熱烈な讃 仰 者で当時第一流の文化人た
ねつ れつ
ブ・アヘ・エリバの報 告は︑いたく大王のご機嫌を損じ
き げん
文字の霊が︑この讒謗者をただで置く訳が無い︒ナ
ざん ぼう し ゃ
ん ば ︑ 後に 臍 を 噬 む と も 及 ば ぬ で あ ろ う 云 々 ︒
ほぞ
はほとんど無い︒今にして文字への盲目的崇拝を改めず
もうもく てきすうはい
全く蝕まれてしまった︒しかも︑これに気付いている者
30
かわ はぎ
がく ぜん
ふく し ゅ う
皮剥に処せられたであろう︒思わぬご不興に愕然とした
かん けつ
博士は︑直ちに︑これが奸譎な文字の霊の復 讐 である
さと
ことを悟った︒
おお じ しん
しかし︑まだこれだけではなかった︒数日後ニネ
おそ
かべ
ヴェ・アルベラの地方を襲った大地震の時︑博士は︑た
︱
しょ か
たお
お びただ
しょせき
数百枚の重い
またま自家の書庫の中にいた︒彼の家は古かったので︑壁
くず
の ろい
が崩れ書架が倒れた︒ 夥 しい書籍が
すさ
粘土板が︑文字共の凄まじい 呪 の声と共にこの讒謗者
む ざん
︵昭和 十七 年二月 ︶
の上に落 ちかかり︑彼は無慙にも圧死した︒
31
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
600 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content