close

Enter

Log in using OpenID

No.50 2013年11月

embedDownload
男女共同参画だより
№50
H25.11 月号
~家庭や職場など,身近なところから進めましょう~
男女共同参画とは,「男女が,社会の対等な構成員として,自らの意志によって社会のあらゆる分野に
おける活動に参画する機会が確保され,もって男女が均等に政治的,経済的,社会的及び文化的利益を
享受することができ,かつ,共に責任を担うべき社会」のことをいいます。
県では,職場や地域,家庭などにおける男女共同参画への関心と理解を深め,様々な活動が積極的
に行われるよう,県男女共同参画推進条例に基づき,毎年11月を男女共同参画推進月間と定めており,
県,各市町村において,講演会等が開催されます。積極的に参加して男女共同参画社会を理解しましょ
う。
日時
会場
講演
講師
11 月 28 日(木) 13:30~15:40
茨城県庁舎 9階講堂
「女性の活躍推進とワーク・ライフ・バランス」
清山 玲氏 茨城大学人文学部社会科学科教授
申込 茨城県商工労働部労働政策課
電話 029-301-3635
E-mail [email protected]
STOP!
日時 12月7日(土) 10:00~12:00
会場 つくばカピオ
講演 私スタイルで見つけるワーク・ライフ
・バランス
講師 勝間 和代氏 経済評論家
申込 つくば市男女共同参画室
電話029-883-1111(内線2140)
先着350名 入場無料
THE 暴力
暴力は,その対象の性別や,加害者,被害者の間柄を問わず,決して許されるものではありません。
特に,配偶者等からの暴力,性犯罪,売買春,人身取引,セクシャル・ハラスメント,ストーカー行為等
女性に対する暴力は,女性の人権を著しく侵害するものであり,男女共同参画社会を形成していく上で,
克服すべき重要な課題であります。
平成 13 年 6 月 5 日に,男女共同参画推進本部において,毎年 11 月 12 日~25 日までの 2 週間を「女
性に対する暴力をなくす運動」を実施する旨の決定がなされました。
この運動は,地方公共団体,女性団体その他の関係団体との連携,協力の下,社会の意識啓発等,
女性に対する意識啓発や,教育の充実を図ることを目的としています。
男性のみなさんはもちろん,女性のみなさんも,どのようなことがあっても暴力は決して許されません。
お互いを尊重し,思いやる気持ちを忘れずに行動しましょう。
10 月 27 日(日)行方市レイクエコーにおいて,脳トレでお馴染みの東北大学教授川島隆太氏の
講演会に参加しました。女性団体じょうそう事業委員会,ふれあいサポーターの合同の研修会とし
て,総勢 35 名が参加しました。
講演の中で川島氏は,「成熟した男女共同参画社会をなんとしても創り上げ,全ての働く人のワ
ーク・ライフ・バランスがきちんと取れるようにしないと,この国の未来はない」と話されました。
そして,大人のワーク・ライフ・バランスが取れることで初めて,家族全員の基本的生活習慣が
整い家族のコミュニケーションが豊かになるとしています。
また,食事や睡眠,子育ての声掛け等についての脳への関わりについて専門的に話され,朝食の
大切さ,
(朝食の品数=偏差値は比例するとし,
きちんと食事をした子の方が,偏差値が高いデ
ータがある)睡眠では,幼児は午後9時までの
就寝が望ましいことや、午後 10 時過ぎに成長
ホルモンが分泌され,この成長ホルモンが成人
では身体のバランスを整えることや,元気のみ
なもとになること,また,褒める声掛けが,子
どもの脳を刺激するなど,身近な生活に役立つ
知恵を伝授していただきました。参加者たちは,
とても素晴らしい講演会に参加できたと,喜ん
でいました。
女性団体じょうそう事業委員会,ふれあいサポーターのみなさん
日 時
会 場
演 題
講 師
集 合
12 月 22 日(日) 13:30~15:30 受付13:00
桜川市大和ふれあいセンター
仕事も家庭も一生懸命!
~出会いの人生から学んだこと~
菊地幸夫氏 (弁護士)
・水海道地区 諏訪東駐車場
・石下地区
石下庁舎
11:30
11:50
*会場までの送迎バスをご利用ください。
常総市男女共同参画室発行
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
673 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content