close

Enter

Log in using OpenID

P T A 会 長 加 祐 智 子 校 長 国 見 清 隆

embedDownload
日
9
月
7
年
2
1
0
2
ぜ
か
ま
は
誌
報
広
A
T
P
校
学
中
玉
真
号
1
第
校長
国見清隆
PTA会 長
加祐
智子
植田
裕子
今 年 度 研 修 部 の部 長 を さ
せ て いた だ く こ と に な り ま し
た 植 田 裕 子 です 。研 修 部 と し
て の経 験 も な いた め 、大 丈 夫
だ ろ う か と 不 安 で いっぱ いで
す が 、皆 さ ん に ご 協 力 いた だ
き 、一 年 間 乗 り 切 り た いと 思
す が 、P TAの 時 に 講 演 会 を
企 画 し た り 、市 P連 球 技 大 会
への 参 加 、手 作 り 弁 当 の取 り
組 み も 行 って いま す 。保 護 者
の 皆 様 も 、子 育 て 、家 事 、仕
事 と 多 忙 な 毎 日 だ と は 思 いま
す が 、研 修 部 の活 動 目 標 であ
る 「会 員 の教 養 を 高 め 、親 睦
を 図 る 」と いう こ と が 少 し ず
つで も 実 現 で き る よ う に 頑 張
り た いと 思 いま す 。ご 協 力 お
願 いいた し ま す 。
前 日 に 炊 き 込 み ご 飯 の準 備
って いま す 。研 修 部 の 活 動 で
ポ ー ツド リ ンクを 差 し 入 れ し
て 、部 活 の激 励 を 行 った り 、
や バザ ー 用 品 の 準 備 を し た
十 一 月 の校 内 文 化 祭 で は 、
山田真理
ま す 。毎 年 好 評 です 。
ー 用 品 を た く さ ん 出 し てい
り し て いま す 。当 日 は 、バザ
今 年 、厚 生 部 に な り ま し
た 。初 め てで何 も わ か り ま せ
ん が 、先 生 や 部 員 の 人 た ち
と 一 生 懸 命 頑 張 り た いと 思
いま す 。厚 生 部 の活 動 は 、六
月 の中
体 連 大
会 に ス
た こと を 心 よ り 感 謝 申 し 上 げ
ます 。
綱 引 き の競 技 では 、各 学 年
か ら 、か な り の人 数 を お 願 い
し な く て は いけ な く な り 、学
級 委 員 さ ん に は 、大 変 ご 苦 労
を お か け し ま し た 。し か し 、
皆 様 方 の一 生 懸 命 の取 り 組 み
の お か げ で 、と て も 盛 り 上 が
った 競 技 に な り 、私 も 楽 し く
参 加 さ せ ても ら いま し た 。
後 は 保 体 部 の活 動 と し て九
月 に 行 わ れ る 市 P連 球 技 大 会
の 参 加 が あ り ま す 。こ れ も 、
ま た 、皆 様 方 の参 加 のご 協 力
を お 願 いいた し ま す 。ひ と り
で も 多 く の方 々 に 参 加 し て い
里美
た だ き 、親 睦 を 深 め て いけ た
ら と 思 っていま す 。
指導広報部長
額田
指 導 広 報 部 は、 交 通 指 導
あ いさ つ運 動 と PTA広 報 紙
は ま か ぜ 発 行 を し ま す 。毎
月 、二 十 日 、保 護 者 が 二 名 ず
つ校 門 に 立 ち 、生 徒 た ち を 見
ー 参 加 や 玉 入 れ 、綱 引 き と
大 会 で は 、多 く の方 々 のリ レ
先 日 (五 月 二 十 日 )の体 育
活 動 や 学 校 行 事 での生 徒 の様
さ つを 掲 載 し ま す 。ま た 、部
や P TA会 長 さ ん な ど の あ い
年 三 回 発 行 し ま す 。校 長 先 生
守 り ま す 。広 報 紙 に ついては 、
皆 様 方 の ご 協 力 に よ り 、保
子 や 保 護 者 の方 々 の感 想 も
小谷一之
体 部 の活 動 が スムー ズに でき
掲 載 し た いと 思 いま す 。会 員
本 気 に 取 り 組 む 学 校 と し て一
学 校 、授 業 ・行 事 ・部 活 動 等 に
いいた し ま す 。
こと も あ り ま す 。ご 協 力 お 願
の方 々 に は 、原 稿 を 依 頼 す る
達 の生 活 の様 子 を 見 ている と 、
大 き な 夢 や 希 望 を 持 ち 、明 る
保 護 者 の 皆 さ ま も 、子
ど も 達 の栄 え
あ る 未 来 のた
め に 、共 に 力 を
合 わ せ 、子 ど
も 達 に と って
「行 って よ か っ
と を お 願 いしま す 。
って 、一 体 と な って が ん ば る こ
も 保 護 者 学 校 と が手 を 取 り 合
た 真 玉 中 学 校 」に す る た め に
す。
年 間 進 め て いき た い と 思 い ま
く 生 活 す る 生 徒 に 育 て て いき
このよ う な 気 持 ち を 込 め て、
最 近 は 期 待 感 で いっぱ いに な っ
な か でも 何 よ り 素 晴 ら しい
本 年 度 のキ ー ワ ー ド を 「元 気
元 気 な あ いさ つで 心 通 う 学 校
のは 、 素
「 直 で前 向 き に 取 り 組
める生 徒 が多 い こ
」 と で す 。こ
の 長 所 を さ ら に 伸 ば し 、何 事
何 事 にも 根 気 強 く がんば れ る
・根 気 ・本 気 のあ る 学 校 」と し 、
にも 積 極 的 に頑 張 り 、 将 来 に
テ ニス部 保 護 者 後 藤
久美
今 年 最 後 の中 体 連 は あ いに く の雨 で し た 。雨
が 降 れ ば 少 し 時 間 を ず ら し 、雨 が 上 が れ ば 再
開 し た り し て、何 と か 試 合 を 終 え る こと が でき
ま し た 。 子 ど も た ち は 、雨 の中 、一 生 懸 命 頑
張 り ま し た 。子 ど も た ち の人 数 も 少 な く て、練
習 も 大 変 だ った と 思 いま す が 、良 い思 い出 が で
き た こ と だ と 思 いま す 。保 護 者 の方 々 のた く
さ ん の応 援 あ り が と う ご ざ いま し た 。
六月八日中体連 前期
大会
さあ、打つぞ
た いと 思 っていま す 。
激 励 に こら れ た
加祐会長
参 加 を お 待 ち し て いま す 。
二 学 期 は 、文 化 祭 な ど た
く さ ん の行 事 が 予 定 さ れ て
いま す 。皆 さ ん のご 協 力 を
お 願 いし な け れ ば な ら な い
と 思 って いま す 。そ の折 は 、
ど う ぞ お 願 いいた し ま す 。
天 候 不 順 の日 が 続 き ま
す が 、お 体 に は 十 分 に 気 を
つけ ら れ てく だ さ い。
平 成 二 十 四 年 度 、真 玉 中 学 校 のPTA活 動 が 始 ま り ま
し た 。昨 年 か ら のPTA活 動 を 引 き 継 ぎ 、さ ら に 真 玉 中 学
校 PTA活 動 が 活 発 に な って いく よ う 取 り 組 み を 始 め て い
ます 。
2012年
7月 9 日
第1号
発行 ・ 編 集
真玉 中 学 校
PTA 指 導 広報 部
てき ま し た 。
会 員 の皆 様 に は 、日 頃 よ
り 、PTA活 動 及 び 学 校 行
事 に ご 協 力 いた だ き 、心 か
ら 感 謝 申 し 上 げ ま す 。五 月
の除 草 作 業 に は 全 会 員 の方
の参 加 を いた だ き 、校 内 が
き れ いに な り ま し た 。ま た 、
体 育 大 会 も お 天 気 に恵 ま
れ て 、無 事 終 了 す る こ と が
で き ま し た こと に お 礼 申 し
上 げます 。
生 徒 の 皆 さ ん に お いて
は 、中 体 連 も 終 わ り 、三 年
生 は 受 験 に 向 け て 、一 ,二
年 生 に お いて は 、勉 強 に 部
活 動 に 頑 張 って いる 様 子 が
う かがえ ま す 。
さ て、一 学 期 も あ と わ ず
か と な り ま し た 。七 月 十 三
日 に は 、期 末 P TAが 予 定
さ れ て いま す 。多 く の 方 の
真 玉 中 学 校 に 赴 任 してか
ら 、早 いも ので一 学 期 間 が 過 ぎ
よ う と し て いま す 。私 に と って
真 玉 中 学 校 勤 務 は 初 め てな の
で、不 安 と 期 待 が 交 錯 し ていま
し た が 、この一 学 期 間 の子 ど も
厚生部の皆さん
」
「
・
六 月 八 日 、雨 の中 、中 体 連 の野 球 の試 合 が 行 わ
れ ま し た 。部 員 た ち は 、三 月 ~ 五 月 と た く さ ん の練
習 試 合 、大 会 一 週 間 前 か ら は 、早 朝 六 時 過 ぎ か ら
の練 習 を こな し 、この日 のた め に 準 備 を 整 え て いま
し た 。私 と し ては 、ベスト コンデ ィションの中 で、試 合
を さ せ た いと 思 って いま し た が 、残 念 な こ と に 、当
日 は 、中 止 に な る のか な と 思 う く ら いの雨 の中 での
結 果 は 三 対 五 で惜 し く も 負 け てし ま いま し た が 、
試 合 と な り ま した 。
後 半 に 粘 り 強 く 追 い上 げ た 好 試 合 だ った と 思 いま
す 。振 り 返 って み る と 、部 活 動 を し た 二 年 間 は あ っ
と いう 間 でし た が 、この部 活 動 を 通 じ てた く さ ん の
仲 間 に 恵 ま れ 、た く さ ん の事 を 学 び 、心 も 体 も 成
長 し た よ う に 感 じ ま す 。私 自 身 も 子 ど も た ち の野
球 を 通 じ て 、いろ いろ な 経 験 を さ せ て も ら い、多 く
の感 動 を も ら いま し た 。子 ど も た ち に は 、この部 活
動 で得 た も のを これ か ら 先 の進 路 に 役 立 てて頑 張 っ
最 後 に な り ま し た が 、日 々 ご 指 導 し てく だ さ った
ても ら いた いと 思 いま す 。
尾形
理美
先 生 方 に は 感 謝 し てお り ま す 。あ り が と う ご ざ いま
した 。
野球部保護者
あ ま り 部 活 練 習 を 見 学 した こ
と は な く 、子 ど も の話 を 聞 く だ
け で し た 。た ぶ ん つら か った こと
の方 が 多 か った のでは な いか と 思
いま す 。
で も 、が ん ば れ た の は 、一 緒
に 汗 を か く 仲 間 が いた か ら で
す 。試 合 に は 惜 し く も 負 け る 結
果 と な り ま し た が 、今 ま で の努
力 を 無 駄 な こと と は 思 わ な いで
ほ し い。卓 球 で 培 った 体 力 と 精
近藤美信
神 を 生 か し て未 来 を 歩 ん でほし
いと 願 っていま す 。
卓球部保護者
中 体 連 の際 に は 、た く さ ん のご 声 援 あ り が と う ご
ざ いま し た 。朝 、一 年 生 の保 護 者 の方 が 、「超 ・緊 張
す る 」と 震 え る 手 を わ た し に 向 け てき ま し た 。三 年
生 が 三 人 し か いな いので 、四 月 に 入 学 し た ば か り の
一 年 生 が 、レギ ュラ ー 入 り を し ていま す 。ゴー ルデ ン
ウ ィー ク に は 一 日 も 休 み が な く 、あ っと いう 間 の二
ヶ月 だ った こと でし ょう 。三 年 生 も 新 チ ー ムに な って
か ら の一 年 間 は 、気 持 ち や 日 頃 の練 習 の大 切 さ を
多 く の試 合 か ら 学 ん だ は ず です 。残 す は 、県 大 会 。
成重
恭子
後 悔 のな いよ う に 頑 張 る し か な いです 。き ら き ら し
バレー 部 保 護 者
た 笑 顔 を 見 せ て下 さ いね 。
日
9
月
7
年
2
1
0
2
今 年 は 、入 学 式 な ど を は
じ め と す る 学 校 行 事 のと き
に は 、必 ず と い って い い ほ
ど 、雨 に 降 ら れ ていま す 。
体 育 大 会 の予 行 練 習 も し
か り 。本 番 も 危 ぶ ま れ ま し
た が 、ど う や ら 、杞 憂 に 終
わ った よ う です 。
五 月 二 十 日 の体 育 大 会
は 、晴 れ 。生 徒 た ち の 晴 れ
の舞 台 を 祝 福 し て く れ て い
る か のよ う でし た 。な ん と 、
片 付 け の 後 、雨 が 降 り 出
し 、ほ っと 胸 を な で 下 ろ し
ま した 。
お 忙 し い中 を 応 援 に 来 て
いた だ いた 保 護 者 の 皆 さ
ん 、ま た P T A 競 技 に 快 く
参 加 し て く だ さ った 方 々 、
あ り が と う ご ざ いま し た 。
最 後 ま で 、テ ント の片 付
け や ご み 拾 いな ど を し て い
た だ いた 役 員 、保 護 者 の皆
様 、お 疲 れ さ ま でし た 。
PTA競
技 の様
子
体 育 大 会 に 先 駆 け て、環
境 整 備 を しよう と 、 五 月 十
二 日 (土 )に 親 子 草 刈 り 作
業 が 行 わ れ ま した 。
お 忙 し い中 、草 刈 り 機 を
準 備 し て き て く だ さ った 会
員 の皆 さ ん 、生 徒 の皆 さ ん 、
あ り が と う ご ざ いま し た 。お
か げ で 、グ ラ ウ ンド の コンデ
ィション、道 路 周 辺 が 見 違 え
る ほ ど き れ いに な り ま し た 。
団体出場
(敬 称 略 )
バレー 部
相 撲 部 《田 辺 時 吉 ・成 重 智 洋 ・
植 田 駿 ・下 村 健 太 ・成 重 壮 太 》
水 泳 部 四 〇 〇 M リ レー
《近 藤 圭 ・成 重 司 ・植 田 海 斗 ・
植 木 雅 人 ・松 成 蒼 汰 》
個人種目
卓球部
陸上部
水泳部
安藤玲香
尾 形 佳 樹 (四 〇 〇 ・八 〇 〇 M)
竹 内 隆 熙 (一 五 〇 〇 M)
小 谷 謙 史 郎 (三 段 跳 び )
近 藤 圭 (五 〇 ・一 〇 〇 M自 由 形)
植 田 海 斗 (一 〇 〇 M平 泳 ぎ )
植 木 雅 人 (一 〇 〇 M平 泳 ぎ )
今 年 度 第 一 号 の「は ま か ぜ 」は いか が でし た
か。
紙 面 か ら 子 ど も た ち の学 校 生 活 を 垣 間
見 る こと が でき た ら 、幸 いです 。原 稿 を 快 く
書 いて 下 さ った 保 護 者 、先 生 方 に 感 謝 申 し
上 げます 。
今 後 も 充 実 した広 報 紙 が届 け ら れ るよ
う 、広 報 部 員 で 頑 張 り ま す ので 、ご 協 力 お
願 いいた し ま す 。(山 田 植
・田 相
・部 藤
・ 野・
後藤 梶
・ 原)
編集後記
真新しい制服に身
を包んだ29名の新入
生がやってきました。
入学式はあいにくの雨
模様でしたが、1年生
は元気いっぱいでし
た。2・3年生のかもし
だす厳かな雰囲気の
中、入学式が行われま
した。 会員の皆さん、
よろしくお願いします。
①吉田昌子(よしだまさこ)
②音楽
③ヨガ
④ないです。
⑤子どもの心のコーチング
⑥素直
①藤本正徳(ふじもとまさのり)
②理科 バレーボール
③ドライブ
④高校生の頃、部活の合宿で登山し、降
りる方向を間違えて宮崎県に出たこと。
⑤なぜこれは体にいいのか。
⑥きちんとしているところとできていな
いところがとてもはっきりしている。
①財前由紀子(ざいぜんゆきこ)
②国語 卓球
③読書・散歩・映画鑑賞
④中学校の頃、朝が弱かった私。制服を着たつ
もりが、スカートをはかず、セーラー服の下
にブルマー姿で学校に行ってしまったこと。
⑤対岸の彼女 (おもしろいですよ)
⑥潜在能力が高い。出す方向を見つけるのが楽
しみ。
① 竹 中 由 香 里(たけなかゆかり)
②養護教諭 卓球
③ヒミツ
犬と散歩
④授業中に居眠りしてし
まい、気が付いたらよだ
れを垂らしていたこと。
⑤女性の品格
⑥全員が部活に入ってい
て真剣に取り組んでい
るのが素晴らしいと思
います。
①井野貴文(いのたかふみ)
②美術・技術・特別支援
テニス
③ 2012 年 4 月 1 日
生まれ変わった気分で頑
張ります。インターネッ
ト .写 真 .画 像 補 正
④おニャ子クラブに夢中だっ
たこと。今思えば恥ずか
しい。
⑤グーグル
ネット覇者の真実
(まだ少ししか読んでない)
⑥部活に熱心
ぜ
か
ま
は
誌
報
広
A
T
P
校
学
中
玉
真
号
1
第
①名前
②担当教科
担当部活
③生年月日
・趣 味
④学生時代
恥ずかし
⑤最近読ん
⑥真中生の
の
い話
だ本
印象
①安東 龍也
(あんどうりゅうや)
②数学 野球
③映画鑑賞
④いろいろとありすぎて。
特に高校時代。
⑤数学関連の本
⑥授業中と休み時間の
ギャップが激しい。
①野澤飛鳥(のざわあすか)
②特別支援
③読書・ピアノを弾くこと
④修学旅行の集合時間に遅れて
①末田瞳(すえだひとみ)
しまい、ものすごい数の同級
②学校事務
生に一斉に見られたこと。
③ 観 劇 .読 書
スポンジボブグッズ集め 《皆さん時間は守りましょう》
⑤シンプルに生きる。
④中学校に制服の採寸に
ワンピースストロングワーズ
行った時、テニスばかり
天使の眠り
して色が黒く、髪の毛も
⑥挨拶をよくしてくれて
短い私を見て店員さんが
明るい生徒さんたちだ
男子用の制服を持ってき
と思いました。
たこと。当時はよく男の
子に間違われていまし
たが、そこまでとは・・
⑤妖怪アパートの幽雅な
日常シリーズ
⑥挨拶してくれる 元気
な声にいつもパワーを
もらっています。
①国見清隆
(くにみきよたか)
②校長
③ 映 画 鑑 賞 .読 書
④高校時代、通学中に片思い
の彼女を見て、自転車の前
輪が溝にはまり、彼女の前
で転んだこと。
⑤ 「 蜩 ノ 記 ( ひ ぐ ら し の き )」
葉室 麟
⑥明るく素直である。もっと
自信を持って前向きに努力
してほしい。
三年生のイ モ植え体験
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
37
File Size
2 038 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content