close

Enter

Log in using OpenID

被服の購買・廃棄のサイクルに 関連する要因の検討

embedDownload
被服の購買・廃棄のサイクル
に関連する要因の検討
生活文化学科 11461365
安藤ゼミ 酒井亜希子
問題関心
3,500,000
3,000,000
4.69% 4.64%
4.54% 4.43%
5%
4.21% 4.25% 4.19% 4.20%
4%
2,500,000
消費支出
被服に関する出費を
抑えている傾向がある
3%
2,000,000
1,500,000
2%
1,000,000
1%
500,000
0
0%
消費支出
のうちの
被服及び
履物費の
割合
・購入枚数を減らす
・なるべく低価格なものを
購入する
2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013
図1 消費支出と消費支出のうち被服および履物費の割合
総務省統計局が公表する家計調査年報(2013年版)を基に作成
1
目的
以下の2点を検証する。
○流行を重視する人は購買サイクルが短いのか。
○廃棄をする際に流行を重視する人は廃棄サイクルが
短いのか。
2
方法
質問紙調査
調査日
2014/9/15~2014/10/15
対象者
奈良女子大学の学生、
また他大学の女子大生
回収数(有効回答部率)
140部(96%)
質問紙の構成
【属性について】 全4問
【被服の購買行動について】 全8問
【日用品全般の価値観について】 全15問
【リサイクル意識について】 全5問
【ファッションの流行意識について】 全6問
【被服の廃棄基準について】 全8問
【被服の廃棄方法について】 全5問
3
結果(日用品全般の商品選択基準について)
商品を選択する際に流行を重視する尺度と
購買サイクル、廃棄サイクルとの相関分析の結果
-.154
購買サイクル
流行
-.244**
注)**p<.01
廃棄サイクル
4
結果(被服の廃棄基準について)
被服を廃棄する際に流行やデザインを重視する尺度と
廃棄サイクル、過去一年の廃棄回数、購買サイクルの
相関分析の結果、
流行やデザイン
-.170†
.227**
廃棄サイクル
過去一年の廃棄
回数
-.187*
購買サイクル
注)**p<.01 *p<.05 †p<.10
5
まとめ
〇流行を重視する人は廃棄サイクルが短い傾向がある。
〇廃棄をする際に流行やデザインを重視する人は
被服の廃棄回数が多く、廃棄サイクル、購買サイクルが
短い傾向がある。
6
考察(購買サイクル)
〇被服の廃棄をする際に流行やデザインを重視する人は購買サイクル
が短い傾向がある。
流行遅れの被服を
廃棄
新たな被服が必要
となる
被服の廃棄を行う際に流行やデザインを重視している人は・・・
被服を頻繁に廃棄しており、新たな被服が必要となるため、
購買サイクルが短いと考えられる。
7
考察(廃棄サイクル)
○流行を重視する人は廃棄サイクルが短い傾向がある。
○廃棄をする際に流行やデザインを重視する人は被服の廃棄回数が多く、
廃棄サイクルが短い。
流行の被服を購入
すぐに飽きて廃棄し
てしまう
流行遅れの被服を
廃棄
変わり続ける流行
に合わせて頻繁に
廃棄する
流行を追求しており、流行遅れの被服は不要になって廃棄していると考える。
流行を基準として被服の廃棄を行っており、流行遅れになった被服はすぐに
飽きてしまい、頻繁に廃棄をしている。
8
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
402 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content