close

Enter

Log in using OpenID

血液オゾン療法とは?

embedDownload
●血液オゾン療法とは?
ヨーロッパでは約 50 年の歴史があり、ガンや糖尿病などの疾患を治療・改善目的の為や病気予
防、老化防止、日頃の生活の中での体質改善、アンチエイジング効果への期待等を目的とした療法
です
ご自身から採血した血液とオゾンを反応させることで血液に酸化ストレスを与えオゾン化され
た
血液を再び体内に戻すことで赤血球の酸素運搬能力を向上させ、白血球の免疫力を高め、更に血小
板の凝固作用を抑制し血液をサラサラな状態にして本来、身体自体が持つ抗酸化力や免疫力を高め
自己治癒力を強化し抗酸化力を向上させるなど様々な効果をもたらします
●血液オゾン療法の流れ
●血液オゾン療法で期待できる生理的な効果とは?
★全身の流れ、筋肉の疲れを改善します
・ダメージを受けた筋肉の修復を促す
・乳酸の蓄積を減少させ細胞の老化を防ぐ
・慢性疲労の改善
★細胞の若返りを促進します
・細胞の呼吸を正常化する
・活性酸素を減少させ細胞の老化を防ぐ
・各臓器と内分泌機能の代謝を亢進する
・アンチエイジング目的
★病気にかかりにくい体質に改善します
・インターフェロンの量産を促し、免疫機能を活性化する
・デトックス機能の活性化
★全身の血液循環を改善します
・肩こり、腰痛、冷え性、むくみや頭痛などの改善
・更年期障害の改善
★その他
・ガン、悪性リンパ腫、白血病への効果
・慢性関節リウマチ、腰痛、神経痛、他の関節炎症状の改善
・糖尿病、高血圧症、動脈硬化の改善
・アトピー性皮膚炎の改善
・歯周病、歯槽膿漏、口内炎などの予防改善
*効果には個人差があります
●感染症の心配は?
・血液オゾン療法で使用する注射針や採血用の点滴ビンなどは全て1回限りの使い捨て
です
●オゾンは酸化力が強いので身体に悪いのでは?
・血液とオゾンを反応させた時点でオゾンは消失し酸化生成物と酸素が生じます
その為体内にオゾンは入りません。この酸化生成物が体の細胞を活性化します
●他人の血液と取り違えたり、感染しませんか?
か?
安全性に問題はないのです
・治療開始時に採血用の針を刺した後は治療が完了するまで針を抜くことはありません
また治療も採血用の点滴ビンに採血し、そこへオゾンを加えた後体内にオゾン化された血
液を戻すので他の患者様の血液と取り違えることは絶対にありません
●どのくらいの周期でオゾン療法をすればよいのですか?
またかかる時間は?
・症状により異なりますが病気改善目的の方は月に2~4回、健康な方は月に 1~2 回を
目安にしましょう
かかる時間はおよそ20分~40分です
・初回血液検査
¥6,000
・初回お試し血液オゾン療法
¥12,000
・2回目以降血液オゾン療法
¥18,000
・お得な5回券!
(1回 \17,000)
¥85,000
ご家族やご友人同士でご利用頂けます
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
341 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content