close

Enter

Log in using OpenID

水中ビデオによる 屋嘉比島周辺海域の魚類相調査

embedDownload
みどりいし, (7) : 12‑16, (1996)
水中ビデオによる
屋嘉比島周辺海域の魚類相調査
Survey of the fishfauna of the waters around Yakabi Island with underwater video
島田 和彦
沖縄県漁政課
K. Shimada
●はじめに
慶良間諸島屋嘉比島周辺の魚類相を明らかにする
目的で、1992〜1994 年の 3 ヶ年にわたって調査を行
った。調査延べ時間は、海象条件等の厳しい制約を
受けたため短期間で終わったが、ある程度の目的を
達成することができたので、沖縄の他海域との比較
も含めてここに報告する。また、今回用いた水中ビ
デオによる調査法についても若干論じた。なお、本
研究では目視観察及び採集された種については除い
ており、これらに関しては、別途報告する予定であ
る。
●方
法
屋嘉比島周辺海域 (図 1 の P‑1〜P‑12 の各調査ポ
イント) の水深 20m 前後までの海中において、スキ
ュ ー バ ー 潜 水 に よ る 水 中 ビ デ オ ( 本 体 : Sony
Handycam CCD‑TR1、ハウジング: Marine Pack MPK‑TR1
+ Wide Lens VCL‑M100、照明装置なし) 撮影を行っ
た。潜水時間は、延べ約 16 時間であった。撮影され
図 1. 屋嘉比島の調査位置図
たビデオテープの再生映像から魚種を同定し、魚類
(10 種、4%)、モンガラカワハギ科 (10 種、4%)、キ
リストを作成したが、種の判別が不明確なものは、
ンチャクダイ科 (9 種、4%) 及びイソギンポ科 (9 種、
リストから除いた。また、薮田氏、亀崎氏及び鈴木
4%) であり、
この 9 科の合計種数で全体の約 75% (189
氏による水中ビデオ撮影の映像も活用した。リスト
種) を占めた。
の配列、学名及び和名は、中坊 (1993) に従った。
本報告と同程度の潜水延べ時間を要したと思われ
る、花崎 (1994) による沖縄本島北部の本部沿岸域
●結果及び考察
での魚類相調査及び吉野 (1990) による八重山群島
水中ビデオで同定された魚種リストを表 1 に示す。
西表島の崎山湾における調査との比較結果を表 2 に
同定された科数、属数及び種数は、それぞれ 37 科、
示した。花崎 (前出) の調査では、全種数が 247 種
111 属及び 256 種であった。その中で、種数の多い科
で本調査と同程度であったが、吉野 (前出) の調査
は、ベラ科 (50 種、全体の 20%)、スズメダイ科 (43
では 354 種であり、本報告の種数よりも、100 種近く
種、17%)、チョウチョウウオ科 (25 種、10%)、ニザ
多かった。しかしながら、本調査で種数の多い上位 3
ダイ科 (21 種、8%)、ブダイ科 (12 種、5%)、ハゼ科
科 (ベラ科、スズメダイ科及びチョウチョウウオ科)
12
みどりいし, (7) : 12‑16, (1996)
との比較では、ベラ科が、前者より 10 種多く、後者
解析等が可能である。②水中におけるメモや記憶に
より 2 種少なく、スズメダイ科では、前者より 6 種
比べると遥かに効率的かつ正確であり、何よりも再
多く、後者より 10 種少なかった。また、チョウチョ
現性があることなどであろう。水中カメラと比較し
ウウオ科では、前者より 5 種、後者より 1 種多かっ
た場合、水中ビデオはその機動性においては若干劣
た。これらに関して、調査方法 (本調査は水中ビデ
るが、同定に必要な情報の記録量や撮影技術に関し
オ観察によるものであり、前出の両調査は目視観察
て、格段に優位であると考えられる。
によるものである) 及び潜水延べ時間 (本調査は約
なお、今回のビデオ観察では、潜水延べ時間があ
16 時間であり、前者は 10 数時間及び後者は 20 数時
る程度多くなると、時間の増加に伴う総確認種類数
間と推定される) 等に違いがあるため、一概に比較
の増加傾向が、緩やかになることが分かった。その
することはできないが、屋嘉比島海域は、沖縄本島
ため、本観察法による魚類相の比較検討を環境アセ
沿岸域よりもより南に位置する八重山群島の魚類相
スメント等、その精度の高さが要求される調査等に
と類似しているものと思われる。また、ニザダイ科
用いる場合には、最適かつ効率的な標準潜水延べ時
に関して、両調査より本調査が 9 種類程多く観察さ
間を定める必要があり、今後その調査検討が必要で
れたことは、本海域がサンゴ礁的環境と岩礁的環境
ある。
の両方を併せ持った海域であることを示唆している
かもしれない。しかしながら、屋嘉比島周辺海域の
●謝
魚類相の特徴を論じるためには、さらに詳しい調査
辞
本調査を行うにあたり、琉球大学の吉野哲夫講師
検討が必要であろう。
並びに岸圭介氏、北里大学の青沼佳方氏、京都大学
今回試みた水中ビデオ調査について、その欠点を 2、
の薮田慎二氏及び静岡県浜松市の鈴木昇夫氏の御協
3 挙げてみると、①小さい魚や遠方のものが撮影しに
力を戴いたので、ここに感謝の意を表する。また、
くく (カメラのピント合わせ等が難しい)、スキュー
本調査の機会を与えて頂いた、京都大学の亀崎直樹
バー潜水という時間的な制約を考えると、これらの
氏並びに阿嘉島臨海研究所滞在中にお世話になった
被写体には不向きである。このことを端的に示して
林原 毅、下池和幸両氏をはじめ、同研究所のスタッ
いるのが、ハゼ科の種数であり、吉野 (前出) の調
フの方々に対し厚く御礼申し上げる。なお、本調査
査より 27 種も少ない結果となっている。②照明装置
は、WWFJ (世界自然保護基金日本委員会) の助成を
なしでは、水深 20m 前後以深での被写体の体色が不
受けて実施したものである。
鮮明になる、撮影後の同定が困難になる場合が多い。
しかしながら、調査における機動性を考えた場合、
●参考文献
照明装置は装着しない方が良いと思われるし、また
中坊徹次編 1993. 日本産魚類検索―全種の同定―.
東海大学出版会. xxxiv+1474pp.
花崎勝司 1994. 沖縄島崎本部沿岸における魚類相.
沖縄生物学会誌. (32): 17-25.
益田 一 1992. 山渓フィールドブックス 海水魚. 山と渓谷
社. 383pp.
益田 一・尼岡邦夫・荒賀忠一・上野輝彌・吉野哲夫 編
1988. 日本産魚類大図鑑. 東海大学出版会. 466pp.,
378pls.
吉野哲夫 1990. 西表島崎山湾の魚類相. 崎山湾自然環
境保全地域調査報告書. 環境庁自然保護局. pp.
193-225.
その水深の範囲内に生息する魚類を対象に調査し、
それを比較検討することで、十分目的を達成するこ
とができると考えられる。③水中ビデオ装置が高価
(総額で 35 万円程度) であること及び連続撮影時間
が電池の容量上、1 時間未満と短いことも欠点の 1
つであろう。
一方、ビデオ調査の利点は、①魚類に関して特別
な知識がない者でも、撮影 (同一被写体を 5 秒間以
上撮影することが望ましい) さえ行えば、後日その
13
みどりいし, (7) : 12‑16, (1996)
表 1. 水中ビデオ観察による屋嘉比島周辺海域の魚類リスト
種数
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
科名
メジロザメ
トウゴロイワシ
ダツ
イットウダイ
ヘラヤガラ
フサカサゴ
ハタ
メギス
タナバタウオ
アジ
フエダイ
タカサゴ
イトヨリダイ
フエフキダイ
ヒメジ
ハタンボ
メジナ
イスズミ
スダレダイ
チョウチョウウオ
キンチャクダイ
学名
Triaenodon obesus
Hypoatherina sp.
Delonidae sp.
Sargocentron cornutum
S. caudimaculatum
Neoniphon sammara
N. opercularis
Myripristis berndti (?)
Aulostomus chinensis
Pterois volitans
Sebastapistes cyanostigma
Variola louti
Cephalopholis urodela
C. argus
Epinephelus fasciatus
E. hexagonatus
Pseudanthias pascalus
P. squamipinnis
Dampieria cyclophthalma
Assessor randalli
Scomberoides sp.
Macolor niger
Lutjanus bohar
L. monostigma
L. fulviflamma
L. fulvus
Caesio tile
Pterocaesio digramma
P. sp.
Scolopsis bilineatus
Gnathodentex aureolineatus
Monotaxis grandoculis
Gymnocranius griseus (?)
Lethrinus nebulosus
Mulloidichthys flavolineatus
Parupeneus trifasciatus
P. ciliatus
P. barberinus
P. pleurostigma
P. bifasciatus
P. cyclostomus
Pempheris sp.
Girella mezina
Kyphosus sp.
K. cinerascens
Platax pinnatus
Forcipiger flavissimus
Chaetodon baronessa
C. trifasciatus
C. trifascialis
C. plebeius
C. melannotus
C. argentatus
C. kleinii
C. auriga
C. punctatofasciatus
C. auripes
C. ornatissimus
C. vagabundus
C. ulietensis
C. lunula
C. ephippium
C. rafflesi
C. citrinellus
C. bennetti
C. unimaculatus
C. lineolatus
C. speculum
Heniochus chrysostomus
H. singularius
H. varius
Pomacanthus semicirculatus
P. imperator
Apolemichthys trimaculatus
Pygoplites diacanthus
Genicanthus lamarck
Centropyge heraldi
C. bicolor
C. tibicen
C. vrolicki
14
和名
ネムリブカ
トウゴロイワシの一種
ダツの一種
スミツキカノコ
クラカケエビス
ウラグチイットウダイ
ヒレグロイットウダイ
アカマツカサ (?)
ヘラヤガラ
ハナミノカサゴ
カスリフサカサゴ
バラハタ
ニジハタ
アオノメハタ
アカハタ
イシガキハタ
ハナゴイ
キンギョハナダイ
メギス
ツバメタナバタウオ
イケカツオの一種
マダラタルミ
バラフエダイ
イッテンフエダイ
ニセクロホシフエダイ
オキフエダイ
クマササハナムロ
タカサゴ
タカサゴの一種
フタスジタマガシラ
ノコギリダイ
ヨコシマクロダイ
メイチダイ (?)
ハマフエフキ
モンツキアカヒメジ
オジサン
ホウライヒメジ
オオスジヒメジ
リュウキュウヒメジ
フタスジヒメジ
マルクチヒメジ
ハタンボの一種
オキナメジナ
イスズミの一種
テンジクイサキ
アカククリ
フエヤッコダイ
ミカドチョウチョウウオ
ミスジチョウチョウウオ
ヤリカタギ
スミツキトノサマダイ
アケボノチョウチョウウオ
カガミチョウチョウウオ
ミゾレチョウチョウウオ
トゲチョウチョウウオ
シチセンチョウチョウウオ
チョウチョウウオ
ハナグロチョウチョウウオ
フウライチョウチョウウオ
スダレチョウチョウウオ
チョウハン
セグロチョウチョウウオ
アミチョウチョウウオ
ゴマチョウチョウウオ
ウミズキチョウチョウウオ
イッテンチョウチョウウオ
ニセフウライチョウチョウウオ
トノサマダイ
ミナミハタタテダイ
シマハタタテダイ
ツノハタタテダイ
サザナミヤッコ
タテジマキンチャクダイ
シテンヤッコ
ニシキヤッコ
タテジマヤッコ
ヘラルドコガネヤッコ
ソメワケヤッコ
アブラヤッコ
ナメラヤッコ
備考
若魚
若魚
若魚
若魚
みどりいし, (7) : 12‑16, (1996)
種数
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
科名
スズメダイ
ゴンベ
ボラ
ベラ
学名
Amphiprion perideraion
A. clarkii
A. frenatus
Dascyllus reticulatus
D. trimaculatus
Chromis chrysurus
C. weberi
C. margaritifer
C. flavomaculatus
c. atripes
Chromis vanderbilti
C. ovatiformis
C. xanthurus
C. lepidolepis
Stegastes fasciolatus (?)
S. insularis (?)
Pomachromis richardsoni
Pomacentrus chrysurus
P. lepidogenys
P. philippinus
P. moluccensis
P. bankanensis
P. nagasakiensis
P. alexanderae
P. coelestis
Abudefduf vaigiensis
A. septemfasciatus
A. sexfasciatus
A. sordidus
Plectroglyphidodon dickii
P. leucozonus
P. lacrymatus
P. johnstonianus (type‑A)
P. johnstonianus (type‑B)
Amblyglyphidodon leucogaster
A. curacao
Paraglyphidodon nigroris
Neoglyphidodon melas
Chrysiptera rex
C. glauca
C. cyanea
C. leucopoma
C. starcki
Cirrhititus pinnulatus
Paracirrhites arcatus
P. forsteri
Moolgarda seheli (?)
Mugilidae sp.
Choerodon jordani
Bodianus mesothorax
B. axillaris
B. anthioides
B. hirsutus
B. diana
Lienardella fasciata
Anampses twistii
A. melanurus
A. caeruleopunctatus
A. meleagrides
Gomphosus varius
Macropharyngodon meleagris
Stethojulis bandanensis
S. trilineata
Thalassoma janseni
T. amblycephalum
T. lutescens
T. quinquevittatum
T. hardwickii
T. purpureum
T. trilobatum
Hemigymnus fasciatus
H. melapterus
Labroides dimidiatus
L. bicolor
Labrichthys unilineatus
Labropsis manabei
Halichoeres hortulanus
H. scapularis
H. trimaculatus
H. marginatus
H. melanochir
15
和名
ハナビラクマノミ
クマノミ
ハマクマノミ
フタスジリュウキュウスズメダイ
ミツボシクロスズメダイ
アマミスズメダイ
タカサゴスズメダイ
シコクスズメダイ
キホシスズメダイ
ヒレグロスズメダイ
ヒメスズメダイ
マルスズメダイ
モンスズメダイ
ササスズメダイ
セダカスズメダイ (?)
クロソラスズメダイの一種
オキナワスズメダイ
オジロスズメダイ
アサドスズメダイ
フィリピンスズメダイ
ネッタイスズメダイ
メガネスズメダイ
ナガサキスズメダイ
モンツキスズメダイ
ソラスズメダイ
オヤビッチャ
シチセンスズメダイ
ロクセンスズメダイ
シマスズメダイ
イシガキスズメダイ
ハクセンスズメダイ
ルリホシスズメダイ
ルリメイシガキスズメダイ(A型)
ルリメイシガキスズメダイ(B型)
ナミスズメダイ
クラカオスズメダイ
ヒレナガスズメダイ
クロスズメダイ
レモンスズメダイ
ネズスズメダイ
ルリスズメダイ
ミヤコキセンスズメダイ
セナキルリスズメダイ
イソゴンベ
メガネゴンベ
ホシゴンベ
タイワンメナダ(?)
ボラの一種
クラカケベラ
ケサカケベラ
スミツキベラ
ヒオドシベラ
ヒレグロベラ
モンツキベラ
シチセンベラ
ホシススキベラ
クロフチススキベラ
ブチススキベラ
ホクトベラ
クギベラ
ノドグロベラ
アカオビベラ
オニベラ
ヤンセンニシキベラ
コガシラベラ
ヤマブキベラ
ハコベラ
セナスジベラ
キヌベラ
リュウグウベラ
シマタレクチベラ
タレクチベラ
ホンソメワケベラ
ソメワケベラ
クロベラ
マナベベラ
トカラベラ
セイテンベラ
ミツボシキュウセン
カノコベラ
ムナテンベラ
備考
黒斑有
黒斑無
みどりいし, (7) : 12‑16, (1996)
種数
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
科名
ブダイ
トラギス
イソギンポ
ハゼ
アイゴ
ツノダシ
ニザダイ
サバ
モンガラカワハギ
学名
H. margaritaceus
H. biocellatus
Coris aygula
C. variegata
C. picta
C. dorsomacula
C. gaimard
Pseudocoris yamashiroi
Hologymnosus annulatus
Cirrhilabrus cyanopleura
C. sp.
Epibulus insidiator
Cheilinus rhodochrous
C. trilobatus
C. cf. orientalis ?
Pseudocheilinus evanidus
Novaculichthys taeniurus
Calotomus carolinus
Boldometopon bicolor
Scarus chameleon ?
S. forsteni
S. gibbus
S. schlegeli
S. sordidus
S. bowersi
S. niger
S. pyrrhurus
S. frenatus
S. rubroviolaceus
S. sp.
Parapercis cylindrica
P. polyophtalma
P. cephalopunctata
Cirripectes imitator
C. sp.
Meiacanthus kamoharai
M. atrodorsalis
Exallias brevis
Stanulus talboti
Ecsenius bicolor
E. oculus
Plagiotremus tapeinosoma
Eviota albolineata
E. sp.
Trimma caudomaculatum
T. caesiura
Nemateleotris magnifica
Ptereleotris evides
Valenciennea longipinnis
V. strigata
Fusigobius sp.
Pleurosicya coerulea
Siganus vulpinus
S. spinus
S. argenteus
Zanclus cornutus
Naso hexacanthus
N. unicornis
N. lituratus
N. tuberosus
Paracanthurus hepatus
Zebrasoma scopas
Z. veliferum
Z. flavescens
Acanthurus olivaceus
A. triostegus
A. lineatus
A. mata
A. pyroferus
A. thompsoni
A. blochii
A. leucopareius
A. japonicus
A. nigricans
A. sp.
Ctenochaetus binotatus
C. striatus
Gymnosarda unicolor
Balistoides viridescens
B. conspicillum
B. sp.
16
和名
アカニジベラ
ニシキキュウセン
カンムリベラ
シチセンムスメベラ
ムスメベラ
スジベラ
ツユベラ
ヤマシロベラ
ナメラベラ
クロヘリイトヒキベラ
イトヒキベラの一種
ギチベラ
ヒトスジモチノウオ
ミツバモチノウオ
モチノウオの一種
ヒメニセモチノウオ
オビテンスモドキ
タイワンブダイ
イロブダイ
カメレオンブダイ?
イチモンジブダイ
ナンヨウブダイ
オビブダイ
ハゲブダイ
オオモンハゲブダイ
ブチブダイ
シジュウカラ
アミメブダイ
ナガブダイ
アオブダイの一種
ダンダラトラギス
オグロトラギス
ワヌケトラギス
アミメミノカエルウオ
タテガミカエルウオの一種
カモハラギンポ
オウゴンニジギンポ
セダカギンポ
ツマリギンポ
フタイロカエルウオ
ゴイシギンポ
テンクロスジギンポ
シロイソハゼ
イソハゼの一種
アオギハゼ
ベニハゼ
ハタタテハゼ
クロユリハゼ
サザナミハゼ
アカハチハゼ
サンカクハゼの一種
ヒラウミタケハゼ
ヒフキアイゴ
アミアイゴ
ハナアイゴ
ツノダシ
テングハギモドキ
テングハギ
ミヤコテング
トサカハギ
ナンヨウハギ
ゴマハギ
ヒレナガハギ
キイロハギ
モンツキハギ
シマハギ
ニジハギ
ヒラニザ
クログチニザ
オハグロハギ
オスジクロハギ
スジクロハギ
ナミダクロハギ
メガネクロハギ
クロハギの一種
コクテンサザナミハギ
サザナミハギ
イソマグロ
ゴマモンガラ
モンガラカワハギ
モンガラカワハギの一種
備考
♀
みどりいし, (7) : 12‑16, (1996)
種数
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
科名
カワハギ
ハコフグ
フグ
学名
Sufflamen chrysopterus
S. bursa
Melichths vidua
M. niger
Odonus niger
Rhinecanthus rectangulus
R. verrucosus
Cantherhines dumerilii
Oxymonacanthus longirostris
Pervagor melanocephalus
P. sp.
Ostracion meleagris
Arothron hispidus
A. nigropunctatus
和名
ツマジロモンガラ
ムスメハギ
クロモンガラ
ソロイモンガラ
アカモンガラ
タスキモンガラ
クラカケモンガラ
ハクセイハギ
テングカワハギ
ヌリワケカワハギ
ニシキカワハギの一種
クロハコフグ
サザナミフグ
コクテンフグ
備考
表 2. 他海域の魚類相との比較
本報告
出典
慶良間諸島屋嘉比島
観察場所
水中ビデオ
観察方法
16時間
潜水述べ時間
全科合計
256
ベラ科
50
20%
スズメダイ科
43
17%
観 チョウチョウウオ科
25
10%
察
ニザダイ科
21
8%
種
ブダイ科
12
5%
数
ハゼ科
10
4%
モンガラカワハギ科
10
4%
キンチャクダイ科
9
4%
イソギンポ科
9
4%
★
1 : 推定値
17
花崎 (1994)
沖縄本島本部
目視
★
10数時間 ( 1)
247
40
16%
37
15%
20
8%
12
5%
3
1%
15
6%
7
3%
6
2%
15
6%
吉野 (1990)
西表島崎山湾
目視
★
20数時間 ( 1)
354
52
15%
53
15%
24
7%
13
4%
15
4%
37
10%
8
2%
10
3%
12
3%
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
166 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content