close

Enter

Log in using OpenID

ケモノの被害対策

embedDownload
地産地消から地産地翔へ
平成 23年9月9日
(№4)
これから取り組む地産地消は、地域資源の活用を通して地域が元気になる
「地産地翔」を目指しています。
ケモノの被害対策
下呂市は1日の寒暖の差が大きく、甘くて美味しい野菜が収穫できる地域です。かつては
どこの家でも比較的簡単に野菜を収穫することができました。
しかし近年は、サルやイノシシ、シカなどの食害が激甚化しており、多くの農家がその対
策に頭を悩ませています。獣害対策は、農産物による地産地翔を進めるうえで、避けては通
れない大きな課題となっています。
獣害対策の現状
グラフで分かるとおり、市で行う害獣の駆除数も費用も増加しています。平成 22 年度に
おいては、イノシシ 543 頭、シカ 295 頭、サル 288 頭を駆除しました。
頭数
(頭)
600
駆除経費
サル
イノシシ
シカ
1,953
550
500
300
1,145
250
100
171
158
129
16年度
239
1,085
191
126
107
17年度
543
422
1,424
350
2,200
2,031
306
270
262
2,000
1,800
449
400
150
1,861
1,823
450
200
費用
(万円)
駆除経費
サル
イノシシ
シカ
サル・イノシシ・シカの駆除頭数と有害鳥獣の駆除経費の推移
287
256
291
337
268
1,600
295
288
1,400
1,200
1,000
800
120
600
18年度
19年度
20年度
21年度
22年度
※駆除経費には、クマ、カラス、カワウ、カモシカが含まれます。
獣害防除について
◆防護柵の設置資材に対する助成
市では害獣駆除のほか、農地への侵入を防ぐ防除柵に対しても補助をしています。
区 分
個人で設置
補 助 率
資材購入費の50%
備考
補助金は 10 万円が限度。
集団で設置
資材購入費の75%
補助金は100万円が限度
個人ごとに防除するよりも、集団で防除したほうが効果であるという考え方から、集団
で設置する場合は補助が手厚くなっています。平成 22 年度には、約 1,050 万円の補助
金を交付し、43.3haの農地を守りました。
◆モンキードック
サルを追い払う犬の訓練費用を助成し、
「モンキードッグ」を養成しています。これまで
に6頭が養成され、各地でサルの追い払いに活躍しています。
地域ぐるみの獣害対策について
個人で行う獣害対策は費用や効果の面から限界があります。このため集落単位でまとまっ
て対策を講じるケースがみられるようになりました。ここでは、馬瀬中切区、馬瀬西村区の
取り組みを紹介します。
◆地域住民の協同作業による野生鳥獣防止策の設置「馬瀬中切区」
それぞれの農地を柵で囲うのではなく、集落ごと
囲ってしまおう、それも自分たちの力でやってしま
おうという取り組みです。これにより獣害が大幅に
減少しました。
柵は下部が金属フェンス、上部が電気柵になって
おり、半永久的に使用できるものです。資材を下呂
市が購入し、馬瀬中切区の地域住民が自ら設置しま
した。設置場所の
選定から、用地交
渉、障害木の伐採、
作業様子。障害木の除去し整地し
柵を設置します。
整地、柵の組み立て
まで、全て自力で行いました。平成 20 年 7~8 月の 2
か月の間、地区全戸(83 戸、うち農家 53 戸)が協力
し、1日 2 本のペットボトルのお茶だけで、延べ 650
名が出役しました。
すべての工程を業者委託した場合、4,000 万円以上か
完成した鳥獣防止柵
かることが予想されましたが、資材購入費の約 1,600
金属フェンスと電気柵で効果は抜群!
万円で済ますことができました。
◆地域ぐるみの追い払い事業「馬瀬西村区」
馬瀬西村区では、柵、モンキードッグ、追い払い、藪の刈り払いなど、獣害対策に総合
的に取り組み大きな効果を上げています。
・藪の刈り払い:藪を刈り払うことで、ケモノの隠れ場所をなくしケモノが近寄りにくい
環境を整備しました。
・モンキードッグ:地域住民の理解の上で、サルの追い払いにモンキードッグを活用して
います。
・柵:下部はワイヤーメッシュ、上部は有刺鉄線を用いた柵を設置します。シカやイノシ
シの侵入を防ぎます。
・追い払い:地域の全ての軽トラはロケット花火を常備し、サルを見かけたときはロケッ
ト花火で追い払います。
・捕獲檻:主にイノシシを駆除します。
地産地翔の状況
獣害を個人で解決することは、資金的にも時間的にも限界があることがわかってきました。
地域共通の課題として、みんなで力を併せて取り組むことが効果的です。
馬瀬中切区の区長さんは、
「事業は住民の協力がなければなし得なかったこと。改めて住民
パワーの強さを認識した。」と話しています。馬瀬西村地区のモンキードッグは、地域の協力
があって活用することができ、追い払いに効果を上げています。
こうした取り組みは、大きな自信につながり、次の課題解決に役立つことが期待されます。
地産地翔のサイクルが回り始めました!
お問い合わせ先:下呂市役所 経営管理部 地域振興課
電話:0576-24-2222 FAX:0576-25-3250
e-mail:[email protected]
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
523 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content