close

Enter

Log in using OpenID

1 万人の優しい手プロジェクト

embedDownload
http://www.j-therapy.jp
ボランティアセラピスト養成講座(4 時間×2 日=8 時間)
1 回目
2012 年 9
月 29 日(土)9:00~13:00
10 月 6 日(土)9:00~13:00
2 回目 2012 年 10 月 27 日(土)9:00~13:00
11 月 3 日(土)9:00~13:00
会場 南方仮設第2集会所
定員 各回先着 30 名
登米市南方町鴻ノ木
受講料・教材費 無料
講師 東 順子ひがし じゅんこ (NPO 法人日本セラピー普及会代表)
※8 時間全て受講された方に修了証が発行されます。
※フェイスタオル 1 本ご持参ください。
膝から下が出せる楽な服装でおいでください。
講座の内容
1 フットセラピーの基礎知識 (1 時間)
2 フットマッサージ、ハンドマッサージ
自分で自分の足や手を揉む方法(2 時間)
3 フットマッサージ、ハンドマッサージ
相手の足や手を揉む方法(5 時間)
ボランティア風景
器具や特殊な化粧品を使わない手だけのマッサージです。
自分と家族の健康管理、ボランティア活動ができます。
仮設住宅にお住まいの方に限らず、どなたでも受講できます。
お申込・お問合せ
または
090-9634-2715(小野寺ふさ江 南方仮設住宅 12-2 号)
0229-32-5473(施術室 優しい手 美里町桜木町)
主催
特定非営利活動法人日本セラピー普及会
〒987-0011 宮城県遠田郡美里町桜木町 60-1
後援
社会福祉法人登米市社会福祉協議会
社会福祉法人南三陸町社会福祉協議会
東日本大震災の後、多くのボランテ
ィアが被災地で活動しました。中でも、
足湯や足マッサージ、手のマッサージなどは、疲れた
心や体を癒す効果があり、きっと多くの人たちに喜
ばれたことでしょう。
手や足のマッサージは、鍼灸や整体のように専門
的で長期の訓練をしなくても、安全に効果を出すこ
とができます。そのため、多くの学生や一般人が、ボ
ランティアセラピストとして活動することができたの
です。
宗教や見えない「気」の話ではありま
せん。単なるマッサージです。 単なる
マッサージですが、医学的にきちんと研究された「反
射療法」で、骨や筋肉の安全に配慮された技術です。
むやみに痛くするものでもありません。
私達は、この手を、人をたたいたり、なぐったり、ま
してや武器を持つ手にしたくありません。私達の手
は、「優しい手」でありたいものです。
講師 東 順子
ひがし じゅんこ
NPO法人日本セラピー普及会代表
セラピスト・健康法指導者
専門: リフレクソロジー(足部反射療法)
骨盤矯正/正しい歩き方と姿勢
リンパセラピー 他
スキンシップにも「技術」が必要。 現
在、医療の分野でもマッサージの効用が見直されて
います。子育てにもスキンシップが大切といわれま
す。でも、現実問題、多くの人がそれほどスキンシップ
を実践していないようです。照れくさかったり、どう
触っていいのかわからなかったりで、なかなかすん
なり手が出ません。 そうです。スキンシップにもちょ
っとした技術と トレーニングが必要なのです。
ほとんどの人が気持ちいいと思うマッサージをお
伝えします。それは、安全で今日からすぐ実践できま
す。赤ちゃんからお年寄りまで、誰にでもしてあげる
ことができます。そしてもちろん、自分自身のからだ
をケアすることもできます。
あなたの笑顔とその手があれば…
1 万人の優しい手プロジェクト
この手は、人を優しくいたわり、癒す
ことができます。私達は毎日、この両手を使っ
て生活しています。家事をこなし、車のハンドルを握り、
パソコンや携帯のキーを打ち、物を運び、大活躍をして
います。でも、手の力はそれだけではありません。人を
いたわり、癒し、元気や笑顔を取り戻す力さえありま
す。それは、決して難しいことではありません。ほんの
少しのトレーニングで、実現できます。
大震災から 1 年半。多くの人があの日を境に、
たくさんの苦しみ悲しみ不自由、時には怒りに耐え、受
け入れながら、思い通りに行かない生活を送っていら
っしゃることでしょう。 被災直後には意外に元気だっ
たけど、半年一年とたつうちに、だんだん疲れが出て
きたり、別の悩みが出てくることもあるでしょう。
運動不足や食生活の変化、こころの悩みは、ほとん
どの場合からだの症状になって現れます。肩こり、腰
痛、膝の痛み、だるい、眠れない、疲れがとれない、精
神的に不安定…などなど。
あれだけ大きなストレスを受けたのですから、それは
しかたないことかもしれません。
他には何も要りません。あなたの笑顔
とその手があればいいのです。 私たち
は、「何もない」生活を体験しました。電気も水もガソリ
ンも食べ物も、そして被災地の皆さんはもっともっと
「何もない」体験をされたことでしょう。
何もなくても、私たちは何かできるかもしれません。
このふたつの手があれば。そして、つらいけど笑いまし
ょう。そんなあなたの笑顔と、あなたの優しい手は、き
っと誰かを癒し、勇気付け、元気にすることができるか
もしれません。
そのために、
少しの時間をご一緒しませんか?
この講座を受けるとこんなことができます。
・自分と家族の健康管理ができます。
(足がだるい、腰痛、肩こり、便秘、イライラ、不眠などの症状に)
・スキンシップ、コミュニケーションに活用できます。
(心理的に不安定な人や、閉じこもりがちな人のお話し相手をするときに)
・さまざまなボランティア活動ができます。
NPO法人
日本セラピー普及会
(施術室 優しい手)
(災害時の避難所ボランティア、高齢者介護施設で、お茶のみ会で)
・プロセラピストへの道もあります。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
919 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content