close

Enter

Log in using OpenID

性犯罪捜査に携わった女性警察官の体験記 交通死亡事故捜査に携わっ

embedDownload
被害は、帰宅途中。すぐ目の前が自宅だというのに、逃げることもできなかった。彼女
は事件を、自分のこととして受け止められずにいた。大したことではなかった、と無理矢
理自分を納得させようとしているような供述。「こんな被害調書で犯人を逮捕できるの
か?被害者の心の声を引き出せ!」上司の叱咤激励が飛んだ。言葉に言い表せない彼女の
心と向き合う闘いであった。
女性ならばわかる。
「自宅に逃げても追いかけられ、自宅も知られる。怒らせてはまず
い。」全身に走る恐怖。絶望。身を守るため男の言いなりになるしかなかったあの時。あ
まりの忌まわしさ故に、感情を心の底に沈めようとしている。私は彼女と共に真実の叫び
を探し出し、少しずつ言葉に置き換えて供述調書を作成していった。そして、彼女自身も
事件に立ち向かう決心を固めていったのである。
(中略)
犯人逮捕。事件発生から約一ヶ月後。
この朗報を伝えると、彼女もほっとした表情で来署した。
しかし、被疑者確認のため男を見た瞬間、彼女は凍りつき
言葉を失った。彼女が受けた深い心の傷がぱっくりと口を
開いた気がした。だが、彼女は確かに強さを身につけてい
た。犯人逮捕を実感したように泣きじゃくりながら「あり
がとうございました」を繰り返した。
事故車両から救出された被害者は、上半身は真っ赤に流血で染まり、顔の造作は窺い知
ることはできず、体躯は真ん中で「くの字」に曲がるようにしなり・・(中略)
「これが生前の娘の写真です。
」
写真を差し出したのは、手当ての甲斐もなく20年の短い生涯を終えた被害者の両親だ
った。「娘は親の口から言うのもなんですが、こんなに可愛かったんです。」私の目の前に
いるのは最愛の娘のことを、目にいっぱいの涙をためて、からだをせり出しながら話をす
る両親だった。私は、「少しでも娘さんの無念さを代弁できればと思います。事件処理を
するにあたっては、時間に限りがありますが、その限られた時間を最大限に使うつもりで
す。」と伝え、とにかく2人の話を聞いた。(中略)
判決は執行猶予付の禁固10か月。私は
両親から「とても納得いく裁判ではない」
と言われるのを覚悟で呼び止めた。両親は
毅然とした態度で「私たちの中で一つの区
切りができました。本当にいろいろありが
とうございました。」といい終えると、裁
判所を後にした。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
235 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content