close

Enter

Log in using OpenID

こちら

embedDownload
さぴあ賞
テオの「ありがとう」ノート
自分自身に勝つために
C・Sさん
6年
「生まれた時から僕は負けていた、
生まれながらに体が不自由で車いすのテオ。
はずれくじを引いたのだから。
」と語るテオ。
私の心の中にもそんなテオがいる。
私は今、中学校に向けての勉強に取り組んでいる。毎日毎日、山のような課題
に追われ、見たいテレビも見られないし、友達とも遊べない。父と母からは口う
るさく「勉強しろ。
」と言われていやになる。そして成績は悪い。テストのたびに、
「何でできないんだろう。
」といら立ち、
「どうせ自分なんてだめだ。」と自信をな
くし て い る 。
テオは、私と同じように落ちこんだり、くやしくて涙を流したりしながらも、
一人でできることを増やしていく。
「ありがとう」をもらい、「ありがとう」ノー
トに書き留めることで自信をつけていく。スポーツのトレーニングで着替えに始
まり、腹筋にバーベル、バスケットをやりとげたテオは、
「体はヘトヘトなのに
気分はとてもリラックスしている。
」と言っている。この感じ、私にも何となく
わかる。ひどい点数で返された算数のテストの解き直し。とことん取り組んでやっ
とのことで正答にたどりつけたことがあった。
張りつめていた気持ちがほぐれて、ふわっと肩の力が抜けたあのしゅん間に似
ている。そうだ、私にもできるんだ。目の前にある一つひとつのことに、逃げな
いでぶつかって積み重ねていけばいいんだ。
テオにとっての「ありがとう」ノートは、私にとったら、取り組んできたテキ
ストやプリントなのかもしれない。たまればたまった分だけ、自信も積み重なっ
ていくような気がする。
「自分自身に勝つってことは、どんな勝利よりも価値がある」と、テオのお父
さんはテオに言っている。残念ながら今の私には、この言葉の本当の意味は分か
らないのだと思う。自分の弱さと向き合い、それにがむしゃらにぶつかって乗り
越えた時に初めてその意味が分かるような気がする。
言葉にするのは簡単だけど、とにかく今日から、今の今からやってみようと思
う。自分自身に勝つために、一つひとつのことに、全力で、前向きに。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
152 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content