close

Enter

Log in using OpenID

「BX-Office」を進化させ「SaaS TYPE」

embedDownload
ニッポン・ニュー・マーケット-「ヘラクレス」
Press Release
報道関係者各位
平成 22 年 7 月 21 日
株式会社ユビテック
(大証 HC 6662)
ユビテック、省エネソリューション「BX-Office」を進化させ「SaaS TYPE」を提供開始
~導入コスト削減と多拠点管理を実現~
株式会社ユビテック(東京都品川区、代表取締役社長:荻野 司、以下「ユビテック」
)は、オフィス環
境における省エネ・安全・安心を実現する環境ソリューションBX-OfficeをSaaS TYPE*1に進化させた、
「UBITEQ-G-SERVER」と「UBITEQ-G-PILOT」の提供を開始しました。新製品の提供を機に「自然
に出来てしまう、やりたくなる省エネ」を先進のユビキタス技術で実現する環境ソリューションBE
GREENソリューションを「UBITEQ BE GREEN SOLUTION」へ名称を変更しました。
BX-OfficeをSaaS TYPEに進化させたことで、今まで出来なかった多拠点管理や各拠点同士での連携を
可能にし、各拠点の電力使用量等をサーバで一元管理することによって、データ解析、報告書作成、コン
サルティングなど、企業の課題解決の実現性をさらに高めました。特に、多くの支店を持つ企業などは、
SaaS TYPEの製品を導入することで、各支店の電力使用量等を一元管理できるだけでなく、集約したデ
ータを分析することで各支店の電力使用量の比較・分析も可能となります。集約したデータは報告書とし
てダウンロードも可能であり、改正省エネ法や東京都環境確保条例対策に対応しています。
また、SaaS TYPEではない省エネソリューションと比較をして、月額利用が可能なSaaS TYPEは、導
入時に多額のコストをかけずに、低コストで導入することが可能です。更にバージョンアップ時も、サー
バ管理者等が常にアプリケーションを管理し、最新のものを提供しているので、利用者はネットワークを
介して手軽に最新のアプリケーションを利用することが可能です。
改正省エネ法により、平成21年4月~平成22年3月の年間エネルギー使用量合計が規定量以上の企業は、
平成22年7月末日までに「エネルギー使用状況届出書」を提出しなくてはなりません。その後、エネルギ
ー管理標準の設定、省エネ措置の実施等を行うとともに、中期的にみて年平均1%以上のエネルギー消費
原単位の低減に努めなくてはなりません。しかし、現在においても多くの企業はエネルギー使用状況の把
握や具体的なエネルギーの削減計画案を立てるための準備が整っていないように思われます。そこで、ユ
ビテックは本格的に動き始めた改正省エネ法に対応すべく、SaaS TYPEの製品提供することで、低コスト
で電力使用量等のデータ集約・管理・分析を行います。更には、データの「見える化」により個人の省エ
ネ意識の促進も図り、企業全体としての環境保全に向けた課題解決に貢献します。
■SaaS TYPEの製品概要は以下の通りです。
「UBITEQ-G-SERVER」の基本機能
・ ルームビューア
¾
¾
フロアマップ上での照明や空調などの設備機器管理
画面操作により設備機器の制御
・ データビューア
¾ 設備の稼動状況や設備の電力使用量のデータをグラフ化して表示
・ その他
¾ スケジュール連携
¾
メールアラート
¾
電力デマンド通知*2
¾
¾
カスタマイズの為のツール群
報告書作成
¾ サービス追加に応じて様々な機能がご利用できます
本製品はサービスを提供するためのサーバソフトです。
「UBITEQ-G-PILOT」の基本機能
¾
¾
照明制御/データ取得
空調制御/データ取得
¾
¾
IPカメラ連携
人感センサー連携
¾ 電力使用量取得
本製品は上記機能を実行するために、サーバへデータを送受信する端末&組み込みソフトです。
引き続きユビテックでは、環境保全に向けITの持つ可能性を追求しながら、省エネ活動支援ソリューシ
ョンを提供するUBITEQ BE GREEN SOLUTIONのシステム開発を積極的に進めてまいります。
※ 1. SaaS TYPE
必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにしたソフトウェア(主にアプリケーシ
ョンソフトウェア)もしくはその提供形態のこと。一般にはインターネット経由で必要な機能を利
用する仕組みで、シングルシステム・マルチテナント方式になっているものを指します。
※ 2.電力デマンド通知
ある一定の要件に達した場合に、管理者へ通知をする機能。
例えば100kWの電力契約をし、50 kWを超えた場合に通知設定をしておくと、50 kWを超えた時点で管
理者へ通知が届きます。
【UBITEQ-G-SERVER・UBITEQ-G-PILOTシステム構成図および費用概算】
照 明制御/データ取得
空 調制御/データ取得
各支店の電力使用量等一括管理
・
電 力使用量取 得
IPカメラ連携
本社
人 感セン サ連携
UBITEQ-GPILOT
支店A
UBITEQ-GPILOT
インターネット網
インターネット網
支 店B
UBITEQ-GPILOT
メール アラート
スケジ ュール連携
サービス事業者
または
管理センター
データ分析/グラフ表示
支店C
電力デマ ンド 通知
報告書作 成
UBITEQ-GSERVER
・
・
・
UB ITEQ-GPILOT
合計10拠点
【本件に関するお問合せ先】
株式会社ユビテック 担当: 管理本部 総務課
電話: 03-5487-5560
FAX: 03-5487-5561
IPカメラ
人感センサー
空調
照明
例えば、、、
本支店で 10拠点分の
・電力使用量の自動収集と見
える化
・電力デマンド通知
・報告書作成
などの電力使用量の一括管理
を行うには、
「UBITEQ BE GREEN
SOLUTION」を採用すれば
簡単に実現できます。
費用は、年間 980万円(機材、
工事費込)~となります。
*工事費は現地調査の上、正式にお見積りとなります。
以上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
282 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content