close

Enter

Log in using OpenID

8月号 - 北海道白樺高等養護学校ホームページ

embedDownload
第5号
北海道白樺高等養護学校
特別支援教育推進グループ
特別支援教育推進グループ通信
グループ通信(校外版)
通信
発行月
平成 27 年 8 月
発行者
特別支援教育推進グループ
今月のテーマ
「怒りの気持ちとのつきあい方」
1「怒り」は誰もがもつ大切な人間の感情の一つ
最近公開のディズニー映画で「インサイドヘッド」という映画があります。主
人公が抱く5つの感情をヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリと名付
けて物語が進んでいく内容です。この映画がフォーカスした人間の感情とは、脳
の「前頭葉」、「偏桃体」などと呼ばれている部分が関与しており、物事や出来事
に対して抱く様々な気持ちのことを言います。(ディズニー映画「インサイドヘッド」、wikipedia)
また、アメリカの精神科医エリック・バーンが考えた「交流分析」という自分
の心を自分で知る方法をもとに弟子のJ.M.デッセイ博士が考えた自己分析が
できる「エゴグラム」というものが広く知られています。そこでは一人の人の心
の中には「批判的」「優しい」「客観的」「自由気まま」「遠慮」の5つの特性が常
に存在していると述べられています。つまり、人間は様々な感情をもっていると
いうことです。そうすると「怒り」の感情もまた、誰しもがもっている感情の一
つということとなります。
このことから子どもたちが社会で生きていくためには、社会的なスキルや感情
の自己統制力が必要になると考えられます。学校や家庭は、身に付けていくとこ
ろとして重要な役割を担っています。
そして、子どもたちとかかわる大人もまた、好ましいスキルや適切な感情の使
い方を身に付けている必要があると思います。
2
問題は「怒り」に振り回されること
人との関係性では「怒り」自体が問題となるのではなく、
「怒り」をコントロー
ルすることが非常に重要です。
・相手との関係で生じた自分の感情に気付く
感情に気付くこと。
感情に気付く
・ひと呼吸おいて落ち着いて
落ち着いて対応できるきっかけを見つけること。
落ち着いて
・問題を解決する方法
解決する方法を色々と考えておくこと。→アンガーマネジメントなど
解決する方法
まずは、イライラしている自分の身体の変化を観察してみましょう。
そして、小さなイライラに気付いたら誰かと一緒に解決してみましょう。
これらを意識することで、今までとは少し違った対応になるかもしれません。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
82 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content