close

Enter

Log in using OpenID

視点3:情報行動とアイデンティティ

embedDownload
視点3:情報行動とアイデンティティ
1
視点3:情報行動とアイデンティティ
XII. 情報行動としてのコミュニケーション
1. コミュニケーション
A) メッセージの交換
B) 意味の創造
2. コミュニケーションの3原因
A) 習慣に基づくコミュニケーション
B) 意図に基づくコミュニケーション
C) 感情に基づくコミュニケーション
XIII アイデンティティによる予測
1. 個人アイデンティティと社会アイデンティティによる予測
2. 自己のアイデンティティ
3. 文化コードと社会アイデンティティの確認
XIV グローバルコミュニケーションと個人アイデンティティ
1. グローバル社会への対応
2.
グローバルコミュニケーションに重要な視点
2
XII. 情報行動としてのコミュニケーション
情報社会/グローバル社会における人の行動



情報技術が実現した新しい生活様式や行動様式の理解
グローバル化による多文化間コミュニケーションの必要性
コミュニケーションの理解



情報行動は人と人とのコミュニケーションがベース
情報技術を使いこなすために必須
グローバルコミュニケーション



相互理解(違いの認識)
異なる価値観の尊重
自己のアイデンティティの確認

3
1. コミュニケーション
1-A) メッセージの交換



4
メッセージ
– 主に記号から(言語から)作られる
– 受信者が認識できるようにしたもの
内容と関係の表現
– 考え、感情、態度、情報を表現する(内容)
– 相手との関係を表現する(関係):Context(文脈)
• 日本人にはわかりやすい
• アメリカ人は日本人より希薄
交換
– 情報には受信者と送信者が存在
– 交互に立場が入れ替わる
– 情報の交換によりコミュニケーションが成立
1-B) 意味の創造
•
•
5
意味
– 意味は伝達されない
– 発信者の意味に基づきメッセージが発信される
– 受け取ったメッセージにより受信者が意味を解釈する
受信者による意味の創造
– メッセージの意味を見つける
– メッセージの意味を解釈する
– 受信者の知識・文化が大きく影響する
2. コミュニケーションの3原因
2-A) 習慣に基づくコミュニケーション
習慣的な行動によりコミュニケーションが取れる
– 挨拶など社会生活を円滑にする
– 地域社会
行動のための台本(スクリプト)
– 挨拶 など
方式は地域・文化により全く異なる場合があるので相手の
方式を理解・習得する必要
•
•
•
6
ドアー
日本
•
•
•
•
•
•
90°
60°
45°
30°
締切
日本
7
自由にお入りください
お入りください
御用があればどうぞ
在室だが忙しい
作業中・会議中で入らないで
必要な時にあける、許可を得て開ける
2-B) 意図に基づくコミュニケーション
8

意図(目的)を達成するためのコミュニケーション
 何かをしようとするときに必要

意図(目的)を達成するために必要な要素
 意志(動機)・意図・企図
 相手の理解を得るため、相手の文化(生活様式,行動様
式)・価値観に基づいたコミュニケーションが必要
2-C) 感情に基づくコミュニケーション



9
知識とは関係ない感情的な反応
経験や知識で抑制できる
日本では抑制的
XIII.アイデンティティによる予測
(個人アイデンティティと社会アイデンティティ)
 アイデンティティによる予測
•
•
アメリカ人
–
–
•
個人アイデンティティを重視
初対面の時、社会情報より個人情報にたよる
日本人
–
–
–
10
コミュニケーションを円滑に行うために必要
社会アイデンティティを重視
初対面の時、社会情報(社会的役割)にたよる
• 例:肩書の入った名刺の使用・デスクパワー
日本人の間でも重要
• 出身県、出身校、所属企業、肩書き(Title)
• 例:県人会,出身校
1.個人アイデンティティと社
会アイデンティティによる予測

Identity




社会
(会社)
(国)
社会
(地域)
社会アイデンティティ
社会アイデンティティ


本人であること、自己同一性、自己認
識
自分は何者であるか、自分を定義する
もの(自己概念)
存在証明、生きている証、身元、正体
属する
社会
属している社会,コミュニティの確認
個人アイデンティティ

自己
個人
自己の特質の確認
個人
11
個人アイデンティティ
1-A)社会アイデンティティ

社会アイデンティティ



初対面の場合重要



集合的アイデンティティ/集合体の位置
自己の社会をしらないと他人との位置を理解できない
 位置が定まらないと不安
初対面の時は相手の文化情報が予測できる唯一の情報
異文化コミュニケーションに必要
属する社会集団のもつ文化情報による予測

国、地域の文化に基づく予測(広範囲)

例:アジア人、日本人、新潟人、人種、宗教
特定の社会集団、社会的役割に基づく予測(限定社会・機能社会)


例:会社、学校、職業、文化集団、部、サークル、趣味
 12グローバル化に伴い社会アイデンティティも変化
インターグループ・コミュニケーション

社会アイデンティティによるコミュニケーション行動


社会(国)カテゴリーで予測する



Inter group communication
日本と相手国の知識が必要
自分の組織と相手の組織に関する知識が必要
職場の中のカテゴリーで予測

13
文化・性別・世代
1-B)個人アイデンティティ


個人アイデンティティ/自己の特質による予測
その人をその人にしている自己定義による予測



個人の性格などに基づく予測
同じ文化、社会集団の中で個人の違いを判別する
自己と他人の中に占める自らの特質


14
個人の相対位置の予測
深いコミュニケーションに必要
インターパーソナル・コミュニケーション

個人アイデンティティによるコミュニケーション行動



意図に基づくコミュニケーションに重要



何かをしようとする場合に必須
意図を達成するためにはインターグループ・コミュニケー
ション能力だけでは不十分
グローバルコミュニケーションに重要となる


15
Inter personal communication
個人と個人の間の対人コミュニケーション
社会アイデンティティの融合より相対的な重要性が高まる
自己の個人アイデンティティの認識が重要
位置の確認

アイデンティティはコミュニケーションをとるとき自己
と相手との相対的位置関係(距離)を確認するのに必要
n過去(時間軸)を n将来(空間軸)を
重視した位置:
重視した位置:
n個人アイ n自己の由来・
デンティティ 経歴・経験・知識
n価値観・理想・
夢・意志
n社会アイ n歴史・文化・
デンティティ 習慣
n経済成長・
環境保全
16

授業評価

17
忘れないように登録してください。
2. 自己のアイデンティティ

具体的なグローバルコミュニケーションに必要



自分の社会アイデンティティ


日本を知ることは相手から見た自分に関する文化情報・社会
情報による予測を知ること
自分の個人アイデンティティ


自分からみた相手の位置の予測だけでは不十分
相手からみた自分の位置の予測も必要
自分を知ることは相手から見た自分に関する個の特性によ
る予測を知ること
グローバル化とアイデンティティ

18
異文化を知ることは自己を知ること
自己のアイデンティティ/地域(日本社会)の理解
自己の社会アイデンティティの認識

日本という集合的アイデンティティの理解が必須



日本の認識・日本を知ること





国外に行くと最初は社会(集合)アイデンティティによりコ
ミュニケーションが始まる
日本を知らないと、自己の「アイデンティティ」を見失う
日本を知ることは相手からみた自分の位置を推定できる
日本の歴史、文化、習慣(過去)
日本の経済成長、環境保全(将来)
複数の国の相対位置を比較・理解できる
グローバル化とアイデンティティ


19
異文化を知ることは自己を知ること
自己のアイデンティティ/地域(日本社会)の理解
日本が基準になる



カナダのIT企業訪問
 日本のオフィス(標準)を知らないとオフィスの配置の違い
が理解できない
BSE
 北米:日本より多い飼育頭数なのに発病した固体の数は
少ない。従ってアメリカ・カナダの牛は日本より安全である
 日本:個別の牛の固体が安全であることの証明が重要。
従って日本の牛は全頭数が検査に合格しているので安全
である
日本人間のコミュニケーションの場合
 属する社会集団が基準になる
 企業の風土(勤務形態、情報の整理、福利厚生)
20
社会(グループ)アイデンティティ関係する項目

主な項目









文化コード


21
個人主義と集団主義
コンテクスト(文脈)・論理性
直接性、婉曲性
あいさつ、目を見る
攻撃性、和
年齢
男性価値/性差
コミュニケーションにおける不安の度合
社会アイデンティティの理解に有用
他人からの予測を理解
7.社会アイデンティティの再認識:文化コード
3.文化コード:社会のルールの基盤
グローバル時代の文化の世界地図,渥美育子,2008よりP25-32
グローバル時代の文化の世界地図,渥美育子,2008よりP25-32


3-A) 文化コード:社会のルールの基盤
リーガルコード 法律的様式 legal code


モラルコード


道徳的様式 moral code
徳を身につけ良い人間関係を構築することが社会価値の基盤
レリジャスコード 宗教上の様式 religious code
政治も経済も生活も神の教えに従うことが社会価値の基盤
Code:(行動・道徳・社会生活上の)規準,慣例,礼儀作法
 eプログレッシブ英和中辞典
 文化の基準


法律が社会価値の基盤
22
文化コード

削除
23
文化と価値観
出典:グローバル時代の文化の世界地図
文化コード
北米
ヨーロッ
中東
パ
リーガル
モラル
リーガ
レリジ
レリジャ
(数カ国
ル・モラ
ジャス・
ス
はレリ
ル
モラル
ジャス)
アフリカ アジア
専門知
ビジネスの仕 製品・専門
人間関 人間関 人間関
識・人間
方
知識
係
係
係・製品
関係
人間関係の基 横割り(平
軸
等)
自己中心
核心から
空間アプロー 全体像へ
チ
(例:新技
術の事業
展開)
24
縦割り・
縦割り
階層的
オセアニ
ア
リーガ
ル・モラ
ルミック
ス
人間関
係・製
品・専門
知識
縦割り
(平等)
縦割り・
階層的
全体像
自己中
から核心
心
グループ 部族中 へ(特に 「我々」
全体像
中心
心
中国・日 中心
から核心
本・韓
へ
国)
縦割り
ラテンア
メリカ
モラル
人間関
係・製品
縦割り・
階層的
全体像
から核心
へ(ブラ
ジルを除
く)
北米
時間的ア
直線的
プローチ
ヨーロッパ 中東
直線的
アフリカ
非直線的 非直線的
アジア
オセアニア
非直線的・
直線的
環状
ラテンアメ
リカ
非直線的・
環状
高コンテキ
高コンテキ
低コンテキ
スト(状況・
スト(状況・
コミュニ
中~高コン 高コンテキ
高コンテキ
スト
高コンテキ 人間関係
人間関係
ケーション
テキスト スト
スト・直線
メッセージ、
スト
による調
による調
スタイル
間接的
間接的
的
事実中心
整)・間接
整)・間接
的
的
北部:宗教
的教えに
階層的
宗教的教
階層的・階
階層的・階
メンタリ
よる白か
白か黒か (灰色を含 えによる
層的(灰色 白か黒か 層的(灰色
ティー
黒か
む)
白か黒か
を含む)
を含む)
南部:階層
的
25
リーガルコード文化

ルールが社会の中心的な価値



公正なルールが全ての人に公平に適応される
契約
キリスト教(プロテスタント)


26
神と人間の交流(創造・堕落・救済・終末)を、三種の「贖い
の契約」「行いの契約」「恵みの契約」で捉える。
契約は絶対性を持つ
リーガルコードの国はグローバルトップ20国
Country/Economy
Switzerland
United States
Singapore
Sweden
Denmark
Finland
Germany
Japan
Canada
Netherlands
Hong Kong SAR
Taiwan, China
United Kingdom
Norway
Australia
France
Austria
Belgium
Korea, Rep.
27New Zealand
Iceland (20位外に)
Rank Score
1
5.60
2
5.59
3
5.55
4
5.51
5
5.46
6
5.43
7
5.37
8
5.37
9
5.33
10
5.32
11
5.22
12
5.20
13
5.19
14
5.17
15
5.15
16
5.13
17
5.13
18
5.09
19
5.00
20
4.98
26
4.80
Rank*
2
 論理的思考
1
5
 科学技術の発展
4
3
 ICT
6
7
9
10
8
出典The Global
11 Competitiveness Report
17
12 2009-2010
15 http://www.weforum.org/
18 en/initiatives/gcp/Global
16
%20Competitiveness%20
14
19 Report/index.htm
13
24
20
モラルコード文化
•
道徳が社会の中心的な価値
–
–
•
高コンテキスト文化
–
–
–
•
誠実、忠誠、献身
階層社会で場をわきまえ、人間関係に波風を立てない
• 身分、地位、家柄、分をわきまえる
コミュニケーションの基盤である、言語・生活習慣、文化、知識、
経験などに共通点が多く、明確に表現しなくても相手とコミュニ
ケーションが成立する状況依存環境
• エドワード.T.ホール
同じ釜の飯を食う、相手の意図を察する
仲間意識、休日のゴルフ、飲み会
お返し
28
レリジャスコード文化
宗教的規範が政治も経済も裁判もコントロールする
• イスラム教
① 絶対にしてはいけないこと
② できればしないほうがよいこと
③ できればしたほうがよいこと
④ 絶対にすべきこと(5行)
•
–
29
信仰告白 ・ 礼拝5回/日 ・ 喜捨 ・ 断食 ・ 巡礼
3-B)日本人の社会アイデンティティ
•
高コンテキスト
–
–
–
–
•
枠組み
–
–
–
•
人間関係により調整
公私の使い分け
第三者を通したコミュニケーション
非論理的
枠組みができていな状況では柔軟性あり
枠組みができると硬直化
なぜ枠組みができると変更困難で柔軟性を失うか?
変化をきらう
–
–
–
–
30
和を乱すことをきらう
リスクをとれない
論理的思考が不得意
未来が描けない
XIV.グローバルコミュニケーション


1. グローバル社会への対応
社会をベースとする文化の2極化



文化の融合
→グローバル化
文化の異質性の顕在化 →ローカル化
 グローバル化による局地的な共同性の復活
社会アイデンティティのゆらぎ



31
社会・ナショナル(国別)アイデンティティの希薄化・融合
新たな集合的アイデンティティの誕生
グローバル化によるナショナルアイデンティティの消滅
 単一化・均質化
 地域文化の消滅
グローバルコミュニケーション(発信)

リーガルコードの受け入れが必要




32
自己の意志表示
メッセージの交換
自己の意志・目的を言葉や文字で伝える
論理性

モチベーター

1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
アメリカ人にとって重要なビジネス上の動機づけ
Responsibility, Authority, Reward 責任、権限、報酬
Bottom-line 最終利益
Accountability 説明責任
Priority 優先順位
Feedback 出力を入力(原因)側に戻す
Fairness 公平性
Praise 賛辞
Ownership 仕事を“自分自身の課題”捉え、強い情熱と
責任感を持って取り組む姿勢のこと
33
 IBC, Global Training Division of MPF, LLC 2009 fromグローバル時代の文化の世界地図

相手による意味の創造





34
自己の価値観・意志にもとずく目的の説明が必要
意図(目的)が明確であれば意味は伝わる
専門知識があれば深いコミュニケーションが実現
意図(目的)が明確であればコミュニケーションは成立
相手の文化・価値観の尊重が前提
グローバルコミュニケーション(受信)

メッセージの交換


相手の意思・目的を言葉や文字で受け取る
意味の創造

自己の文化がベースになっていることに注意を払う
 相手の価値観・文化コードの尊重
 相手の個人アイデンティティを理解する努力が必要

マインドフルになる


35
会話のキーワードを思い出せる程度の注意
自己の意図と関係のある意味を創造できること
誤解とマインドレス
•
一般に、社会的・個人的アイデンティティにもとずき
相手のメッセージの意味を創造する場合誤解が生じ
る
–
•
マインドレス(Mindless:配慮しない)が誤解を生じさせ
る
–
–
•
誤解する/誤解される
交流が繰り返されると相手に注意を払わなくなる
親しくなると社会的・個人的アイデンティティの違いに注意
を払わなくなる
マインドフル(Mindful:注意深さ)の重要性
–
–
–
36
親しくなってからも注意が必要
会話のキーワードを思い出せる程度の注意は必要
親しき仲にも礼儀あり
Mindful 注意深さの重要性



37
37
1.新しい社会カテゴリーを創造する
 アメリカ人をさらに分類する
2.新しい情報を受けいれる
 相手の文化コードを意識する
 理解できない価値観を受け入れる
3.1つ以上の見方に気づく
 コミュニケーションのプロセスに注意する
IT技術と日本社会

メールによる依頼




文章によるコミュニケーション



内容の伝達が不十分
リーガルコードの国がなじむ
迅速な判断

38
高コンテキスト文化と相違
対面のコミュニケーションが必要
分かったつもりで行き違い
枠組みができないと判断できない
2.グローバルコミュニケーションに
重要な視点

まず、日本人のアイデンティティの確認が必要




次に、個人アイデンティティの確認




39
相手からの予測は日本が基準となる
相手を予測する場合も日本が基準となる
文化コード(参考資料の1つ)
意図に基づくコミュニケーションに必要
社会的アイデンティティのゆらぎ
固人的アイデンティティ普遍化
情報行動の重要性の理解
 ルールと倫理、内部統制
 情報の収集、加工、利用、提供が不可欠
 知識ベース社会の理解
個人アイデンティティの重要性

社会アイデンティティのゆらぎと個人アイデンティティ
の普遍化



個人の位置の確立がコミュニケーションを行う場合これま
で以上に重要になる
自己の価値観の確立が重要となる
位置


40
個人が社会の中で占める位置から、個人の価値観にもと
ずく絶対的位置へ
自己に対する感性,自己のアイデンティティの確認が必要
社会の中での情報行動

コミュニケーションの成立


グローバルなコミュニケーション




意味の創造には集団として活動する社会ごとに共有された
文化(規範・価値観・行動様式・・・)の理解が必要
異文化の尊重(排除すると情報行動が成立しない)
自分のアイデンティティを確認できること
英語の重要性
重要な視点


41
ジェネラリストよりスペシャリスト
ルールの尊重(リーガルコードの価値観)
個人としての情報行動

利便性



問題点
 Time Consuming
 忙しい生活様式
対応
 目的の明確化
 Priority
重要な視点



42
自分で情報を入手し考える習慣を持つこと
情報技術に対する最低限の理解(生涯学習に必要)
バランスのとれた複数のコミュニティにおける活動
働き方
WORK SHIFTの情報文化的理解

ジェネラリストから専門家



協力して起こすイノベーション




大量の情報利用によりジェネラリストの価値は減少
専門家が求められる
専門家を集めた協力の形態
情報による価値の創造
但し、新の創造性は協力ではできない
消費より経験



43
情報が価値を創る社会様式
自己実現できることが重要になる
モノより思い出。(セレナ CM情報)
情報文化 2013 目次


【視点1】情報技術による行動様式の変化






I.情報文化の枠組み
II.情報技術
III情報技術から生みだされた新しい行動様式
IV.情報技術が個人の情報行動に与える影響
V. 情報技術から生みだされた新しい社会様式
VI.人間と情報技術の役割
3問
44

【視点2】社会構造の変化とグローバル化






VII. 情報技術とコミュニティの変化
7回(5/23), 8回(5/30)
VIII. グローバル化の概念
9回(6/6)
IX. 経済のグローバル化と社会の分断 10回
X. 文化のグローバル化
10回
XI. 英語による情報と文化の支配
11,12回
2問
【視点3】情報行動とアイデンティティ



45
XII. 情報行動としてのコミュニケーション 13回
XIII コミュニケーションの予測とアイデンティティ 14回
XIV グローバルコミュニケーションと個人アイデンティティ
15回
1問
問


•
自己の個人アイデンティティを述べ、他の人とコミュ
ニケーションをとる場合、自分はどのように予測され
るか記述してください
自己の社会アイデンティティを述べ、他の国の人とコ
ミュニケーションをとる場合、自分はどのように予測
されるか記述してください。
日本人はなぜ「枠組みができると変更困難で柔軟
性を失うか?」考察してください。
46
参考




1.異文化間コミュニケーション,2002
2.情報化と文化変容, 2003
3.グローバル時代の文化の世界地図,渥美育子,2008
4.WORK SHIFT, 2013
47
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
589 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content