close

Enter

Log in using OpenID

ウォルト・ディズニー

embedDownload
Morningstar Global Equity Research Report 2010.7.16
世界的エンターテインメントカンパニー
モーニングスターレーティング
ウォルト・ディズニー The Walt Disney Company
株価
34.24ドル
(7/14)
★★★
(DIS : NYSE)
予想適正株価
買い推奨価格
売り推奨価格
不確実性
競争優位性
株主重視性
37.00ドル
29.60ドル
46.30ドル
低い
高い
B
通期4%の増収へ、
上半期は順調
ウォルト・ディズニーの第 2 四半期(1―3 月期)決
算は、スタジオエンターテインメント部門とテーマパー
ク・リゾート部門が低迷期を脱し、成長軌道に戻りそう
だというわれわれの見方を裏付けるものだった。予想適
正株価は据え置きとする。
ケーブルテレビ部門の売上高が前年同期比 9%増、ス
タジオエンターテインメント部門の売上高が同 7%増
と好調で、総売上高は同 6%増となった。われわれは
2010 年度通期で 4%の増収を見込んでいるが、第 1―2
四半期を見る限り順調である。
ケーブルテレビ売上高は、
スポーツ専門局 ESPN の利用料収入が同 13%増と業績
に寄与した。ESPN は利用料金の上昇、英国サッカー・
チャンネルの開始、広告収入の 1 ケタ台半ばの伸びなど
がプラス要因となった。ケーブルテレビ費用が同 14%
増加したが、その大部分は英国サッカーの新規放映権に
よるものと考えられる。われわれは、この費用増を短期
的問題とみなしている。ESPN が海外番組の拡充を追求
するとは考えられないためだ。同社は、自社の強力な競
争力が活かせるのは米国の番組であり、海外の番組では
ないことをこれまでも繰り返し認めている。
(2010 年 5 月 12 日作成)
〈直近1年バックナンバー〉
2010 年 3 月 16 日発行
「ケーブルネットワーク事業が景気敏感な事業分野の低調補う」
2009 年 12 月 18 日発行
「2010 年度は 3%増収の見込み、テーマパーク事業は回復へ」
2009 年 10 月 8 日発行
「米国内リゾート予約振るわず、客室割引プログラムは年内継続へ」
日足 2009/7/14 ~ 2010/7/14
$
業績動向
決算期
売上高
税引前利益
純利益
(百万ドル) (百万ドル) (百万ドル)
EPS
(ドル)
Sep-07
35,510
7,725
4,687
2.25
Sep-08
37,843
7,402
4,427
2.28
Sep-09
36,149
5,685
3,307
1.76
会社概要
ウォルト・ディズニーは有名キャラクター「ミッ
キーマウス」や「クマのプーさん」などの著作権を
所有する。こうしたディズニー・キャラクターは、
同社が所有、あるいはライセンス契約をする世界中
のテーマパークで集客の拡大に貢献している。ま
た、スタジオエンターテインメント事業では、実写
およびアニメーションの映画制作を手がける。同社
は ABC テレビ、ディズニーチャンネル、スポーツ
専門チャンネルの ESPN を傘下に持つほか、ドキュ
メンタリーやドラマ番組などを提供する A&E テレ
ビジョン・ネットワークスの株式を 42.5%保有し
ている。海外売上高比率は約 24%。
本資料は投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。本資料に掲載された意見は作成日に
おける判断であり、予告なしに変更される場合があります。本資料に掲載された意見・データは、当社が信頼できると判断したデータ等により作成いたしましたが、その正確性、安全性等について保障するものではありません。著作権、知
的所有権等一切の権利はモーニングスター株式会社並びに Morningstar.Inc に帰属しますので、許可なく複製、転写、引用等を行うことを禁じます。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
308 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content