close

Enter

Log in using OpenID

平成18年度 心に響く人生の達人セミナー 講演会 <要約>

embedDownload
平成18年度
心に響く人生の達人セミナー
講演会
学校名
長崎県立奈留高等学校
実施日
平成18年11月22日(水)13:05~14:45
演
題 「人は化ける」
講
師
村山 喜久治
<要約>
氏 〔 日 本 経 済 新 聞 販 売 開 発 (株 )専 任 講 師 , 元 明 治 生 命 取 締 役 )
講演内容
今 日 は 素 晴 ら し い 奈 留 高 校 に お よ び い た だ き あ り が と う ご ざ い ま す 。 た い へ ん す ば ら しい
と こ ろ で , 私 は 仙 台 に も い た ん で す が , 仙 台 よ り も 五 島 の 方 が す ば ら し い な あ と 思 い な がら
船 に 乗 っ て き ま し た 。 今 日 は , 「 人 は 化 け る 」 と い う タ イ ト ル を つ け て い ま す が , 人 は 成長
す る も の だ , 成 長 し な け れ ば い け な い ん だ と い う 話 を し ま す 。 も っ と わ か り や す く 言 う と,
学 生 の と き に お と な し い 少 年 少 女 や , 暴 走 族 だ っ た 人 が , 社 会 に 入 っ て 全 く 変 わ る 人 が いま
す 。 私 自 身 も お と な し く て , は に か み 屋 で 暗 く て 人 嫌 い で も の も 言 わ な か っ た 人 間 で し た。
そ れ が ど う 間 違 っ た か , 保 険 会 社 と い う 数 字 の 世 界 に 飛 び 込 ん で , 全 国 を 1 0 か 所 転 勤 で回
り ま し た 。 北 は 宮 城 , 南 は 宮 崎 , 高 知 , 東 京 な ど 転 勤 を 重 ね て き ま し た 。 そ こ で の 経 験 など
も話したいと思います。
実 は , 「 人 は 化 け る 」 と い う 話 は , も う 一 人 な さ っ て い る 方 が い ら っ し ゃ る と い う こ とを
知 り ま し た 。吉 本 興 業 と い う 会 社 の 社 長 さ ん で す 。吉 本 興 業 で 働 く 芸 人 さ ん の 能 力 や 才 能 は ,
持 っ て 生 ま れ た も の だ ろ う と 思 っ て い る 人 が お ら れ る と 思 い ま す が , 元 々 , 吉 本 興 業 に 入る
人 は , 意 外 と お と な し く て 内 気 で は に か み 屋 の 人 が 多 い で す 。 つ ま り , 自 分 の 性 格 と 戦 って
作 り 上 げ た も の な の で す 。 私 も , 色 々 な 場 所 で セ ー ル ス を し て き ま し た が , お と な し い 性格
で は で き な い の で す 。 知 ら な い 場 所 で , 1 0 0 件 訪 問 の 訓 練 を す る の で す 。 こ の よ う に ,格
闘 し な が ら 今 日 ま で 来 ま し た 。 私 は , 若 い 時 は 暗 い 性 格 で , 母 親 か ら 「 勉 強 し な さ い 」 とい
わ れ ず に , 「 勉 強 す る な 」 と 言 わ れ て い ま し た 。 あ ん ま り 勉 強 す る も の だ か ら , 体 を 壊 すと
心 配 さ れ て い ま し た 。 何 か 目 標 が あ っ た わ け で は な い が , 勉 強 し か す る こ と が な か っ た から
勉 強 ば か り し て い ま し た 。 女 性 と 話 す こ と や , ス ポ ー ツ な ど の 勉 強 以 外 の 無 駄 な も の を いっ
さ い 排 除 し て い ま し た 。 私 は , 「 人 生 は 無 駄 の 中 に あ る 」 と 思 っ て い ま す が , 当 時 は , 無駄
な も の は 全 部 カ ッ ト し て い ま し た 。 ま た , 私 の 若 い 頃 は , 挫 折 ば か り で し た 。 大 学 2 年 のと
き に 9 ヶ 月 間 入 院 し ま し た 。 普 通 な ら 留 年 す る と こ ろ で す が , 病 院 の 先 生 に 試 験 は 受 け てい
い と 言 わ れ , 病 室 に リ ン ゴ 箱 を 置 い て 勉 強 し ま し た の で , 大 学 は 遅 れ る こ と は な く 卒 業 でき
ま し た 。 こ の 苦 し か っ た と き が 私 の 一 番 の 原 点 な の で す 。 し か し , 就 職 し た の は 2 6 才 で,
随 分 遅 れ て い ま し た 。 一 回 体 を 壊 す と , な か な か い い 会 社 に 入 れ な い 。 そ う い う こ と も あっ
て , 私 の 青 春 時 代 は ボ ロ ボ ロ で し た 。 し か し , 何 か 大 変 な こ と が あ っ て も , 自 分 は 元 気 じゃ
な い か , 何 を そ ん な に く よ く よ し て い る ん だ と 思 う よ う に な り ま し た 。 物 事 を 前 向 き に とら
えるようにしました。
皆 さ ん に お 話 し し た い こ と の 一 つ に , 人 生 に は 3 つ の 坂 が あ り ま す 。 簡 単 に 言 う と , 「上
り 坂 」 , 「 下 り 坂 」 , も う ひ と つ が 「 ま さ か 」 で す 。 今 の 日 本 人 が 一 番 い け な い の は , 何か
大 変 な こ と を 考 え る 力 が 弱 い と 言 わ れ て い ま す 。 今 皆 さ ん に と っ て 普 通 当 た り 前 の こ と が,
当 た り 前 で は 無 い こ と も あ り ま す 。 今 私 が こ う し て 皆 さ ん の 前 で 話 を す る と は , 学 生 時 代に
-1-
は ま さ か 考 え も し ま せ ん で し た 。 元 々 私 は , ボ キ ャ ブ ラ リ ー が 無 か っ た 人 間 で し た 。 何 か話
そ う と 思 っ て も 言 葉 が あ り ま せ ん で し た 。今 日 は い い 意 味 で の ま さ か を 展 開 し て い る の で す 。
先 ほ ど , 病 気 し た と か 言 い ま し た が , 病 気 し た か ら こ そ , 今 の 家 族 が あ り , 今 日 の 私 が ある
の で す 。 今 後 も し 皆 さ ん に あ ま り い い 形 で は な い こ と が 起 こ っ て も , 何 で 私 だ け と か , 運が
悪 い な と か , 残 念 に 思 わ な い で く だ さ い 。 美 輪 明 弘 さ ん と い う 人 が い ま す が , こ の 人 の 考え
方 は 男 性 的 で す 。 男 性 的 と は も の の 判 断 が 素 速 く て , す ぐ に 行 動 に 移 せ る 人 で す 。 美 輪 さん
が よ く 言 わ れ る こ と に , 「 正 負 の 理 論 」 と い う も の が あ り ま す 。 プ ラ ス の 出 来 事 が 起 こ ると
必 ず マ イ ナ ス の こ と が , マ イ ナ ス の 出 来 事 が 起 こ る と プ ラ ス の こ と が 起 こ る 。 人 生 と い うも
の は , 良 い こ と が あ れ ば 悪 い こ と が 起 こ り , 悪 い こ と が あ れ ば 良 い こ と が 起 こ る 。 私 の 経験
か ら い っ て も , こ れ は あ て は ま る と 思 い ま す 。 上 り 坂 と い う の は 自 分 が 苦 し い な と 思 っ てい
るときで,楽だと思っているときは下り坂なのです。
化 け る と き に , ど う い う も の が 必 要 と な る の か , ど う す れ ば い い の か を こ れ か ら 伝 え たい
と 思 い ま す 。 イ ン フ ラ と い う , 一 番 の ベ ー ス に な る も の を 話 し た い と 思 い ま す 。 音 楽 や 絵と
か で 感 性 を 磨 く こ と を 優 先 さ せ る よ う に な り , 言 葉 が 死 ん で し ま っ て い る と 思 い ま す 。 メー
ル も 言 葉 や 絵 文 字 を 羅 列 す れ ば い い , あ れ で は ボ キ ャ ブ ラ リ ー が 増 え ま せ ん 。 私 は 若 い 頃か
ら 新 聞 や 雑 誌 を 切 り 取 っ て ,自 分 の 頭 に た た き こ ん で き ま し た 。例 え ば ,資 料 に「 四 季 の 心 」
と い う 文 章 が あ り ま す が , 「 人 に 会 う と き は 春 の よ う に 暖 か い 心 で , 仕 事 を す る と き は 夏の
よ う に 情 熱 的 な 心 で , 物 事 を 考 え る と き は 秋 の よ う に 澄 ん だ 心 で , 自 分 を 戒 め る と き は 冬の
よ う に 厳 し い 心 で 」こ の 四 つ を 頭 の 中 に た た き 込 ん で い る と ,色 々 な と こ ろ で 役 に 立 ち ま す 。
言 葉 を 馬 鹿 に し な い で 欲 し い で す 。 日 本 人 は , 「 あ い つ は 口 先 だ け だ 」 と か , 言 葉 を す ごく
馬 鹿 に し て い る と こ ろ が あ り ま す 。 そ う で は な く て , そ の 言 葉 を 自 分 の 心 に 入 れ て お け ば,
必 ず 役 に 立 ち ま す 。 私 は , 常 に 手 帳 を 持 っ て い て , 人 の 言 っ た こ と な ど を , メ モ を と る よう
に し て い ま す 。 退 院 し た と き も , 自 分 で 自 分 を 励 ま す 文 章 を 書 い て い ま し た 。 人 間 の 記 憶は
あ い ま い な の で , 何 か に 残 し て お い て , 頭 に 残 す よ う に し て 欲 し い で す 。 そ し て , 何 か を読
む と き は , 声 を 出 し て 読 む よ う に し た 方 が 頭 に 残 り ま す 。 本 題 に 入 り ま す が , ま ず , 化 ける
と 言 う こ と で す が , 徐 々 に は 化 け ま せ ん 。 化 け る と き は , 必 ず 誰 か 先 生 が い ま す 。 野 球 のイ
チ ロ ー 選 手 に は 仰 木 監 督 と い う 先 生 が , マ ラ ソ ン の 高 橋 尚 子 選 手 に は 小 出 監 督 が い ま し た。
逆 で も い い と 思 い ま す 。 私 の 父 親 は 働 け ど 働 け ど 貧 し か っ た の で す 。 で も 一 生 懸 命 働 い てい
て , そ の 後 ろ 姿 を 見 て い た の で , 私 も 頑 張 ら な い と い け な い な と 思 っ て い ま し た 。 師 は ,も
ち ろ ん 立 派 な 人 に 恵 ま れ た ら 良 い で す が , 立 派 な 人 に 恵 ま れ な く て も , 私 は 「 親 父 と は 逆の
生 き 方 を す る 」 と 思 っ て い ま し た 。 親 父 は , 「 精 一 杯 働 い て も こ れ だ け だ っ た ら 仕 方 な い」
と 言 っ て い ま し た 。 私 の 母 は 面 白 く て , 「 こ れ か ら は 崖 っ ぷ ち を つ ま 先 立 っ て 歩 け 」 と 言っ
て い ま し た 。 右 に 転 ぶ か 左 に 転 ぶ か わ か ら な い , そ う い う 緊 張 感 を も っ て 一 日 一 日 を 暮 らせ
と 言 っ て い ま し た 。 父 と 母 で 差 が あ る ん で す け ど , 私 は ど ち ら か と い う と 母 の 言 葉 を 信 じて
生 き て き ま し た 。 今 は 元 気 で す け ど , 明 日 ど う い う こ と が あ る か わ か ら な い と 思 い な が ら生
き て き ま し た 。 精 一 杯 生 き て き た の で , 学 生 時 代 に 戻 り た い と か 思 い ま せ ん 。 明 石 家 さ んま
さ ん の 人 生 訓 は 「 生 き て る だ け で ま る も う け 」 で す 。 今 日 一 日 を 思 い っ き り や る と い う こと
です。
今 私 が ち ょ っ と お か し い ん じ ゃ な い か と 思 う こ と が あ り ま す 。 成 功 し て い る 人 は み ん な夢
と か 目 標 と か 生 き 甲 斐 と か を 持 っ て い ま す 。 例 え ば プ ロ 野 球 の 松 坂 選 手 は 1 0 歳 の と き に大
-2-
リ ー ガ ー に な ろ う と い う 目 標 を も っ て い ま し た 。 し か し , そ ん な 人 は 1 0 人 に 1 人 か 2 人で
す 。 私 は 2 0 何 歳 の 頃 ま で 何 に も あ り ま せ ん で し た 。 強 い て 言 え ば , 父 が 汚 い 格 好 を し て働
い て そ れ で も 貧 乏 だ か ら , 自 分 は 勉 強 し て 背 広 姿 で サ ラ リ ー マ ン に な り た い , そ の た め には
勉 強 し て 良 い 会 社 に 入 ら な い と い け な い か と い う そ れ く ら い の こ と し か あ り ま せ ん で し た。
夢 も 何 も あ り ま せ ん で し た 。 も し 皆 さ ん の 中 に , ち ょ っ と 焦 っ て い る 人 , 自 分 に 自 身 を 失っ
て い る 人 が い た ら , そ ん な 風 に 思 わ な い で く だ さ い 。 ま だ こ れ か ら な ん で す 。 む し ろ , 若い
と き に ポ リ シ ー と か 持 た ず に , 自 分 を 柔 軟 に し て , 人 の 話 を 聞 い て , こ れ か ら 夢 を 見 つ けれ
ば よ い の で す 。私 も 劣 等 感 の か た ま り で す が ,人 生 は そ の 劣 等 感 と 戦 う こ と が 人 生 な の で す 。
誰 で も , 皆 さ ん が 思 う ほ ど 強 く は な い の で す 。 自 分 は だ ら し な い , 自 分 は 気 が 弱 い , そ んな
自 分 を 認 め て 好 き に な ら な い と い け ま せ ん 。 自 分 を 大 事 に す る と , 相 手 も 大 事 に で き る ので
す 。 私 は 子 供 た ち に 自 分 の 働 く 姿 を 見 せ て き ま し た 。 仕 事 を し な が ら 仕 事 を 楽 し ん で き まし
た 。 子 供 た ち に も や り た い こ と を や ら せ て き ま し た 。 人 生 は 一 回 だ と 思 う か ら で す 。 自 分の
思 っ た 人 生 を , 私 も 歩 み た い し 子 供 に も 歩 ま せ た い 。 最 近 , 子 ど も の た め に 生 き て い る 親が
多 い と 思 い ま す 。 い い 親 を 演 じ て い る ん じ ゃ な い か と 思 い ま す 。 皆 さ ん も こ れ か ら 島 を 離れ
る と 思 い ま す が , 日 本 は ど こ に 行 っ て も 同 じ で す 。 何 も 怖 く あ り ま せ ん 。 人 間 変 な 人 が いま
す が , あ れ は 例 外 中 の 例 外 で す 。 人 間 と は も っ と 素 晴 ら し い , す ご い と 思 い ま す 。 も っ と人
間 を 大 好 き に な っ て く だ さ い 。 簡 単 な こ と み た い で す が , も の す ご く 難 し い で す 。 一 人 一人
の 違 い を 認 め る こ と が 大 事 な こ と な ん で す 。 学 生 の 時 は 「 あ い つ は 嫌 い だ , 知 ら な い , 関係
な い 」 と い う こ と が 通 用 し ま す が , 社 会 に 入 っ た ら 人 間 を 好 き に な る と 絶 対 に 仕 事 が で きま
す 。 日 本 に は 六 千 万 ~ 七 千 万 の 人 が 働 い て い ま す が , そ の 内 の 三 千 万 の 人 が , も の を 販 売し
た り 営 業 し た り す る 仕 事 で す 。 営 業 や 販 売 の 仕 事 で は コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 大 事 で す 。 コミ
ュ ニ ケ ー シ ョ ン と は , 自 分 が 言 っ た こ と を わ か っ て も ら う , 相 手 が 言 っ た こ と を 理 解 す る,
心 と 心 が 通 い 合 う , も っ と 言 う と 一 緒 に い る だ け で 心 が 落 ち 着 く , 何 も 言 わ な く て も 心 が通
い 合 う , こ れ が コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の 最 高 の 形 で す 。 し か し , そ こ に い く ま で は 話 を し ない
と い け ま せ ん 。 逃 げ て は い け ま せ ん 。 自 分 を 愛 す る よ う に , 人 を 愛 さ な け れ ば な ら な い ので
す 。 自 分 に 欠 点 が あ る よ う に , 人 に も 欠 点 が あ り , そ の 欠 点 を 認 め て あ げ な け れ ば い け ない
のです。
こ の よ う な こ と か ら , 人 が 化 け る た め に は , 「 素 直 さ 」 , 「 変 革 へ の 意 志 」 , 「 全 員 に学
ぶ 態 度 」 , 「 逃 げ ず に 戦 う 姿 勢 」 が 大 事 で す 。 世 の 中 に は 素 晴 ら し い 人 が た く さ ん い ま す。
怖 が ら な い で く だ さ い 。 や ら な い で 後 悔 す る よ り も , や っ て 後 悔 し た い 。 小 さ い 戦 い に 勝つ
よ り も , 大 き な 戦 い に 負 け た い 。 大 き な 厳 し い 戦 い に 立 ち 向 か っ て 負 け た 方 が , 身 に 付 きま
す 。 ま た , 化 け る 前 に し て 欲 し い こ と が , 小 さ な 巨 人 に な っ て 欲 し い 。 巨 人 と は 優 れ た 人と
い う 意 味 で す 。 小 さ な 優 れ た 人 に チ ャ レ ン ジ し て 欲 し い で す 。 小 さ な こ と で い い の で , 今日
か ら 初 め て 欲 し い で す 。 具 体 的 な 言 葉 と , 具 体 的 な 行 動 を 伴 っ て く だ さ い 。 何 か ひ と つ をや
る た め に , 今 や ら な い と い け な い こ と が あ る と 思 い ま す 。 そ れ が 直 接 夢 と 結 び つ か な く ても
い い の で , 何 か 行 動 を ひ と つ 始 め て く だ さ い 。 先 ほ ど , ま だ 夢 が 無 く て も い い と 言 い ま した
が , 早 く 夢 が 作 れ る 人 は 作 っ て く だ さ い 。 た だ , 今 , 夢 を 持 っ て い な い か ら と い っ て 自 分は
駄 目 だ と は 思 わ な い で , 逃 げ な い で 駄 目 な 自 分 も 自 分 だ と 認 め て あ げ て く だ さ い 。 あ ま り自
分 に 劣 等 感 を 持 た な い で く だ さ い 。 そ う い う 自 分 も 自 分 な の で す 。 弱 い と い う こ と は , プラ
ス な の で す 。 自 分 が あ る 程 度 の リ ー ダ ー に な っ た と き に , 弱 い 人 の 気 持 ち が わ か る か ら ,自
分 を 弱 い と 認 め た 人 は 本 当 は 強 い の で す 。 自 分 は 醜 い と 思 っ て い る 人 は , 本 当 は 醜 く な いの
-3-
で す 。 本 当 に 醜 い 人 は , 自 分 の 醜 さ が わ か ら な い 人 で す 。 強 が っ て い る 人 は , 本 当 は 弱 いの
です。だから,弱さというのは欠点ではなく,やさしいということです。
コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン で は 笑 顔 を 作 る こ と , 人 と 壁 を 作 ら な い こ と , 人 を や さ し く 受 け 入れ
て あ げ る こ と , 人 の 違 い を わ か る こ と が 大 事 で す 。 心 の 広 さ , 深 さ が 大 切 な の で す 。 心 の広
さ と は , 相 手 を わ か っ て あ げ ら れ る と い う こ と で す 。 人 の 良 い と こ ろ を ひ と つ 見 つ け て くだ
さ い 。 人 間 に は 欠 点 は あ り ま す 。 一 番 い け な い の は , ひ と つ で も 悪 い こ と が あ る と , 全 部消
す 人 が い ま す 。 人 間 に は 一 つ 二 つ は 欠 点 が あ り ま す 。 そ こ を , 心 を 広 く 持 っ て 認 め て あ げる
こ と で す 。 自 分 も 欠 点 を 持 っ て い る の で す 。 も っ と 大 事 な の は , 何 か の 縁 で 一 緒 に な っ てい
る の で , そ の 縁 を 大 事 に し て く だ さ い 。 そ し て 人 間 を 大 好 き に な っ て , そ れ だ け で い い ので
す 。 そ れ か ら , 何 か 恥 ず か し い と い う 人 が い ま す が , 恥 ず か し い こ と を 平 気 で や っ て の ける
こ と が 仕 事 で す 。 そ し て 一 つ 一 つ を 学 ん で い く の で す 。 「 我 以 外 は 皆 師 な り 」 と い う 言 葉が
あ り ま す が , 自 分 以 外 は 皆 先 生 だ と 思 っ て く だ さ い 。 ま た , 若 い 人 は 知 識 が 知 恵 に な っ てい
ま せ ん 。 そ し て , 妙 に 社 会 に 不 安 を 持 っ て い る よ う で す 。 そ れ に , ス ト ラ イ ク ゾ ー ン が すご
く 狭 い で す 。 自 己 領 域 , 自 分 の 幅 が 狭 い で す 。 自 分 だ け 何 か や ら さ れ て い る と い う 被 害 者意
識 が 非 常 に 強 い 。 こ う い う こ と を わ か っ た 上 で , そ れ を 取 っ 払 わ な い と い け ま せ ん 。 そ れか
ら , 好 き 嫌 い が 激 し い , す ぐ 「 関 係 な い , 知 ら な い , や り た く な い 」 と 言 い ま す が , こ れか
ら は , コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 力 を 身 に つ け て , 色 々 な 人 と 色 々 な 話 が で き る よ う に な っ て くだ
さ い 。 み な さ ん も 知 っ て る 人 同 士 で は 自 己 主 張 を す る で し ょ う が , 知 ら な い 人 の 対 応 は どう
し た ら い い か , 知 ら な い か ら 不 安 な ど が あ る と 思 い ま す 。 し か し , 人 間 は 一 緒 で す 。 自 分を
素 直 に 出 し て く だ さ い 。 ど う で も い い プ ラ イ ド や こ だ わ り は 捨 て て , 成 長 す る た め に 人 から
色々なことを学ばないといけません。
人 間 関 係 で ひ と つ だ け 守 れ ば い い こ と を お 教 え し ま す 。 人 間 関 係 を 良 く す る に は , 「 L,
F , P 」 の 三 つ を 大 事 に す れ ば い い の で す 。 「 L 」 は L i s t e n , 人 の 話 を 良 く 聞 く とい
う こ と で す 。 聞 か な い 人 は 成 長 し ま せ ん 。 「 P 」 は P r e s e n t , 心 は 言 葉 と 形 で 表 すも
の で す 。 「 F 」 は F o r g e t , 上 手 に 忘 れ る と い う こ と で す 。 一 つ の こ と に こ だ わ っ てい
てはいけません。
こ の 中 で 夢 や 目 標 が 「 お 金 持 ち に な る こ と 」 と い う 人 が い る か も し れ ま せ ん 。 仮 に お 金お
持 ち に な っ た と し て も 不 幸 で す 。 た っ た 一 度 の 人 生 な ら , も っ と 感 動 の あ る , も っ と と きめ
き の あ る , も っ と 豊 か な 人 生 を 送 れ る 人 が 小 さ な 巨 人 だ と 思 い ま す 。 形 の 無 い も の に 価 値を
見 出 せ た ら 一 流 で す 。 旅 行 な ど で 良 か っ た と 思 う こ と に は , 必 ず 人 が 出 て き ま す 。 形 の 無い
も の と は , 暖 か さ と か 親 切 さ と か 思 い や り な ど で す 。 そ れ が 見 え て く る と , 人 生 が 豊 か にな
り ま す 。お 金 だ け を 目 的 に す る と ,い ず れ 失 い ま す 。お 金 持 ち に な る の は 夢 や 目 標 で は な く ,
何 か を や る た め の 手 段 な の で す 。 小 さ な 巨 人 に な る と い う こ と は , 自 分 の 納 得 の い く 人 生を
送 っ て い く と い う こ と だ と 思 い ま す 。 自 分 の 思 っ て い る こ と を , 前 に 進 め れ ば い い と 思 いま
す 。 こ れ か ら , 逆 境 も あ る と 思 い ま す 。 し か し , 試 練 に 耐 え ら れ る か ら , 神 は そ の 試 練 を与
え る の で す 。 試 練 に 耐 え ら れ な い 人 に は , 試 練 は 与 え ら れ ま せ ん 。 ま た , 仏 教 の 世 界 で は,
人 に や っ た こ と は 必 ず 自 分 に も ど っ て く る と い う こ と が あ り ま す 。 良 い こ と も 悪 い こ と も自
分に戻ってきます。
教 育 の 原 点 と は 二 つ あ り ま す 。 一 つ は 自 立 心 を 身 に つ け る こ と , も う 一 つ は 相 手 の 立 場に
-4-
立 っ て も の を 考 え る こ と で す 。 物 事 を い つ も 向 こ う か ら 考 え る こ と が で き る よ う に な れ ば,
一 流 の 人 間 で す 。 向 こ う か ら 考 え る こ と が で き れ ば , も っ と 化 け る こ と が で き ま す 。 自 分の
心 を や わ ら か く し て , 人 の 話 を 良 く 聞 い て , 人 の 言 っ た こ と は 上 手 に 忘 れ て あ げ て , 人 を大
好 き に な っ て , 人 生 を 送 っ て 欲 し い と 思 い ま す 。 そ う す る と , ま す ま す 皆 さ ん は 大 き な 人生
が 待 っ て い る の で は な い か と 思 い ま す 。 私 が 一 番 大 好 き な 言 葉 は 「 あ り が と う 」 と い う 言葉
で , 一 番 嫌 い な 言 葉 は 「 さ よ う な ら 」 で す が , こ こ を 締 め く く る に 当 た っ て そ れ を 言 わ なけ
ればなりません。皆さんさようなら,また,ご静聴ありがとうございました。
-5-
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
149 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content