close

Enter

Log in using OpenID

平成27年度授業改善推進プラン

embedDownload
平成27年度授業改善推進プラン
清瀬市立清明小学校第 5学年 学力調査から見えた課題(調査のない教科は授業における課題)
・漢字や語彙については、学習時点では理解できる
が、それを維持・活用することができない。
・文章を比較・関連付けて読み取る力が弱いために、
国語 読みが浅くなってしまう。
・理由や根拠に着目して推論する力が弱い。
・一部の児童で、基本的な知識の定着が低い。
・資料から、必要な情報を読み取ることはできるが、
読み取ったことから、自分の考えを広げていくことが
できない。
授業改善のための具体策(重点)
・細かく分けて学習していくことで、漢字の定着を
図る。間隔をおいて既習漢字の練習に取り組ま
せる。
・音読や読書を通じて、多様な文章表現に親しま
せる。
・普段の授業の中で、比較・推論する場面を増や
す。
・資料やグラフを中心に据えた授業展開をする。
・生の声に迫る機会を設定する。(社会科見学、
ゲストティーチャー等)
社会
・問題を読み取る力・具体的な操作を手掛かりにする
力が弱い。
・同じ内容でも、出題の方法が変わると解答できな
算数 い。
・必要に応じて発展的な問題を中心に取り組む時間を
設定する。
・問題をイメージできるような算数的活動を取り入れた
り、日頃の生活の中で、数に関わる機会を設けたりす
る。
・観察や実験に意欲的に取り組んでいるが考察する
能力が低い。
・科学的な思考に慣れておらず、条件制御が的確に
理科 できない児童がいる。
・既習事項が定着していない。
・何のための実験なのかを確実に把握させ、実験
の仕方なども繰り返し指導する。
・予想、結果の考察などをグループや学級全体で
話し合う時間をもち、科学的な思考を深めていく。
・実験の機会を多く持ち、実験レポートのまとめ方
を習得させる。
・各声部の歌声や全体の響き、伴奏を聴いて、声を合わせ
て歌うことに課題が見られる。
・楽器の特徴を生かして旋律楽器や打楽器を演奏すること
に課題が見られる。
・音を音楽にする過程を大切にしながら、音楽の仕組みを
音楽 生かし、見通しをもって音楽をつくることに課題がみられ
る。
・曲想やその変化などの特徴を感じ取って聴くことに課題
がみられる。
・歌う形態を工夫し、聴き合える場の設定をする。また、合わ
せやすい声の出し方をするために、姿勢を変化させて歌った
り、発音に気を付けて歌ったりする学習を多く取り入れる。
・リコーダーの色々な指づかいに親しんだり、打楽器の打ち
方を学んだりする学習を多く取り入れ、奏法が身に付くように
する。
・即興表現の活動を大切にしながら、見通しのある音楽をつく
る学習を多く取り入れる。
・曲想を表すキーワードを大切にした鑑賞の学習を行う。
・授業のねらいを考えながら活動ができる。
・その子の良さを一人一人認め、つくる意欲にむ
・学習活動以外のものに興味・関心が移ってしまい、 すびつくような声掛けを行う。
学習活動に集中できないことが時折ある。
・学習の目標をわかりやすく提示し、児童がめあ
図画
てをもって課題に取り組めるよう工夫する。
工作
・興味、関心は高く、生き生きと学習しているが、家庭 ・授業の中で基本的な技能や知識を習得させ、そ
で手伝いをよく行う児童と、そうでない児童で、技能 れらを家庭で生かした取り組みができるように
や知識に差が出ている。
フィードバックする取り組みを行う。
家庭
・全般的に興味、関心が高く、積極的に活動している ・ルールなどを工夫し、運動が苦手な児童も楽し
が、体力や技能、運動経験などの差が大きい。
くできる活動を考えていく。
・技能を高める時間を設定する。
・持久力が低い。
・休み時間も積極的に校庭に出て体を動かすよう
に促していく。
体育
・授業の中で3分間走を取り入れていく。
・スポーツマンシップに乏しい。
・オリンピアの精神を通して、勝敗だけでなく真摯
に受け止める機会を設ける。
成果と課題(年度末)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
132 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content