close

Enter

Log in using OpenID

baPWVは糖尿病では 早期腎症期からすでに上昇し

embedDownload
この論文は、「Arterial Stiffness」WEBサイトに掲載されています。その他の論文はこちら
Click "Arterial Stiffness" web site for more articles.
原著論文紹介⑩
baPWVは糖尿病では
早期腎症期からすでに上昇している
Yokoyama H, Hirasawa K, Aoki T, Ishiyama M, Koyama K. Brachial-ankle pulse
wave velocity measured automatically by oscillometric method is elevated in diabetic
patients with incipient nephropathy. Diabetes UK, Diabetic Med 2003; 20: 942-5.
横山宏樹 自由が丘横山内科クリニック
2型糖尿病の早期腎症を含む患者において調べた。
背 景
方法・対象
アルブミン尿はその軽微な上昇が,動脈硬化性
疾患の予知や生命予後と密接に関連することが指
2型糖尿病346名,腎症前期200名,早期腎症119
摘されている。しかし2型糖尿病患者における軽微
名,顕性腎症27名において,上腕動脈−足首動脈
なアルブミン尿増加と動脈硬化症を結ぶ経路や病
PWV(brachial-ankle PWV;baPWV)をform(コーリ
態的背景は不明のままである。一方,PWVは動脈
ン 社 製 )で 測 定 し た 。 平 均 年 齢 5 8 歳 , 平 均 血 圧
の硬さを示すが,動脈硬化症の早期発見マーカー
135/80mmHg,平均HbA1C 6.5%であった。閉塞性動
としての有用性が考えられる。
脈硬化症または足首上腕比;ABI<0.9の患者は除
外した。腎症病期の分類は,3回の受診時尿アルブ
目 的
ミン・クレアチニン補正値(ACR)の平均値に基づ
PWVが,軽微なアルブミン尿上昇と関連するか,
き,ACR<30を腎症前期,ACR≧30かつ<300を早
図1 PWVと尿アルブミン排泄率の相関関係
3,000
n=346
r=0.24
p<0.0001
PWV(cm/sec)
2,500
2,000
1,500
平均値
95%CI
1,000
500
30
1
10
正常アルブミン尿
300
100
早期腎症
Arterial Stiffness動脈壁の硬化と老化 No.6 2004 1346-8375/04/¥400/論文/JCLS
1,000
顕性腎症
この論文は、「Arterial Stiffness」WEBサイトに掲載されています。その他の論文はこちら
Click "Arterial Stiffness" web site for more articles.
期腎症期,ACR≧300を顕性腎症とした。
結 果
関連は,腎症と動脈硬化症のリンクした病態を反
映していると考えられる。今までPWVは主に頸動
脈-大腿動脈PWV(carotid-femoral PWV;cfPWV)と
baPWV(cm/sec)はすでに早期腎症期で腎症前期
して研究されてきているが,PWVとアルブミン尿
に比べ有意な上昇を認めた(1,722±382 vs 1,559±
の有意な関連を示した論文は今日まで報告されて
343,p<0.0001)。顕性腎症でのPWVは1,763±322
なく,本研究が始めてである。cfPWVは大動脈の
で腎症前期より有意に高値であった(p<0.0001)
stiffnessを反映し,baPWVは小さな筋性である中小
(図1)。baPWVは年齢(r=0.44,p<0.0001),血圧
動脈のstiffnessの影響が加わる。baPWVはcfPWVに
(r=0.55,p<0.0001),アルブミン尿(r=0.24,
比べより長く異なるタイプの動脈のstiffnessの影響
p<0.0001),HbA1C(r=0.11,p<0.05)と有意な単
を表すと考えられるが,その詳細な意義は,今後
相関関係を示した。年齢,性,喫煙,BMI,HbA1C,
の長期研究を要する。しかしbaPWVが示したわず
高脂血症,高血圧症で補正後も,アルブミン尿は
かなアルブミン尿増加との関連から,baPWVは
baPWVと有意な関連を示した。
sensitiveに早期の動脈硬化症を反映する可能性が示
考 察
わずかなアルブミン尿増加は,baPWVと有意な
関連を示し,これは他の動脈硬化関連因子の影響
から独立していた。アルブミン尿とPWVの密接な
唆された。
結 論
baPWVは2型糖尿病の早期動脈硬化症のマーカー
として有用であると考えられた。
baPWVは糖尿病では早期腎症期からすでに上昇している
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
729 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content