close

Enter

Log in using OpenID

無症候性脳虚血性病変との関連 - Arterial Stiffness

embedDownload
この論文は、「Arterial Stiffness」WEBサイトに掲載されています。その他の論文はこちら
Click "Arterial Stiffness" web site for more articles.
英文原著論文紹介 ⑱ 検査法
Associations of brachial-ankle pulse wave velocity and carotid
atherosclerotic lesions with silent cerebral lesions.
Matsumoto M, Inoue K, Moriki A.
Hypertens Res. 2007; 30: 767-73. PMID: 18037768.
動脈硬化指標(baPWV)および頸動脈の硬化性病変と、
無症候性脳虚血性病変との関連
松本正俊(自治医科大学地域医療学センター地域医療学部門・附属病院 総合診療部講師)
井上和男/森木章人
背 景
年齢、性別、高血圧治療歴、収縮期血圧などで調整
ラクナ梗塞や脳動脈の狭窄といった無症候性脳虚
した多変量解析においては、baPWV値はこれらいず
血性病変は、MRIやMRAによる脳ドックの普及で近
れの疾患とも有意な関連をもたなかった(表3)。一
年多くみつかるようになってきた。これら無症候性
方、頸動脈プラークの存在はこの多変量解析におい
脳虚血性病変は動脈硬化によって生じると考えられ
ても、無症候性脳梗塞と関連しており(オッズ比
ているが、動脈硬化の程度を非浸襲的に測定できる
2.69:95%CI 1.59-4.56)、さらにIMTの肥厚は無症候
baPWV、頸動脈プラーク、そして頸動脈内膜中膜複
性脳梗塞と脳動脈狭窄の双方と有意な関連を示した
合体厚(IMT)といった指標との関連については不
(オッズ比2.40:95%CI 1.02-5.65、オッズ比9.70:95%
明である。
目 的
CI 1.48-63.71)
。
考 察
baPWVと頸動脈超音波検査の所見が無症候性脳虚
同じ動脈硬化の指標とはいっても、baPWVは動脈
血性病変と関連しているかを、横断研究によって調
壁の硬度を反映するのに対し、頸動脈プラークや
べる。
IMT肥厚は動脈壁の形態的異常を捉えたものである。
対 象
人間ドックおよび脳ドックを受診した476名の無症
候者(男性57.4%、平均年齢51.5歳)。
方 法
全例に対してbaPWVの測定(form PWV/ABI:オ
ムロンコーリン)、Bモードによる頸動脈超音波検査、
頭部MRI、そして頭部MRAを施行した。
結 果
161名(33.8%)が頸動脈プラークを、33名(6.9%)
がIMTの肥厚を、99名(20.8%)が無症候性脳梗塞を、
そして7名(1.5%)が脳動脈の狭窄病変を有していた。
単変量解析では、無症候性脳梗塞群のほうが対照群
よりも有意に高いbaPWV値を示した(1,493.2 vs.
1,400.9cm/sec、p<0.01)(表1)。同様に、脳動脈狭
窄群のほうが対照群よりも高いbaPWV値を示した
98
(1,664.4 vs. 1,416.4cm/sec、p=0.01)
(表2)。しかし、
またbaPWVは全身動脈を代表する数値であるのに対
し、頸動脈病変は脳循環系に限局した異常である。
こういった差異が、baPWVと頸動脈エコーの無症候
性脳虚血性病変との関連の差となって今回の結果に
現れていることが推測される。
結 論
頸動脈プラークとIMTの肥厚は無症候性脳梗塞の
リスク評価に有用であるかもしれない。さらにIMT
の肥厚は無症候性脳動脈狭窄病変の予測にも役立つ
かもしれない。
この論文は、「Arterial Stiffness」WEBサイトに掲載されています。その他の論文はこちら
Click "Arterial Stiffness" web site for more articles.
英文原著論文紹介 ⑱
表1 無症候性脳梗塞群と対照群との比較(単変量解析)
梗塞(+)
(n=99)
年齢(歳)
梗塞(−)
(n=377)
57.6±8.9
男性[n(%)]
49.9±6.6
57(57.6)
BMI(kg/m2)
脂質異常症の既往[n(%)]
糖尿病の既往[n(%)]
<0.01
1.00
216(57.3)
23.7±3.4
高血圧治療中[n(%)]
p*
23.8±3.3
0.86
23(23.2)
37(9.8)
<0.01
7(7.1)
29(7.7)
0.52
12(3.2)
0.27
収縮期血圧(mmHg)
130.9±17.3
5(5.1)
126±17.1
0.01
拡張期血圧(mmHg)
80.5±12.6
77.8±12.7
baPWV(cm/sec)
1,493.2±295.7
0.06
1,400.9±252.8
<0.01
頸動脈プラーク[n(%)]
61(61.6)
100(26.5)
<0.01
IMT肥厚[n(%)]
16(16.2)
17(4.5)
<0.01
3(3)
4(1.1)
無症候性脳動脈狭窄[n(%)]
0.16
*:Fisher's exact testあるいはStudent's t test。データは平均値±標準偏差、あるいは数(%)で表示。
表2 無症候性脳動脈狭窄群と対照群との比較(単変量解析)
狭窄(+)
(n=7)
年齢(歳)
狭窄(−)
(n=469)
52.6±7.2
男性[n(%)]
5(71.4)
BMI(kg/m2)
24.5±3.1
高血圧治療中[n(%)]
脂質異常症の既往[n(%)]
糖尿病の既往[n(%)]
p*
51.5±7.8
0.72
268(57.1)
0.70
23.8±3.3
0.54
2(28.6)
58(12.4)
0.22
0(0)
36(7.7)
0.58
1(14.3)
16(3.4)
0.23
収縮期血圧(mmHg)
142.6±16.6
126.8±17.2
0.02
拡張期血圧(mmHg)
83.6±12.4
78.2±12.7
0.27
baPWV(cm/sec)
1,664.4±463.1
1,416.4±259.7
頸動脈プラーク[n(%)]
2(28.6)
159(33.9)
IMT肥厚[n(%)]
3(42.9)
30(6.4)
無症候性脳梗塞[n(%)]
3(42.9)
96(20.5)
0.01
1.00
<0.01
0.16
*:Fisher's exact testあるいはStudent's t test。データは平均値±標準偏差、あるいは数(%)で表示。
表3 無症候性脳梗塞と無症候性脳動脈狭窄に関連する因子(多変量解析)
無症候性脳梗塞
オッズ比
95%CI
年齢(1歳)
1.12
1.08-1.17
男性
0.66
高血圧治療中
2.22
収縮期血圧(10mmHg)
無症候性脳動脈狭窄
p*
オッズ比
95%CI
p*
<0.01
0.94
0.83-1.07
0.11
0.38-1.13
0.13
1.10
0.18-6.57
0.92
1.11-4.43
0.02
2.64
0.44-15.80
0.29
1.04
0.86-1.26
0.67
1.14
0.70-1.84
0.60
baPWV(100cm/sec)
0.93
0.82-1.05
0.25
1.28
0.90-1.81
0.17
頸動脈プラーク
2.69
1.59-4.56
<0.01
0.38
0.05-2.75
0.34
IMT肥厚
2.40
1.02-5.65
0.04
9.70
1.48-63.71
0.02
*:Logistic regression analysis。
99
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
237 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content