close

Enter

Log in using OpenID

補足資料PDFパンフレットダウンロード

embedDownload
補足資料
プレスリリース(新会社設立(LIGHTz))
1. 会社・事業紹介(LIGHTz)
2
会社概要(LIGHTz)
COMPANY
会社概要
社名
株式会社LIGHTz(ライツ)/ LIGHTz Inc.
本社所在地
茨城県つくば市千現2-1-6 つくば創業プラザ 211号室
事業内容
スペシャリスト思考のAI化と実務適用支援
次世代情報メディア開発
ロボットの社会適用モデル開発
設立
2016年10月5日
資本金
9,000千円
代表者
代表取締役社長 乙部 信吾
社員数
4名(2016年10月5日現在)
3
■ 社名の由来
LIGHTz Inc.(ライツ)
明るい未来をやさしく照らす光 = “ 灯(ともしび)”
「先に産まれ、生きている私達」 が、次の世代に対してできること
光を灯(とも)し、明るいニュースや人々の笑顔を増やしていく
B to S : Business to Society
B to F : Business to Future
経歴(代表 / メンバー)
株式会社LIGHTz / 代表取締役 社長
乙部信吾
<プロフィール>
2001年 Canon入社、レンズ修正研磨装置の開発
2004年 NEDO主導の国プロ 「極紫外線(EUV)露光システム開発プロジェクト」 に参画
IBF加工装置(イオンビーム・フィギュアリング)内の多軸ステージ開発に従事
2011年 製造業向けコンサルティングファーム O2入社、CTO(最高技術責任者)
開発・設計・製造の技術コンサルタントとして、100社以上の改革活動に携わる
2016年 株式会社LIGHTzをつくば市にて設立、代表に就任
CKO(最高知識責任者)
AIビジネスユニット / 課長
武善茂知
有吉直紀
<プロフィール>
1977年 日立製作所入社
産業用ロボット開発、制御用インバータ開発
クリームはんだ印刷機の開発、海外据付、品質保証
海外プロジェクト入札・見積対応
2016年 LIGHTz 参画
CKO(Chief Knowledge Officer)として、
「汎知化(はんちか)」 ソリューションの開発に従事
<プロフィール>
2009年 コマツ入社
建設機械用ディーゼルエンジンの開発、機械構造設計
海外での認証取得のためのテスト対応、海外企業との折衝
2015年 O2入社
技術コンサルタントとして、自動車部品、プラント設備、
スポーツ用品等、多様な製品の設計技術コンサルタントとして従事
2016年 LIGHTz 参画
5
事業紹介(ORINAS)
6
LIGHTzのチャレンジ
スペシャリストの思考回路、その特徴としての “定点観測性” に着目
7
2. ソリューション紹介(ORINAS)
8
ソリューション紹介(ORINAS(オリナス))
 ORINASでは、以下のステップに沿って専用の 「情報探索・分析システム」 を構築していきます
思考ネットワークの視覚化
(Brain Model)
スペシャリスト思考の
AI埋め込みとシステム化
情報探索
システム化
スペシャリスト
思考回路の
ヒアリング・調査
情報分析
システム化
教師データ
9
Brain Model(ネットワーク図)
【 Brain Model(ブレイン・モデル)】
Neural Type
Hierarchical Type
Circle Type
 脳の中を模して最適配置したモデル
 属性別に階層表示したモデル
 全体俯瞰モデル
 ある起点から発想を展開する経路を示す
 事物間の因果関係等の論理を表現
 「関係ないと思っていた事柄との間に
実は深い関係が」 等、気付きが得られる
 「現象 – 要因 – 対策」 等の
ツリー(樹形図)分析にも活用可能
 最も大きなノードや最も太いラインが
確認でき、初期の着目点抽出に有効
 コミュニケーションパス分析にも活用可能
3. AI活用事例(IBUKI)
11
IBUKI紹介
IBUKI : 山形県河北町にある中小金型メーカ、在籍 : 45名、売上 : 7億(2015年度)
「加飾」 と呼ばれる外観処理の技術で自動車産業を中心に販路拡大中
2014年にコンサルティングファームであるO2が経営参画
12
IBUKIにおける課題(個別受注の見積)
各社個別
様々な要件での
見積依頼
多い時は
週10件超
対応
見積納期は
1名で対応
2~5日
工場長のHさんが
知見をもって対応
出典 : 新素形材産業ビジョン(経産省(平成25年))
この状態が続くと ...
◇ 値決めが初期見積にしばられ、収益性が悪化していく
◇ 想定外のトラブルフォロー等、後手の対応が増え、企業の体力が低下していく
◇ いずれ対応できるメンバーがいなくなり、業務の質が低下する
13
IBUKIに必要なもの
【IBUKIに必要なもの】
客先からの個別依頼に対し、
過去の類似実績を引き当ててくれるシステム
多量の
実績情報から
有用な情報を
抽出して
各製品の見積に
有効活用する
14
Brain Model
Brain Model(IBUKIの金型設計知見)
15
“Brain Model” から “AIシステム” へ
GOAL
重要度スコア
Brain Modelから
AI検索への展開
重要箇所ハイライト
見積依頼情報から
重要諸元を抽出
検索結果を表示
キーワード群
入力
内壁深さ
重要諸元から
1~N階層までを選択
重要諸元に
影響を受ける因子だけを抽出
社内DBをAIで探索
16
活動成果
★ 過去実績の探索が容易に
(若手の半日作業 → 30分程度に)
★ 思考の流れを元に業務フロー作成
(ハイサイクル検討等の高技能検討を定型化)
★ 見積支援ツールの開発に着手
< 業務フロー(ハイサイクル検討)>
(長年実現しなかった見積ツール作りに挑戦中)
★ 製造ノウハウを活かした新規事業
(コンサルティング&金型受注という新しい形)
★ IoT導入 : 「金型の息遣い可視化」 PJ
(様々なセンサを使い、成形挙動を見える化)
< Brain Model(ハイサイクル検討)>
17
4. AI技術
18
AI技術開発に対する着眼点
AI技術開発に対する着眼点
スペシャリスト着眼点の教師データ化
画像や音声データからの
特徴量抽出
数値やテキストの
ビッグデータからの特徴量抽出
特徴パターンとの一致度評価
解析結果によるレコメンデ―ション
ビッグデータからの
特徴量抽出
AI解析結果のブラウジング(閲覧)
19
中核技術(LIGHTz)
DSM
Brain Model
(知見の引き出し・整理)
(思考の可視化・構造化)
スペシャリストの
複雑な思考回路
設計構造化マトリクス
(Design Structure Matrix)
Brain Model(利用ソフト : CytoScape)
自然言語文の生成
グラフDB
(汎用AIの教師データ化)
(AI解析結果のブラウジング)
自然言語文
自動生成
Brain Modelからの
パターン抽出
汎用AI : 「KIBIT」 FRONTEO社
Graph - DB(利用ソフト : Neo4j)
20
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
11
File Size
1 865 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content