close

Enter

Log in using OpenID

アイコンをクリックするとPDFでご覧いただけます。

embedDownload
卜の 時期 が 10∼ 14歳 で,男 性 よ り 2∼ 3歳 早 い
従来 ,女 性 アス リー トに対 しては,い わゆ る三
徴
(月
経周期異常 ,食 行動異常 ,骨 量減少 )に 注
(図 la)'。
2)骨 成熟
意 す る指導 が な されて きたが, これ まで女子 サ ッ
カー競技 に特化 した医学指導 の成書 はな い。女性
第 2次 性徴 は女性 の方 が早 い。 それ に伴 い,骨
特有 の コンデ ィシ ョンを理解 して,女 子サ ッカ ー
端線 の 閉鎖 は女性 の方 が早 く,骨 密度 の増加 も女
選手の健康管理 を行 うこ とが重要 であ る。
性 の方 がやや早 い (図 lb)'。
3)筋 量
││111111:│:│││
│:il:│││:│::::│:│:::111:│:11:││:::│:│::::11
。体脂肪
筋量 は約 36%で 男性 と比較 して約 10%低 く
,
体脂肪 は 22∼ 26%と 男性 よ り約 10%高 い。
1)身 長
1年 間の身長 の伸びが最大 に達す る成長 スパ ー
(cm/年
(△
)
BMD/3カ 月
)
8
6
4
2
0
0
2
4
6
8 10 12 14 16 18(1三 歯令
)
8 10 12 14 16 18 20 22(年 齢
b
a
踵□l年 間身長増加率 と骨密度の増加速度
a
標準的な年間身長増加率
b
骨密度 (bone minera densty;BMD)3カ 月あた りの増加率
)
(a)基 礎体温表
月経
(b)下 垂体 ホルモ ン
(ml∪ /mL)
40
黄体化 ホルモン (LH)
30
20
卵胞刺激 ホルモ ン (FSH)
10
0
-4
-12
0
+4
LHピ ー クか らの 日数
(c)卵 巣 ホル モ ン
P(ng/叩 L)
E(pg/mL)
15
ホルモ ン
(プ 甲ゲ ステロ ン
)
卵胞 ホルモ ン
ス ト回ゲ ン
(エ
)
-4
0
+4
LHピ ー クか らの 日数
月経周期 とホル モン分泌の変化
排卵を 0日 として排卵前が卵胞期 ,排 卵後が黄体期
[文 献
4)月
7)よ
り改 変 ]
経
男性 との最大 の相違 である。 日本産科婦 人科学
会 の定義 では「約 1カ 月 の間隔 で起 こ り,限 られ
た 日数 で 自然 に止 まる子宮 内膜 か らの周 期 的 出
血 Jと されて いる。
a.初 経 :初 めて発来 した月経 の こ とで,通 常 は
定 してお り,28日 周期 の場合 ,排 卵 は月経周期
li
日日頃 に生 じる。月経周期 の長 い人 は卵胞期 の │
数 が長 くな る。
c性 腺 および性 腺刺激 ホル モ ン :月 経 は中ト
性 のホルモ ン分泌 によって コ ン トロール されて
t
る。 視床下部 ・下垂体 ・卵巣 が それ ぞれ協調 して
主 に下垂体 か ら分泌 され る卵胞刺
「
10∼ 14歳 の間にみ られ,現 在 わ が 国 では平均 ,約
働 く (図
128歳 であ る6。
ホルモ ン (FSH)と 黄体化 ホルモ ン (LH),卵 ,t
b.月 経周期 :月 経 の 開始 した 日が 1日 目で,次
3)。
(
か ら分泌 され る卵胞 ホルモ ン (エ ス トログン)と
回の 月経前 日までを月経周期 とい う。正常周期 は
黄体 ホルモ ン (プ ログス テ ロン)が 月経 に関与 ■
25∼ 38日 であ り,月 経 か ら排卵 までの卵胞 の発育
る (図 2b,c)'。
時期 を卵胞期 ,排 卵以後次回月経 開始 までを黄体
期 とい う (図 2a)'。 黄体期 は 12∼ 16日 とほぼ一
262
正常周期 を有 す る女性 のホルモ ン値 を表 1に よ
す。
爽 膜細 胞
コ レステ →
ロール
卵 胞刺 激 ホル モ ン
黄体 化 ホル モ ン
(LH)
テスト
テロジ
.`
(卵 胞期 )
下垂体
´t
当
が
判ぃ
去
ぶ じ
ξ
排卵 すると
(FSH)
黄体期〉
〈
プロゲステ ロン
睡彊l視 床下部― 下垂体― 卵巣系
下垂体から分泌されるのが性腺刺激ホルモン′卵巣から分泌されるのが性腺ホルモン。女性ホルモンは卵巣表面の奏膜
細胞で コ レステ回―ルか ら男性ホルモンであるテス トステロンが合成され′卵胞にてアロマターゼという酵素でエス
ト回ゲンに変換される。プロゲステロンは排卵後の黄体で合成され,排 卵が生 じないと分泌されない
日
正常周期 を有する女性の下垂体・ 性腺 ホル
モ ン値 の 目安
要 であ る (図
5)・
。一般 に体脂肪 17%以 上 で初 経
が発来す る とされて いるため,体 脂肪 の測定 も有
2,。
効 であ る
明 らか な痩せ には もちろん注意 が必
要 であ るが,サ ッカー選手 ではあ ま り痩 せがみ ら
れな くて も月経異常 が認 め られ る こ とが あ る。
4)採血 などの検査
ネエス
トラジオールはエス ト回ゲンの うち約 9割 以上を占
め最も活性が高い
十
・
プロゲステ回ンは黄体期のイ
直
一般的な血液 ・生化学検査 に加 え,鉄 欠乏の指
標 として,貯 蔵鉄 を表 す フェ リチ ンの測定 が望 ま
しい。ホルモ ン検査 は月経周期 によって値 が変化
す るため,診 断 が難 しいが,エ ス トラジオール と
,
で きれば表 1の その他 の項 日も測定 してお きた いc
骨塩 定量 も行 ってお きた いが,通 常測 定す る腰
ディカル チ ェ ック シー ト
椎 。大腿骨頚部 や踵骨 な ど,荷 重 がかか る部位 は
ア ス リー トでは高値 となる こ とが あ り,サ ッカ ー
選手 の場 合 ,撓 骨 な どの非荷 重 骨 で二 重 エ ネ ル
一 般 に成長 スパ ー トの 1年 後 に初経 とされて い
るので,1年 ご との 身長 の伸 びを,成 長率 を表 す
シー トに記入 す る ことを勧 め る (図
ギ ー X線 吸収
(DEXA)法
による測定 を行 うの が
9。
望 ましい と考 え られ る
5)。
2)月 経の状態
周期 ,持 続 日数,経 血量 ,月 経痛 の有無 につい
て調査 す る。
3)体型・ 体格
身長 については成長率 を記録 してお くこ とが重
11章 1女 子サツカー選手の健康
263
」
FA日 本女子代表 女性スポーツメディカルチ エツク表
氏名 (
カテゴリー
日
)
:
あなたの月経
① 初経
月
年
記入日
(初 潮
(生 理)に ついて,お 聞き します。正確に答えてください。
:最 初の生理)は 来ま したか
?
はい
〔
② はい と答えた方
・周期は順調ですか ?
・はい と答えた方 周期は何 日ですか ?
・いいえ と応えた方 どのように不調ですか ?
(
(
)歳
)日
。いいえ〕
はい 。いいえ〕
〔
間隔
)
(
重い ・ 軽い ・ 時々ある 。 ない〕
〔
りますか ?
・月経痛がある と答えた方 それは練習に影響することがあ りますか ?
いつも ・ 時々 ・ ほとんどない 。 まったくない〕
〔
0月 経
(生 理)痛 は,あ
・練習に影響がある場合,薬 を飲みますか ?
いつも ・ 時々 ・ ほとんどない
〔
。 まつたくない〕
・月経痛がひどいのは′何 日目ですか ?
。それ以降〕
〔
月経前 日 ・ 1日 目 。 2日 目 ・ 3日 目 ・ 4日 目
・月経痛で薬を飲 む場合どの薬を使用 していますか ? また薬以外の対処法をお こなつていますか
薬以外の対応方法〕
〔
薬品名 :
?
ことはあ
りますか
・試合または練習のため′薬で生理をずらした
はい 。 いいえ〕
〔
④ 最後に生理にな つた日′または′現在生理中の方は′始 まつた日を記入 して ください。
)日 頃 ・ 覚えていない 。(
(
)月 (
年
月頃)
⑤ あなたの生理時の状態で,何 かあつたら教えてください。
⑥ 次の期間のうち′体調の具合を教えて下さい。
・ 生理中
〔
非常に良い 。 良い 。 普通 ・ やや悪い・ 非常に悪い〕
・生理後 1週 間
〔
ブF常 に良い 。 良い 。 普通 。 やや悪い・ 非常に悪い〕
。 非常に悪い〕
。生理前 1週 間
〔
チF常 に良い ・ 良い 。 普通 。 やや悪い
はい〕
い
〔
つけて
くださ
。
い人はこちらに○を
生理周期が不規則で,よ く分からな
⑦ 下記の症状で当てはまるものを丸で囲 つて下さい。 (複 数可
)
。疲れやすい
。爪が白い
・ トレーニングです ぐに息切れする
・顔色が悪いといわれる
。
こす
・めまいがする
) 。むくみがある ・冷えがある
時々クラクラする (脳 貧血を起
。コンデイシ ョンが上がつてこない ・体がついていかない 。疲労骨折を したことがある
※(2)に 続 く
③ あなたのライフスタイルについて教えて ください。
だいたいでよいので自分の平均的な内容で答えて ください)
(※
ついて】
睡眠に
【
あなたの睡眠状態について答えてください
:
平均就寝時間
睡眠の質 〔 深い
:
平均起床時間
。 普通 ・
時間
平均睡眠時間
浅い 〕
【
食事について】
1日 にとる食事の種類と摂取時間を教 えて ください
(
(
(
(お や つ)(
朝食
昼食
夕食
間食
サプ リメン ト
食べ る
食べ る
食べ る
食べ る
※
いつ
時頃
※
いつ
時頃
・
・
※ いつ
時頃
・
※
時頃
・
( 取 つている
いつ
※何 を
食 べ ない
食べ な い
食 べ ない
食べ ない
いつ
・ 取 つていない)
:
【
排便 について】
排便 の状況 について教 えて ください
毎日
・
2∼ 3日
・
不規則
EEl日 本サ ツカー協会 日本女子代表
(※ 状態 :
快便
・
軟便
・
下痢)
※ (1)の 続き
女性 スポ ーツメディカルチ エツク表
(2)
あ る (小 松菜 な どの植物性 の食 品 か ら得 られ る非
ヘ ム鉄 はわず か しか体 内 に摂 り込 まれ な い)D。
偏食 ,減 量 に よる鉄欠乏 が最 も考 え られ るが,全
く食 生活 に問題 がない選手 に も起 こ り得 る。背の
貧 血 は高校生年代 に よ くみ られ るが, スポー ツ
伸 びる時期 に多 くみ られ るが,女 子 の場合 は筋量
選手 では特 に注意 が必要 であ る。血液 中の酸素 を
運搬 す る血色素 (ヘ モ グ ロビン)を 構成 す る鉄 が
が増加 す る高校 生年代 に発症 が集 中す る ことに留
1'。
消化管 か らの吸1又 が悪
意 してお く必要 があ る
ロビ
不足 した状態 が貧 血 であ るが,筋 肉の ミオ グ
い鉄 は 10分 の 1し か体 内 に摂 りこまれ ず, い つ
ンに も鉄 が必要 とな り,貯 蔵鉄 か ら鉄欠乏状態 と
たん鉄 欠乏状態 に陥 る と食事 のみでは改善す るこ
な る 。貯蔵鉄 を表す指標 は フェ リチ ンであ るが
これが 12 ng/mL以 下 にな る とパ フォー マ ンスが
とは不可能 で,鉄斉J(1カ プセル 50∼ 100 mg)の
1°
,
l11'。
低下す る
スポ _ッ 選手 をあ ま り診察 しな い
医師 の場合 ,血 色素 のみ を測定 して,貧 血 はな い
と診 断 され る こ とが あ る。
1°
内服 が必要 であ る 。
2)食
事
代表選手 に対 す るアンケー トで は,食 事制 限 を
パ
行 って いる選手 はみ られなか った。 フォーマ ン
,1日 12 mg前 後 の鉄 を含 む食
スが低下 しては じめて食 の重要性 に気付 いて もす
パ
事 が必要 で,赤 身の肉, レバ ー な ど動物性 タン
ク質 に含 まれ るヘ ム鉄 が十分 に摂取 され る必 要 が
でに遅 く,成 長 スパ ー ト前 の小 学 3∼ 4年 生 か ら
べ
きちん とした食生活 を送 れ るよ うに してお く き
i 4動 選手 の場合
艤
11章 1女 子 サ ツカー 選 手 の健 康
265
180
170
最終予測身長 の平均
―
150
140
EεN畔昼
=ヽ
︵
130
110
Eε 畔ヘ
︵
120
100
90
80
70
60
50
2 3 4 5 6 7 8 91011121314151617181920
年齢 (歳
40
)
踵彊l成 長速度 (成 長率 )曲 線
通常成長に合わせて身長をプロッ トしていくのが成長曲線であるが′1年 毎の身長の伸びをブ
″
ロッ トしたもの。個体差はあるが必ず身長の伸びが最大になる時期があ り′これを 成長ス
″
パー ト と呼ぶ。予想身長は女児の場合′(父 親の身長 +母 親の身長 -13)■ 2+補 正値 2(cm)
の式で表される (最 近は補正値を加えないことが多い)。 予想身長 ±8cmの 範囲が最終予測身
長である。なお′男児の場合は両親の身長の和に 13を 加えることになる。
SD=標 準偏差。 ±SDの 範囲に全体の 683%が 含まれ′±2SDの 範囲に 955%が 含まれる
であ る。 身長獲得 の意 味 で も成長 スパ ー ト前 に
,
D。
をため らう選手 も多 い。 しか し明 らかにパ フォー
十分 な摂食 を行 うこ とが重要 であ る
マ ンス に影響 が出 る選手 に対 しては,症 状 を回避
3)月 経に伴うコンデイショニングに影響する症
す る手段 が必要 であ る。 わが国では まだワ‖
染 みが
状
薄 いが,海 外 の教科書 では月経痛 の治療 の第一選
a月 経困難症
択 は低容量 ピ/1/で あ り,選 手 には低容量 ピル を用
月経開始 もし くは開始直前 よ り始 ま り,下 腹部
いる ことを勧 める。
痛 ,腰 痛 な どが生 じる。頭痛 ,不 安感 ,動 悸 ,下
b.月 経前緊張症
痢 な どを伴 うこ ともあ る。 プ ロス タグ ランジン産
一 般 に, コンデ ィシ ョンが悪 い時期 は,月 経前
生過乗1に よって子宮筋 が過収縮 す る こ とによって
1週 間 か ら月経 中 とされ る。代表選手 の ア ンケー
生 じる。
トでは各年代 とも,サ ッカー選手 ではあ ま り気 に
治療 は消炎鎮 痛薬投与 が主 に行 われ るが,内 服
266
して いな い選手 が多 い よ うであ るが,気 にな る選
手 に とっては か な り苦痛 な ものであ る。月経 の 1
週 間前 は黄体 ホルモ ンによる催 眠作用 ,水 分貯留
作用 ,体 温上昇作用 によるイライ ラ,注 意力散漫
,
浮腫 ,乳 房痛 な どの症状 のため,コ ンデ ィシ ョン
の不 良 が生 じやす い'。
治療 は抗 アル ドステ ロン作用 を有 す る利尿薬 が
用 い られ るが,利 尿薬 は ドー ピング禁止薬物 に合
a.精 神 的・ 肉体 的 ス トレス
まれ るため注意 が必要 であ る。 しか し,2010年 か
お)。 プ ロ ス
グ
ス トレス は,無 月経 の原 因 にな る
らパ マ ブ ロムや ドロス ピノ リンな どの利尿薬 を含
テ ロンのみ低下 した1大 態 を第 1度 無 月経 ,エ ス ト
む月経前緊張症治療薬 が ドー ピング禁止物 質 では
ロ グン も低下 した 態 は重症 で第 2度 無月経 と呼
な くなった 。世 界中 で幅広 く用 い られて いる こ
'大
ぶ。6カ 月以 上無 月経 の場合 ,第 2度 の こ とが多
とが うかがわれ る。 日本 では ドロス ピノ リンを含
く,第 1度 と第 2度 の境 は エ ス トラ ジオ ール 28
pg/mL前 後 とされて いるЮ)。
]・
む低容量 ピル を勧 める。
(体 脂肪 )の 減少
c.過 多月経
b.体 重
装具 であ
わ が 国の選手 はタンポ ンではな く,タト
体脂肪 は正常 な性機能の発現 や維持 に必 要 であ
r)。
るナ プ キ ン の使 用 が 多 い
サ ッカ ー の ユ ニ
旨
る。思春期前 か らの激 しい運動 を行 うこ とで体月
フ ォー ムは 白を基調 に して いるチー ム も多 いが
肪 が十分獲 得 されず,月 経 が発来 しな い こ とが あ
ア ンケー トで過多月経 を有 す る場合 , これが憂 う
る。近年 では摂 食量 が重要 と考 え られて いる。摂
つ にな る と訴 える選手 がいた。 ユニ フォー ムは濃
食量 が減少す る と成長 を促 す ソマ トメジンが減少
い色 の もの を選択 す るこ とも女子 チー ム には必要
す る。成長 スパ ー ト前 にソマ トメ ジンの減少 が生
か もしれな い。
じる と,成 長 スパ ー トがみ られず,月 経 も発 来 し
,
d不 正性器 出血
な い (図 6)ma,c
スポー ツ選手 では,性 ホルモ ンの分泌 にかかわ
る機能 の失調 に よる機 能性 出血 が多 い。婦人
"盈
c.体 質
サ ッカー選手 の場合 ,全 く無月経 ではないが
,
計 にて周期 との関連 が簡便 にわか る基礎体温 を記
2∼ 3カ 月 に 1回 の稀発 月経 であ る場合 が意外 に多
録 してお くと,月 経周期 の どの時期 における出血
い。 こ うした場合 は多嚢胞性卵巣症候群 (PCOS)
か を確認 で きる。機能性 出血以タトでは,近 年 ,子
であ る と思 われ る。PCOSは 超音波 で卵胞 が小 さ
宮頚 がんの若年発 生 も問題 とされて い る。性交渉
が あ る場合 ,検 診 を受 けてお くと余計 な心配 を し
く嚢胞状 に多数認 め られ る。 多 くの場合 ,LH,テ
20。
タンパ ク同化作
ス トステ ロ ンが通常 よ り高 い
な いで済 む。
用のあ るテ ス トステ ロンの分泌 は筋 肉 がつ きやす
4)月 経移動
いな どスポー ツに有利 な特徴 が現 れ る。PCOSの
月経期 ,黄 体期 な どの コ ンデ ィシ ョンの悪 い時
場 合,選 手 に とっては 2∼ 3カ 月 に 1回 しか月経
期 を避 け るため,エ ス トログ ン・ プ ログス テ ロ ン
が来 な いため,“ 楽 だ"と の誤認 で放置 され るが
合剤 を内服 す る こ とで月経期 間を遅 らせ るこ とが
将来 の不妊症 ,Jり F障 害 の原因で最 も多 いの が本
で きる。
症 であ る。 治 りに くいニ キ ビや競技 をやめる と太
,
りやす いの も特徴 である。
授乳期 に上 昇 す るプロ ラクチ ンが高値 の場合 も
,
11章 1女 子サツカー選手の健康
267
Ee掛畔悩
︵
せヽ
10
11
12
13
14
15
16
17
年齢 (歳 )
腫彊l初 経発来 のみ られな い場合の成長率曲線
実線は正常女児の成長速度曲線 ,点 線は月経初来のみられない女児の成長速度曲
線 (タ ーナー症候群女児)。 成長スパー トがみ られず′ このような曲線をたどる
と予想身長よりも低 い身長 となる ことがあり、月経が発来 しないことがある
[文 献 20)よ り改変
]
排卵 が抑市1さ れて無月経 とな るこ とが あ る。汗 を
娠 を防 ぐ意味 で も低容量 ピ/t/の 内服 を考 えた い
か きに くい選手 で この高 プ ロ ラクチ ン血 症 がみ ら
(低 容量 ピ7L/は
20。
れ る ことがあ る
プ ロ ラクチ ンがナ トリウム貯
ドー ピング禁止物質 には含 まれな
い)。
留作用 を持 つ こ とと,関 係 して いる と考 え られて
い る。 プ ロ ラクチ ン分泌 を抑制 す る薬 はあ るが
,
a.骨 粗霧症・疲労骨折
29。
d.妊 娠
月経開
疲労骨折 の多発年齢 は 16.7歳 である
始の 1年 後,成 長 スパ ー トの 2年 後 に骨量 の増加
サ ッカーの場合 ,男 女交際 を禁止 して いるケー
の ピーク となる (図
放置 され て いるのが現状 であ る。
ス は少 な く,運 動性 無 月経 と考 えて いた ら妊娠
だ った とい うこ とも考 えてお かねばな らな い。緊
急避妊法 で代表 的なヤ ッペ法 (性 交後 72時 間以内
及, その
に卵胞 ホルモ ン・黄体 ホ/1/モ ン合剤 を内月
lb)。
骨 の長軸の伸 びに骨密
度の増加 が追 いつかない状態 で,骨 は長 さに比 し
い
た強度 が得 られ に くい ため,強 度不足 の骨 に持
続的な衝撃 が加わ ることにより,疲労骨折 をきた
しやす くな る。初経 がなかった り,エ ス トログン
の副作用 はあ る ものの,知 ってお く必要 が あろ う。
の分泌低下 が生 じると,骨 密度 が上昇せず,い つ
そう疲労骨折 を起 こしやす い。エス トログ ンが不
また,パ ー トナー を有 す る選手 は,意 図 しな い妊
ンシ ウムの吸収 が 4分 の 1程 度 に低下
足す るとカノ
12時 間後 にさ らに同量 内服 す る)2● は,嘔 気 な ど
268
するとされてお り,治 療 はエス トログン投与 が必
女性 ホルモ ンの関与 も注 目されて いる。膝前十字
要 である。 しか しなが らエス トログン投与 は身長
靭帯 の細胞 にエ ス トログ ンや プ ログス テ ロンの受
の増加 に妨げ となるため月経周期確立前の投与 は
容体 が存在 す るこ とが報告 されて いる。排卵期 に
難 しいが,そ の後は積極的にエス トログン補充 を
行 うべ きと考 える。
前十字靭帯損傷 が発 生 しやす く,黄 体期 では少 な
明 らかにカルシウム摂取 の不足 によると考 えら
解 は一 致 してい な い 。 プ ログス テ ロ ンは妊娠 の
れるケース も多 い。米国では 15∼ 18歳 の推奨カ
維持 に必要 で,妊 娠 中 に靭帯 の柔軟性 が増加 す る
ルシ ウム摂取量 は 1,300 mgと 提示 されているが
こ とか らプ ロ グ ス テ ロ ンの 関与 が推 定 され る。
日本人の平均 カルシウム摂取量 は 1日 550 mg程
PCOSで は プ ログス テ ロ ン分泌低 下 に加 え,
,
い とい う報告 もあ るが,否 定的 な意見 もあ り,見
2つ
テス
度 である。骨粗髪症の予防 と治療 ガイ ドライ ン
トス テ ロ ン高値 によ り筋 肉の発達 が先行 して しま
2006年 版 で,治 療 のための摂取 目標量 800 mg以
うこ とで,靭 帯 に過剰 な負担 を与 えるの ではな い
上の記載 に加 え,「 食事 で十分摂取 で きない場合
か と考 えて い るが,PCOsの 定義 も難 しいため実
は 1,000 mgの サプリメ ン トを用 いるJと わざわ
証 が難 しい。
ぎ併記 されてお り,食 事 のみか らのカルシウム摂
3)対応 ・治療
取 はかな り困難であるとの認識を示 している と思
これ まではホルモ ン投与 による消退 出血 を起 こ
骨粗霧症 に適応のあ るのは リン酸水素
すのみ であった。 スポー ツ選手 に とってのエ ス ト
カル シ ウム とL― アスパ ラギン酸 カル シウム71c和
ログ ンは重要 であ るが,未 成年 に対 してのエ ス ト
及しに くく,後 者 は
物 であるが,前 者 は粉末 で内月
ログン投与 はホルモ ン剤 に抵抗 あ るわが 国 ではな
錠剤 1錠 20 mg強 しかカルシウムが含 まれていな
か なか受容 され に くい もの と考 える。保険適応 の
いため',内 月
艮しやす いカル シウム含有量 の高 い
拡大 に伴 い低容量 ピルの利用 を勧 めたい。
20。
われる
サプリメン トの利用 も一考 と思われる。骨粗霧症
従 来 ,サ ッカ ー 選 手 の 医学 管 理 としては,外
治療薬 の ビスフォスフォネー ト製剤 は,妊 娠 に対
傷 ・障害 の管理 が 中心 であったが,女 性特有 の コ
す る影響 がわかっていないこ とか ら,妊 娠可能年
ンデ ィシ ョンがパ フォー マ ンス と関係 して くる こ
齢女性 には使用 しにくい。
とが分 か り,注 目され るよ うになって きた。選手
そのほか,食 事 の摂取 において塩分 の過剰摂取
のなかには これ ら女性特有 の問題 を抱 えなが ら
,
は,カ ルシウムの尿中J卜 出をもた らすので留意 が
対処 がわ か らず相談 もで きず に放置 した り,指 導
必要であ る。 リン酸 はカルシウム尿症を促進す る
者 に も認識 されてお らず無視 され るケース も存在
ため, これを多 く含 む清涼飲料水や保存食品な ど
している。育成年代 では食 育 にその解決 を求 め る
食指導 は
ことも多 いが,栄 養 だけでは解決 しな い状況 は高
重要 と考 えられるが,す でに疲労骨折 を生 じてい
校生年代 では特 に顕著 で,サ ッカー女子 では要注
る場合 は,食 事 でのカルシウム摂取 で事足 りると
意 な年代 であ る とはっ きり認識 すべ きである。
20。
に気 をつ けるこ とはい うまで もない
の認識 は疲労骨折 を繰 り返す結果 にな りかねない。
(松 田貴雄 )
b.靭 帯損傷
女性 に多 いスポーツ外傷 ・障害 の 1つ に前十字
靭帯損傷 があげ られる。女子選手は非接触型の損
傷 が多 く,発 生要因 として大 きな Qア ングルによ
る大 きなタト
反,高 い関節弛緩性 があげ られるが
文 献 …… … … … …… …… … … …… … … … … … …
1)グ ーブ マーキン,モ ナ シャンゴール ド:女 性版ザ・ス
ポーツメディスンブック ブックハウスエイチディ,1987
2)苛 原 稔 編:不 妊症・不育症 医薬ジャーナル社,p7,2009
3)目 崎 登 :女 性スポーツの医学 文光堂,1997
,
鯰
11章 1女 子サ ツカー選手の健康
269
4)岡 田義昭 監 :成 長異常疾患ガイ ドブツク 診断 と治療社
,
1992
5)田 中弘之 :骨 粗髪症予防 ―小児期の重要性 (特 集 骨粗愁症 ―
診 ・治療の最前線)日 本医師会雑誌 136:307311,2007
HI「
6)日 野林俊彦
:わ が国の初潮年齢
産婦人科治療 60:145149,
2010
9)松 田貴雄,秦 祥彦,釘 宮基泰,他 :女 性アス リー トの疲労
骨折 臨床スポーツ医学 27:383388,2010
貴 :ス ポーツと貧血 月刊 スポーツメディシン53:6-
10, 2003
11)豊 岡示朗 :長 距離 ランナーの貧血 とその予防 月刊 スポーツ
メディシン 5311115,2003
12)中 堀千香子,松 田貴雄,他 :エ リー ト女子サ ッカー選手 の鉄
欠乏正貧血 に対する食事の影響 第 22回 女性 スポーツ医学
lf究 会学術集会,2008
13)今 川克彦, 中彩 乃,堀 江正樹
:ス
ポーツと貧血
日本医師
会雑誌 137:1204,2008
14)杉 本耕一 :貧 血患者へ のアプローチ 鉄剤の使 い方
日本医
師会雑誌 13711220,2008
15)松 田貴雄 :ス ポーツによる拒食症 第 18回 日本臨床 スポー
ツ医学会学術集会 シンポジウム :女 性選手のメディカルサ
ポー トの最新, 日本臨床 スポーツ医学会誌 161227-233,
270
年 禁止表国際基準 2010
:「 月経期間中の スポーツ活動 に関
日本臨床スポーツ医学会誌 18:148152,
17)松 田貴雄.難 波 聡 ,他
する指針Jの 検討
2010
1990
7)小 堀宏之.武 内裕之 木下勝之 (鈴 木秋悦 編):今 日の不妊
診療 医歯薬出版,p22,2004
8)早 川直樹 :ス ポーツ医療業務 (1)一 身体機能測定 日本サ ッ
カー協会 JFAメ ディカルセンター 2009年 次報告書,p1213.
10)川 原
2008
16)世 界 アンチ・ ドーピング機構 :世 界 ドーピング防止規程 2010
18)田 中光造 :女 子サッカー選手の育成管理
選手 と指導者のた
めのサ ッカー医学,金 原出版,p359366,2005
19)楢 原久司,有 馬和代, 甲斐謙吾,他 :思 春期の続発無月経 と
そのホルモン療法 ―第 1度無月経 と第 2度 無月経の比較から
日産婦九州連合会誌 11:757912000
20)松 田貴雄 :女 性 アスリー ト 無月経 と拒食症 の リスク 画像
言
,世 F28 :821-829, 2008
21)岡 田義昭 監 :タ ーナー症 ln_群
メデ ィカルレビュー社,1995
22)和 泉俊一郎,布 田孝代 :こ こが知 りたい PCOSの 最新情報
PCOと 多毛 臨床婦人科産科 64:187194.2010
23)楠 原浩二 :も っ と自分の か らだを知ろ うよ,女 性 アス リー
ト 1 月刊 スポーツメディシン 52:4547,2003
24)北 村邦夫 :新 しいホルモン製剤の使 い方 低用量経 口避妊薬
と緊急避妊法 産婦人科の実際 59:4552,2010
臨床 スポーツ医学 20:9298
25)内 山英司 :疲 労骨折 の疫学
2003
26)細 井孝之 :食 習慣 と骨粗髯症
2402
日本医師会雑誌 13612398-
2008
27)橋 本 実 陛周期 が膝前十字靭帯 に与える影響
:′
ツ医学 19:9951000,2002
臨床 スポー
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
929 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content