close

Enter

Log in using OpenID

食育だより7月号 - ピノキオ幼児舎

embedDownload
ピノキオ幼児舎
園 平成28年度7月
梅雨に入り、湿度を含んだ暑さに体力を消耗しやすい時期ですね。この時期特有の高温多湿は自律神経機能を乱し、
胃腸の働きが低下しやすくなります。胃腸が元気でいてくれる事は疲れない体でいる為にとても大切。冷たいものは
控えめにして、なんでもよく噛んで食べる事を意識して食事をしましょう!
体に大切な水
体内の 60~70%は水分です。人は水がないと生きていけな
水分補給はこまめに
いと言われるのが分かりますね。そしてこの水分は体を正常
に働かせるために、重要な役割を果たしています。
1日に必要な水分量の目安
<体重1kgあたりの必要水分量>
新生児
50~120ml
★1日に必要な水分量の目安
乳児
120~150ml
(例えば3歳で 12kg の幼児の場合、
幼児
100ml
6 歳~
90~100ml
10 歳~
70~85ml
14 歳~
50~60ml
成人
50ml
老人
40ml
=体重×体重1kg あたりの必要水分量
12kg×100ml=1200ml)
※離乳食を始めた頃の赤ちゃんは、飲み物・
夏は汗をたくさんかきます。こまめな水
分補給が必要になりますが、冷たいもの
を一度に飲むと、胃腸の働きが悪くなり
ます。また、糖分が多い清涼飲料を飲み
すぎると、食欲不振や消化不良を招くこ
ともあります。イオン飲料は熱のあると
きに使用し、普段は水やお茶
を少しずつ取るようにしま
しょう。
食べ物がほとんどが水分です。ミルクと離乳
食以外に、別の水分を与えなければならない
という事ではありません。
離乳食を食べた後にお口をきれいにする湯
ざましや、汗を多くかいたときに与える程度
で考えましょう。
食べ物 絵本♪
必要な水分はこういうところから摂っています!
①
②
③
④
梅雨時期や夏場に食べたくなる梅干し。
そんな梅干しが季節のうつろいと共に出来あ
がっていくまでが描かれている絵本です。
日本の伝統的な色彩が使用されたやさしい画
風やわらべ歌のようなリズミカルな文に心地よ
さを感じます!
ちょっと大人っぽい絵本ですが、うめぼしさんの
様々な表情を楽しみながら、日本の伝統的な
食材に興味を持ってもらえるような一冊です。
ごはんやおかずなど食事から。
食事にともなう汁物から。
(みそ汁・スープ・お茶など)
食べものを消化吸収するときに体内でできる燃焼水から。
意識的な水分補給から。
(コップ2~3杯)
このように、お茶などの水分だけでなく、食事も体内の水分補
給に関わっています。夏場は食事量が減ったり、汁物を添えた
食事が減りがちです。しっかり食べて体を潤しましょう!
おウチで楽しむ
夏の行事食レシピ!
【材料(子ども1人分)]
そうめん……40g
卵……………15g
ロースハム…10g
にんじん……15g
オクラ………10g
天の川そうめん
*だし(かつお節・昆布)40g
*水…………………………80 ㏄
*しょうゆ…………………9g
*みりん……………………8g
※具はお好みで替えて楽しんで下さい!
夏の行事、七夕。星を祭る7月7日の夜はまだ梅雨の時期で、
天の川や彦星、織姫星を見る事が出来ない事が多いですね。
もともとこの行事は旧暦の7月7日に行われていたため、現在
の暦で考えると一ヶ月近くも日にちがズレてしまいます。
【作り方】
現在の歴で考えると 2016 年の伝統的七夕は8月9日(火)
①
*の材料でめんつゆを作ります。そうめんは茹でておきます。
にあたります。綺麗に天の川が見られる確率が高いそうなの
②
卵は薄焼きにして、飾り用に星型に抜き、残りは千切りにする。
③
ロースハムは星型に型抜きして湯通しする。
④
にんじんは 5 ㎜の輪切りにし、星型に抜き柔らかく茹でる。
⑤
オクラは茹でて5㎜の輪切りにする。
⑥
器にそうめんを盛り、せん切の卵を川に見立てて盛り付け、星型の具
を散らし、食べる直前にめんつゆをけかる。
で、星の観察にチャレンジしてみてはどうでしょうか?
夏真っ盛り、夜ごはんには七夕の行事食「そうめん」もおすす
めです。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
536 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content