close

Enter

Log in using OpenID

第1章 原始・古代

embedDownload
第1章 原始・古代
1 文化のあけぼの
(1) 旧石器時代 1万年以前の更新世(洪積世)
大陸とは陸続きで,オオツノジカやナウマン象なども生息した。
打製石器(旧石器)のみで土器はなし。
狩猟や採集経済で,狩猟には石器を棒の先端につけた突き槍,投げ槍を使用した。
岩宿遺跡(群馬県)の発見(1949年・相沢忠洋が発見)
(2) 縄文時代 前8000年(1万年前)~前3Cの完新世(沖積世)-大陸と分離
→ 日本列島形成
磨製石器(新石器)と縄文土器(深鉢形・厚手・黒褐色・低温度で焼いた)
骨角器,狩猟・漁撈の採集経済
縄文時代の遺跡-大森貝塚(東京都・モースが発見)
・三内丸山遺跡(青森県)
堅穴住居 無階級社会(身分差・貧富差がまだない)
呪術的社会(アニミズム)-土偶(女性をかたどる)
・石棒(男性の象徴をかたどる)
抜歯(通過儀礼として行う)
・屈葬(死者が蘇るのを防ぐため)
(3) 弥生時代(前3C~紀元3C)
稲作の開始
低地定住-竪穴住居・高床倉庫
たかつき
弥生土器-壺形・高杯形など,赤褐色,薄くて固い。高温で焼いた。
社会生活(身分差・貧富差が発生,指導者の出現)
どうたく
どうほこ
どう か
金属器使用-青銅器祭器(銅鐸・銅剣・銅矛・銅戈)
・鉄器の使用
よ し の が り
集落同士の対立→ 環濠集落(周りに濠や土塁を巡らした集落)-吉野ヶ里遺跡(佐賀県)
と ろ
から こ
登呂遺跡(静岡県)
,板付遺跡(福岡県)
,唐古遺跡(奈良県)
(4) 小国家分立
◎ ポイント
中国の史料とあわせて整理する。まず中国の王朝名を覚えることが肝要である。
前漢・後漢-三国時代-南北朝-隋-唐-宋-元-明-清-(中華民国)
-(中華人民共和国)
(日本史に関連するのは前漢時代から。中華民国は国共内戦後,台湾に移った)
- 1 -
史料1 紀元前1世紀の頃の日本
わ
夫れ楽浪郡中に倭人有り。分かれて百余国を為す。歳時を以って来たり献見すと云ふ。
(漢書地理志。紀元前1世紀の頃の日本に関する記述である。日本は百余りの小国に分かれて
ちょうこう
おり,定期的に中国に朝 貢 していると書かれている)
史料2 倭の奴国
なのくに
いんじゅ
建武中元二年,倭の奴国,奉貢朝賀す。使人自ら大夫と称す。倭国の極南界なり。光武賜ふに印綬
を以ってす。
(後漢書東夷伝。紀元1世紀の頃の日中関係を示す文献である。57 年倭の最南端にある奴国が
かんのわのなのこくおう
中国に朝貢しに来た。光武帝は奴国に「漢 委 奴 国王」の金印を授けたと書かれている)
やまたいこく
史料3 邪馬台国
ひ み こ
倭国乱れ,相攻伐すること歴年,乃ち共に一女を立てて王となす。名づけて卑弥呼といふ。鬼
道を事とし,よく衆を惑わす。
(魏志倭人伝。3世紀の頃の日本に関する記述である。日本国内は長い間戦乱が続いたが,女王
を立てて収まった。名を卑弥呼といい,呪術をよくして人民を従えたと書かれている)卑弥呼は邪
馬台国という 30 余りの小国の連合国の女王で,魏から「親魏倭王」の称号と金印紫綬を授かった。
2 大和政権(4世紀頃の国土統一)
(1) 氏姓制度
おおきみ
大和政権は大王を中心とする氏姓制度の下に,各地の豪族を従えて全国を支配した。
氏=豪族の血縁的結び付きで,氏上(首長)が氏人を統率し,大和政権の職務を分担した。
おみ
むらじ
きみ
あたえ
姓=大王を中心とする政治的身分秩序(臣・ 連 ・君・ 直 )→ 豪族の官僚化
おおおみ
おおむらじ
とものみやつこ
とも
しなべ
[中 央] 大王-大臣・ 大連 - 伴造 -伴-品部
[地 方]
くにのみやつこ
あがたぬし
国造 ・ 県主
(2) 経済基盤(私地私民制)
私 有 地
み や け
朝 廷
屯 倉
豪 族
田 荘
た ど こ ろ
私有民(部民)
た べ
なしろ
こしろ
田部・名代・子代
か き べ
部 曲
- 2 -
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
1 319 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content