close

Enter

Log in using OpenID

人事給与制度構造改革と退職手当制度改革 人事給与構造改革と退職

embedDownload
人事給与制度構造改革と退職手当制度改革
人事給与構造改革と退職手当制度改革についてのうち、人
事給与構造改革についてでありますが、議員お述べのとおり、
一般職の給与が管理職の給与を超える状況の是正、管理職の
職責に見合った処遇改善、職員のモチベーション低下を防ぐ
ための処遇確立、専門職の職務内容に見合った処遇の適正化
の4つの課題があると考えております。
それらの課題のうち、現在、具体的に検討している施策と
いたしましては、職員のモチベーション低下を防ぐための処
遇確立の課題に対して、人事評価を活用した分限指針の策定
に向けて、先進都市の調査を踏まえ研究しているところであ
ります。
また、一般職の給与が管理職の給与を超える状況の是正の
課題に対しては、昇任意欲を向上させ、持続可能な組織体制
を目指すために、昇格メリットのある給与制度や管理職試験
の受験資格の引き下げによる昇任機会の拡大等を検討して
いるところであります。
これら4つの課題は、慎重に協議する内容であるため、段
階的に制度完成を目指すものでございます。
次に、現行の退職手当の見直しの必要性についてでありま
すが、本市の退職手当制度の考え方といたしましては、地方
公務員法で求められている国家公務員との均衡の原則に基
づき定める必要があると考えております。そこで、本市では、
平成18年4月において、国と同様に、民間企業の退職金ポ
イント制における職務ポイントを参考にした調整額の仕組
みを導入し、職員のモチベーションの維持に努めているとこ
ろでございます。
(総務部長答弁)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
92 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content